趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2005/111234567891011121314151617181920212223242526272829302005/12
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日まで出張で東京へ行ってました。少ない時間を利用してどこかクワカブショップへ行こうと思い、雑誌などにも広告を出している、ショップへ行くことにしました。大体この辺ということは知っていましたが、地図もないので探すのに一苦労しました。そこはビルの4階にありましたが、小さな部屋がすべてクワガタスペースになっていました。常連さんと思われるお客さんが2人ほどいらっしゃいました。時間もなかったのでちょろっと見ただけで店をあとにしましたが、少しでも店主とお話ができればよかったなと後悔しております。うちの近くには専門のショップなどないので、ああいう風に常連さんが集まって情報交換するなんてうらやましい限りです。この辺でも少しづつ仲間を増やしていきたいなと思いました。
-----
スポンサーサイト
人工蛹室に入れたサキシマヒラタクワガタが茶色に色づいてきました。そろそろ羽化しそうです。できればその様子を観察したいと思っていますが・・・。
ノギス1以前応募した、プレ企画でクワノギス当たり、本日送られてきました。これは銚子オオクワガタ倶楽部で国産オオクワ81mmを記念したプレゼント企画でした。まさか当たるとは思っていなかったのですが、先週当選の連絡を受けてびっくりしました。たしか当選者は一人だったはず。幸運です。今までは100円ショップのノギスを使っていましたのであまり写真も撮っていなかったのですが、これを機会にバンバン測定しまくりたいと思います。
-----
サキシマ051120-1-1露天掘りしたサキシマヒラタクワガタを観察したところ、一部が崩れていました。またコバエが大量に発生してたため、こりゃ人工蛹室だなと考え、早速移動しました。リッキーのメス用に使ったオアシスの残りを使って造りました。結構いけるかなとじぶんではまんぞくしてますが・・・。
リッキー051120-5-1とうとう我が家で初めてのリッキーが蛹化しました。蛹室をケース底に造っていたので、昨日とうとう掘り出してみました。

オスの方からおそるおそる掘り出してみたところ、中には立派な角を持った蛹がいるではありませんか。多少先端が曲がっていますが、結構太くまっすぐな角で安心しました。春にオキシのオスが蛹化したときにはもしかしてメス?と疑うような角でしたので、今回はほっとしました。それからいろいろなサイトで勉強したとおり、オアシスを使って人工蛹室を造りました。思ったほど難しくはありませんでした。あとは無事に羽化することを待つだけです。羽バカになりませんように。
かんろさんのHP開設2周年記念プレゼント企画で、大阪のあーつさんが協賛していただいた、オリテクス・ボアス(クリイロツヤサイカブト)の幼虫が当たりました。最近小さなカブトを飼育したいと思っていたのでとてもうれしいです。さっそくあーつさんへはお礼のメールを出しました。到着するのが待ち遠しいです。
風神1kabukuwaの里でオオクワガタ美形コンテストなるものが開かれています。今回は自分で羽化させた個体でなくてもよいとのことでしたので、応募することにしました。一番最初に購入したお気に入りのホペイです。入賞しなくてもいいけれど、コンテストに参加してみたかったというのが本音です。
サキシマヒラタクワガタの幼虫をプラケースから瓶へ移動した。

現在菌糸瓶に2匹、600ml瓶に1匹入れていたが、今回、4匹の幼虫を800mlに一匹ずつ投入した。また他に8匹の症例虫がいたので、小プラケースで多頭飼育することとした。
昨日ホペイ幼虫を4匹1000mlから2000ml瓶へ入れ替えしました。前回から2カ月経過してましたが、あまり大きくはなっていませんでした。最大で23gでした。あと同時期の幼虫は4匹残っていますので来月までに2000ml瓶へ入れ替えたいと思ってます。
昨日、岩木山に初雪が降りました。それから私は気づかなかったのですが、夕方市内にも雹が降ったそうです。どおりで寒いわけです。去年は記録的な大雪だったので、とうとうこの季節が来たかといった感じです。

昨日、アフロさんのサイトのプレ企画の発表がありました。私は撃沈しましたが、プレ企画の発表というのはいつもどきどきしますので楽しみのひとつです。次はかんろさんのところプレ企画が・・・。
-----
5月に購入したヘラクレスリッキーの幼虫ペアが、そろって蛹化しました。大プラケースで単独飼育していましたが、同じ日に蛹化しました。そしてどちらもケースの底に蛹室を作ってしまっています。(仲がいいことやら)

いろいろなサイトを見てみると、通気をすればそのままでいいという人もいますし、羽化時に水分がケース底にたまってしまい羽化不全を起こすことがあるため、人工蛹室に移すべきだという方もいます。いずれにせよもう少し固まるまでは動かせないのでその間にもう少しいろいろな人の意見を聞いてみることにします。
サキシマ蛹2-2去年購入したサキシマヒラタクワガタの最後の幼虫が蛹になりました。兄弟たちは早いものは6月頃には羽化しておりましたが、ゆっくり育ったおかげで、一番大きく育ったようです。無事に羽化できるように見守りたいと思います。
風神15-1私がクワカブにはまったきっかけになった、クワガタがこのホペイです。初めてオークションに参加して購入した、福建省福州市北峰産種H8年型F4です。大きさはそれほどでもありませんが、スマートな個体と思います。今一番のお気に入りです。でもいつも潜っているのでなかなか姿を見ることはできないのが、残念です。
今飼育しているクワカブは

ホペイ成虫3♂、4♀  ホペイ幼虫 10匹

国産オオクワ幼虫5匹  ギラファ幼虫4匹

サキシマヒラタ成虫4ペア 幼虫約20匹

ヘラクレスオキシ幼虫1匹 リッキー幼虫5匹

ゴホンヅノ幼虫2匹 

国産カブト幼虫約40匹 近くで採取したコクワ、アカアシすべて♀が4匹

こんな感じです。
最近、クワカブにはまっていろいろなサイトを訪問するようになり、プログもいいなあなんて思うようになりました。

日記代わり、飼育記録代わりに続けてみようかなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。