趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2007/101234567891011121314151617181920212223242526272829302007/12
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、職場の机で仕事をしていると、PCの前をコバエが横切ることが多くなりました。

最初は菌糸飼育ものだけを置いておりましたが、最近はマットしいくものも増えてきてしまいました。

そろそろ対策をしなければと考えているsorapaです。



そんな中、ムニスゼッチコフキカブトテルシテスヒメゾウカブトのマットを交換しました。

どちらも430mlのプリンカップに入れておりましたが、時々マット上に出て徘徊しているニョロが大きくなっていましたので交換することにしました。



ムニスB4-1ムニスゼッチは5.3g、5.7g、6.0gという大きさでした。

8月20日孵化とのことですから3カ月目になります。

大きさはよくわかりませんが、3頭とも元気でしたのでほっとしました。

別系統の3頭は既に1400mlに入れ替えて、自宅の下駄箱で放置中です。

このまま交換無しで羽化まで持って行ければいいと思っています。





 テルシA2-1テルシテスは9月中旬孵化ですが、こちらは3.9g、4.0g、4.8gと少し小ぶりでした。

3頭とも元気です。

この他に4児の父さんからいただいた3頭もいますが、こちらはもう少ししてからの交換になります。

その前にそろそろマットを購入しないといけませんね。



そして昨日は既に羽化が確認できていた、タラレギを数頭掘り出してみました。



今回の目玉はこれです。

レギ仙人みつたさんの看板血統レギウス・パパレックスの血を引く、みつ樽嬢初の子供が羽化してくれました。

MDL3-1.jpg6月25日に孵化し、最終体重は12.5gとかなり小ぶりではありましたが、期待の血統です。

ざっと測定してみたところ47mmでした。

初穿孔までかなり苦労させられたあとで、初めて採れた3頭のニョロですが、2♂1♀と分かれていました。

2♂はまだニョロをやっていますが、そろそろ蛹室を作り出してきたようなのでこちらも楽しみです。







53E2-2-1.jpgそれからあわハッチ血統レギ、次男も掘り出してみました。

サイズは69mmとかなりチビレギになりましたが、長男より顎のストレートが強い気がします。

元々種親はやや彎曲が入っている系統だったとのことですが、兄弟でも微妙な差が出てくるものなんですね。



最後はこちらはPaPaさんからいただいた53E血統タラ最後の♀です。
53E2-2-1.jpg先に羽化した♀は51mm,54.5mmと大きめのサイズで羽化しておりましたが、こちらも53mmといい感じで仕上がってくれました。

最大体重は21.8gでその後17.2gまでダイエットしておりましたが、その後で少し盛り返してくれたようです。



さてまんじくんよりお借りしたBUCHA兄弟とペアリングしたタラ♀ですが、なかなか思うように穿孔してくれません。

一度穿孔したのですが、トンネル工事をして出てきちゃいました。

今は、ゼリーに頭を突っこんでいます。

ゼリーをもう1個くらい与えたあとで、環境を変えて再チャレンジです。
スポンサーサイト
あちこちブログなどを見ていますと、先週末、3連休取られた方はあまりいないようですね。

ほっとしました。(笑)

