趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた、蛹化ネタです。

TA1-4-1.jpg食痕が、見えなかったため掘り出したところ、前蛹になっていたタラ♂がいます。

しかたがないので人工蛹室へ。

しわしわになってきたので、そろそろ蛹化と思っていました。昨晩も12時頃確認しましたが、まだニョロでした。

(この写真は2日前)





TA1-5-1.jpgところが今朝のぞいてみると、あら、蛹化しておりました。

そんなに蛹化するところを見られたくなかったんでしょうか。

蛹化したばかりの蛹の色の綺麗なこと。

と、しばし眺めておりました。

が、よーく見ると、アゴが小さーいということに気づいてしまいました。

このニョロ最大で36goverでしたが、その後の暴れで29gまでダイエットに成功(?)しておりました。

<TA6-8-1.jpg前に蛹化したこの♂と比べても、かなりの小さいアゴになってしまいました。

小さくてもいい、たくましく育って欲しい。(分かる世代にしか分かりませんね)







ゴホンヅノ蛹化6.1そして、こちらはゴホンヅノカブト。

蛹化したのが10月3日。

かれこれ8週間経過しましたが、まだ羽化する気配がありません。

動いているので生きているようですが、ゴホンヅノって羽化するまでこんなにかかるんですね。

前に♀がこの状態のまま★になってしまったので、ちょっと心配です。
スポンサーサイト
急に思い立って掲示板を新しいものに交換しました。

今までの掲示板では返信機能が無かったのですが、今回は返信機能付きのものにしました。

まずは無料登録で試用してみます。使い勝手が良ければ画像アップもできる有料のものにバージョンアップしたいと思います。

今まで以上に、掲示板の方もよろしくお願いします。



さて、昨日は午後から休みでしたので、カブトのマット交換をしました。マットはアフロさんのヘラクレスマットに戻しました。

今回のロットは粒も細かくそろっていて、申し分ないといった感じです。

グラシロ3.1まずはしろしろさんからいただいたグラシロペアです。

見た目、あまり大きさは変わっていませんでした。

体重測定では、どちらも26gとほぼ変化ありません。

まだ黄色くなっているわけでもないので、今後の成長に期待しましょ。



次はリッキーです。

リッキー多頭飼育.1今年の夏に孵化した幼虫たちですが、それなりに大きくなっていました。全部で14頭。

一番大きいのは60gでした。

1頭だけ、脱皮直後のニョロがいました。(やっと3令?)

脱皮直後にマット交換って、絶対良くないよなーと思いつつも後には引けずそのまま敢行してしまいました。

1頭飼育、2頭飼育と最後は7頭飼育になっちゃいました。

どんどん大きくなっておくれ。





HR15-1-1.jpgそして、昨年孵化個体のリッキーもちょこっとマット交換を。

やばい、蛹室みたいな空間ができてました。

完全に壊してしまいましたが、新しいマットの上に置いたら潜っていってくれたので一安心ですが、どうなることやら。

9月に115gでしたが、124gまで増えていました。

他2頭♂がいるのですが、こちらはそのままとしました。

♀2頭の方も黄色くなってきていましたのでそろそろ蛹化するかもしれませんね。(年末かな)

結局届いたばかりのマット6袋中4袋をあっという間に使ってしまいました。
昨晩、我が家で初めてタランドゥスが羽化しました。

蛹化から丁度1カ月でした。
TA2-10-1.jpg
昨日仕事で遅くなったので、羽化のタイミングには間に合いませんでしたが、覗いてみると、乳白色の綺麗な羽を拝むことができました。





思えば、春先に清水の舞台から飛び降りる心境で(たとえが古くてごめんなさい)、高嶺の花だったタランドゥスの幼虫を手に入れ、いろいろな方にコメントをいただきながらここまで来ることができました。(ひとり、感動に涙しております)

