趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、コカブネタばかり書いているので、タラレギはどうしたんじゃいというお叱りを受けておりますsorapaです。



ということで、今日はタラレギのネタを。



と、その前に。



またまた出張告知です。



11月8日から10日までの3日間、名古屋出張が本決まりになりました。

例年は年2回の出張なのですが、今年は3回目になります。



べ、別にオフ会したいからとか、ショップに行きたいからとかの不純な理由じゃないですよ。

これも仕事なんです。ハイ。



実は先日からPaPaさんにご連絡してまして、もしお時間が合えばプチオフ会をしたいと考えています。

やっぱり、オフ会じゃんと思ったあなた、大目に見てやって下さい。



今回プレ企画でお知り合いになったkaisouさんもお近くとのことでお会いできるかもしれません。

名古屋情報をお持ちの方、ご連絡下さいね。





さてさて、本題に戻ってタラレギです。



といっても現在穿孔中のレギが2セットありますが1セットはだめっぽいですし。もう1セットは初回なので穿孔してはいますが産んでるかどうかはわかりません。



初令などもいないため,菌糸交換も余りありません。



ちなみに現在飼育中のタラはニョロ11頭、蛹5頭、レギはニョロ19頭、蛹3頭になります。



一昨日、羽化がわかっていたタラと全く食痕が出てこないレギを掘り出してみました。



AH13とB06.1結果、タラは50mm upの完品でした。

レギは★かと思っていましたが小さな♀が出てきてくれました。

こちらは43mm程度です。

ちなみに最終体重はタラが20.4g、レギが11.3gでした。

★になっていると思っていた菌糸瓶から成虫が出てきてくれると、かなり嬉しいものがありますね。

得した気分になれました。



そして、800mlで放置してしまったタラ♀もおりまして、こちらはビン底に蛹室を作っていたので逆さにして管理していました。
0749A07-1.jpgり出してみたら、この有様です。

実はタラレギでハネパカは初めてです。

菌糸が劣化していたため、蛹室の水分が掃けなかったのかもしれません。

寿命も短いかもしれません。

うーん、やっぱり難しいな。







CA2蛹4-1最後は以前オアシス人工蛹室に移したレギ♂です。

10月5日蛹化ですのであと1週間くらいで羽化してくれると思います。

去年はここから蛹が★になったんだよなー。

なんとか無事に羽化してくれー。



以上、一生懸命絞り出したタラレギネタでした。
スポンサーサイト
ホント寒くなってきました。

もうすぐ冬なんだなーとぼんやりと感じております。



それでも、昨日はとても天気がよく、近くまで紅葉狩りに行くことになりました。

私の家からですと車で1時間半くらいで、十和田湖、奥入瀬まで行くことができます。

が、この時期はかなりの人手で渋滞になります。

ということで、十和田に行く手前のイワナ村へ行ってきました。

昨年の5月のブログにも載せていますが、ここはイワナ、ニジマス、ヤマメ、ギンサケなどの釣り堀があり、釣った魚を格安で料理してくれます。



イワナ村07.10.28-2-1到着すると結構お客さんでにぎわってました。

周りは山に囲まれていて、紅葉真っ盛りです。

ホント綺麗です。









ここの欠点は料理を注文してから結構時間がかかることです。

ということで、まずは速攻でニジマスを釣り上げます。

ニジマスだけはいつも入れ食い状態です。

息子が5分くらいで、唐揚げ分6匹釣り上げました。

この6匹を調理してもらっている間に、ヤマメやギンサケをゆっくりと狙います。

30分くらいでヤマメ3匹、ギンサケ8匹を釣り上げました。

この魚は刺身や塩焼きにしてもらい、おいしい秋をいただくことができました。





さて飼育の方ですが・・・。

今日はB.C.Sさんからコフキ専用微粒子マットが届いたのでムニスゼッチと、テルシテスのマット交換をしてみました。





まずはムニスゼッチから。

何故かしら、私のところにはムニスゼッチが2系統、各3頭ずついます。
ムニスB2.1最初に手に入れた3頭は既にオアシスさんのSマットに投入済みですので、今回はあとから手に入れた3頭の交換です。