私も1日だけは休めました。

まあ、1日だけでも休めたのはラッキーでした。



53E3-10-1.jpg昨日、帰宅前に人工蛹室に移したタランドゥス53-E血統をチェックしてみたところ、こんな感じでした。

もう羽化間近です。

たぶん、夜には羽化するかなーと思いましたが、持ち帰るわけにもいきませんし、羽化を見たいから職場にいるわけにもいきませんのでそのまま帰宅しました。





そして今朝、確認。
53E3-11-1.jpg綺麗に羽化できたようです。

まあ、サイズももちろん気になりますが、完品で羽化してくれると嬉しいですよね。

1週間くらいはさわらないようにしよーっと。









昨日はスマトラヒラタのニョロもチェックしてみました。

9月30日にわりだし、ずーっとマットで管理しておりました。

別に意味なんてありません。

ただ、さぼっていただけです。



SO202-1-1.jpg4ニョロいますが、一番大きいのが13.7g。

あとは7.6g、4.4g、3.4gとかなり小さいままでした。

マット飼育の弊害でしょうね。

今からでは遅い気もしましたが、菌糸に投入しました。

ここから、挽回してくれればいいんですけどね。







それからG・ガウジョンの♂がマット上に出ていましたので体重測定しちゃいました。

ただ、上に出てきただけかとは思うので、ニョロにとってはいい迷惑かもね。

ガウンジョン♂2-1前回10月6日に交換時には11.4gでしたが、今回は18.2gと成長していてくれました。

7月頃の孵化なので、まだまだ伸びてくれるのかと思いますが、大体どのくらいまで伸びるんでしょうかね。

早くあのタテヅノを拝んでみたいものです。



さて、今週はオオクワ用の菌糸瓶を調達しなければ行けません。

数えてみたら初令も含めて30頭近くのオオクワがおりました。

だいぶ減らしたつもりだったんですけどね。

オオヒラタケは自分で詰めていないので、既製品を調達します。

お財布がまた軽くなります。orz
先日、マット上で蛹化していたため、人工蛹室に移していたニジイロが羽化しました。

FU2蛹化3-1確認したときは、写真のような状態でしたが、羽根はまだ白いものの、角度によっては既にニジイロを呈していました。

この時期からニジイロが出てくるんですね。

とても興味部位です。

なんとか、無事に羽化してくれたのでほっとしています。





色虫といえば、パプキンも確認してみました。

この秋のプレ企画でかなり放出したつもりでしたが、20頭近くは残っています。

新しい里親さん達には、プリカでは小さいので容器交換してあげて下さいねとアドバイスしておりましたが、肝心の我が家のパプキン達は容器交換をしてもらえていませんでした。(ごめんなさい)



パプキン蛹室作成.110頭近く蛹室を形成し、数頭は既に蛹化しております。

打ち合わせしたかのようにプリカのそこに蛹室を形成していましたので、逆さにして管理することにしました。

大きさからいって、たぶん全て♀かと思いますが、小さい♂って個とは充分に考えられます。(笑)

1カ月後には判明するでしょうね。(私の手抜き飼育の結果が・・・)





アウラタ羽化2-1そしてtomo2さん血統最後のアウラタが羽化していました。

先に羽化したペアですが、ハネパカの赤色♀は、やはり堕ちてしまいました。

結局2♂ということになりました。

まだ、こんな感じの色ですが、固まったときには何色になるんでしょうか。

楽しみです。



オオクワの菌糸がだいぶ食い上がってきていますので、そろそろ菌糸交換をしなければ。

オオヒラタケは自分で詰めていないので、今回も既製品を注文予定です。

出費が・・・。
PaPaさんのHP開設記念プレ企画で当選させていただいた、53E血統タランドゥス唯一の♂が蛹化していましたので、とうとう掘り出してしまいました。





53E3-7-1.jpg早速体重測定。

結果23.5g。

うーん、今ひとつですね。

何とか75mmはいくかと思うのですが、なかなか難しいですね。

血統は確かなんですが、最終体重は33g止まりでした。

まあ、大きくならない原因はうすうす気づいてはいるのですけれど・・・。

来期はもう少し大きくできるよう精進します。



53E3-8-1.jpg早速人工蛹室へ移動。

少し横幅が大きすぎましたが、寝返りは打っているようなので大丈夫かと思います。

10月31日蛹化ですので、羽化まであと10日くらいでしょうか。

無事に羽化してくれるよう見守ります。(実際は放置ですが何か?)





さて、へこみネタです。

昨年初めてブリードしたリッキー達がそろそろ蛹化してきました。

以前ブログに載せましたが、なかなか体重が伸びておりませんでした。

まあ、マット交換の回数も少なく、放置しすぎていましたからしかたがありません。



2頭個別飼育、4頭多頭飼育としておりました、

全て蛹室を形成し、1♂1♀が蛹化しておりました。



2代目リッキー蛹化.11♂(たぶん♂)が完全な飴色にもかかわらず、なんか変な感じ。(右の写真)

まだ動いてはいますが、蛹化不全を起こしているようです。

一応、人工蛹室で管理してみます。



そして蛹化した♂ですが。

























角まかりリッキー.1こんなん、なってました。orz

他のムシ友さんのところでも角曲がりの画像は見ていたので慣れていたつもりですが、いざ実際に目の前にこういう個体が出てきちゃうと凹みますね。

しかも、角まっすぐならないかなーと思ってちょいと延ばそうと思ったら、体液が・・・。

あせって指で押さえていたら、何とか止まりましたが、致命傷かもしれませんね。

教訓:蛹化が完成したかぶとの角は延ばすべからず。(アッタリマエジャー)



