趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2度目の投稿です。

今年も明日で終わろうとしております。

早いですねー。

昨年の今頃は、サキシマヒラタやホペイ、リッキーしかいなかったのですが、今年になり、タラレギ、国産オオをはじめパプキン、アウラタ、ペレメタ、グラシロなどかなり飼育種が増えました。

ブログやプレ企画を通して、沢山の方とお知り合いになることもできましたし、いろいろとご相談にものっていただきました。

京都ではオフ会も初めて経験させていただきました。

本当に、実りの多い1年でした。



このつたないブログへ訪問してくれる方、リンクを張って下さった方、本当にありがとうございました。



来年はますますパワーアップして、この趣味を楽しんでいきたいと思っています。

来年も、今年以上に親しいお使いをしていただけるようお願い致します。



今年最後の記事になるかと思います。

1年間、どうもありがとうございました。

皆様、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
前回の記事で、思わせぶりに書いたすんごいいいことの発表です。

もうほとんどバレバレ状態ですが・・・。

TMRさんのクリスマスプレ企画でレギニョロに当選させてもらいました。秊

高倍率のプレ企画でしたので、ほとんど期待していなかったのですが、発表を見たときには「シンジラレナーイ」の心境でした。

今年最後のビックプレゼントになりました。

その後、TMRさんと連絡を取らせていただいたところ、3血統あるので各1頭ずつ分けていただくことになりました。

TMRさん.1
そして、昨日無事に到着しました。

何とも可愛いシールが貼ってありますね。

11月末孵化と12月初めの孵化のニョロが入っていました。

もう充分大きくなっていましたので、菌糸にいれても大丈夫そうです。

TMRさん、本当にありがとうございました。

愛情いっぱい、いっぱい注ぎまくって、大切に育てたいと思います。



ちなみに、前回の記事に出ているタラ♂もTMRさん血統ですよーん。
もうすぐお正月だというのに、昨夜からずーっと雨が降っています。

この時期に雨が降るなんて、何年ぶりでしょうか。

去年の今頃は、もう根雪になっていた気がします。

このまま、降らないでくれるとうれしいのですが。



さて、昨日の朝羽化を確認した、初のタラ♂です。

TA6羽化2-1


昨日の記事に載せましたが、内羽根がくしゃくしゃでもしかして羽化不全と思っていましたが、コメントですま虎造さんがおっしゃていたとおり、心配なかったようです。

昨晩帰宅してから確認したところ、内羽根はきれいに伸びていて、もう乾いておりました。



TA6羽化4-1
アゴも伸ばしており、完品で羽化してくれたようです。

初めてのタラ♂なので、感慨もひとしおです。

サイズは70mmいくかいかないかといったところかと思います。

なんせ、全く知識がないままに飼育しておりましたから(と言い訳しときます。)

現在飼育中のニョロ達は、もうちょっとましな管理をしたいと思っています。

ああ、でも羽化してくれて良かった良かった。



それに昨日は、すんごくいいことがありました。

知っている人は知っていますよね。

それは、また後日。
長かった幼虫生活からやっと蛹化したゴホンヅノカブト♂。

昨年の5月に3令ペアで購入し、11月頃には黄色くなったにもかかわらず、いつまでも蛹化しないため、放置状態になっていましたが、1今年の10月3日に無事蛹化してくれました。

