趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/09
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう飼育スペースも、飼育時間も、飼育資金もいっぱいなのに、ついついポチッとしちゃいました。

だって、あの人も、あの人も、みんなポチッとしているんだもん。(あえてリンクは張りませんが・・・)



これは私のせいではない、全部あの人達が悪いんだと、自分に言い聞かせています。(爆)






ムニス到着1.1それでポチッとしたものは、今日届いております。

もちろん職場受け取りです。

この発砲ケースが届く時って、いつでもドキドキしちゃいますね。

丁寧な梱包をしていただきました。













ムニス到着2.1届いた物はこのニョロ3頭です。

上のプリカのマット上にニョロの姿が見えます。

アップしてみると・・・











ムニス到着3.1こんな感じです。

コレを見ただけでわかる人はいないですよね。

8月孵化ですので、まだ初令のようです。

実はきれいなカードもつけていただいたのですが、まだ許可を取っていないのでのせることができません。









さあそしてこのニョロの正体は・・・







































ムニスゼッチコフキカブト


(Spodistes mniszechi)




酒樽さんが手に入れたという記事を見てから、ずーっと気になっていました。

最近ビダにもちょこちょこ出てきていたのですが、なかなか手を出せるお値段ではありませんでした。

が、気づいたときにはポチッとしていました。

恐るべしポチッと病



ただ、どうやって飼育すればいいんだろう。

これから勉強ですね。

初令は落ちやすいとのことなので、なんとかこのまま3令までいって欲しいです。



他にもネタはあるのですが、今日はこのネタだけでお腹いっぱいなので、それ以外のネタはまた今度。



追記

出品者様より許可をいただきましたので、オリジナルカードをご紹介します。



munisucard1.jpg
とても綺麗に作っていただきました。

どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
みなさん、こんばんはー。

パプの割り出しも終わり、カブクワやる事も余りありません。



本当は、ニジイロの菌糸交換をやらなければいけないのですが、家の中でやれば怒られちゃいますので、今週末まではお預けです。



さてさて、来月、東京へ出張が決まりました。

久々の出張です。

前回は横浜で、聖地「くわがた・カブとの郷」と渋谷「オアシス」さんを訪問することができました。

今回はどこへ行こうかなー。

誰か私とショップ巡りしてくれる方いませんか?



しばらくはこの出張をモチベーションにして、仕事に励みたいと思います。



先週、セットしていたy41さん血統のタラ♀が★になってしまいました。

結局この♀からは卵を取ることができず、申し訳ありませんでした。



そうすると余ってしまったハイパーの使い道



レギ用には、新たにハイパーを調達していますし、現在休憩中であります。



そこで選ばれたのが、WDタラ49mmです。

この子は今まで3回セットして19個の産卵を経験しています。

最後の割り出しが6月11日でしたが、もうセットを組むつもりはなくゆっくりしてもらっていましたが、そんな、こんなで再登板となりました。


0749穿孔1セット後すぐに穿孔し、現在はこんな感じです。

採れた子は、プレやら何やらで里子に出す予定です。

(まあ、採れればですけどね)











そして、こちらは初の自己飼育タラペアのペアリングです。



TA7ペアリング.1今まではタラにしろ、レギにしろ他の方からいただいたり購入したりしたペアでのセットでした。

サイズは♂78mm♀53mmと、特別大きくはないのですが、やはり自分のところで飼育したペアですので思い入れがあります。





この子達からどんな子が出てくるかが楽しみでもあります。

来週あたりにセットしたいと思います。
先日のブログで、お伝えしたパプキン産卵セットですが、昨日割り出してみました。

7月14日にセットしましたので、約6週間経過しております。



パプキンG♂2.1ちなみに親♂はこんな感じでグリーン系です。

♀はブルー、グリーン、パープルでした。

前にも書きましたが、今回のセットは2000mlブロー容器と800mlプラボトルを使用しています。











さて割り出しと思って、ラベルを見てみると1本だけ、7月26日卵採卵と書いてあるブローがありました???



そういえばちょっとだけ掘って、卵を8個採卵していたんでした。

すっかり忘れておりました。

プリカに入れておりましたが、もちろん卵の姿はなく、底の方に何頭かニョロが確認できました。

忘れたついでに、またまた放置することに決定!(ナンデダヨ)



さて、その他の割り出し結果は





Cパプキン割り出し.1
2000ml ブロー(一度採卵済み) 3ニョロ

2000ml ブロー 10ニョロ

2000ml ブロー 9ニョロ

1400ml  プラボトル 8ニョロ

という結果でした。

1400mlPBがもう1本あったのですが、力尽きてできませんでした。






3代目パプ割り出し1爆産というわけにはいきませんでしたが、コレで充分です。

容器の大きさは余り関係ありませんでした。

まだ卵もありそうですが・・・。

親メスは全て★になっておりました。

暑かったんでしょうか?