リッキーは撤退予定だったのですが、この♂じゃ里子にも出せないしなー。

万が一羽化したら、ブリしてやろうかなー。
とうとうが降ってきました。

冬景色07:11:19-1というか、雪が積もってしまいました。

日曜日にタイヤ交換はしていたので、準備はOKでしたが、昨日の朝は渋滞でした。

とうとう、このシーズンが来てしまったんですね。



と思ったら、今日はうってかわって雷雨でした。

昼間はピカドン、ピカドン激しく鳴っておりました。



さて、クワカブネタです。



まずはハッシーさんよりいただいた、エアクスニョロです。

エアクス3-1400mlのプリンカップで管理していたんですが、ちょっと見えたニョロの姿がかなり成長しておりましたので、1000mlにお引っ越しです。

4頭とも元気の育っておりました。

このままでいくと1000mlでも狭くなるんでしょうか?

ブロー容器より四角いケースや、QBoxなんかの方がいいんでしょうかね。





次はニジイロです。

自前ブリードものも、スマ虎造さん血統も、そろそろ蛹化、羽化が始まっております。

800mlから1400mlで飼育しているのですが、1頭だけ600mlで飼育しているのがありました。(ゴメンヨー)

FU2蛹化1-1その瓶をおそるおそる覗いてみると、ありゃりゃ、マット上で蛹化しておりました。

蛹室らしい形跡は全くなく、フラットなマット上で蛹化したようです。

マットも劣化していたのでうまく蛹室が作れなかったのかと思います。(重ね重ねゴメンヨー)







FU2蛹化2-1ということで、人工蛹室にお引っ越しです。

以前、パプキンを人工蛹室に移動したときには失敗しました。

今度はうまくいってくれよー。











そして、サトクワハニーさんよりいただいた、マンディブラリスですが、1週間近く同居させましたが、とても仲がよく♂の攻撃も全くありませんでした。

(写真は取り忘れました。)

3日間ほど別居させた後、♀がソワソワ動き出したので、セットに投入しました。

マットの上に材を軽く埋め込む程度に置いてみました。

翌日、材とマットの間で、材にお尻を付けている♀を確認しました。

産んでくれよー。

念のため、もう1♀も♂と同居させました。

速攻交尾しておりましたので、こちらも近々セットしてみようかと思います。



ハイ次は・・・。

テルサンデールです。

1回目の採卵分は8割近く孵化し、そちらはプリカで単独飼育しております。

2回目採卵分は、プリカで多頭飼育していましたが、マット上を歩くニョロも出てきたため、何頭いるのか確認のため暴いてみました。

テルサンデール1-1全部で8頭。

1頭は、タイミング悪く脱皮中でした。

現在セット中のものもいますが、こちらは放置しております。

ケース脇からニョロの姿が見えているので、いずれ割り出さなければいけませんね。

20頭くらいは確保できたのですが、何頭羽化まで持って行けるでしょうか?

堕ちることなく3令まで持って行けるようであれば、何とかは里子に出したいと思います。





それから・・・。

あっ、今日はもうこのへんでやめときます。
みなさん、こんばんは。

今日は快晴でした。

でも私は日当直で、外には出られませんでしたので関係ありません。orz



となれば、クワ弄りするしかないでしょう。

まあ、天候に関係なくクワ弄りする予定でしたけどね。(笑)





まずは羽化個体を取り出してみました。



PaPaさんから頂いた53-E血統のタラ♀です。

最終体重20.6g、約1週間前に羽化しておりました。


53E2羽化-1測定したところ54mm以上はありそうです。

最初仰向けにして計ったところ、55.5mmでした。

もう少し縮むかもしれませんが、いいサイズで羽化してくれました。

さすが、大型血統ですね。







同腹の♂は蛹ですが、あと2週間くらいで羽化してくれると思います。

今日掘り出そうと思ったのですが、手元にオアシスがありませんでした。

うーん、蛹の体重が知りたい。

じーっと、我慢です。





そして、こちらは先日ボトル脇から羽化シーンを見ることができたレギ♂です。

みつたさんからいただいたあわハッチ血統 初の♂になります。



AH16羽化5-1最終体重21.7g、羽化まで5カ月ということでサイズは全く期待できません。

測定したところなんとか70mmを越えてくれたという感じです。












AH16羽化7-1顎は、残念ながら少し彎曲が残っています。

親♂はもっとストレートだったんですけどね。

でも私にとっての初ブリード♂です。

記念すべき1頭になりました。









さて、タイトルのマイギネスですが・・・。

サイズを期待していたかた、ごめんなさい。





今回のギネスは菌糸詰めです。

昨日の記事で手元に12ブロックあると書きましたが、本日3ブロック追加の15ブロックになりました。

TAMさん、どうもありがとうございました)

