趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2005/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/12
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちょっと悲しいことがあり、気分がブルーであります。



それでもその前に色々とクワ弄りをしましたので、ご報告を。



テルサン孵化.1まず、テルサンデールが孵化していました。

9月25日セット、9月29日採卵した卵達です。

16個を半分ずつ濡れティッシュと、マットで管理していました。

管理してしばらくしたところ、濡れティッシュの方で3個、マットの方で少なくても2個が赤くなって潰れていました。

無精卵のかの失せもあるかと思っていましたが、孵化してくれたのでほっとしました。

まんじくんのところで約3週間で孵化するとの情報がありましたが、まったくその通りになりました。

ゴロファは全くの初めてですので、初令で墜ちないか心配は付きませんが、しばらく様子を見たいと思います。





今日はレギの菌糸交換を何本かやりました。

パパレックスとかけたみつ樽嬢の初回産卵分の1頭も交換しました。



MDL2-1A.jpg6月25日孵化、8月19日に2000mlに投入したときは6.8gでした。

他の2頭は既に菌糸交換しておりますが、このニョロは居食いをしていましたので放置しておりました。

ただ、2カ月経過したので交換することに。

体重は30gでした。

今回はM2+SSE 2Lに投入しました。

これからの伸びに期待です。





そして今日は久々に菌糸詰めも行いました。

今回はじめて3LPBなるものを用意して詰めてみました。

フジコンの3L瓶です。

3L瓶.1さすが、3Lという用量ともなると、一生懸命崩した菌糸が、あっと今に瓶の中に吸い込まれていきます。

右隣の2Lブローが小さく見えます。

さて、この3L瓶を使いたくなるニョロが出てくるのでしょうか。(爆)





また、タラレギの割り出しを行いました。

タラは前回大きな産座を作りながら1個も産卵していなかった53mm♀になりますが、今回も前回とまったく同じ結果になってしまいました。

卵は1個もありませんでした。

よく見てみたら羽化後7カ月以上たっています。

産卵しないところを見ると♀に異常があるのかもしれません。

もう一度ペアリングしてみますが、だめかもしれませんね。



そして卵はいっぱい産んでくれるが1個も孵化したことがない、パパレックスとかけたy41さん血統レギ♀。

今回は再同居させた後のセットです。

10個の卵がありましたが、正常に見えるのは3個だけです。

たぶん個の卵もだめでしょう。



他のレギ♂と再ペアリングして、もう一度だけセットを組んでみたいと思いますが、こちらも何か欠陥がある♀なのかもしれません。



いいこともあれば、悪いこともある。

一喜一憂

これがクワカブなんですね。



悪いことが重なれば、飼育する意欲がなくなるという気持ちはよくわかります。

ある意味、気力を持ち続ける事も大変ですよね。

それでも、虫友さんが飼育を撤退されるというのはとてもショックです。

悲しいです。

今日は、このへんで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。