120mlのプリンカップで飼育していましたが、結構大きくなっていました。

今回は430mlのプリカにお引っ越しです。





次にテルシテス

こちらも2系統います。

 テルシA1.1まずは1系統目。

毛むくじゃらですねー。

♂♀判別まったく付きませんでした。

こちらも430mlのプリンカップに投入しました。









4父テルシ3.1そして先日4児の父さんよりいただいた別系統4頭。

まだ、こちらは小さかったですが、4頭とも元気でした。

こんな小さいのに、体毛だけはしっかりしてますね。

200mlのプリンカップへお引っ越し。





コカブは小さいから場所は取らないといったものの、数がいればそれなりに場所を取るんだということを、今さらながら実感しています。(ヤバイ)



次回は久々にタラレギについて書こうかな。

ネタ捜さなきゃ。
今週初めは忙しかったのですが、ここに来てまったりとしております。

そんな時間があるなら、虫弄りしなさいとお叱りを受けそうですが、今のところいじる虫もいないんですよね。

タラレギも菌糸交換まではまだ時間がありますし、蛹はそのまま放置状態です。

セットも組んで穿孔していますが、こちらもまだ割り出しまで先になります。



昨晩は協賛しているスマトラヒラタと、リッキーニョロのチェックをしました。

スマトラは4頭ずつ600mlガラス瓶に入れてましたが4頭ほど消えておりました。

残り12頭で、4頭×2件を協賛していますので我が家の残りも4頭になってしまいました。

うーんどうしよう。

まあ、種親はitarumeguさんのところへ飛ばしたので、あっちで爆産させてくれるだろうから心配ないか。

リッキーは16頭とまだ孵化しない卵が10個以上あります。

こちらは3件協賛していますのが問題ないようです。



他にはテルサンデールの孵化したニョロの確認をしました。

ふ化後すぐに干からびてしまったニョロもいたのですが、なんとか元気な6ニョロを確認しました。

16個採卵して6ニョロしか残せなかったのは、私の管理のせいです。

特に濡れティッシュ管理は良くないですね。

孵化してくれましたが、その後にマットに移す際に傷つけたのかもしれません。

まあ、第2陣も孵化してきているようですし、親♀もまだ元気に潜ってくれているようなので累代には問題ないかと思います。



今週はアフロさんFBさんのプレ企画で当選発表がありました。

今週末は5件に発送です。

時期的に問題はないかと思いますが、無事に到着してくれるまでは心配です。



ランバーさんにノゲイラがアップされていました。

なかなかゴツイカブトですね。

お値段の方もかなりゴツイです。(笑)

あれだけゴツイとあきらめられるのでかえって良かったかななんて、自分に言い聞かせております。
10月24日の午後10時頃、Factory Breedingさんの3周年プチプレ企画の当選発表がありました。

プチプレといっても、総賞品数90近いプレとなりました。



応募締め切りが23日の深夜で、翌日発表というメタパパさんの早業には恐れ入りました。



私の協賛品にも応募があってくれたのでほっとしました。

既に連絡済みですので、今週末には発送したいと思っています。



そして私も当選させて頂きました。



M・テルシテス バハ・カリフォルニア産 


F2 初・2令幼虫 3頭




協賛して下さったのは、いつもお世話になっている4児の父さんでした。

以前のブログにもアップしましたが、私のところにはすでにB.C.Sさんから購入したテルシテスの幼虫が3頭おります。

でももしかしたら、途中で★になるんじゃないかとか、♂♀偏っちゃうんじゃないだろうかなん不安だったんですよね。

ビダでもアラートに入れて狙っていました。



そして、それ以上に4児の父さんのカブトというところに魅力を感じておりました。

ご存じのように4父さんのHPには毎日のようにたくさんの人が訪問している超有名サイトです。

その4父さんからカブトを送ってもらえるなんて最高だと思いません?



4父テルシ2-1そしてその賞品が本日到着しました。

えっ、もう到着??