今までは頑張っても8ブロックでしたので、今日も8ブロックを目標に取りかかりました。



崩しては、詰め、崩しては、詰めの繰り返し。

かかった時間5時間弱。



15ブロックやっつけました。 

マイギネス達成です。



菌糸詰め11:17-12000mlが19本、その他プリンカップ17個。

何故かしらいつもよりスムーズに事が進み、疲れもあまり感じませんでした。(その時はね)

今になって、疲れが出てきました。(痛い)

まあ、これで当面何とかなりそうですが、来月には、また同じくらい必要なんですよね。

今回はTAMさんからアドバイスもいただいたので、色々考えながら詰めてみました。

なんとか、マンネリ飼育の起爆剤にしたいと思います。



やっぱり、疲れました。(笑)

今夜はぐっすりです。(あっ、当直だった。アセアセ)
昨日、とうとう初雪が降りました。

正確に言うと、降ったそうです。

仕事中でしたので気づきませんでした。

もちろん道路に雪は残っていません。

私が帰る頃には雨が降っていました。

しかし、確実に冬、雪、寒が近づいてきています。

ちょっぴり憂鬱ですね。





さて、今日は隠し持っていたこいつのお披露目です。





じゃ~ん。





BUCHA10-1.jpgタランドゥス BUCHA兄弟 81mm

はっきりいって、ゴツイです。

すごい迫力です。



実はこれ、まんじくんからお借りしているものです。

そう、まんじくんのブログに出てくる、あのタラです。

それがなぜ、私のところのいるかと申しますと・・・・、



まんじくんがあまりにも色々なクワカブに手を出すものですから、タラ♂がジェラシーを感じてしまい、津軽海峡冬景色の歌に誘われるまま、はるばる青森まで逃げてきたのであります。

なんて、ことはありません。



実は私のところにはBONさんから頂いた86♂×54♀の子供1♂2♀がおります。

この血統はなーんにもしなくても♀が大きくなってくれる血統のようで、私も2000ml1本返しで53mmmを出すことができました。



1♂2♀と言うことで1ペアはインブリする予定ですが、残った♀にはぜひともBUCHA血統の♂をかけてみたいと思っていました。

PaPaさんからいただいたBUCHA血統の♂はまだ、蛹ですのでとうてい間に合うはずもなく・・・。

そこでまんじくんにお願いしたところ、快くBUCHA兄弟を貸していただけることになりました。

ホント感謝です。

そして11月2日、この核爆弾が送られてきたというわけです。



初めてその姿をみて、愕然としましたね。

前に81mmのWD♂を持っていましたが、明らかに迫力が違いました。

顎の太さ、体の熱さ、全体的なバランス、全てがため息ものでした。

符節欠けもなく、完品です。

まんじくんが大切に飼育されていたことの証ですね。



♀の方は5月末羽化の53mmです。

試しにハンドペアリングを何度か試みましたが、♀の方にその気がないようでうまくいきませんでした。

しばらく別居させた後、先日より同居させてみました。

交尾は確認できていませんが、メイトガードらしきものをしだしました。

もう少し、同居させたあとでセットを組んでみたいと思います。



どんな子達が生まれてくれるか、今からワクワクしております。

(まだ、産むかどうかもわからないのですが・・・。)