♀の方は8月初めに蛹化し、人工蛹室で管理しておりましたが蛹のまま★になってしまいました。

人工蛹室へ移そうかどうか迷いましたが、ケース底への蛹室形成だったため人工蛹室へ移して管理しておりました。

しかーし、いつまでたっても羽化してくれません。

さすがに2カ月を経過したので、ダメかなと思っていたのですが、ウニョウニョ動いているので半信半疑のまま見守っていました。

ゴホンヅノ羽化.1そして一昨日無事羽化してくれました。

その前日に覗いたときもいつもとそう変わらず、色はすでに真っ黒くなっていましたので、羽化のタイミングが分かりませんでした。

結局蛹化してから80日以上かかって羽化したことになります。

まだ、全てを脱いではいないのですが、何とか完品のようです。

この後、また半年ぐらい寝てしまうとのことですが・・・。

♀もいないことですし、観賞用に飼育したいと思います。



そして今朝の出来事。

TA6羽化.1こちらは11月13日に蛹化した、私のとっての初タラ♂。

羽化しておりました。

朝方に羽化したようです。

ただ、内羽根がくしゃくしゃになっています。

心配でもっと見ていたかったのですが、後ろ髪を引かれる思いで出勤してきました。

何とか開いてくれればいいのですが、イヤな予感です。

今となっては何もできませんが、ただ見守るだけです。
毎度おなじみ、当直中のsorapaです。

いよいよあさってはクリスマスですね。

皆さん、プレゼント買われました?



いつもは息子にだけサンタさんが来るのですが、今年は私にもサンタさんが来てくれました。

しかもクリスマスまでまだ2日早いのに、今日届きました。





今年一番の欲しかったものです。



あわハッチ1.1












もちろん、この繭玉(?)が欲しかったのではありません。

欲しいものはこの中に入っています。

















あわハッチ5.1



あこがれのレギウスです。

やっとレギウス成虫を手に入れることができました。

このレギウスは仙人様のところで生まれた由緒正しきレギウスです。

快く譲っていただいた、仙人様に感謝申し上げます。





それでは、もう一枚。

あわハッチ3.1

やっぱりタラとはアゴが違いますね。

到着したときは、ピクリともしなかったのでちょっと心配しましたが、加温したところ元気に動き回るようになりました。

あまりのうれしさに、もう一枚。



あわハッチ6.1


同腹の♀付きです。

♂は10月頃の羽化、♀は9月羽化とのことですので、ブリは来春になります。

あー、今から待ち遠しい。

待てるかなー。



レギ仙人様、おまけまでつけていただきありがとうございました。

大切に育てます。

仙人様直筆のお手紙も,大切に保管し、いつの日かオークションにでも出したいと思います。(爆)
関西遠征を十分に満喫し、刺激も沢山受けて戻ってきました。

BONさんにみせていただいたレギが頭から離れず、出発前に蛹化したうちのレギ♂がどうなっているか気が気でありませんでした。

夜に戻ったのですが、すぐに職場から緊急呼び出しがかかりました。

蛹化したレギは職場で飼育しておりましたので、まあいいタイミングでした。



MT1-8-1.jpgこれがそのレギ雄です。

体重は22.5gですので、そんなに大きくはありません。

でもしっかりしたこのアゴはきれいですね。











ところが、













このレギ、













もうすでに★になっております。



なんじゃ!そりゃー!