発表からまだ1日ちょっとしかたっていないんですよ。

凄い迅速な対応をしていただきました。

しかも1頭おまけ付きの計4頭。

以前からいる3頭も含めてこれで7頭。

これならいくら飼育がへたっぴな私でも安心です。



メタパパさん、4児の父さん、本当にお世話になりました。

また、これからもよろしくお願いします。
今日はちょっと悲しいことがあり、気分がブルーであります。



それでもその前に色々とクワ弄りをしましたので、ご報告を。



テルサン孵化.1まず、テルサンデールが孵化していました。

9月25日セット、9月29日採卵した卵達です。

16個を半分ずつ濡れティッシュと、マットで管理していました。

管理してしばらくしたところ、濡れティッシュの方で3個、マットの方で少なくても2個が赤くなって潰れていました。

無精卵のかの失せもあるかと思っていましたが、孵化してくれたのでほっとしました。

まんじくんのところで約3週間で孵化するとの情報がありましたが、まったくその通りになりました。

ゴロファは全くの初めてですので、初令で墜ちないか心配は付きませんが、しばらく様子を見たいと思います。





今日はレギの菌糸交換を何本かやりました。

パパレックスとかけたみつ樽嬢の初回産卵分の1頭も交換しました。



MDL2-1A.jpg6月25日孵化、8月19日に2000mlに投入したときは6.8gでした。

他の2頭は既に菌糸交換しておりますが、このニョロは居食いをしていましたので放置しておりました。

ただ、2カ月経過したので交換することに。

体重は30gでした。

今回はM2+SSE 2Lに投入しました。

これからの伸びに期待です。





そして今日は久々に菌糸詰めも行いました。

今回はじめて3LPBなるものを用意して詰めてみました。

フジコンの3L瓶です。

3L瓶.1さすが、3Lという用量ともなると、一生懸命崩した菌糸が、あっと今に瓶の中に吸い込まれていきます。

右隣の2Lブローが小さく見えます。

さて、この3L瓶を使いたくなるニョロが出てくるのでしょうか。(爆)





また、タラレギの割り出しを行いました。

タラは前回大きな産座を作りながら1個も産卵していなかった53mm♀になりますが、今回も前回とまったく同じ結果になってしまいました。

卵は1個もありませんでした。

よく見てみたら羽化後7カ月以上たっています。

産卵しないところを見ると♀に異常があるのかもしれません。

もう一度ペアリングしてみますが、だめかもしれませんね。



そして卵はいっぱい産んでくれるが1個も孵化したことがない、パパレックスとかけたy41さん血統レギ♀。

今回は再同居させた後のセットです。

10個の卵がありましたが、正常に見えるのは3個だけです。

たぶん個の卵もだめでしょう。



他のレギ♂と再ペアリングして、もう一度だけセットを組んでみたいと思いますが、こちらも何か欠陥がある♀なのかもしれません。



いいこともあれば、悪いこともある。

一喜一憂

これがクワカブなんですね。



悪いことが重なれば、飼育する意欲がなくなるという気持ちはよくわかります。

ある意味、気力を持ち続ける事も大変ですよね。

それでも、虫友さんが飼育を撤退されるというのはとてもショックです。

悲しいです。

今日は、このへんで。
昨日のブログに載せた本日着弾予定の「嬉しいもの」が予定通り到着しました。

昨日のコメントでは、サソリ、タランチュラ、エロDVD(コラッー)、お酒、甘いものなどの予想をいただきました。



それではお披露目させていただきます。



マグカップ1-1こんな袋に入って到着しました。

てっきり着払いと思っていたら、元払い、送料を持っていただきました。(感謝)

それでは、中身をお見せします。











じゃじゃーん!!



マグカップ3-1回天さんのヘラクレスMadMan5万HIT記念マグカップです。

合同プレや、その後の頒布販売などでも手に入れるチャンスがあったにもかかわらず、締め切りに間に合わずに手に入れることができませんでした。

ホントに欲しかったんです。









先日東京で回天さんとお会いしたときにも、もう残りはほとんどないとお聞きしていたのであきらめていました。

が、かなさんの花よりカブトのプレ企画に、1個だけあるじゃないですか。

ここであったが百年目という事で早速応募させていただき、見事当選させていただきました。



マグカップ4-1隊長父さんがデザインされたマグカップです。

実に特徴をとらえてクワカブが描かれています。

これからはこのマグカップで、コーヒーをいただきながら仕事の疲れを忘れさせてもらおうと思います。



回天さんかなさん、本当にありがとうございました。

大切に使わせていただきます。







さて先ほど、以前記事にした、久々のレギ♂蛹の掘り出しをやっちゃいました。

掘り出すつもりはなかったのに、あちこちから掘れ掘れと言う声が聞こえてきたので、仕方なく出してみました。(笑)(一番掘りたかったのは自分ですが・・・。)



