趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2007/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/06
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日はy41さんからレギペアが飛んできましたが、一昨日、今度はPaPaさんからタラニョロが飛んできました。



PaPaさんのHP MESOPOPUS BREEDING! PAPATARA の開設記念プレゼント企画で当選したタランドゥスです。



このタラはぴょんさんの大型個体「BUCHA」87.5mmの兄弟の子供になります。



53E-1-1.jpg丁寧な梱包とともに、メッセージカードも入っておりました。

何か気持ちがこもっていて嬉しくなってしまいました。

そして3頭のところ4頭とオマケまでしていただきました。



血統は間違いないのであとは飼育法だけですね。

これが結構なプレッシャーです。

秋には、こんな大きいのが羽化しました、と報告してみたいです。



PaPaさん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
またまた更新が滞っております。

ネタはあるのですが、なかなか時間がありません。

少しずつ小出しにしていきますね。



まずは着弾ネタ(第1弾)

41レギ3.1こちらレギウスです。

パパレックスとペアリングしたレギ♀が、なかなか穿孔してくれませんので、思い切ってもう1頭♀を手に入れようと考えておりました。



やはりパパレックスと掛け合わせるのであれば、ストレート系がいいですよね。

ということで、y41さんにお願いして譲って頂きました。

後食はしておりますが、2月羽化個体なので成熟まではまだ時間がかかりそうです。





41レギ4.1もれなく♂もついてきました。

この兄弟もかなりストレートが際だっておりますので、文句なしです。

しかも格安でお譲り頂きました。















41レギ1.1♂の方はまだ後食前です。

TMRさんから譲って頂いたCA血統のレギ♀が、羽化しましたので将来こちらとペアリングさせたいと思います。















41レギ2.1内歯が2枚歯になっております。

以前ブログにのせた、うちの2枚歯よりはっきりしています。

かなり期待が持てる血統と思っています。

快くお譲り下さったy41さん、ありがとうございました。

オマケの○○もおいしくいただきました。
先週2泊3日ですが、横浜へ行って参りました。

17日の朝の飛行機で昼前に羽田へ到着しました。

天候が不安定でかなり揺れました。



さて横浜まではちょっと時間が空きました。

ということで、思い切って渋谷へ直行しましたよ。

そうです、渋谷Oasisへ向かったのです。

渋谷駅で降りてから、雨の中歩いて4.5分でしょうか。東京音痴の私でも迷うことなくたどり着くことができました。



かなり広いスペースにクワカブが整然と並んでおります。

どこぞのHPで拝見した店長さんがいらっしゃいました。

私が入店したときには二人組のお客さんが来ておりましたが、飼育についてかなり初歩的なことまで丁寧に教えてくれていました。

その間はわたしは、生体を穴が開くほど見て回りました。

メジャーなくわがたでも初めて見るものもたくさんいました。

二人組が帰られたあとで、店長さんに青森から出張できていて、生体は購入できませんがとお伝えすると、ゆっくり目の保養をしていってくださいと優しい言葉をかけてくださいました。

その後、色々とためになるお話も聞かせて頂きました。

仕事の関係で長居はできませんでしたが、とても貴重な時間を過ごすことができました。

それにしてもショーケースに入っていたババは美しかったです。

いつかは私も、と思いながら店をあとにしました。



翌日は朝7時30分から仕事でしたが、昼過ぎには一段落つきました。

次の予定は午後の5時です。

3時間ほど空いています。

ということで、こちらも予定の行動ではありますが、藤沢へ直行しました。

そうです、タラレギの聖地、Rcadiaのふるさと、かぶと・くわがたの郷へお邪魔しました。

店内にはいると、あのTAMさんがいらっしゃいました。(店長さんですから当たり前ですが・・・。)

