趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2007/031234567891011121314151617181920212223242526272829302007/05
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は日当直で昼まで仕事してました。

そして今、なぜかまた職場におります。

緊急呼び出しってやつです。

しかもちょっと長引きそうな予感が・・・。



ということで、ネタもないのに連日の更新です。(あっ、日付変わってる)



C04-1-1.jpg
一昨日、初令数頭をマットから菌糸カップに入れ替えしてみました。

1頭だけ半日たっても潜らないのでよーく見てみたら、脱ぎ脱ぎ中でした。

写真ではうまく撮れませんでしたが、お尻の方に古い皮が見えています。ついでに古い頭も見えますか?

こんなタイミングで移動させられたニョロも大変ですね。

先ほど覗いたら、無事に脱皮も終了し、頭の色も濃くなってきていました。

2、3日中に潜ってくれることと思いますが、ちまたで聞く水没だけには注意が必要ですね。



産卵セットですが、あわハッチが潜ってくれましたが、今朝ほど貫通して出てきてしまいました。

潜る気はあるようです。

余っていたカワラボトルを入れてみましたが、今のところ変化無しです。



今日はRcadiaが届きましたので来週中にツメツメしたいと思います。
スポンサーサイト
今日からちまたではGWですね。

わたしは・・・・・

当直しています。

まあ、毎年のことなのでもうあきらめていますが、今年も休みはあんまり取れませんね。



まあ、日当直と言えば割出日。

といきたいのですが、割り出せるタラもレギもいません。

全くダメダメモードです。



現在タラ3、レギ2を組んでいますが全く穿孔してくれません。

先日違うショップのカワラ材を手に入れたので、これに期待したいと思います。



ただ、3月末に組んだ、佐賀産のオオクワのセットのケース底に初令が顔出していました。B-POWERさんからいただいたJS42系とSG系のアウトブリードです。

材の方もそれなりに噛っているので期待したいと思います。



それから、クリスマスプレでTMRさんよりいただいたレギの幼虫が蛹化しました。TMRさんのブログで内歯消失を出した、あわゆきさんのC×A血統です。

無事羽化してもらうよう、棚の一番後ろにしまっておきました。



あとは、tomo2さんより頂いたアウラタを2ペアとインスラリス1ペアのペアリングを始めました。

GW中にもし休みが取れるようであればかんろ式でセットを組みたいと思います。



私のリンク先でプレ企画が盛り上がってきました。

私も協賛させて頂きました。

皆さんも是非応募してみて下さい。



あっ、アフロさんのところもプレ企画でした。

何か協賛品あったかな?
このブログを含めて、パソコン関係は職場のMACを使っています。

自宅にはノートPCがありますが、いつも使うわけではないので使うときだけ棚から出してきて使っておりました。

7年もののNECです。

最近は起動にも以上に時間がかかるようになり、昔のMACなみにフリーズなんかもしてしまう有様でした。



nf7050u.jpgVistaも登場したことですし、買い換えすることにしました。

ということで選んだのは富士通のFMV-BIBLO NF70U。

選んだ基準は・・・適当です。(アセアセ)