CA2蛹1-1この個体はTMRさんからいただいたものです。

詳しい飼育記録は後ほどチビタラ同盟のBBSにあげておきたいと思いますが、最終体重は8月15日交換時に

26.4gといたって平凡な数字でした。

蛹の体重を測ってみると19.4gです。

70mmいくかいかないか微妙なところですね。



顎も思っていたより短いようです。

うーんやっぱり難しいですね。



CA2蛹2-1オアシスの人工蛹室に引っ越してもらいました。

まあ、何はともあれ、無事に羽化してくれることを望みます。

お嫁さん候補は既に羽化していますからね。



この兄弟♂がそろそろ前蛹になりかけています。

前回体重が31gありましたのでこちらの方が期待できるかも。

タラ♀の羽化やレギ♀の蛹化などちらほら見えてきました。

楽しくなってきましたね。

サイズですか?

だって、私はチビタラ同盟の会員ですから。(爆)
秋も深まるなか、ちまたではプレ企画のオンパレードです。

私のブログでも紹介しておりましたが、本日新たに3企画の追加となりました。

もうすぐ応募締め切りのものから、現在協賛者募集中のものまであります。

虫友の輪を広げるいい機会ですので、私も協賛、応募ともにしたいと思います。



さてかんじんのクワネタです。

アウラタ蛹化-1タラレギ、コカブに隠れてひっそりと飼育されていたアウラタが蛹化しました。

tomo2さんからいただいたケアンズ産の子になります。

なんかアウラタはいつ後食を始めたのかわからず、しかもあっという間に★になってしまい、結局3頭しか残すことができませんでした。

その3頭全てが蛹化してくれました。

親はグリーン系とレッド系いたのですが管理ミスでどちらの子かわからなくなってしまいました。

羽化したらわかりますよね。





ペレメタ蛹化-1そして、そらおさんからいただいたペレメタの子も蛹化していました。

こちらも結局2頭しか残すことができなかったのですが、何とか蛹化まで持ちこたえてくれました。

羽化するとき、この長い顎を持ち上げてくるんですよね。

うまくその瞬間に立ち会えればいいのですが、きっと無理かなー。



話は変わってオークションネタ。

先日結構高価な昆虫をかなりの格安で落札しました。

○円スタートで入札者は私だけ。

そう、○円で落札してしまいました。

なんか悪いなーとか思いながらも、連絡して出品者さんからも振込先の連絡をいただきました。

ところがそれから30分後に、生体が弱っているのでキャンセルして欲しいとの連絡が・・・。

観賞用か、標本用と考えていたのでそれでもいいかとは思ったのですが、まあキャンセルして欲しいというのでキャンセルしちゃいました。

落札確定からキャンセルまでの半日間だけ、楽しい思いをさせてもらいました。(泣)