職場について、真っ先に確認しました。

ボトル越しには、はっきり見えなかったのですが、なんかイヤな感じがしました。

全く動かない上に、色が少し黒っぽいのです。

早速掘り出してみました。

イヤな予感は的中です。

蛹はぴくりともせず下半分は真っ黒になっていました。

何が原因だったのでしょうか。

可能性としては、蛹化してすぐにボトルを動かしてしまったことかもしれません。

ショックでした。



そして、もう1本、前蛹のレギ♀がいましたがこちらも真っ黒になっていました。

こちらの原因ははっきりしています。

が、恥しくて書けません。



いずれにしても5頭いるレギニョロが3頭になってしまいました。

あー凹むなー。



と、いいながら関西から色々いただいてきたものもありますし、今度ある物も届く予定なので、気分を変えていきたいと思います。
昨日の朝から雪が降り続いております。

昨日は飛行機もほとんど欠航になっておりました。



さて関西遠征の続きを。

前回に引き続き、今回も写真はございません。



翌日、あさから仕事に出かけましたが(一応出張中でして、出席しなけりゃなりません)、オフ会も終わってしまったので、なんか気が抜けてしまいました。

早く帰宅して、クワ弄りたいなーなんて考えておりました。



昼過ぎに、BONさんにお礼のメールをだしたところ、夜から会いましょうとの優しいお返事が帰ってきました。

夜は特別やる事もなかったので、どこかのクワショップでも行ってみようかなぐらいしか考えていませんでした。

待ち合わせ場所に、仕事を終えたBONさんが、車で現れました。

どこかで食事でもということで、京都方面に車を走らせながら早くもクワ談義の始まりです。



京都近くのファミレスに到着し、車を降りるBONさんの手には、発泡スチロールケースが・・・。

今日も何かを見せていただける、しかもサイゼリアではありませんが、ここも間違いなくファミレスです。

席に着くなりBONさんが、

「これ差し上げます、タラの幼虫です」

と私にその発泡スチロールケースを渡してくれました。

予期せぬ出来事に、

「それはダメですよ。」

と断った私の顔に、のどから手が出るほど欲しいーという文字が書いていたのをBONさんは見逃さなかったことと思います。(お恥ずかしい)

BONさんのご厚意に、完全に甘えさせていただくことになりました。



そのあとは、ひたすらクワ談義です。

タラ、レギはもちろんのこと、菌糸、人工蛹室、蛹化セット、はてはオオクワについてまで熱く語っていただきました。

とにかくその知識と、考察、そして実践力に驚かされました。

なんか自分のクワに対する取り組み方がいい加減に感じてしまい、今までのようじゃダメだなということを思い知らされました。

気づくと11時30分を過ぎておりました。

時間がたつのを忘れるというのはこのことをいうのでしょう。



帰りはホテルまで、送っていただきました。

BONさん、本当にありがとうございました。

お譲りいただいたあのニョロ、立派に育ててみせます。



その後のBONさんの事件は、BONさんのブログを読んで下さい。



さて、翌日は青森に帰る日ですが、飛行機は夕方発です。

大阪のショップGLOBALさんを訪ねてみようと思い大阪駅に着いたとたん、携帯が鳴りました。

y41さんからでした。

なんか予期せぬお電話をいただき、感激しました。

お会いすることず残念でしたが、お電話をいただけただけでもうれしかったです。

是非今度は、東海遠征を企てたいと思います。



この二日間は私にとって忘れられない二日間になりました。

BONさん、みつたさん、tomo2さん、そらおさん、そしてy41さん、これからも末永くよろしくです。



そしてまだお会いしたことのない、多くの皆さん、是非どこかでお会いしましょうね。
行ってきました、関西遠征。

仕事自体は14日、15日だったのですが、飛行機の関係で13日出発16日帰宅の予定となりました。

事前にみつたさんにご連絡し、オフ会を快く引き受けて頂いておりましたので、仕事よりオフ会がメインになってしまいました。



あまりの興奮で1枚も写真を撮っていないことに、帰ってきてから気づきました。ということで、写真なしの文章のみです。(あしからず)



14日の午後7時に、京都の駅前で待ち合わせすることになりました。私の宿泊先が京都駅前のホテルでしたので、気を使って頂きました。



私にとっての初めてのオフ会なので、誰もお顔を存じ上げません。

みつたさんからはその日の服装を事前にお知らせして頂いておりましたので何とか分かりそうです。

その服装とは、ベージュのジャンパーにジーンズ、黒のカバンにたすき掛けという情報でした。



伊勢丹前で待って道行く人を眺めていると・・・、

ベージュのジャンパーにジーンズ、そして黒いカバンを持った人が結構歩いていきます。

しかも年齢層も幅広く、高校生くらいから、50過ぎのおじさんまで歩いています。もしかして、関西でのはやりのスタイルなのかななんて思いました。(爆)

