趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/04
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AKBプレ企画
『飼育者同士の交流を広げよう&深めよう!』
応募受付期間
5月23日(月)0:00~5月29日(日)23:59
当選者発表
平成23年5月31日(火)

みなさん、ふるって応募しましょうね~
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて我が家の飼育状況のご報告です
(うん?どうでもいいだって?ww)


国産オオクワガタ
肝川産


KD5孵化確認4月初めにセットしましたので、先日♀をセットから取り出しました。
その時、材の表面を剥いだところから3個だけ採卵しておりました。
一昨日、無事に孵化してきたようです。
今回は、タラのセットに使用したけど穿孔しなかった植菌カワラ材を使ってのセットでしたが、なんとか無事ブリードできました。
あとは残っている材にどれくらい産んでくれているかですね。
10頭くらいがちょうどいいんですが・・・。





レギウス
SLS


SLS3回目3回目のセットになります。
1回目7個2回目4個とあまり産んでくれず、現在9頭の幼虫のみです。
今回はセットからちょうど1ヶ月で割り出してみました。
結果は4頭+2個
しかも孵化したばかりのものもいましたし、卵の方もすぐにでも孵化が始まりそうな状態です。
たぶん全て孵化してくれそうですし、ブリード終了の予定です。






タランドゥス
横綱×ROSSO血統


PR12-1回目横綱血統のインブリは2回目のセット中に♀が★になってしまい、結局5頭しか残せませんでした。
しかも、その5頭、最初から2000ccに投入してしまったのですが、2頭しか食痕が出てきません。
投入したのは3ヶ月前(笑)
さすがに期待薄です。
ということで、横綱血統アウトブリードの方針に変えました。
セットから1ヶ月
割り出したときにこういう状態が一番好きです。
4頭+7卵出てきました。
もう1回セットするかどうか迷い中です。


ババオウゴンオニ
OD19

OD19-1回目砂埋めレイシに即穿孔したのですが、♀は出たり入ったりの繰り返し
まあ、1ヶ月経過しましたので、割り出すことにしました。
結果は3頭+15個 ウホッ
予想以上に大漁です。
幼虫、孵化中、孵化間近の卵、産卵後時間がたっていない卵とバラバラな状態でした。
出たり入ったりしながら、少しずつ産んでいたんでしょうね。





今回カワラ種3セット割り出しました。
全て孵化したとして35頭

ということは必要なカワラ35本

一昨年までは、いつものことだったのですが、飼育削減中の今の自分にとってはちょっと多すぎ。
孵化しない卵もかなりあるとは思うし、余ったときにはプレ協賛という手もありますしね。
捕らぬ狸の皮算用になる可能性も大ですし・・・w

スポンサーサイト
今年も残り少なくなってきましたね。
なんとなくあわただしい毎日です。

さて、先延ばしになっていた作業をやっとこなしました。

国産オオクワガタ
ガッタさん印、久留米差


12月中に交換したいと思い、既に菌糸は準備していたのですが延び延びになっていました。
その原因は・・・
オオクワは家で飼育しているんです。
今年買ったピアノのおかげで、虫作業をするスペースがなくなり、最近までは外でやっていたのですが、さすがに寒くて外作業は無理になりました。
ということで、菌糸ビンごと職場にもってきて交換しました。

久51-1-1Aところが、結果は惨憺たるものでした。
♂は3頭交換して23.7g、20.5g、17gと全く育っていませんでした。
17gの幼虫は8月末に20gだった個体です。
特に暴れた様子もなく、居食いしていましたが成長は止まっていました。
今回使った菌糸は実績のある菌糸ですが、私は初めての使用でした。
菌糸があっていないのかな~。
申し分のない素晴らしい血統をいただいたにもかかわらず、自分のスキルのなさに赤面の思いです。
ガッタさん、ふがいない結果で申し訳ありません。