でも、でも、でも、

明日はとても嬉しいものが着弾する予定です。

クワカブじゃないですよ。

ムフフ。
すっかり秋です。

我が家ではとうとう、パネルヒーターを稼働させました。

全国の天気予報を見ていると、南の方ではまだ夏日のところもあるようですが、確実に寒くなってきていますよね。



さて、タイトルにもありますように、またまたゴロファが仲間入りしました。



先日 携帯サイト 花よりカブト でクワカブオークションが開催されました。

そこでサイト管理者のかなさんが出品されていたカブトを落札させていただきました。



かなさん着弾.1昨日到着しております。

新しい仲間、

ゴロファ・ペラゴン

アルゼンチン産 F3幼虫です。

3頭のところ1頭おまけしていただき4頭送っていただきました。





GPE04-1-1.jpg早速記念撮影。

8.8gから12.3gという大きさでした。

















GPR01-1-1.jpgそして左側の大きめのプリカは

ゴロファ・ポルテリ 3令ペアです。

かなさんのご厚意で送っていただきました。

5月末の孵化で、♂は23.8g、♀は16.3gでした。

かなさん、どうもありがとうございました。

大切に飼育させていただきます。









さて、あまりブログを更新する時間がないため、最近やったこといっきに書いてみます。



テルサン採卵2回目.1まずはゴロファ・テルサンデールの2回目の採卵です。

前回セット後3日間で16個の卵を産んでくれたテルサンですが、そのまま同じセットに入れておきました。

今回は約10日間での採卵です。

結果は14個でした。

前回の卵はマット管理と、濡れティッシュで管理してみましたが、濡れティッシュの方で数個アカカビにやられてしまった卵があったため、今回は全てマットで管理することにしました。

約2週間で30個の産卵です。

この後どれくらい産んでくれるのかわかりませんが、そのまままた同じセットに入れておきました。

まだ、孵化した卵はないので、無精卵でないことを祈るばかりです。





はい次。

ニジイロ10-12-1先ほどニジイロの菌糸を交換してみました。

5月27日割り出し、800mlの菌糸瓶で飼育していたものです。

取り出してみたら、思っていた以上に大きかったのでビックリです。

ニジイロのニョロの体重ってどんなものなんでしょうね。

21.4gという数字は標準より大きいの、小さいの?

どなたかデーターお持ちでしたら教えてくださいね。

ニョロの期間もどれくらいなんでしょうか?

