趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2006/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/04
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の金曜日の当直から連続4日間、時々家には帰れたものの、ほとんど職場に泊まり込んでいました。久しぶりに昨日というか今朝4時頃、家に帰りました。

クワカブの様子を一通り見て、部屋を出ようと思ったとき、国産カブトの幼虫の衣装ケースの間に挟めている虫除けシートが、ぐちゃぐちゃになっているのに気がつきました。

変だと思ってふたを開けたら、いました、いましたこいつらが。

国産カブト1-1


仲良くペアで羽化したようです。

多頭飼育も甚だしいので、これからどんどん羽化してくるでしょう。

それにしてもやっぱりカブトムシはかっこいいですね。

今年も会えたね、といった感じでした。

おかげでちょっと疲れが癒やされました。
スポンサーサイト
メタパパさんからいただいたフローレンスギラファ

昨日、メス1匹が蛹化しておりました。

4匹幼虫がいて、昨年末に見たときは卵巣を確認できずすべてオスかと思っていました。(さすが素人です。輦

残りの3匹のうち1匹は明らかに大きく、まだ元気に幼虫しているのでオスがと思いますが、

もう2匹はあまり大きくもなくなんか前蛹間近といった感じですのでメスかもしれません。

4匹とも1.9L瓶でマット飼育しております。

是非ともオスの蛹化シーンは見てみたいと思ってます。



ビン越しに写真を撮ろうとしましたが、うまく撮れないのであきらめました。蓮



追記:今日家に帰ってみたらもう1匹、メスが蛹化していました。
3月20日 ホペイのメスを産卵セットへ投入しました。

このホペイはク○ガタ屋さんの「風神」血統で俗に言う福建省北峰産平成8年型のF4個体になります。

オスは73mm、メスは48mmでした。

昨年の5月羽化個体です。冬の間はどちらもぐっすり寝ていました。

2週間ぐらい同居させてしまいました。(長すぎ?)

なかなか時間がとれなくて、ついつい放置してしまいました。



産卵セットは埋め込みマットに、堅めのクヌギを入れました。

メスはすぐに潜っていきました。

どんどんかじってくださいね。


風神セット1-1

3月23日、マットの上で、ゼリーにむさぼりつくメスの姿がありました。(小休止??)
1月26日に羽化したヘラクレスオキシデンタリスのメス。

羽化から2カ月目にして、昨日から後食をはじめました。

おとといまでは、マットの中に潜ってばかりいましたが、昨日の夜覗いていたら、ゼリーの中に顔を突っこんでおりました。

メスといえどさすがに、ヘラクレス。

かなり存在感がありますね。

hiroさんから里子でいただいた、オス君はもう元気いっぱいで、早くメスさんが後食するのを待っていました。

これであと1カ月したらセットを組めそうです。

オキシメス後食1.1


これより10日前に羽化したリッキーのメスがまだ寝ています。

こっちはオスもメスもまだ後食していません。
3月12日に産卵を確認したウッドラークパプアマルカブト

7個採卵したのですが、その2日後に耐えきれずもう一度採卵してみました。4この卵を見つけることができました。

そしてそれから1週間後の3月21日、またまた耐えきれずセットを暴いてしまいました。

2メスが2日で4個産んでいたので、1週間でもう10個以上はと来していましたが、なんとボウズでした。

2匹のメスがとても元気なのでほっとしましたが、もう終わりかい?と突っこみたくなりました。

あんまり覗きすぎたのが良くなかったのでしょうかね。次はしばらく放っておくことにします。



そして採卵した卵達の孵化が始まりました。

弥勒さんに教えていただいたように、確かに2週間くらいで孵化してくるんですね。

小ちゃくて、とってもかわいいです。

こんなに小さくて、ちゃんと育ってくれるのかどうかが心配です。

ウッドラーク孵化-a



ついでに親画像もアップしときます。

ウッドラーク12.16-1

Y坊さんからいただいた、ヘラクレスリッキー幼虫3頭のマット交換と体重測定をしてみました。

前回は97g、70g、67gでしたが、それぞれ107g、93g、87gとなっていました。

えっ、ということは全部オス???





まあ、大きく育ってきてくれてますので、喜ばしいことです。

しかし、ヘラクレスのフンって、本当に大きいですよね。ふるいにかけてみたら、マットが1/4まで減ってしまいました。

次の交換は5月ころかな。





リッキーYKY9-11
久しぶりにエビネタです。

我が家のビーシュリンプはTAKUMI Arms ProjectのsuanyosiさんからいただいたCRBでした。

毎日元気に泳ぐ姿を見て、癒やされております。しかし現在12匹いるのですが、やはり増やしたくなる気持ちは抑えることができませんでした。しばらくすれば抱卵してくれるとは思っているのですが、それまで待てないせいかくでして・・・。

ビッダーズでBボタンを押してしまいました。そして我が家にやってきたCRB12匹

シュリンプ5-1






そしてブラックビーも仲間入りです。



シュリンプ7-1







水槽の中も少しにぎやかになりました。

と、よく見たらsunayoshiさんからいただいた、シュリンプの1匹が抱卵していました。ダブルの喜びです。こちらの写真は撮れませんでしたが、後日アップできればと思っています。

それにしてもシュリンプの写真を撮るのって、クワカブを撮るのにまして難しいですね。試行錯誤してみます。
先日のあーつさん主催のプレゼント企画で、菌糸瓶に当選することができました。協賛して頂いたかとちゃん様にはおまけまでつけて頂きました。どうもありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
先日、kabukuwaの里のよしみさんより、国産オオクワの幼虫を里子として頂きました。現在は佐賀産のみでしたので、2産地目となります。

