趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINKを追加しました。

ぴょんさんが管理されているTarandLandです。

その名の通り、タランドゥスとレギウスの飼育をされており、80mmUPを達成されたベテランブリーダーさんです。

先日、超豪華なプレ企画が開催されました。私は落選しましたがとても盛り上がりました。

このプレ企画がご縁で、相互リンクをしていただくことになりました。

私もタラ飼育に足を突っこんでしまいましたので、色々ご相談にのっていただこうと思っています。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト
すま虎造さんのプレ企画で、パプキン幼虫に当選しました。

ご協賛いただいたのは、当プログへもコメントを寄せていただいた、弥勒さんです。

数ある賞品の中かに弥勒さんのお名前を発見し、なおかつパプキンブルー系統とあったのですかさず応募させてもらい、当選することができました。

やはり、ちょっとでも知っているかただと安心感が違いますね。

そして、今日ワナメ産幼虫5頭が、無事届きました。

4月初旬セットということでした。

これでパプキンは2系統になりました。まだ成虫を手にしたことがないのですが、大切に飼育し是非とも累代させたいと思っています。

プレ企画を開催していただいたすま虎造さん、そしてパプキンをお分けくださった弥勒さんにこの場を借りてお礼申し上げます。

どうもありがとうございました。
東京出張から昨日帰還しました。

東京では何とかクワカブショップ1件だけ行くことができました。

むし社であります。

平日の夕方にお邪魔しましたが、サラリーマン風のお客さんが私を含めて5人ほどおりました。

思ったほど広くありませんでしたが、外産クワガタの成虫が沢山おいてあり目の保養をさせてもらいました。

生き虫を買って帰るわけにもいかず、結局クワガタ専用のピンセットとタイペストシールだけを購入しました。

自分の家の近くにあんなショップがあったら、通い詰めて、衝動買いなんかもしちゃうんだろうなと思いました。

良かった、うちの近くには専門のショップが無くて・・・。(はい、完全な負け惜しみの言い訳コメントです)



さて我が家の飼育棚を見てみると、

HOPEIのMTS系の♂が羽化しました。

HOPEIの♂の羽化は初めてです。

(初心者なので、はじめてのイベントばかりですが・・・。)

去年の5月孵化で、Y坊さんより里子でいただいたものです。

露天掘りとして観察していましたが、5月19日に羽化しました。

顎の重なりも申し分なく、私としては大満足であります。

喜びのあまり、サイズ測定を忘れてしまいました。

この系統は3頭いて、♀1頭が先に羽化しております。もう1頭も♀かと思いますがこちらは菌糸瓶の外からは確認できていません。もしかしてもう羽化してたりして・・・。

掘りたい気持ちをじっと我慢しようと思います。

MTS2-20-1.jpg
先日、露天掘りしてしまった阿古谷産オオクワの♂が、昨日羽化してました。

結局羽化前日に掘り出してしまったことになります。

ちょっと、顎の重なりが気になりますが、顎幅は結構しっかりしているようです。

取り出して測定したい気持ちを抑えつつ、そっとふたを閉めました。

KO丸A1-3.1
週末のクワ弄り

1.国産カブト

 まだ3つのケースに幼虫飼育している国産カブト。実際何頭いるのかわからなくなってしまっていたので掘ることにしました。

結局弱った3齢1頭、羽化した♂1頭、顎の部分がはずれない奇形蛹1頭で、5頭近くは蛹のまま★になっていました。去年は1頭も落ちなかったのに今年は結構幼虫、蛹のまま★になったものがいました。多頭飼育と寒さが原因だったのかもしれません。★にしてしまってごめんなさい。

2.国産オオクワ

 阿古谷産のオオクワ幼虫♂1頭と♀2頭。3月に菌糸瓶交換してからあまり食痕もでず、ある意味放置状態にしておりました。気になって昨日♀の菌糸瓶から掘ってみたところ羽化した成虫が出てきました。