まあとにかく近くの電器屋で購入したわけです。

そして夕食を食べてから、開封。

まずは初期設定からです。

説明書を読みながら進めていくのですが、最初に注意書きが。

セッティングには多少時間がかかりますので半日ぐらいかけて、ゆっくりと行ってくださいと。

そんなこといったって、早く使いたいしまあ2時間くらいあれば終わるだろうと作業を継続しました。





結局4時間以上かかってしまいました。

それでも最低限のことは何とかできそうです。

あとはゆっくりと別の日にでもやることにしました。



そして翌日、電源を入れてみましたが、何度行ってもファンが回るだけで起動しませんでした。

ということで、翌日、購入先の電気店へ持ち込んだところ、即交換ですということになってしまいました。



結局同じ製品をまたもらってきたのですが、ここで大きな問題が。

そうです、またあの初期設定をしなければいけないのです。

2回目ともなると、さすがに説明書見なくてもできますし、だいたいどれくらいの時間がかかるのか予想もつきましたので、前よりは早く設定することができました。



ということで、なんとかインターネットは使えるようになりましたが、その他の付属ソフトやら、設定はまだ行っておりません。

以前のPCからのファイルの引越もまだです。

新しいものを手に入れて嬉しいのではありますが、環境を整えるまでは大変だと言うことを思い知りました。





そして、昨日あたりから職場のMACもご機嫌斜めに・・・。

頼む、こちらは仕事にも使っているのでなんとかこのまま持ちこたえてくれーと叫びながら、このブログを打っております。





おまけ





HR15-9-1.jpg羽化したリッキーの昨晩の様子です。
1月21日に蛹化したリッキーやっと羽化しました。

蛹化から羽化まで85日。

去年のリッキーは羽化まで77日でした。

個体差なんでしょうかね。



HR15-7-1.jpgこれが昨日の朝の状態です。

その前日に見たときはまだ、羽化は始まっていませんでした。

深夜から羽化が始まったのかと思います。











HR15-8-1.jpgそしてこれが、昨日の夜の状態です。

早くも羽が色づいてきました。

今年もリッキーは小水槽でリビングに飾るつもりです。

ブリは・・・。

撤退予定です。









そして、ブログのネタを提供してくれたタラニョロがいました。

昨年10月中旬孵化のニョロです。

カワラ投入タイミングを誤ったニョロです。

そろそろ蛹化するだろうと思い、劣化した菌糸に目をつむり、そのまま放置としていました。

先ほど何気なく覗いたら



WD4939-1-1.jpgこんな事になっていました。

何が悲しくて、ボトルの壁を噛っちゃったんでしょうか。





















WD4939-2-1.jpgもう少しアップしてみると、蛹室を作ったニョロの姿が見えます。

うーんまだ前蛹というわけではないようですが、交換用のボトルも手元にありません。
















WD4939-3-1.jpgということで、応急処置。

たまたま視界に入ってきたガムテープがありました。

これで、我慢してくれ。

この子が無事に帰ったらガム子と名付けましょう。
前回ホーマさんからいただいたタラ♀から14個の卵を回収したのですが、1頭孵化しただけで他は全滅しそうです。

ハッチェリー法と濡れティッシュ法の両方で管理していました。

濡れティッシュの方は、5個中3個が、色が黒くなってしまっていたのですが、残りの2個はそれなりに、膨らんでいました。

破裂卵.1ところが、突然破裂してこの状態です。

ハッチェリー法は1頭のみ孵化しましたが、他の卵もやはり黒くなってしまいました。

成熟が甘かったのか、あるいは管理方法がまずかったのか。



同じ時期にとれた、タランドゥスやレギの卵は順調に孵化しているので、管理には問題なさそうですが、どうでしょう。











この分だともう一度ペアリングした方が良さそうです。

と、その♀を見てみると、現在穿孔中です。orz



セット割り出し後、ゼリーを与えましたが、全然食べる気配がないので試しに余っていた材を入れたところ、即穿孔してしまいました。

今週割り出し予定ですが、きっとだめかと思います。

無駄な体力を使わせてしまいました。



上にも書きましたが、私にとっての初のレギ(あわハッチ系)の卵は10個中8個が孵化しました。あと2個も問題なさそうなので今晩中には孵化しそうです。
あわハッチ卵2.1
採卵したときは楕円形でしたが、y41さんのおっしゃていた通り、数日後には丸くなってきていました。

この写真の5日後に孵化が始まっています。

















親♀はというと、こちらも本日穿孔開始したようです。

また10個くらいは採れればいいなと思っています。
さて、前回、前回と、引っ張ってきたネタ



楽しい出来事



について、今日は公表します。



これ以上引っ張ると、ただでさえ少ない訪問者、ますます少なくなってしまいますものね。



まあ、既にお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、あのモザイクやら、ズームの画像はレギウスです。



4月8日の日曜日、そのレギウスが届いたのでございます。



そのレギウスとは、































































レギ仙人@みつたさん所有のパパレックス直仔であります。

我が家に来るまでにはいろいろ紆余曲折がありましたが、結局のところみつたさんのご厚意によるものです。

(だって、送料だけですもの。 キャーッ 言っちゃった。)

くわかぶを撤退された、みつたさんの最後のレギを奪い取ってしまいました。





その日は朝からソワソワしておりました。

そして9時過ぎ、宅急便到着。

すぐにその箱を開けてみました。


ミツレックス0.1前回同様、オマケのゼリーとエサ皿とプリンカップが入っていました。





















そして夢にまで見たパパレックス直仔とご対面です。

長旅の疲れもみせず、動きも悪くありません。

黒光りするその個体を、静かに手に取ってみました。

ホントに、手が震えてしまいました。



右側の内歯が若干痕跡程度に残っていますが、父親譲りの内歯消失型のストレートアゴです。

しかも、そのアゴが長いのです。



しばし、見とれていました。

早速写真を撮ろうとしたのですが、興奮のあまりなかなかうまく撮れません。

(一応手ぶれ防止機能ついているんですが・・・。)