今期のパプブリはこれにて終了です。





昨日はもう一つ割り出しをしました。

グラントシロカブトです。



もともとしろしろさんからペアニョロをいただいたのですが、♂の方が先に羽化してしまったため、あとから♀を2頭追加で送っていただきました。



8月初めにセットしましたが、いつ見てもマット上でゼリーをむさぼっておりました。

ということで、今回はだめだろうということで取り出して、再ペアリング中です。



グラシロ初産卵1一応、マットを確認してみたところ、なんと卵5個を確認しました。

初めて見るグラシロの卵ですが、楕円形でした。

コレって、有精卵?無精卵?

グラシロの卵は孵化まで相当長い期間かかるようなので、確認のしようがありませんね。

とりあえず、再ペアリング後にもう一度セットしてみます。



交代でセットに投入した別♀は、♂との同居期間が10日間くらいありましたので、こちらはかかっているものと思います。

セット投入後すぐにマットに潜っていき、ここ3日間は姿を見せていません。

こちらはたくさん産んでくれるでしょう。
こんばんは。



【チビタラ同盟】のsorapaです。



チビタラ同盟とは? 


大型を狙っているにも拘らず、超小型サイズで羽化させてしまった時の言い訳 ・ 照れ隠しの為の同盟である。。。(爆 



そうでしたよね?まんじくんさん



さて、昨日も記事をアップしようと、昼休みに写真の整理なんかをしていたのですが、夕方から仕事が忙しくなり、結局午前様になってしまったので更新できませんでした。(イイワケダヨーン)



今日もまだ仕事中ですが、空き時間を利用して更新しちゃいます。



今日のネタは、



私は誰でしょう?(その1)



1不明♂1.1

この間キャンプに行ったときに、木のウロに隠れていたこのクワガタ。









1不明♂2.1
最初は♀かと思ったんですが、やっぱり♂です。

コクワでいいんでしょうか?

サイズは19mm。

ちょこまか動くので、うまく写真が撮れません。(うまく撮れる腕もなければ、カメラも持ってません)

誰か教えて下さい。







ついでに、



私は誰でしょう?(その2)





1不明♀4.1  1不明♀3.1  1不明♀2.1

こいつも、キャンプの帰りに高速のサービスエリアで見つけたクワガタです。

こいつもコクワでいいでんしょうか?

この間のBEKUWAの国産クワガタ判別法を見てもよく分かりませんでした。


アカアシ♀1  07ミヤマ♀1.1

彼女たちみたいに、あきらからにアカアシだよーんとか、ミヤマだよーんいう証が欲しいところです。

アカアシ、ミヤマ、アカノコ、ノコ以外は全てコクワと判定しているsorapaです。
日曜日、月曜日と2日連続でアップしたので、

よーし毎日更新だ!


と思ったのですが、やっぱり昨日はネタがありませんでした。(ホントニオモッタノカ?)