結局他の瓶も掘ってみたところ、もう1頭の♀も羽化していました。♂はというと、もうすぐ羽化直前の蛹が出てきました。露天掘りとしたまま観察することにしました。

3.先日採卵したウッドラークの卵は3匹ほど孵化してきましたのでプリンカップに分けて入れることにしました。(前回多頭飼育したところ結局1頭しかのこらなかったため。)

と、ちょこちょこと息子と一緒にクワ弄りをすることができました。天気も良かったため、気持ちよく仕事することができました。



予告;あるものを手に入れてしまいました。来週にはアップできると思います。
B-POWERさんから里子でいただいた佐賀産オオクワJS42の♂が先日羽化しました。

初めての、国産オオクワの♂です。

我慢することができず、まだ羽化して日が浅いのですが、掘り出してしまいました。(ハイ、掘り魔、降臨です)



サイズは61mmしかありませんが、とても綺麗に羽化してくれました。

これが、世の人々を惑わせる国産オオクワなのですね。改めて納得してしまいました。

これで80mmアップなんていったら、確かに心臓バクバクになっちゃうんでしょうね。

今日は、私にとっても記念すべき日になりました。

B-POWERさん、ありがとうございました。



JS423-1-1.jpg
先日♀3頭が羽化した、フローレンスギラファ。

♂と信じていた残りの1頭が早くも蛹化してしまいました。

ガラス越しに蛹の尾の方は見えるのですが、頭がどうしても見えません。♂とは思っているのですが、羽化ずれが激しいギラファなのに1カ月くらいしかずれずに蛹化してしまったので、♀かもしれないという不安が出てきました。

露天掘りするだけならいいだろうと、自分勝手に理由をつけて、昨晩掘り掘りしてしまいました。

そこで出てきたのは、やっぱりでした。(ホッ)

露天掘りでやめる予定だったのですが、どう見ても蛹室が小さすぎます。それなら人工蛹室にと思い、とりあえず、ヘラクレスの♀に使ったオアシス蛹室に移動していただきました。

この角が、羽化とともに前に伸びてくるんですね。

ぜひ、羽化ライブに立ち会いたいと思います。

その前に、ちゃんとした人工蛹室を作らねば。

MG2-4-1.jpg
とうとう、とうとう念願のタランドゥスgetしました。

初2齢ではありますが、持ち腹、CBなどあわせて6頭を手に入れることができました。

本当は成虫を手に入れて、ブリしたいとも思っていましたが、まだまだ初心者ですし、他の種類のブリを成功させてからでもいいかなと思っております。(自分に対しての言い訳ですが,,,。)

まだ孵化してから日が浅いのですがプリンカップ3頭と、菌糸カップ3頭になっております。

近いうちにカワラ菌糸瓶を用意したいと思います。

うちの中はいっぱいなので、しばらくは第2飼育室(職場)で飼うことになりそうです。

タランドス2-1
3月中旬に11個の卵を産んだ後、とんとご無沙汰のウッドラークパプアマルカブト。

それ以後は産卵することもなく、2♀のうち1♀が★になってしまいました。

11個の卵のうち6頭ほど孵化したのですが、1カ月後には1頭になっていました。

昨日、久しぶりにマットを暴いてみました。3週間くらい前にも1度暴いてみたのですがボウズだったので全く期待していませんでしたが、予想に反して17個の卵を取ることができました。

しかし、幼虫は1頭も見あたりませんでした。2週間前後で孵化するはずなので1頭くらいはいてもいいかと思いましたが,,,。

一応今回も孵化するまでは多頭飼育とし、ふ化後は1頭ずつプリンカップに移動する予定にしました。
先月末からセットしたヘラクレスリッキーとオキシデンタリスのケースを掘ることにしました。