それでは、お披露目させていただきます。































































































ミツレックス1.1





















ミツレックス6.1


























ミツレックス2.2




















ミツレックス3.1




























このレギと1カ月同居させていた酒樽さん血統のレギ♀を、みつたさんより譲り受けていたのですが、どうやらうまくかかっていなかったようです。

一度穿孔したのですが、その後すぐに材より出てきてしまい、その後も何度か材を変えて挑戦しましたが、穿孔の気配はありませんでした。



翌日から早速同居してもらいました。

当日はメイトガードらしきところも見えたのですが、その後は♀が水苔に潜って出てこなくなりました。



でも昨日覗いてみると

ミツレックス7.1

今日もずーっとこんな感じです。

今度はうまくいっての欲しいですね。

でも気負いすぎると、うまくいかないのでここはリラックス、リラックスと、自分に言い聞かせております。







1週間くらい同居させた後、早速セット投入したいと思います。

せっかくのパパレックスですから、できればもう1頭くらいストレート系の♀を手に入れてブリードしたいと思っているのですが・・・。

みつたさんからも、もう1頭手に入れなさいと悪魔の指令が飛んできています。

地獄の道を邁進致します。

みつた少年に乗り移った、レギ仙人様は、まだ乗り移ったままだったのですね。



なかなか文才がないため、自分の中の興奮度をうまくお伝えできないことが残念ですが、このパパレックスは間違いなく私の1番の血統です。

みつたさん、いや、神様、仏様、みつた様、どうもありがとうございました。


みなさん、こんばんは。

昨日は、モザイク画像を載せてしまい申し訳ありませんでした。



それでは前々回のブログで



今日は今日で楽しい出来事がまっています



と書いた出来事について書かせてもらいます。









































その前に。

今日は仕事が予想外にかかってしまい、かなり疲れております。

写真だけで勘弁して下さい。









































             なんだろう
















ごめんなさい。

疲れのあまり、うまく写真を加工することができませんでした。

(モザイクの次は、ズームかよ練)





ということで、また後日。









そろそろ、怒られそうなので次回は必ずのせますね。

今日はこれで勘弁して下さい。

本当に、疲れております。
前回のブログで

今日はこれ以外にも嬉しいことがありました

と書きましたが、その嬉しいことについて書きますね。



4児の父さんの2周年プレ企画で当選しました。

かなりの高倍率のローゼン幼虫ペアです。

第一希望にしてましたが、かなりの方の応募があったのでまず無理と思っていましたが、見事当選させていただきました。

ローゼン1-1そして協賛者のTAR坊さんの早業により、7日に発表したばかりというのに、今そのニョロが私の目の前にいるんです。

















オウゴンオニは初めての飼育です。

飼育が難しいことから今まではためらっていたのですが、やはり挑戦したくなりました。





ローゼン2-1思っていた以上に大きなニョロでした。

またまた、禁断の世界に足を踏み入れてしまった感じです。

大切に育てさせていただきます。





貴重な幼虫を送っていただいたTAR坊さんに感謝です。

TAR坊さんブログへは何度もお邪魔していましたが、なかなかコメントを残すことができず、ご挨拶すらしたことがありませんでしたが、これを機会に相互リンクに関してもご快諾をいただけました。

本当にどうもありがとうございました。





先日のブログの

今日は今日で楽しい出来事がまっています

と書いたことについては、また後日。





































うん?





モザイク1

今日は割り出しを2件やりました。





1件目

WDタラ49mmです。

昨年8月に購入してから4回のセットで、孵化しなかった卵も含めて59個の産卵をしてくれました。

4回目の卵は9個とも全て孵化しなかったので、74mm♂と、再ペアリングをしました。

その後レイシ材で何度かセットしましたが穿孔しないため、だめもとで余っていたカワラ菌糸瓶800mlをケースに入れておきました。

すぐに穿孔したのですが、削り粕も少ないため休憩かと思い、そのまま放置しておりました。

セットしたのが1月21日、先日ふと覗いてみると幼虫の食痕がありました。

普通菌床セットすると、瓶の底まで潜っていって、そこに産卵するということでしたが、この♀は瓶の真ん中ぐらいで産んだんだと思います。
菌床産卵ということで、本日割り出しました。