国産オオクワガタ
肝川産

KD5-6-1A.jpg久留米産と同じ菌糸で、同じ場所で、同じ時期に交換したオオクワです。
♂が2頭いますので交換したところ1頭目が25.2g。
まずまずでしょうか。
ちなみに♀が2頭既に羽化しておりました。
サイズは小さい、小さい。
マイチビギネス33.7mmでした。
やはり菌糸があっていないのかも。



KD5-1-1A.jpgと思って、もう1本の♂を交換したところ、明らかにでかい幼虫が出てきました。
30.3g
初の30g越えです。
いったい、何が違うのでしょうか?
菌糸のせいではないのかな?
よくわかりません。
タラレギモセリには最初から惜しげもなく2000mlを使う私ですが、オオヒラタケは既製品ばかり購入しているので1400mlしかありません。
このあと縮む可能性大ですが、最小限のダイエットに抑えて羽化までいって欲しいものです。



国産オオクワ
B-Powerさん印 KING阿古谷


KING-1-1A.jpg私のオオクワギネス79.2mmをたたき出したこの血統。
力を入れたにもかかわらず2頭しか残すことができませんでした。
どうやら2♂の様です。
こちらは27g20.9g
20.9gは♀だと思って小さい容器で飼育していたためか伸びていませんでした。
そこそこのサイズになってくれるかな?
ちなみに種親はどちらも元気なので、来春再度ブリードに挑戦予定です。




フォルスターキヨタミ
京四郎さん印


KFK2A.jpg今年2月の大宮京四郎さんからいただいたキヨタミ4頭ですが、オオヒラタケ菌糸で飼育しております。
あまり変化無いのですが、前回交換から4カ月くらいたちましたので1本だけ交換してみました。
16.7g
これってどうなんでしょう?
♂だとは思うのですが、小さすぎますね。
孵化からもうすぐ1年になると思います。
まだこれから伸びてくれるのでしょうか?



ババオウゴンオニ
ぜんさん血統


ZBA4-3A.jpg10月3日に21gだった♂幼虫ですが、暴れがはじまり当初傍観していたのですが、さすがに酷くなったので交換しました。
体重は20.3gと若干の減量。
暴れた割にはこれだけですんだのでほっとしています。
そろそろ蛹化すると思うのですけど、まだもう一暴れするのかな?
もう1頭いる♂は、今のところ暴れていません。
前回21.6g、こちらは期待していいのかな?




タランドゥス
JTA4


JT4孵化1A18個採卵したタランドゥスですが、穿孔から3週間目で、次々に孵化してきました。
本日まで16頭孵化してきました。
いつもは1頭、1頭プリカに個別管理するのですが、初令用マットが少なかったこととめんどくさかったことで、スタックエスに多頭飼育です。
どうせ2週間くらいで菌糸に移動しますから、それまで我慢して貰いましょう。
この幼虫、正月明けに里親募集をしたいと考えています。
安定するまでお待ち下さい。



レギウス
MDL


MDL孵化2Aタランドゥス穿孔よりおくれること2日間で穿孔したレギウスですが、こちらもきっちり2週間目から孵化が始まりました。
交尾を確認できていなかったので、ちょっと不安もあったのですが、ちゃんとかかっていたようです。
とりあえず4頭孵化し、残りは5個健康卵、1個黒卵
もう一度セットして、その後は使用済み♀として里親募集にしたいと思います。


さて、本日は職場の忘年会です。
以前は数件の忘年会に参加していたのですが、今年はこの1件です。
しかものみに出かけるのは9カ月ぶり
(オフ会は除く、笑)
明日も仕事と雪かきがあるのでほどほどにしたいと思っています。(笑)
offimage_20090701171538.gif

7月5日、名古屋で第1回チビタラ同盟オフ会が開催されますね。
行きたいけど行けない。
辛いですね~。

最近、「BLEACH」というアニメに、今さらながら嵌っています。
死に神の最終奥義を「卍解」(ばんかい)というのですが、名古屋ではきっと「卍解」してダークま○じに変化することでしょう。(笑)