明らかに年齢が違うと思っても、その人達が近づいてくると結構ドキドキしました。

というか、待っている間、いいおっさんのくせに初デートの時のようにドキドキしておりました。



そして最初に現れたのがそらおさんでした。

メールでしかやりとりしたことがありませんでしたが、想像よりお若い方でした。

簡単に挨拶をしていたところ、そらおさんを見つけたBONさんが颯爽と登場されました。

噂に違わぬ、さわやかな方でした。

手にはあやしげな虫ケースが・・・。

そしてふと気づくと、早くもタラ談義になっちゃっていました。

少し遅れて、仙人様の登場です。

仙人様は体調を崩されていたにもかかわらず、はやりのスタイル(?)で来てくれました。



あいさつもそこそこに、オフ会場所を捜しに行くことになりました。

平日にもかかわらず結構混んでいます。

そして、たどり着いた場所

BONさんのHPにも書いてありますが、クワカブオフ会前人未踏の地、カラオケBOXに入っちゃいました。

店員さんが持ってきたマイクとリモコンが、むなしくテーブルの脇に寄せられておりました。

仕事の関係で遅れて参加のtomo2さんも、カラオケBOXと聞いて驚いておられたようです。

食事もそこそこに、クワカブ談義に没頭してしまいました。

途中BONさんの携帯には怪しげな電話が数本かかっておりました。

(こりゃーすぐ、電池切れですよね)

そしてBONさんが持ってきてくれたタラ♂ 2頭と、レギ♂ 1頭をテーブルに載せて、しばし観覧です。

80mm upの迫力を体感できました。

うちの73mmのタラ♂に見慣れていた私には、別のクワガタのようにさえ思えました。

そして、さらにレギ。

恥ずかしながらレギをナマで見るのはこれが初めてでした。

ストレートのアゴに、ため息が出ました。

仙人様のレギはこれよりもさらにストレートとのことでしたのでまたまた、ため息です。

レギへの気持ちが一気に高まってしまいました。



帰りがけにtomo2さんから、あーつさんのプレで当選させていただいたアウラタを手渡してもらいました。しかもおまけに別産地のニョロもいただきました。

そしてそらおさんからは、いぜんペレメタの成虫♀とニョロをいただいていたのですが、今回成虫♂をいただきました。

カイロまで用意して頂き本当にありがとうございました。



BOXにいたのは時間にして2時間弱でした。もっとお話したいとも思ったのですが、皆さん翌日もお仕事ですので無理はできません。



とても楽しい時間を過ごすことができました。

なによりも、急に関西に行くことになったにもかかわらず、お忙しい中を集まって頂いたことに感謝でした。

みつたさん、BONさん、そらおさん、tomo2さん本当にありがとうございました。

オフ会がこんなに楽しいものとは思いませんでした。

次のオフ会がいつになるのだろうかと思いながら、皆さんとお別れしました。





まさか、その翌日に・・・。



長くなってしまいましたので、続きはまた今度。
明日から出張というのに、まだ職場で仕事中であります。

仕事中に、ブログ更新すんなという突っこみはなしですよ。


さて当ブログのカウンターが、昨日めでたく10000を突破しました。

10000といっても、そのうち3000近くは自分で回していると思いますが・・・。

立ち寄って頂いている皆様に感謝したいと思います。

こういう場合、1万ヒット記念プレ企画 などとやるのが通例なのでしょうが、今プレに出せるような個体がありません。

せっかくセットしたWDタラ♀も、一度も産卵することなく★になってしまいました。

菌床セットしているタラも潜ってはいますが、粕も少ないですし、ビンのどの面にも変化がありません。休憩しているか、★になっているかどちらかと思います。

10月にセットしたギラファもケースから卵が見えますが、孵化する気配全くなし。それどころかコバエが大量発生していて、とても家の中で暴く気になれず、かといってこの寒空、外で割り出す勇気もなくただただ放置しております。

そんな、こんなで今回はなーんにも企画がありません。

2万HITのあかつきには、何か考えてみます。

これからも、お付き合いの程よろしくお願いします。



さてタイトルにもありますが、我が家のレギ♂が蛹化しました。

初2例でビッダで購入したものですが、親画像はあるものの、レギかどうか蛹化するまで心配でした。

MR1蛹化1-1でも、ビン越しに見えるこのアゴの形は、あきらかにタラとは違っているのでレギで間違いないと思います。(そうだ、そうだという合いの手よろしくお願いします。)