期待をこめて1400mlの菌糸瓶に入れてみました。





その他にはオオクワ(佐賀産、肝川産)の菌糸を何本か交換しました。



先日採卵したリッキーの卵も何頭は孵化してきました。

こちらのリッキーは昨日蛹化したチビリッキーとは別系統です。

親は143mmで兄弟の♂3頭ともすべて140mm upしています。



他にもやりたいことがあったのですが(例えばレギ蛹のお引っ越し)時間がないので本日はここまで。
昨日の夜は久々に早く帰宅できました。

とっいっても10時頃でしたが・・・。

それじゃ、ゆっくり虫いじりといきたいところでしたが、睡魔には勝てず、夕食食べて風呂はいって、そのまま就寝。

おかげさまで朝の7時までぐっすり眠ることができました。

ここ最近、睡眠時間が4時間前後でしたので、42歳のおじさんには正直きついものがありました。

おかげで今日はすっきりです。



しかも今日は午前中から嬉しいお届け物が。



4児の父さんのプレ企画で当選した、ゴロファが届きました。

協賛者様のハッシーさんから涼しくなってからの発送の方が安全でしょうとの提案をいただき、本日めでたく着弾しました。

こういう虫に対する心遣いって、私的にはかなり嬉しいです。

ハッシーさんのカブトに対する愛情がひしひしと伝わってきますよね。



エアクス1.1さて、そのニョロは ゴロファ・エアクス・エクアドル・バエッサ産 です。

3頭ということですが、4頭入っておりました。

早速出してみましたが、直線的に歩く姿は、アブデルスのニョロのようでした。











エアクス2.1早速400mlのプリンカップにお引っ越ししてもらいました。

ゴロファの雌雄判別ってどこを見るんでしょうね。

大きさも同じくらいですし、まったくわかりませんでした。

長旅の疲れもあるでしょうから、あまりストレスをかけるわけにもいかず、観察もほどほどにマットにはいってもらいました。



ハッシーさん、大切の飼育させてもらいます。

ありがとうございました。





さて、最近はすっかりコカブ・フリークと化したsorapaですが、先日こんなものを購入してしまいました。



【カブトムシの百科 第4版】


カブト辞典.160種類以上の世界のカブトについてその産地は特徴について書かれています。

飼育方法などについてはあまり書かれてないのがちょいと残念ですが、写真を見るだけでも買って良かったかなと思っています。

それにしても、たくさんの種類がいるもんですね。

しかもまだまだ未知のカブトもいるようですし、これからも改訂を続けていくことと思います。







それ以外のネタといえば、週末唯一いじることができたのがリッキーのマット交換でした。

昨年夏たくさん孵化しましたが、結構里子に出して7頭だけ残しました。

早熟の1♀はすでに羽化し、別系統の♂とペアリングして現在セット中です。

残り6頭のうち1ペアのみを単独飼育、他の4頭は多頭飼育としていました。

そらリッキ-♂蛹室.1単独飼育の♂のマットを交換したところ、

蛹室作っちゃっていました。

まだ、そんなに黄色くないんですがね。

しかも体重測定したところ80gしかありません。

80gの♀はいないでしょうから、極小♂確定です。

今年の春に羽化したリッキーは120gくらいあったんですがね。

残りのニョロも見てみましたが、どいつもこいつも小さいのばかりでした。

孵化から約1年ですので、これ以上の体重増加は望めないかもしれません。

まあ、無事に羽化してくれれば良しとしましょう。

ちなみに前回マットに入れた使用済みレイシやカワラは粉々になっていました。

恐るべし幼虫の顎力ですね。



PS:レギウス蛹はまだ掘っていませんよ。(ホーッホッホッホ)
何かと忙しく、ブログを更新する時間がありませんでした。

虫いじりもちょこちょことしかできていません。

でもゼリー交換は自分でやりましたよ。(笑)



さて、コカブばっかり出してきましたが、久々にレギの話題を。



まずはレギのセットです。

パパレックスの実仔♂とペアリングさせたy41さん血統♀です。

今まで3回産卵しておりますが、全て無精卵でした。



AH16蛹化.1今回は1週間ほど同居させ、再ペアリング後のセットです。

これでも無精卵だったらあきらめます。

ハイパーレイシ材を用いたセットですが、即日穿孔してくれました。

1カ月後には結果が出ることでしょう。






みつ樽再ペアリング-1みつ樽嬢も前回の産卵では孵化率が以上に落ちていましたので、こちらも追い掛けしました。

今回が最後のセットになるかと思いますが、そろそろセットを組もうと思っています。

こっちは菌糸瓶の方がいいかな?









そして久々にレギ♂が蛹化してくれました。





CA2蛹化-1こちらはTMRさんからいただいた、あわゆきさんのC血統とA血統を掛け合わせたレギです。

1月下旬の孵化ですが、菌糸投入が3月末と遅くなっていたニョロです。

8月中頃の交換時には26gでした。

その後も極端に大きくなっている感じはありませんでしたので、よくても30g程度だったのかと思います。

ちらりと見える顎は、いい感じにストレートです。

蛹体重を測りたい気もするのですが、このまま羽化まで持って行くか、人工蛹室に移すか思案中です。





AH16蛹化.1そしてこちらはレギ仙人みつたさんから譲っていただいたあわハッチ血統のインブリです。

今まで♀が2頭羽化しておりましたが、初めての♂になります。

6月2日初令で割り出したもので約4カ月で蛹化してしまいました。

4月孵化のニョロはまだ前蛹にもなっていないのですが、個体差なんでしょうね。

ちなみに体重測定していませんでしたが、小さいです。

サイズはまったく期待できませんが、こちらの顎もいい感じですよ。

ここから1カ月が長く感じるんですよね。



他にもタラの♀が何頭か蛹化しておりますし、蛹室を作り出したレギも何頭か出てきました。





う~ん、やっぱり蛹を掘り出した~い。
一生懸命仕事をしている自分にご褒美 第2弾!!