PBを切って、菌糸だけを取り出すことができました。

結局2頭の2令が出てきました。劣化した菌糸でも何とか大きくなっていたのだと思います。

菌床セットは初めてでしたので、生まれてすぐに菌糸を食べて育ったニョロがどんな成虫になるのか確認するため飼育することとしました。

















そして2件目

本日のメインイベントです。

初めてのレギウスの割り出しです。

あわハッチ7.1昨年暮れみつたさんより譲っていただいたあわハッチ系統です。

これが親♂になります。









穿孔後13日目になります。(ちょっと早いかな)

材は硬かったですね。

今回は同じ店の材を10本購入して、順次使っていますが結構ムラがあるものですね。





あわハッチ採卵1.1採れた卵は10個でした。その他に潰れた(潰した?)卵が1個ありました。

レギはなかなか数が採れないということでしたので、6個くらいと思っていましたが嬉しい誤算です。

でもこの卵、楕円形です。

う~ん、大丈夫なのでしょうか。





と、その時タイミング良くy41さんからお電話が。

早速、この卵のことを聞いてみました。

「卵が楕円形なんですが?」

「材は乾燥してませんか?」

「は、はい、乾燥気味でした(見てたんですか?)」

「濡れティッシュで管理して、2,3日すれば丸くなりますよ」

この言葉を聞いて安心しました。

さすが、百戦錬磨のy41さんです。

これ以外にも蛹化瓶のことや、菌糸のことなど貴重なお話を聞くことができました。

y41さん、どうもありがとうございました。



初めてのレギの採卵で10個は、万々歳です。

全て孵化してくれるといいのですが・・・。







今日はこれ以外にも嬉しいことがありましたし、明日は明日で、楽しい出来事が待っております。

それはまた後日にでも。
水槽07.3.31-2-1やっと、我が家の水槽にもCRSが帰ってきました。

去年全滅を経験してからも、水槽をリセットして回し続けておりました。

今年になり、ヤマトヌマエビを投入、その後あまりに寂しいのでオトシンクルスを入れてました。

それでも見ていて寂しい水槽でした


ラムズホーン-1ちょっと前にはこれを購入。

ラムズホーンというスネールです。

4頭購入しましたが、いつの間にか3頭に。

オトシンにやられたのかもしれません。













ラムズホーン卵-1でも、水槽の壁にはこんなものがいくつかあります。

ラムズホーンの卵です。

まあ、孵ってもオトシンの餌食になるのでしょうか。

増えすぎても困りますが、全滅もちょっとね。











水槽07.3.31-1-1そして満を持してCRSを投入しました。

また墜ちていくのが怖いので、格安個体を投入。

やっと水槽らしくなりました。

これでダメなら、CRSを撤退して、グッピーでも入れようかと思っています。

何とか、持ちこたえて欲しいものです。







ちび1-1選別落ちの個体達ですが、こんなのも混じっていました。

といってもうまく写っていませんね。

しっぽが真っ白です。

1カ月くらい回して、問題なければ少しいい個体も入れたいですね。

それにしても水槽の中の写真を撮るのは難しいです。









クワネタは、あんまり変化ありません。











































HOMA1-3-1.jpg


うん?



これは???
またまた、タラの割り出し報告です。

こちらもホーマさんからいただいたタラ♀です。

WD80mm♂とペアリングしてもらいました。



穿孔は3月19日、割り出し3月30日です。

そうです、2週間たっておりません。

コバシャに入れてフィルターをはずして管理していましたが、ケースの中が蒸れていましたので早めに割り出すことにしました。



あわハッチ9.1割ってみると、材の削り粕も少ししめっていましたので、早めの割り出しで正解かと思います。

この♀は42.7mmと小さめでしたが、産座は他の♀達と変わりませんでした。









HOMA1採卵1.2そして割り出し結果はというと、14個でした。

小さい♀で、しかも初産でしたので8個くらいかと思っていましたが、予想を上回ってくれました。











我が家に到着した頃の体重は4.2があり、セット前の体重測定をしなかったのですが、今回取り出した♀の体重は2.8gと激減しております。

まだまだ元気なのですが、どこまで産んでくれるんでしょうね。

この卵は孵化するまでは、休憩してもらいます。



現在の卵27個、初令9、3令が11頭、蛹が2頭います。

どう考えても全てを飼育することは困難ですよね。

新成虫も含めてオークションや、プレ企画などへ放出することになりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。