趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW中の少ない時間を利用して、外から確認できない菌糸瓶を何本か掘り出してみました。

まずは国産オオクワガタ

KD♂<br />羽化2Aキングデビル血統になります。
♀がすでに何頭か羽化していましたので、♂はどうかと思い掘り出しました。

羽化はしていたのですが、羽化直後のようでした。
サイズは77mm くらいでしたので75mmくらいに落ちついてくれることでしょう。
この系統のオオクワは♂があと2頭いるので、もう1本掘ってみたところまだニョロでした。
ということであとは弄りませんでした。



ニジイロも最後の菌糸瓶を出してみました。

ニジイロXA外から羽化は確認できていました。
ちょっと違和感を感じたので、よく観察してみると左右の顎の長さが違いました。
モザイクというわけではないようなのですが、この血統からは長歯と短歯がでていましたが、最後の1頭が長短歯という結果で終わりました。(笑)





そして、忘れ去られていたケイスケイ・ギラファ
ギラファ2代目♀A何度かセットしたにもかかわらず、最終的に1個しか孵化することのなかったギラファです。
昨年の1月に孵化したまま、雌雄判別もすることなく菌糸を2回交換しただけでした。
★になっているものとばかり思っていましたが、元気な♀が出てきました。
ケイスケイは撤退と決めていたのですが、心揺らいでいます。

ブリードまではまだまだ時間があるし、それまでに ♂を捜してみようかな。



最後はまたまた国産オオクワです。

久留米6-1Aジョニーさんからいただいた久留米産オオクワ♀から採れたニョロ11頭。
プリカもだいぶ食いあげてきたので、800mlにお引っ越しです。
3月初旬割り出しですので、ふ化後約2カ月になります。
3.2gから11.1gで3♂5♀3不明といった結果でした。
次回交換時にはしっかり雌雄判別したいと思います。






黄金3種セットA 


そして最後の画像はこれ。
でも今日は長すぎたのでまた次回。
スポンサーサイト
今年の夏、我が家で一番人気だったのが、アブデルスでした。

妻も息子も可愛いと行って、市民権を得ておりました。

ブリも簡単で、沢山の子供達を残してくれましたが、寿命は短かったですね。

結局、全部★になってしまいました。



カブクワ飼育に、市民権をもたらしてくれた、栄誉あるカブトムシとして、標本を作ることにしました。

マルカンで出しているお手軽な標本キットその名もカンタン昆虫標本セットを使ってみました。

一昨年、アトラスの標本をこのキットを用いて作っていますが、そのお古を使い回しました。したがって固定液は2年ものです。(ケチくさ)

A液、B液に3日くらいずつ、入れておくだけです。

アブ標本2.1それを、展足して乾かしていましたが、標本にするのは味気なかったので、こんな感じにしてみました。

コカブトには丁度いい感じです。

リッキーの♂も今展足して乾燥中ですが、こちらは大きさがあるためどうするか思案中です。



飼育ネタですが、9月2日にギラファの産卵セットを組んでみました。

同居後翌日からメイトガードをしていたので、ペアリング確認していませんが投入してみました。



中ケースにヘラクレスマットをやや加水して、下3cmだけかちかちに詰めて、その上にこれまた結構加水したクヌギ材をいれてマットに埋めました。

他に2頭♀がいるので、お試しといった感じのセットです。

♀は投入後、すぐさまマットに潜っていきました。

2日後の昨日、覗いてみるとケース底に3個の卵を確認しました。

無精卵の可能性もあるのですが、しばらく様子見です。
最近はクワカブ関連も、あまり変化が無く更新もさぼっておりました。

最近やったことといえばゼリー交換くらいでしょうか。

ギラファの写真を撮っていなかったので撮ってみました。

MG2-16-1.jpg  MG2-17-1.jpg

羽化した直後はなんか弱々しく見えていたのですが、黒くなるにつれて、ギラファ本来の威厳が出てきたように思います。



ミヤマ1.1そして、先日職場の同僚からいただいた、ミヤマもパチリ。

秋田の八幡平のキャンプ場で見つけたとのことで、クワカブ好きの私のために採ってきてくれました。

角の先が折れているところが、いかにもWildらしく見えます。

この他にミヤマの♀とコクワの♀もいただきました。

ミヤマの♀はセットしようかどうか、迷っています。
メタパパさんから里子でいただいたフローレンスギラファの♂が羽化しました。

MG2-11-1.jpg  MG2-12-1.jpg


MG2-13-1.jpg

蛹の時にノギスをそっと当てて、これは100mm越すかななんて思っていましたが、羽化してみると90mmにも届きませんでした。

かなり縮んだようです。

角も結構極細ちゃんで、折れそうでドキドキしてしまいます。

それでも、ちゃんと羽化してくれましたのでひとまず安心しました。

この♂の羽化を♀3匹がお待ち申しておりました。

秋頃にはブリしたいですね。

固まったら測定して、写真アップしたいです。

メタパパさんありがとうございました。
先日♀3頭が羽化した、フローレンスギラファ。

♂と信じていた残りの1頭が早くも蛹化してしまいました。

ガラス越しに蛹の尾の方は見えるのですが、頭がどうしても見えません。♂とは思っているのですが、羽化ずれが激しいギラファなのに1カ月くらいしかずれずに蛹化してしまったので、♀かもしれないという不安が出てきました。

露天掘りするだけならいいだろうと、自分勝手に理由をつけて、昨晩掘り掘りしてしまいました。

そこで出てきたのは、やっぱりでした。(ホッ)

露天掘りでやめる予定だったのですが、どう見ても蛹室が小さすぎます。それなら人工蛹室にと思い、とりあえず、ヘラクレスの♀に使ったオアシス蛹室に移動していただきました。

この角が、羽化とともに前に伸びてくるんですね。

ぜひ、羽化ライブに立ち会いたいと思います。

その前に、ちゃんとした人工蛹室を作らねば。

MG2-4-1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。