オキシデンタリスの方は最初セットに入れたところ、潜ろうとしなかったため1度ケースから出して、再ペアリングさせ再投入していました。

いろいろなサイトを見ていると、セット投入した翌日にはマット上に卵を発見したなどと書かれていたので、時々覗いていたのですが全く卵は見えず、不安になっていました。

リッキーの方は、セット投入後すぐに潜ってくれたので安心はしていたのですが、やはりマット上には、卵の姿は見えませんでした。

とにかく産卵しているかどうかだけでも確認しようと、息子と二人でオキシデンタリスのセットを掘ることにしました。

衣装ケースの上の方は、マットもまだフカフカな状態でした。半分くらい掘っても全く卵は出てきません。

こりゃだめだなと、半ばあきらめた時、マットの底の方を書き出してみたら白い卵がぽろっと転がりました。

ふー、良かった良かった。

卵があることだけを確認しようというつもりでしたが、こうなると何個ぐらいあるのか気になり結局全部掘り返すことにしました。

当初10個を目標としていましたが、すぐに10個見つけ、目標15個、20個と増えていき、結局30個の卵を確認することができました。

いやー、うれしかったです。

こうなると、もう欲望は止まりません。

リッキーのセットも外へ持ち出して、掘り出すことに。

こちらはセットして、まだ1週間くらいなので、10個くらいかと思いましたが、結局22個の卵を採卵することができました。

どちらも、黄色くなっているものや、つぶれたような卵も何個かありましたが、とりあえず別ケースにマットを敷きそこで管理することにしました。

あとは、無精卵でないことを願うだけです。

それにしても有意義なクワカブ弄りでした。

リッキー採卵2.1
FBのメタパパさんから里子でいただいた、フローレンスギラファF3の♀3頭が、仲良く羽化しました。

9月頃にいただき、1.9l瓶の発酵マットにて飼育しておりました。

サイズは45mm前後とあまり大きくはありませんでしたが、結構攻撃的で、移動のため3頭まとめて小ケースに入れたら、すぐにけんかが始まっていました。

残り1頭は♂かと思っていましたが、羽化ずれ必至とのことなのに、なんか蛹室を作り出しています。

もしかして、これも♀だったりして...。

ギラファメス2.1
-----
国産カブト以外で、初めてブリードらしいブリードをしたのがサキシマヒラタクワガタでした。

一昨年、2齢で購入した幼虫が羽化し、それをインブリードした幼虫たちが、どんどん羽化してきています。

昨日はその中でやっと羽化してきた♂2匹を掘り出してみました。

この親たちは、飼育を始めたばかりの無知な私の飼育法のため、極小で羽化してしまっていたのですが、今回は何とか形ができてきました。

それでもサイズ的にはまだまだ小さいのですが、去年の個体達に比べれば多少大きく育ってくれました。

ほとんどがマット飼育にしていましたが、1ペアだけ菌糸飼育しているのがまだ3令でいます。こちらにも期待したいと思っています。

SA11-1-1.jpg
仕事で遅くなり、帰ってきたのは、12時過ぎてました。

遅めの食事をとって、クワカブの様子を見にいきました。

色々見た後で、最後にアブデルスの幼虫を見てみたら、なんと♂が1頭羽化して、マットの上を歩いているではありませをか

その姿がなんとも可愛らしく、今日の疲れもすっ飛んでしまいました。

初めて実物のアブちゃんを見ました。

人気がある理由が解りました。とにかく可愛いいです。撚

アブ羽化1.1
5月7日日曜日

天気予報は終日雨マークでしたが、実際には外は天気も良く、出かけない手は無いなということで、イワナの村へ行ってきました。

ここは私の家から車で1時間弱のところにある、釣り堀です。

竹竿とエサ1セットで100円、釣った魚は格安で唐揚げや塩焼きにしてくれるので、年に2、3回は出かけます。

今回も竿を2本かり、目標10匹で釣りをはじめました。

いけすが4、5カ所あり、ニジマス、イワナ、ヤマメ、鯉が泳いでいます。子供に釣らせるのが目的なのですが、なかなかうまく釣れません。それでも何とか3匹ほどつり上げることができました。その間に妻が4引きつり、残り2匹は私が釣りました。本当はもっと釣りたいところですが、多く釣っても食べ切れませんし、子供に釣らせるのが目的ですからここは、我慢です。