毎日更新されているまんじくんさんはっせさんクワクワよっしーさんはやっぱり凄いです。







先日のまんじくんさんのブログと、時同じくしてひきこもりPUNKSさんの日記でパプキンネタが出ていたのを読んで、思い出しました。



そういえばパプキンセット組んでいました。





7月14日に5セット組んで、そのまま下駄箱の上に放置されておりました。



5セットといっても2000mlブロー容器3本と、1400mlプラボトル2本に、マットを硬く詰めただけのセットです。



昨晩も帰りが遅くなったので、家族を起こさないように、そーっと覗いてみました。

2♀は★、1♀生存、残り2♀は生死不明でした。

そして、ブローを外から見てみると、



パプキンセット1.1






こんなのや、

























パプキンセット2.1






こんなのが











5セット中3セットで何頭かニョロを確認できました。

何とか累代はできそうです。

時間があれば今週末に割り出したいと思います。



あー、明日のネタもきっとないだろうな。
昨日の日当直に引き続き、本日も当直であります。

もちろん、日中も目一杯仕事してましたよ。



さてネタがないので、菌糸について。

昨日詰めたRcadia S1+SSEですが、SSEを混ぜると菌の回りが早いと書かせてもらいました。



じゃあ実際はということで、こちらの写真です。



S1+SSE1-1.jpg左側の一部、菌がまわっていないところは、菌糸瓶どおしがくっついていた部分です。

どうしても温度上昇すると菌の回りが悪くなるようで、瓶と瓶の間が狭いとこういった結果になってしまいます。

対比するために並べてみました。

24時間でこれくらいまで回っています。

S1だけですと、これくらい回るまでもうしばらくかかります。





S1+SSE2-1.jpg上から見た写真です。

うっすら皮膜がかかり始めているのが分かります。









GORA39さんもおっしゃっておりましたが、菌糸詰めの時の皮膜取りって結構たいへんですよね。

私も皮膜取って、崩してしまうまでの作業が苦手です。

詰めるのはそんなに苦労じゃないんですけどね。























こんなに、苦労して詰めているのに・・・





















CA2暴れ-1




あばれてやがる。





_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_
今日は名古屋BOでしたね。

とっいってももちろん参加できるわけでもなく・・・。

きっと、楽しかったんだろうな・・・。



まあ、そんなことをいっても始まらないので、今日はクワ弄りです。

まずは羽化していたレギとタラの♀の掘り出しです。



まずはレギ♀さん。



TM46-3-1.jpgTMRさんより購入した際におまけでいただいたニョロです。

昨年12月1日孵化ですが、菌糸投入がなんと3月になったというニョロです。

1100、2000の2本で羽化してきました。

サイズは44mmくらいでしょうか。





次はタラ♀さん。

WD49-36-1.jpgこちらもふ化後マットで40日間放っておかれたニョロです。

同じ日に割り出した兄弟達は6月に羽化しており、既に後食も始まっております。

こちらは50mmいくかいかないかのようです。

よくここまで育ってくれました。





それから菌糸交換を3本ほど。

レギ♂で31gというのがありましたが、ふ化後7カ月になろうとしているニョロですので、このまますんなり蛹化して欲しいものです。

PaPaさんかたいただいた、BUCHA血統も交換しましたがふ化後110日目で♂が21.8g、♀が19.4gと、残念な結果でした。

もう1頭居食いしているニョロがいますので、こちらに期待したいと思います。





そして、今日は菌糸詰めです。

最近定番となったRcadia S1とSSEの1:1配合です。

ちなみに前回はこの1:1配合と、S1のみのものと2種類を作ってみましたが、菌糸の周る速さが全然違いました。SSEを混ぜたものは2日目くらいにはかなり白くなってきていました。

菌糸詰め8-19-1今回は2000を5本、1500を4本、1000を7本、そして150を3本作りました。

いつもより詰めは甘くしました。

えっ、理由ですか?

ずばり、菌糸が足りないからです。(イイカゲンヤナー)

2週間後にはまた同じくらい詰めないと間に合いませんね。









さて、最後はメンガタメリーです。

GORA39さんからいただいたメンガタです。

7月末に露天掘りしてしまい、濡れたキッチンペーパーをかけておいたのですが、先週羽化してくれました。

羽化したあとは、マットの中に潜っていたのですが、ちょこっと姿を見たくて、ホジホジしちゃいました。





メンガタメス羽化-1うーん、たしかにメンガタです。

可愛いですね。

♂の1頭も蛹になっているようでした。(外から確認できました)

メンガタは羽化後約半年間休眠するとのことですので、しばらくは放置しときます。









名古屋BO、楽しかったんだろうなー。

タラレギ本舗はどうだったんだろうなー。
前回のレギの割り出しで気をよくした私は、今日も仕事が速く終わったので、セットしていたタラを割り出すことにしました。



このタラはHOMAさんからいただいたタラ♀です。

74mmの♂とかけました。

1回目 9卵+3ニョロ、2回目15ニョロを産んでおります。

もう、セットしないつもりでしたが、初回のニョロが結構大きくなってきていたので、大型血統?なんて色気を出してしまいました。

まあ、それでも取れればいいなくらいのお気楽セットでした。

7月31日ハイパーにセットし、翌日には穿孔してくれました。

2週間以上たっていますのでもういい頃でしょう。



と、材をとりだしてみたら、いやーな予感。

材が、ビチョビチョです。

あちゃー、またやってしまったようです。

手で簡単に割ることができるくらい、柔らかくなっていました。

最初に目に飛び込んだのは、カビに巻かれた卵でした。

結局9卵、産卵したようですがすでに3卵はカビに巻かれ黒くなり、残り6卵もカビがついています。

そうカビルンルンです。

なんとか濡れティッシュの上で転がしてカビをできるだけ取りましたが、たぶん孵化しないかと思います。

取れればいいや、なんて思っていたのですが、取れないと凹みますね。



こうなると同時期に穿孔したレギも気になります。

早速割り出し。

こちらはy41さんから購入したレギ♀で、パパレックス血統とかけております。

1回目は14個産卵してくれたものの、全て無精卵でした。

その後1週間ほど再ペアリングをして、メイトガードも確認後再セットしました。

こちらも7月31日にハイパーにセットして8月1日には穿孔してくれました。

前回14個ですから多少期待できます。









さて割り出しですが、2卵+1黒卵。orz

材は若干、蒸れた状態でした。

材というより、♀がうまく産座を作れなかったようです。

ニョロが増えすぎて困るよーなんて、タカをくくっていたのにバチが当たったのでしょうか?