まとめてアップします。



まずはこれ。



G.ピサロ.1Golofa Pizarro CBF1 3令幼虫

画像は親ムシさんです。

2007年5月上旬孵化とのことです。

今回は3♂2♀の5頭到着です。

早速、大きめの容器にお引っ越ししていただきました。

一応体重測定なんかもしてみましたが、11~16gといったところです。

マットがくっついているので正確な体重測定はできませんでした。

羽化は年明けでしょうか。







次は、

G.ガウンジョン3.1Golofa Gaujoni F3 3令ペア

7月中旬孵化になります。

こちらも親ムシの画像を提供していただきました。

このまっすぐ上にピンと立ったタテヅノいいですね。

来年が待ち遠しいです。









そして次



テルシテス1.1Megasoma thersites CBF1初・2令

私にとって初めてのmegasoma族になります。

こちらも親ムシ画像を提供していただきました。

ゾウカブトは飼育期間が長いのでなかなかチャレンジしてみようとは思っていませんでした。

でもコカブであればそれほど飼育期間もかからないようですし、私にも飼育できそうかと思います。







ここまで全部幼虫でした。

最後はこれ。





Gsp2-1.jpgGolofa SP WF1 ペア 新成虫



昨日のGORA39さんのブログにも掲載されていましたが、昨年末にG.スパサが入荷した際に別の♀が混じっていて、当初エアクスと考えられていたようですが、羽化した個体は♂の胸角の先が2またに割れているところがエアクスにない特徴とのことで現在のところspとして管理されているようです。

わたしにとってはエアクスでも構わないのですが、とにかくこのタテヅノが気に入りました。

9月羽化ペアですので、未後食です。

しばらくはじっくりと鑑賞させてもらいます。



今回送っていただいた方からは、画像の転載に関してご快諾をいただけましたことを心より感謝申し上げます

また飼育上わからないことがあれば相談にものっていただけるとのことで安心して飼育を続けられそうです。

大切に飼育させてもらいます。



これで一気にコカブが増えました。

これでしばらくは打ち止めです。



もちろんタラレギも続けますよ。
すっかり秋になってしまいました。

この時期体調を崩しやすいので、みなさん注意して下さいね。



クワ達も体調を崩しやすいのか?

訃報があります。



前回のブログで、みなさんから♀だ、♀だと厳しい現実を突きつけられた(笑)ローゼン蛹ですが、★になってしまいました。

動きがないので心配しておりましたが、だんだんと黒ずんできてしまいました。

羽化前の黒さとは明らかに違います。

やっぱりオウゴンは鬼門のようです。

TAR坊さん、ごめんなさい。

残りの1ニョロに期待します。





そして3月孵化のタラ♀ニョロも★になりました。

9月初めに暴れ出し、菌糸上に上がってきていましたので交換したのですが、それ以降潜ろうとはしませんでした。

最終体重が22.5gあったので、♀だとすれば大型だったので悔しいです。(まあ、小さな♂ってこともありますが・・・。)







まあ、逝くものもあれば新しい命も誕生しております。





ヘラクレスリッキー

こちらは1回目の採卵分が無事孵化していたので、その後約2ヶ月間放置しておりました。

結構期待して、息子と一緒に割り出しです。

マット産みの割り出しは、子供にも簡単なので、息子と一緒でも安心です。

HR16採卵2回目.1予想に反して、ニョロは3頭しかいませんでした。

卵は20個、回収しましたが少なすぎます。

怪しい卵も混じっていましたので、追い掛け決定。

来週あたりまたセットしてみましょう。

まあ、全て里子行きと決めていますが・・・。







次はG.テルサンデール

約半日間のペアリング後、ミニケースに入れておためしセットを組んでみました。

3日目での採卵です。
テルサンデール採卵1回目.1こちらは予想に反して16個の卵を採卵できました。

さすがコカブは簡単に産んでくれますね。

まあ、無事に孵化するかどうかはわかりませんが、マットと、濡れティッシュで半分半分で管理することにしました。

何日くらいで孵化するのかな?









そして、最後はスマトラヒラタ ベングール産

こちらはレギの割り出し後のレイシ材にマットという、経済的なセットです。

前回ニョロを確認しておりましたので、安心の割り出しです。

セット後約1カ月半です。

スマトラV2-2-1こちらからは16頭のニョロを採ることができました。

自分用の分も含めて十分な数ですのでこれにて終了。

もう1頭、ペアリング済みの♀がいますが、どうしましょう。

欲しい方いますか?

欲しい方はご連絡下さいね。

アフロさんのプレ企画にでも協賛しようかな。





そして最後はメンガタメリー

GORA39さんからいただいたメンガタメリー6頭全て無事に孵化羽化してくれました。

3♂3♀です。

メンガタ雄羽化2-1前回も他の雄の写真を載せましたが、今回もまたパチリ。

かわいいですね。

GPRA39さん、ありがとうございました。

来年までゆっくり休んでもらいます。



今週は新たなムシが飛んできます。

実は今日も飛んできておりますが、時間がないのでこのへんで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。