本当にうれしいです。

記念すべき第1号ですので、大事に育てたいと思います。



TA2-11-1.jpg
朝になると上翅の色も光沢のある飴色に変化していました。

まだ内翅を乾かしている途中でした。

早く手の上に載せてみたいと思いつつ、出勤してきました。
私のクワカブ、ビーシュリンプ好きは、職場の一部では周知の事実となっております。

その甲斐あって、今年もミヤマクワガタなどを持ってきてくれる同僚もいました。

そして今回は・・・、

なんとクリスタルビーシュリンプを分けてくれるということになりました。

同僚の友人がビーをやっていて、かなり増えたので分けてくれるというものでした。

そのままうちに持って帰っても、もちろんいいのですが、話の流れから職場で飼おうということになりました。

職員、お客様の癒し効果を狙おうというもっともらしい理由をつけました。

hos水槽1.1
何匹もらえるのかも分からなかったので、小さな水槽を用意しました。フィルターも外付けの小さなものです。

たぶん10匹程度だろうと思っていましたのでこれで充分でしょう。







hos水槽2.1そして昨日エビが到着しました。。

なんと50匹近くのエビをもらうことになりました。

グレードとしてはタイガーバンドメインで、かなり状態はいいです。

赤白くっきりしています。

はっきり言って私のビーよりも格上です。

同僚達の評判も上々で、エビたちも華々しいデビューを迎えることができました。

早々に墜ちることの無いように、ちょっとプレッシャー感じながらの飼育になりそうです。
最近はあまり記事にするような出来事がありませんね。

と思いながらクワ棚をチェックしていたら、気になる菌糸ビンが出てきました。

ホペイ風神血統ですが、この間までは食痕もあまり出ていなかったのですが、ほぼ完食状態になっていました。

ということで、菌糸ビン交換を。

FJ1-3-1.jpg
6月10日に孵化した幼虫ですが体重は26.9gでした。

同腹のニョロビンをついでに交換しましたが、こちらは23g。

孵化から5カ月でこの体重ってどうなのかよく分かりませんが、順調に育っているようなのでひとまず安心です。

里子に出した、同時期の♀がすでに羽化しているとのご連絡もありました。





弄りだしたら何となく、他も気になってきてしまい、やってしまいました露天掘り。

TA6-7-1.jpg
先週蛹化したタラ♂です。

5月1日孵化で最終交換時26.7gでした。

初めて見るタラ♂の蛹です。

やっと、ここまで来ることができました。

体重は19.7gと先輩方の蛹に比べれば超小型ですが、満足です。

あとは無事に羽化してくれることを待つだけです。







TA2-9-1.jpg
ついでに先月蛹化した♀蛹もパチリ。

蛹化後、今日で丁度1カ月、そろそろですね。

こちらの羽化も楽しみです。













P1-1-1


そして、先日羽化していたパプキンも割り出しました。

ソラままさんから、いただいたオックスビル産。

菌糸ケースでの飼育でしたが、一番大きく羽化してくれました。

何とか♀も手に入れることができたので、このオスとかけてみたいと思います。
だいぶ寒くなってきました。

先週は、近くの岩木山に初雪が降り、昨日は街にも初雪が降りました。

冬将軍が間近です。

去年、一昨年と大雪でしたので、今年はどうなるのやら。



さて、週末は何かと忙しく、クワ弄りはあまりできませんでした。

タラはWD49の5回目のセットを組みましたが、今回はさっぱりです。今まではセット後3日以内に穿孔しておりましたが、今回は2日目でちょっと削ったかと思ったら、途中でやめてしまい、またゼリーにかぶりついてしまいました。

さすがに5回目なので、あまり期待しないで待とうかと思います。



そして新しく我が家にきたWD53も到着2日目にして、セットに投入しちゃいました。

2日間ゼリーを入れても見向きもしませんでしたので、投入することに踏み切りました。体重は6.0g。53mmにしてはちょっと少ない気がします。

今のところ材の下に潜ったままであまり動いていません。

ちょっと不安。このまま★にならないでね。



そして久しぶりの羽化ネタです。

スマトラヒラタの♀が羽化しましたので、羽化後12日目に取り出してみました。

4月16日割り出しでしたので、孵化から羽化まで7カ月弱でした。

菌糸ビン越しにはあまりはっきり見えていませんでしたので、期間からいって極小個体かと思っていました。

SO16-1-1.jpg
が、開けてびっくり50mmアップの♀が出てきてくれました。

これからもう少し縮むとは思いますが、うれしいですね。

親♀は42mmと小振りだったので大満足です。

ところで、スマトラヒラタの♀って普通どのくらいのサイズなんでしょうね。

スマトラはこの♀の他に、蛹化したもう1頭の♀と、未だニョロの♂1頭がいます。

来年はこの個体を使ってブリって見たいと思います。



MR345-1-1.jpg
さて最後は我が家のレギニョロ軍団。

5頭中4頭は♂かと思っています。

6月生まれの1頭は蛹室を作っていますのでそろそろ蛹化しそうな気配です。

7月生まれの3頭は、まだ元気に菌糸を食べています。

あまり暴れもしないのでいい子達ですね。

できれば3♂2♀、または2♂3♀が理想なんですけど・・・。

まあ、初めてのレギなので、無事に羽化してもらえばいいですよ。
B-POWERさんのHP、Bug,s & Friend,sのプレ企画で当選した、ニジイロクワガタ成虫が、協賛者様の葉隠の森様より無事に届きました。