この幼虫はAKO丸とブラックチェリーのアウトラインとのことでかなり期待を持っています。メスはそろそろ前蛹になりかけているようです。大切に育てたいと思います。

よしみさんありがとうございました。
我が家で唯一のミニカブとの成虫、ウッドラークパプアマルカブト



1♂、2♀いるのですが、各1週間同居させた後♀を各々別に飼育していましたが、産卵の気配は全くありませんでした。



以前、FBのBBSでも飼育に関して質問させていただいておりましたが、タイミングが合えば卵がとれるとのことでした。実際いつもマットに潜っているので、交尾の確認もできませんでしたので、1カ月くらい前に3匹をまとめてひとつのケースに入れてみました。

時折ケース越しに姿を見ることがありましたが、ほとんどマット上にいるのでどうなっているのか全くわかりません。ケース底を見ても卵は確認できないし、そのまま放置しておりました。

ただし、ゼリーは時々ぐちゃぐちゃになっていたのでたまにマット上に出てきていたんだと思います。

今朝、どうしているかと思いマットを暴いてみました。成虫たちは元気でした。そして卵はどうかと見てみると、ありました白いまん丸の卵が7個ほど。思ったより大きめでした。でも有精卵か無精卵かは皆目見当がつきません。

FBのデミさんからの情報では癖があるとのことなので、この先不安でありますが、産卵してくれることはわかったので、卵だけは別にしてまたオスメス一緒に同居してもらうこととしました。

朝からとってもいい気分です。(^o^)

ウッドラーク卵2-1
先日掘り出したとき、前蛹と思われたホペイ幼虫。

露天掘りしていたので、観察は容易でした。

昨夜見てみると、ぴーんと伸びていたので、そろそろ蛹化するんだろうなと思っていました。(初心者ゆえに、幼虫の状態をみただけではいつ頃蛹化するとか、羽化するとか全然わかりませーん)

その30分後、明日あたり蛹化しそうなのがいるからと息子をクワ部屋へ連れて行ったら、すでに蛹化の真っ最中でした。初めて見る蛹化シーンに私も息子も釘付けでした。身体をくねらせながら、上手にからを脱いでいく姿を間近に見ることができました。



今朝、私より早起きの息子が、早速蛹を確認し、昨日よりイロが濃くなっていることを報告してくれました。これから蛹化や羽化が続くと思うと楽しみですね。



それから国産カブトのケースの横にまたまた蛹が見えてました。

こちらもこれから、蛹化ラッシュのようです。



H85-5-1-1.jpg
一昨日、深夜に気になっていた菌糸瓶の交換を行いました。

hopeiとオオクワをかえてみたのですが、みんな小さい、小さい中には体重が6g落ちているものもありました。

瓶の外側は全然白いのでまだ大丈夫と思っていたのですが、掘ってみると中の方は真っ黒くなっていました。気づかなくてごめんなさい。

そんな中、ホペイのメスが蛹化していました。透明な感じから見て蛹化したばっかりだったと思います。とりあえず露天掘りとし、しばらくしたら人工蛹室に入れたいと思っています。(Y坊さんからいただいたMTS血統です)

それから前蛹も1匹掘り返してしました。これがまた小さい、小さい。たしか小出し倶楽部というのがあったと思うので、私も登録しようかと思ってしまいました。

MTS1-1-1.jpg
↓の内容で、へこんでしまいましたが、気を取り直して外国産ヒラタの産卵セットを組みました。



ペアリングは当日1回確認した後、結局3日間ほど同居させました。心配していた♀殺しは何とか回避できました。



外国産ヒラタは材、マットの両方に産卵するとのことで、マットだけセットされる方も多いと聞きましたが、初めてのことでもあり産卵材(クヌギ)も一緒に入れることにしました。

マットは発酵マットを入れました。

スマトラ、ダイオウともすぐにマットに潜っていきました。

スマトラセット3-1

今朝確認しましたが、どちらもゼリーは食べていないようで、潜ったままのようです。沢山産んでちょうだいね。

オオクワ幼虫の瓶交換を1本だけやりました。本当はHopeiも含めて10本くらいやりたかったのですが、菌糸瓶がまだ到着していません。

交換した幼虫は冬の間ずっと姿を現さず、2月後半から急に菌糸瓶が黒くなってきていたものでした。



掘り出してみると、菌糸瓶の中はほとんど真っ黒になっていました。

そして取りだした幼虫は、ちっちゃい!(字だけは大きく)。

体重測定しましたが、公表できません。しかもメスと思っていましたが卵巣がありません。ダブルショックです。



もっと早く交換してあげれば良かったんでしょうね。

幼虫君ごめんなさい。

JS42-3-1-1.jpg
またまたLink追加させていただきました。

アフロなカブクワ達です。



はじめてプレ企画で当選させていただいたのがアフロさんのHPでした。

知っている方も多いかと思いますが、アフロさんのところではヘラクレスマットを販売されており私も使わせていただいておりますが評判もかなり高いものです。また何よりアフロさんがとても親切に対応してくれるのがリピーターの多い理由かと思っています。



今回アフロさんのHPで第12回プレ企画を開催することになりました。私もはじめて協賛というものをさせていただくことになりました。

でもはっきり言って応募が来るかどうかは???です。

応募期間は3/15から3/29ですので皆さん要チェックですよ。
いつもお世話になっているB-POWERさんBug,s & Friend,sをLinkに追加しました。

B-POWERさんにはFBのプレ企画で佐賀産オオクワ幼虫と菌糸ブロックをプレゼントしていただいたのがご縁で、いろいろと教えて頂いております。

国産オオクワのみならず、外国産クワガタやカブトも飼育されております。時々余品や、オークションへの出品もなさっていますので要チェックです。

B-POWERさん、これからもよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。