結局イワナ4匹を塩焼きにしてもらい、ニジマス5匹は唐揚げにしてもらいました。

この唐揚げは、骨まで全部食べれるくらい、カリカリにしてくれるので子供でも頭からしっぽまで全部食べることができます。

ちょっと風が強くて寒かったですが、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

イワナ村3.1
連休中、妹家族がきていたため、下駄箱や下駄箱下などに退避していたクワカブ達を、何とか部屋へ戻すことができました。

でも、結構暖かくなってきたので、カブト達の幼虫はそのまま下駄箱の下で暮らしてもらうことになりました。



先日、割り出したスマトラヒラタの幼虫を見てみました。

割り出したあとは、スタックエスに6匹まとめて入れておいたのですが、思いの他、成長が早くケース越しに見える幼虫が大きくなってきたので単独飼育にかえました。

6匹いますので、3頭は菌糸瓶に入れようかと思ってます。

スマトラ幼虫2.1

それからうちにいるホペイ成虫3系統、ク○ガタ屋の北峰産、白沙産、そしてY坊から頂いた湖南省天門山産の3ペアを1週間ペアリングさせたので、各々セットに投入してみました。

北峰産は前回セットしましたがボウズでしたので、2度目の挑戦です。今回も前回と同じ産卵木を使ってみます。他の2頭は別の産卵木で挑戦しますが、こちらの産卵木の方が見た目良さそうに思います(根拠は何もありません)北峰産が、今回もだめならこの産卵木へ変更します。



あとは、ヘラクレスリッキーを産卵セットに投入しました。翌日から潜りっぱなしなので期待したいと思います。

オキシデンタリスの方も、前回セットしたときは全く潜ろうとしませんでしたが、再ペアリング後セットしたところ、今回は潜っているようです。

こちらは来週にでも1度、暴いてみたいと思っています。(もちろん産卵の確認のみですが...。)
5月7日、連休最終日。予定外に休みを取ることができました。

天気はあまり良くなかったのですが、いろいろとやることができました。

まずは羽化したHopeiを掘り出しました。

北峰平成8年型。
H84-6-1.jpg


♀は頭だったのですが、1頭は★になったためこの1頭のみとなってしまいました。

サイズは41.5mmでした。

平成8年型はあと4匹いますが、蛹が2匹、前蛹とニョロが各1匹です。



次にMTS血統の♀

MTS-1-3-1.jpg





こちらは39.1mmとかなり小さい個体です。

この系統は♂1匹が蛹で、もう1匹♀と思われますがまだニョロやってます。



次に国産佐賀産の♀。

これはB-POWERさんからの里子です。

JS42-1A-2-1.jpg

私にとって初めての国産オオクワです。

サイズは41mmとやっぱりオチビちゃんですが、そんなことどうでもいいんです。

どの個体もぴかぴかしてとても綺麗です。

新成虫はいいですね。見ているだけでうれしくなってきます。
大型ゴールデンウィークの真っ只中、日当直中のsorapaであります。

でも、結構この連休中も働いているお仲間が居るようで少しほっとしております。



昨日、我が家へ妻の妹とその子供達3人が泊まりに来ました。

当然寝る部屋を確保するため、クワカブをおいていた部屋を開放しなければなりません。

と、いうことで一昨日、クワカブ大移動(実はそんなに大げさではないのですが)をしました。

菌糸瓶は幼虫、前蛹、蛹、羽化直後個体などが入っておりましたが、下駄箱の空いているスペースへ移動しました。ヘラクレスの成虫は子供達も見たがると思い、玄関ホールへディスプレイ。

オキシのセットと、ダイオウのセットはコバエ帽子のため、ゴミ袋をの中へ入れて、納戸へ直行。リッキー、ゴホンヅノ、国産カブトの幼虫たちは下駄箱下のスペースへと移動されました。

これで部屋はすっきりし、奥様も大満足です。

確かに部屋は広くなりました。



さすがに夜中にごそごそするわけもいかず、昨日はクワカブ観察できませんでした。



子供達が帰ったあとには戻そうと思っているのですが、

「このままで、いいんじゃない」

という妻の声が、今にも聞こえてきそうで、ドキドキしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。