やはり常連のお客様?がいらっしゃていてお相手をされていました。

約30分間ひたすら店の中を見ておりました。

先客さんのお話が終わらないので、このまま帰ろうかなと思いましたがせっかく来たのですから挨拶だけでもしたいと機会をうかがっておりました。

するとお話が一段落ついて、先客さんが店を出られたのですかさずTAMさんにご挨拶をさせて頂きました。

一度だけTAMさんとはお電話で話したことがあるのですが、ナマTAMさんを前に私は緊張しっぱなしでした。

そんな私を気遣ってくれたのかどうかは分かりませんが、いろいろためになるお話を聞かせて頂きました。できればもっともっと話をしていたかったのですが、時間もなかったので、Rcadiaを5ブロック注文して店をあとにしました。



Oasisの店長さんも、カブト・くわがたの郷のTAMさんもとても優しい方でした。

2店を訪問してとても有意義は時間を過ごせましたし、いい刺激を得ることができました。

本当にありがとうございました。

(といってもブログやっていることはお知らせしていないのでここを見ることはないでしょうけれど・・・)



ということで、気分リフレッシュして戻って参りました。

これからもクワカブに精進したいと思います。

(って、あんた仕事の方はどうなってんのという、つっこみはお許し下さい)
最近ネットの調子が悪かったり、仕事が忙しかったりでネタはあるにもかかわらず更新できずにおりました。