それとも、これ以上増やすなと言う神の声なのでしょうか?

はたまた、悔しかったら、セットを組みまくれという悪魔の声なのでしょうか?



さあ、三択です。

あなたなら何番?
夏休み中は暑い、暑いと行っておりましたが、職場の中は結構クーラーがついているので、外がどれくらい暑いのかよく分かっていません。

でも40度越した地域もあるようで、恐ろしいですね。



さて、一昨日は職場復帰記念として、レギの割り出しをしました。

まずはあわハッチ血統。

1回目 卵10個、2回目 初令6頭(菌糸瓶)、3回目 卵8個を産んでくれていました。

今回は菌糸瓶産卵です。

7月13日穿孔しましたので、約1カ月での割り出しになります。

結果は初令3頭・・・・。しかも1頭はもはや瀕死の状態でした。

♀も余り元気がないので、コレで終了かも。





つづいて、期待の血統みつ樽嬢(みつたさんのパパレックス血統♂とと、酒樽さんの♀を掛け合わせたので、こうよんでいます)。



1回目 卵3個、2回目 卵9個と産卵しております。

今回はハイパーレイシでセットを組んだところ、セット当日には穿孔開始してくれました。

ただ、縦置きにしたところその真下からの穿孔でしたので、穿孔翌日には材を斜めに固定しておきました。

この♀は最初に穿孔するまで、さんざん苦労しましたが、産卵モードに入っちゃうとこうも簡単に穿孔してくれるんですね。



みつ樽3回目-1
材を割ったところ、まっすぐ上に進んで産座を作っていたようです。

すぐに卵が確認できたのでまずはほっとしました。

問題はどれだけ産んでくれているかです。











みつ樽3回目-2
結局12個の卵を取ることができました。(1個は半分黒くなっていてスプーンにのせたとたんに潰れちゃいました。)

最近は濡れティッシュ管理しかしておりません。



翌日には4頭が孵化し、今日また4頭孵化してきました。

そして昨日初めて孵化する瞬間を見ることができました。

思っていた以上にあっという間に孵化するんですね。

私の安いデジカメではうまく撮れないので、その代わりじっくりと観察させてもらいました。

7月28日穿孔ですから、3週間たたないで孵化してきたことになります。

残り3個はうまく孵化してくれるでしょうか?



今週末はタラとレギそれぞれ1セットの割り出しがあります。

菌糸代が・・・。

それにハイパーがなくなっちゃのでまた注文しなきゃ。
たくさんのコメントをいただきながら、放置してしまい申し訳ありませんでした。

お仕事していた皆さんには申し訳ありませんが、夏休みを満JOYしておりました。

正月、GWともまとまった休みはとれず、休日出勤も当たり前の生活ですので、毎年この夏休みだけを楽しみにしております。



ということで、本日より復活致しましたので、またよろしくお願いします。



今回の夏休みのメインは、2泊3日の小旅行と1泊のキャンプでした。

ここ数年は沖縄、北海道など3泊4日の旅行と1泊のキャンプが定番になっていました。

ところが今年はうちの近所に、空き巣が多発していて、妻が気になるということで2泊になりました。

ALSOKにも入っちゃいましたが・・・。



小旅行は隣の岩手県へ行ってきました。

小岩井農場けんじワールド(アクア施設)、三陸海岸(海鮮丼うまかったー)、龍泉洞(日本三大鍾乳洞のひとつ)、久慈琥珀博物館もぐらんぴあ(久慈にある小さな水族館)などなど。

ひとつひとつ、それなりに楽しかったです。



琥珀発掘最近化石や石に興味がある息子には、琥珀博物館の琥珀発掘体験が一番楽しかったようです。

写真のような発掘区域の土をほじること1時間、ちいさな琥珀をいくつか取ることができました。

たまたま施設の方が、大きな琥珀を発掘したので、参加者全員にそれを分割してもらうこともできました。



それからもぐらんぴあでは、ドクターフィッシュの水槽があって、手を入れることができましたが、手に吸い付いてくる間隔はこそばゆくて気持ちよかったです。妻と息子は15分近く手を入れっぱなしにして、すべすべになったと喜んでいました。