FU1-1-1.jpg
これが、初めて見るニジイロです。

色虫=パプキンと思っていたので(もちろん、ニジイロの方が大きいことは知っていましたが)、その大きさにびっくりしてしまいました。

結構迫力ありますね。

色もツヤツヤ、ぴかぴかでとても綺麗です。

丁寧に梱包され、おまけのゼリーまで付けて貰いました。

実は、昨日葉隠の森吉田さんとはお電話でお話をさせて頂きました。

最近のオオクワ採取事情や、クワガタ飼育と植物との関係など、いろいろと興味深いお話を聞くことができました。

突然お電話したにもかかわらず、丁寧に対応してもらい感激でした。

B-POWERさん吉田さん、本当にどうもありがとうございました。

もちろん大切に飼育させて頂きます。

そして是非ともブリに挑戦したいと思います。
新しい仲間の紹介です。

かんろさんのHP開設3周年記念の里親企画で、里親に選ばれました。

そして今日、そらおさんより里子が到着しました。

タイトル通りペレン産メタリフェルホソアカクワガタです。

3令ペアとのことでしたが、割り出し日をずらして頂き、♂ニョロ2頭、♀ニョロ3頭、そして♀成虫をいただきました。

とても詳細な管理ラベルも張られていました。

自分はというと、汚い字でペタペタ貼っているだけです。(お恥ずかしい)

管理は大切ですから、少しでも近づけるようにしたいと思います。



CMF09-1-1.jpg
そしてこれが♀成虫です。

なんと9月に3令で割り出しで、10月20日に羽化したとのことです。

超スピード羽化ですね。

小さいけれど、これぞペレメタといった独特の光沢を持った色をしています。

そらおさん、大切に飼育させて頂きます。

本当にありがとうございました。



TA2-8-1.jpg
昨日露天掘りにしていたタラ♀蛹を人工蛹室へ移動しました。

体重測定したところ12.1gでした。

採集交換時19gでしたから、こんなもんでしょう。

初めての蛹化個体ですので、サイズなんて関係ありません。

あとは無事に羽化してくれますように。

この人工蛹室、今まで作った中でも最低の出来でした。寝る前に焦って作ったのが良くなかったんですね。(と言い訳しておきます)

羽化まであと10日ぐらいかと思います。



SO13-1-1.jpg
そしてこちらはスマトラヒラタの♂ニョロです。

42.4gでした。

♀ニョロはすでに1頭羽化、1頭蛹になっております。

タラレギに比べれば確かに体重のっていますが、スマトラにしたらこんなものなんでしょうね。

蛹化はまだ先のようなので、もう少し大きくなってもらいます。

ちなみに菌糸飼育です。

親♂は先日墜ちてしまったので、次回の種親ですので期待しています。
久しぶりにエビネタです。

今年の初めにビーシュリンプを飼い始めたとき、水槽を立ちあげるためにパイロットフィッシュ(エビ)として購入した、ヤマトヌマエビがいます。

ビーシュリンプは夏までに100匹以上まで増えたのですが、暑さのために次々と★になり、結局20匹程度までになってしまいました。

ところがヤマトヌマエビは8匹全部が生き残っています。

ヤマトヌマエビは淡水で飼えるのですが、卵から孵った稚エビ(ゾエアというそうです)は汽水でなければ生きることができません。

今までも何度か抱卵していたのですがそのままにしていたのでヤマトが増えることはありませんでした。

今回、妻と息子がヤマトの産卵に興味を持ったため、ヤマトをブリードすることにしました。なんでも満月近くになると産卵するらしいのです。そろそろ満月が近いということで、昨晩、妻と息子が、別水槽に抱卵したヤマトの♀を移したようです。

私が家に帰ると、息子がその水槽を見せてくれました。

よーく見ると無数のゾエアが泳いでいます。

2時間前に移したときには何もなかったようですが、あっという間に産卵してしまったようです。

予期せず生まれてしまったため、汽水を作っていませんでした。

何とか汽水を造り、エアレーションを開始しましたが、エサとなるプランクトンがいません。

今朝見たときにはまだ生きているようでした。

この中から数匹でも育ってくれるようだったら大成功です。

あまりに小さいので写真には撮れませんでした。

ボウフラにしか見えません。

うまく育ってくれるのか、乞ご期待です。



さてクワネタですが、秋のプレ企画が目白押しですが、私も当選しまくっています。

詳細は、また後日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。