今日はまとめて更新します。



まずは・・・



飼育種が増えました。

もう新種は増やさないって言ったはずなのに・・・。

な~んにも聞こえませ~ん。

スティーブ.180さんのプレ企画でもっちーさんが協賛されたスティーブンスツヤクワガタに当選させていただきました。

5頭の予定でしたが、箱にぴったりはいるように6頭送って頂きました。

もっちーさんの粋な計らいに感謝です。

はっきり言って全く知識ありません。

もっちーさんにお聞きしながら飼育したいと思います。

土曜日はすこしだけクワカブを弄ることができました。



ハイ、お次。



ひさびさにリッキーニョロのマット交換をしました。

先日羽化したリッキー3頭とは別系統になります。

クワカブを始めた頃に購入したペアニョロが昨年羽化し、そのペアの子供達になります。

累代はF4になります。

里子に出したため現在は9頭残っていました。





奏良のリッキ-雌1.11頭のみ単独飼育で、2頭を中ケース、6頭を衣装ケースの多頭飼育をしていましたが、単独飼育の1頭が蛹化していました。

昨年の6月中頃の孵化でしたので、1年たたずに蛹化してしまいました。

こんな事もあるのでしょうね。

残りの8頭はあまり体重が伸びていませんでした。

というかかなり小さい気がします。

実は冬の間、ほとんどマット交換していなかったのが原因のひとつかもしれません。

マットは糞だらけでした。

今回は新しいマットと、使い古した産卵木も混ぜてみました。

これからどこまで伸びてくれるか分かりませんが、通常であれば蛹化まであと半年以上はあると思います。

なんとか100gはいって欲しいですね。





FL6-5-1.jpgそして待望のホペイの羽化がありました。

私が一番気に入っている風神血統の第1号です。

サイズは73mmと親と同じサイズです。

ちょっとディンプルが気になりますが、親譲りのアゴとスタイルは満足のいくものでした。

まだ前蛹にもなっていない兄弟もいますので、これからも楽しみです。



もう少しネタはあるのですが、次回のネタ切れ時の予備としてとっときます。



さて、あしたから横浜へ出張です。

時間があれば、聖地藤沢へお邪魔したいと思っています。

そしてもっと時間があれば、最近うわさの渋谷オアシスまで足を伸ばしたいのですが、こっちはちょっと実現不可能かな。
先日、貴重な経験をしました。

主役はBONさんからいただいたタラニョロです。

2L瓶を順調に食べてくれていたのですが、底の方でボトルを噛りだして穴が開きそうになっていました。

これはいかんと思い、セロテープを貼って補強し、ニョロの進行方向も変わってもらおうとボトルを逆さまにしておきました。

翌日覗いたときはニョロは反対方向に進んでいたのですが、翌々日見るとまた元の位置にいました。

もう少し様子を見ようと思い放置を決め込んだのですが、その翌日ビン越しに見えるニョロの様子がおかしいことに気づきました。

全く動いていないのです。

数時間後もう一度見てみましたがやはり動きません。

ビン越しに押してみても、反応無し。

これは★かと思い、急遽掘り出すことにしました。

掘り出したニョロはブヨブヨして、身体の中は液状のように感じました。

全く動きません。しばらく眺めていましたが、微動だにしません。

これはやっちまったと思い、処分しようかなと考えながら身体をつんつんしたり、アゴの部分をスプーンで弄ったりしていました。

丁度身体の中央を指で押したときのことです。

かすかに口元が動きました。

いや、動いたような気がしました。

もう一度、同じ部分を押してみるとやっぱり口元が動きます。

でもその後はまた動かないので、身体を押した反動で口元が動いたのかなと思っていました。

処分するのも気がひけたので、とりだした菌糸の上に置いて放置しました。

翌朝見てみると、昨晩とニョロの位置が変わっています。

そして、ニョロは何事もなかったかのようにいつものように動いていました。

あわてて、ストックの菌糸瓶に投入しましたが、昨晩プニョプニョだった身体はしっかりとしています。

いったい何が起きたのでしょうか。



師匠のみつたさんに聞いたところ、みつたさんも同じような経験をお持ちのようで、おそらく酸欠が原因で仮死状態になっていたのでしょうと。

身体を押したことで、心臓マッサージのような効果があって蘇生したのではとのことでした。

その後のニョロは、元気にボトルに潜って菌糸を食べています。

なんとかこのまま元気に羽化まで持って行ければと思っています。



とても貴重な経験をしました。
あっという間にGWが過ぎてしまいました。

例年に比べれば、呼び出しもあまりなく、少し多く休んだ気がします。

近場ですがあちこち出かけることもできました。

ただ、クワカブ弄りという点では、ほとんど何もできませんでした。



やったことは、オオクワの成虫の割り出しだけでした。

マツケンさんよりいただいた元木WEの割り出しです。

残っていた3本の割り出しです。

♂が1頭、♀が2頭でした。





MWW4-1-1.jpg♂はこれで3頭目になりますが、すべてホワイトアイで羽化してくれました。

うまく写真が撮れません。











MWW4-2-1.jpgサイズは小さいですが、しっかりとした個体です。





















MWW2-1-1.jpgそして♀が2頭ですが、どちらもレッドアイでの羽化でした。

羽化後、日数がたっていないためにまだ赤いのか、正真正銘のレッドアイなのか定かではありませんが、欲しかったレッドアイが予期せず手に入りました。

3♂2♀で、ブリードもできそうです。
TAR坊さんよりいただいたローゼンペアですが、先週ぐらいから暴れ出しておりました。

菌糸交換したかったのですが、詰めた菌糸がまだできあがっていませんでした。

本日、満を持して瓶交換を行いました。



ローゼン♀1-1まずは♀。

TAR坊さんのブログによると、前回瓶交換時は19.6gだったようです。

かなりのダイエットになってしまいました。













ローゼン♂1-1気分を切り替えて♂の交換です。

こちらも19.5gから5gのダイエットです。



タラレギだけでなく、ローゼンにまで暴れられてしまいました。

ここからどれだけ復活できるか分かりませんが2L瓶に引っ越してもらいました。

TAR坊さん許して~。











SG1初ニョロ.1
さて、こちらはオオクワです。

3月末にセットしたB-POWERさんからいただいた佐賀産ですが、そろそろ1カ月ということで♀を取り出そうと思いました。

♀がなかなか見つからず、埋め込みマットを暴いていたら、ニョロさんが出てきてくれました。

そして卵も1個出てきちゃいました。

私にとって初めてのオオクワブリーディング。

何とか産んでくれていたのでほっとしました。

あと半月くらいしてから、材を割り出したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。