さて、今週は3件の着弾を受けておりますので、順を追ってご紹介させていただきます。


パプアキンイロクワガタ
ブラック血統


白パプ着弾A白雪男こと白三さんからの着弾です。
前々からブラック血統のパプを手にしてみたいと思い、今までも何度か応募したことがありましたが、今回サトクワハニーさんソーさんの合同プレ企画で、当選させていただきました。
5頭の協賛ということでしたが、この血統羽化まで残る個体が少ないからとの事で10頭いただいちゃいました。
昨期はプリカマットの交換無しで、チビパプを連発してしまいましたが、この血統はカワラ菌糸でしっかり飼育したいと思います。

しかし雪男の三さんから黒パプを貰うというのも、なんかおかしいですよね。(笑)



国産オオクワ
久留米産


ガッタ久留米着弾Aこちらもサトクワハニーさんソーさんの合同プレ企画で当選させて貰いました。
そうです、久々のダブル当選でありました。(うれすいー)
協賛者さんは、今回お初になるガッタさんです。
かなりのオオクワを飼育されている方で、大きな個体も出されているようです。
今回は80mm over♂50mm overの♀から採れた幼虫4頭を送っていただきました。
しかもやはり80over♂の子供3頭をおまけに付けていただきました。
大型になると言われる久留米産。
血統は文句なし。
80up 目指したいと思います。
今年はオオクワも頑張りますよ。


ニジイロクワガタ
green血統


緑ニジ着弾A卍解のネタにさせてもらったまんじくんからの着弾です。
ジャンケン大会に初めて参加して当選させていただきました。
うちのニジイロは昨年結構な数羽化させたのですが、ブリードがうまくいかずほぼ撤退となる予定でした。
でもあのGreeeenニジを見ちゃうと、やっぱり飼育したくなりますよね。
ということで迷わず応募させ貰った次第です。





マカ王Aそうそうまんじくんといえばこれ。
フタを開けたときに、ドーンと出てきました。
噂のマカ王です。
とうとう青森にもマカ王降臨です。
色々なブログで紹介されていましたが、実際に目の前にすると結構迫力あります。(笑)
マカ王に負けないようなニジイロを羽化させますね。


白三さん、ガッタさん、まんじさん
どうもありがとうございました。


モセリーノの方で、ちょっとした企画を計画中です。
詳細はまだ何も決まっていませんが、バトルに参加していない方も参加できる企画です。
お時間がある方はのぞいてみてくださいね。


昨日は今年初の菌糸詰め(RCADIA)を決行しました。
またハッセさんに尊敬されるかな?(笑)

13ブロック手元にあったのですが、ブロー容器が足りなくなったため10ブロックで終了としました。
まあ、これで今月の菌糸は大丈夫でしょう。
既に菌糸が回ってきているので、今回も問題ないかと思います。

詰めた菌糸瓶の写真を載せても、いつもと変わらないので割愛します。(笑)


今日はそれ以外の話題を。


ジャワギラファ

皐月さん血統

ジャワギラファ♂羽化3A3ニョロいただき昨年12月に1♂羽化しておりましたが、次男が羽化してきました。
前回はノギスが消えたことにして測定をしなかったのですが、今回は上手い言い訳を思いつかなかったので、ノギスと共に記念撮影しました。(笑)
93.9mmでした。


ちなみに前回の♂は87mmでした。(こっそり測定)
残り1♂も現在前蛹です。
順番に大きくなってくれるとすれば、最後の個体に期待したいですね。
予想94.0mm!!(0.1mmの違いかい?)