羽化は来年ですね。

待ち遠しいです。



明日いよいよ、京都へ出張です。

みつたさん、BONさん、そらおさん、そしてtomo2さんとお会いできそうです。

初めてのオフ会に期待と不安が混じっております。

シャイな私をいじめないでくださいね。
本日は当直です。

明日の仕事も遅くなる予定ですし、その翌日はまた当直になっております。

でもいいんです。

来週の今頃は出張で関西にいます。

関西といえば、ブリーダー達の宝庫。

実は今までオフ会をはじめ、クワカブ飼育をされている方とあったことがありません。

今回は何人かの方と会えることを期待しております。

だから、今週の仕事がきつくても我慢できます。



さて、先ほど職場においてあった段ボールをふと開けてみると、忘れ去られた菌糸ビン(ラーズ2000)が1本。

確かに最近物音がするなと思っていましたが、すっかりその存在を忘れていました。

タラニョロです。

TA9-4-1.jpg11月初めに菌糸交換したままになっておりました。

そして菌糸は発酵マットのように真っ黒になっておりました。

激ヤバです。

ニョロはというと蛹室を作りたくてもマット化した菌糸が柔らかすぎてうまく作れていないようでした。

一生懸命ケースを噛っていました。

さすがにオアシスなど用意していませんでしたので、あまっていた菌糸ビンにお引っ越ししました。

TA7-3-1.jpg体重は前回34.3gで、今回は34.4gと何とか現状を維持してくれていました。

たぶん捨てビンになるとは思いますが、うまく蛹室を作ってくれることを祈ります。

だめなら、オアシス決定です。
12月に入ったとたん、急に冷え込みましたね。

昨日から雪が降り続いております。

今朝は除雪車まで来てました。

2006雪.1職場から見える風景です。

またこの季節が来てしまったんですね。

以前まではあまり気にならなかったんですが、ここ2年間は豪雪で、雪かきが大変でしたから、少しうんざりしています。



このブログにも、これから雪に関する愚痴が増えるかもしれませんがお許しください。



さて昨日はタラの割り出しを行いました。

WD53mmの初セットです。

レイシ材でのセットを組みました。

今回は、初令での割り出しをしようと、固く心に決めていましたが、卵のティッシュ管理もしてみたいなーとか、初セットだからホントに産んでるかどうかになるしなーとか、このレイシ少し湿度高いんじゃなーいとか、いろいろ考えていたら、気づいたときには材を割っていました。

削り粕が少なかったのですが、産座はそれなりに広くありました。

さて、卵は・・・。

黒い卵が1個、2個。

あれ、緑の卵は・・・・。

ない。

グリーンエッグがありません。

ガーン!

見事ボウズでした。

下駄箱管理でしたのでさすがに温度が低かったのかもしれません。

WD♀は元気でしたが、体重は0.8g減っています。

体重減った分、産んでくれれば良かったのに。

一応,クワ部屋で再セットすることにしました。

追い掛けしたいけど、成熟待ちの♂しかいないのでこのままセットを続行してみます。



気分を変えて。

パプキンワメナ産のセットも暴いてみました。

こちらは、かんろ式での挑戦です。

かんろ式とは、かんろさんが編み出したセット方法で、要はマットをかちかちに固めて産卵木の様にしてしまい産卵させる方法です。

詳しくはかんろの甲虫倶楽部を御覧ください。

1400mlのPBでの挑戦です。

11月23日、交尾を確認したパプキンの♀を投入しました。

約10日経過しましたので産卵具合を見るために掘り出してみました。

パプキンは親が幼虫を補食してしまうとのことで、早めに取り出した方がいいとのことです。

親♀はマットの上の方まで来ていました。

それを取り出し、しばし栄養補給のため休憩してもらいます。

そして、マットを取り出します。

ワメナ採卵.1かちかちに詰めていますので、なかなか掘り出すのが大変でした。

そして小さい白い卵を確認することができました。

全部で14個でした。

ちょっと細長いのもありますが、丸々としたものも結構あり、たぶん有精卵かと思います。

10日で14個は、まずまずでしょうか。

気をよくして、ワメナ産の別♀と、オックスビル産の♀も新たにセットに投入しました。

今回はスタックのミニにしてみました。

また1週間くらいしたら掘ってみたいと思います。



タラでちょっと凹みましたが、パプキンで助けられたsorapaでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。