また、ドライブ中に、道ばたに小熊を発見。

すぐに消えてしまいましたが、自然の熊を見たのは初めてでしたので、興奮しちゃいました。



キャンプは青森県の七戸町にある、東八甲田家族旅行村へ行ってきました。



東八甲田どしゃぶりの翌日だったせいか、私たち家族以外に2組だけでした。

そのためちょっとしたレジャー施設も開店休業中で、結構広い敷地内も夜は照明も落としており、ちょっと怖い感じがしました。遠くから、牛なのか、熊なのか、あるいはそれ以外の動物なのか分からない、遠吠えも聞こえていましたし・・・。



着いてすぐ、近くを散策し、一本の木からコクワの♂を2頭ゲットすることができました。

夜も、怖いながらも採集へ・・・。

結局、カブト♀を2頭ゲットできただけでした。




東八甲田ミヤマ朝も、5時に起きて、3人でクワカブ採取へ。

60mm upのミヤマ♂と、木についていたカブトの♀をgetしました。

カブト♀は3頭ともリリースして、クワガタだけを持ち帰りました。





翌日は何もやることがないので、朝食後すぐに移動し、八戸の妻の実家へ行きました。

オカヤドカリ用の貝を探しに、海へ行きましたが結局いい貝はみつかりませんでしたが、アサリ採りをすることができました。



メインは夜の帰り道です。

夜6時30分、八戸の高速をスタート。

弘前までの間にサービスエリア、パークエリアが10カ所近くありますが、全てに寄りました。

もちろんクワカブ採集が目的です。

ほとんどのエリアで、クワカブを見つけることができました。

カブト♂、ミヤマ、コクワ、アカアシ、ノコギリ、たぶんスジクワ?などなど。

結局すべてお持ち帰りしちゃいました。

調べてもよく分からない♀クワもいますので、後日写真をアップしますので、コメントをお願いしたいと思います。



そんな、こんなの1週間はあっという間に過ぎてしまいました。

本当は昨日まで休みの予定でしたが、朝の3時に呼び出しがかかり、結局昨晩12時まで仕事とになってしまいました。

まあ十分すぎるほどの休みでしたので、満足しています。



ちなみの家のクワカブはほとんどいじっていません。

やったことといえば、リッキーの採卵(18個)、佐賀産オオクワの割り出し(4頭orz)だけでした。



しばらく社会復帰まで時間がかかりそうです。



最後まで、読んでいただきありがとうございました。

次回からは、またクワカブ記事で行きたいと思います。

それでは、また。
台風は、日本海に抜けて北上中ですね。いつもはこっちに来る頃には温帯低気圧に代わっていてたいして被害が出ないのですが、今回はどうでしょうか。いずれにせよ明日は雨になりそうです。

せっかくの休みなのに・・・。

そうです。明日から待ちに待った夏休み突入です。

年に1度の呼び出されることのない休暇です。

小学生が待ちわびるようにこの日をずーっと前から待っていました。

1週間職場を離れるので、昨晩は1週間分の仕事を夜中までやっていました。(まだ終わらない)



職場を1週間留守にするということは、職場での飼育も1週間手をつけることができません。

気がつけばタラレギのニョロは全て職場に持ち込んでおりました。

ということで、少し早いけれど交換予定が近いニョロの菌糸交換も昨日ちょこっとやりました。

やり終わってふと気づく。

キッチンペーパー載せたのはいいけれど、いつもは3日目に普通のフタに戻すのですが、今回はどうする?

悩んだあげく1日だけキッチンペーパーをかぶせて、今晩からはタイベストシールを貼らない穴の開いたふたをすることにしました。何とか酸欠だけは免れたいと思います。



一昨日、期待のタラ♂を掘り出しました。

このタラ♂はBONさんからいただいたもので、以前瀕死の状態からよみがえった奴です。



4MT052-4-1.jpgサイズは74mmと小さく、顎も小さめになってしまいました。

まあ、一度死んだと思って、ゴミ袋に捨てられた子です。

ここまで育ってくれただけでも立派なものです。



同系統の♀が2頭いますが、こちらはどちらも大型でした。

インブリとアウトと試してみたいと思います。



そんな、こんな、バケーションで、明日からしばらく記事の更新、コメもできなくなると思います。

しばらくの間みなさん、ごきげんよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。