100mm upは遠いな~。



モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統、ケランタン産

KM01-6A.jpg人工蛹室に移して数日たちました。
かなり色も濃くなってきたので、そろそろ羽化するでしょう。
人工蛹室で無事羽化できるか?
それともお約束の羽パカか?
結果は数日後に出ることになります。





国産オオクワガタ

久留米産

久留米9-1Aジョニーさんよりいただいた久留米♀からの累代になります。
昨年3月に割り出した幼虫からの初羽化です。
サイズは49mmとまずまずのサイズですね。
残り6ニョロおりますが、菌糸交換のタイミングも、容器サイズもいいかげんなので大型は望めません。
もう少し計画的に飼育しないといけませんね。




インターメディアツヤクワガタ
WF1

今ブログを調べたら、前回の記事は6月でした。
約7カ月ぶりの登場です。
ブログに出てこないということは・・・
得意の放置です。

インタメニョロ3Aマット飼育ですので、時々マットを足すくらいしかしていませんでした。
だって、このお尻の大きな幼虫苦手なんですもの。
今回は1頭だけ記念撮影してみました。
30.7gって、かなり小さいような気がします。
っていうか6月の記事より減っているじゃないですか。
まあ、前回の個体とは違うのですが、やはりマット飼育の放置はよくないのかな?




最後はタランドゥス
B15-3血統


ふ化後110日目です。
前回の交換時に自信を持って♀と判断した幼虫です。
ということで交換無しのまま、このままいこうと思っていたのですが、側面から顔出したニョロを見たところどうもおかしい。
ということで交換しました。


B15-3-1A.jpg34.2g
はい、しっかりと♂でした。
お尻の線もしっかりと確認できました。
育ち具合としてはBON・ド・ガ~ル血統と同じくらいでしょうか?
うちの環境ではこれが限界か?
次のボトルで40upしてくれるでしょうか?
その前に雌雄判別間違いないようにする方が先決ですね。(反省)







最近はよい出来事ばかりを書いていたのですが、凹む出来事もいっぱいあります。

ということで、今日は最近一番の凹みネタです。

国産オオクワ阿古谷産

B-POWERさんからいただいたKING阿古谷です。
以前ブログで紹介しましたが、最終体重29.3g で菌糸交換後1カ月くらいで蛹化した個体です。
菌糸瓶の劣化の心配もないので完全に油断していました。
そろそろ羽化しただろうと思い掘り出してみました。

KING10A.jpg顎の形も極太まではいきませんが、かなりしっかりしています。
間違いなく私の飼育しているオオクワの中では一番の個体です。







しかし・・・・



実は・・・・

 

この個体・・・・










KING11A.jpg羽パカでした。
なぜ、なぜ、なぜ。
サイズは79.2mmでしたが、羽パカなので記録になりませんね。
前回タランドゥスも80mm upしながら羽パカでした。
今回は蛹化後そーっとしていたのですが、残念です。
ブリードできるまで★にならいか心配です。


B-POWERさん、ごめんなさい。
でもこの血統は間違いなく大型血統だと思います。


オオクワネタつながりでジョニーさんよりいただいた久留米産オオクワ♀からブリードしたニョロ達をマットから菌糸へ投入しました。


久留米ニョロ1A添加剤入りマットと無添加マットに分けて飼育していましたが、たった10日間だけで、大きさにかなりの違いが出ていました。
この最初の違いが、これからの成長にどれだけ違いが出るのでしょうか?
と、思ったのですが、菌糸に移す段階でマーキングするのを忘れてしまい混じってしまいました。orz


大型血統なので、血統だけを頼りに大きくなってもらいましょう。


PH8-2A.jpgこちらは阿古谷ファラオ血統のアウトブリードになります。
11月30日割り出し、1月に800mlに入れていましたが、結構食いあげてきた便がありましたので♂を中心に菌糸交換しました。
最大で22gとまだまだですが、これからに期待です。





凹んだ気持ちを、癒やしてくれるのはこのクワガタです。


シークレットsp改めムシモンオオクワガタ。

まんじくんからのいただき物です。

ムシモン3A♂1頭を掘り出していましたが、今日見たら、♂1頭と♀1頭が自力ハッチしていました。残りの♀もしっかり羽化していました。
2♂2♀としっかり分かれてくれました。
ホント、小っちゃいんです。
うーん、癒やされますね。

以上 本日はドルクス日記でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。