この件に関しては、快く♂を貸してくださったまんじくん、そして快諾して頂いた元親のぴょんさん、プレ主催者のPaPaさんに感謝しいたします。

何とかブリードを成功させたいと思います。



まんじくん、もうちょっと貸しておいてくださいね。









さて、以前人工蛹室に移して無事に羽化したレギ♂が、固まりましたので早速測定してみました。



最終交換時26.4g、蛹体重19.4gでしたので、70mmいくかいかないかぎりぎりのラインと思っていました。

CA2-3-1.jpgが、測定したところ予想外の大きさ、自分に優しい計り方ではありますが75.2mmという結果でした。

何度か測定した平均値です。

計り方によっては74mm台なのですが、少なくともタラ♂に比べれ名顎が長い分、体重が少なくても縦長に育ってくれるのかもしれません。

まあギネスサイズはこれより10mm以上大きいので、何とも言えませんが、予想外の結果に喜んでおります。

今、同腹の♂が前蛹です。

こちらの体重も同じくらいでしたので期待はしていますが、やはり80mmというのは遠い存在ですね。



さて、明日は80upめざして、久々の菌糸詰めです。

12ブロック手元にありますが、何ブロック詰めれるかなー?
-----
昨晩は、たまっているクワ世話を、いっきに行いました。



まずは久々のレギの割り出しです。

思えばタラレギが飼育の中心なのに、ここ最近ブリードがうまくいかず初2令不在が続いておりました。



今回は、満を持して新しい血統のブリードです。

y41さん血統、70mm♂とTMRさんからいただいたあわゆきさん血統 45mm♀のペアです。

♀は5月27日羽化でしたので5カ月目でのブリードになります。

ハンドペアリングで一度だけ交尾を確認して、同居無しでセットに投入しました。

材はハイパーレイシです。

翌日には穿孔を開始してくれました(10月22日)



いつもなら2週目で割り出すのですが、今回は出張もあったため割り出しを延期しておりました。



CA1割り出し1-1さて材をざっくりと半分にすると、♀が姿を現しました。

その先に、初令が確認できたので、まずは一安心です。













CA1割り出し2-1その後材を割っていくと、丸々とした初令が数頭確認できました。

45mmのためか産卵床はかなり小さい気がしました。

慎重に掘り出して、今回はプチッなしです。









CA1割り出し3-1結局11頭の初令を取ることができました。

予想外の良い結果です。

ふ化後に割り出すことがあまりないのでよくわからないのですが、採卵後濡れティッシュ管理で生まれるニョロより明らかに太っています。

穿孔日から考えて、ふ化後まだ3、4日しかたっていないはず。

やはり自然に孵化する方が、成長が言いようです。

でもやっぱりグリーエッグ見たいんだよね。





さて、こちらはみなさんのご意見をお聞かせ下さい。



KING04-1.jpgB-POWERさんからいただいた、国産オオ、KING阿古谷の幼虫です。

ふ化後約3カ月で体重は24g。

とってもいい感じです。

もちろん♂と思っているのですが、なんか卵巣のようなものが見えるんです。(写真の赤丸)

お尻の部分で判別するとやはり♂です。

これって、卵巣じゃないんですか?

わかる方、コメントお願いします。



ちなみに♀の方は体重11.3gでした。





あとは、写真はありませんがピサロが蛹化したようです。

♂♀とも蛹が確認できました。

来月末には、羽化してくれることでしょう。





LVR4-1.jpgコカブといえばベルティベスコフキカブトのペアリングをしてみました。

♀の上に、♂を乗せたとたん、速攻でドッキングしました。

ホント、目にもとまらぬ早業でした。





えっ、ニョロしかいないはずでは?



LVR1-1.jpg
なぜか成虫ペアがいるんです。

何故でしょう?

知らない間に増えちゃうんですね。

ビックリです(爆)

あー、こわい、こわい。(爆)
みなさん、ご無沙汰しておりました。

昨日から今朝にかけて、こちら青森は記録的な大雨で被害が出ております。

といっても、私知りませんでした。

BBSに皐月さんPUNKS!さんから、雨被害のお見舞いの言葉をいただいて、「えっ、そんなに被害が出ているの?」と知った次第です。

確かに昨晩は雨が強く、今朝も息子を小学校まで車で送ってはいきましたが、そんな被害が出ているとは知りませんでした。

確かに私の市でも被害が出ているようですが、他の地域の方が日がいたひどかったようです。

皐月さんPUNKS!さん、ご心配いただきありがとうございました。



さて、話は変わって・・・



名古屋へ行って参りました。

青森と違って、さすがに暖かいと思いました。

名古屋駅.1


名古屋駅の近くのホテルに宿泊しましたが、丁度名古屋駅のタワーライツというイベントが始まった日で、駅ビルには写真のようなイルミネーションが施されていました。

駅前では、たくさんの人がデジカメや、携帯で写真を撮っていました。(まあ、私のその中の一人です。)







さて、仕事の方はさておき、今回もプチオフ会を開いていただきましたよ。

名古屋から特急快速で20分程度、岐阜でお会いすることになりました。



駅の改札口には、kaisouさんが向かえに来てくれていました。

kaisouさんとは、つい先日のプレ企画で知り合うことができたクワ友さんです。

kaisouさんに、オフ先のファミレスまで車で連れて行ってもらい、そこでPaPaさんの登場を待ちました。

すぐに、噂の新車、REGIUSが駐車場に颯爽と入ってきました。

いいですね、車のREGIUSも。

来年買い換える予定ですので、ちょっとクラッと来ましたが、うちのカーポートには入らないかも・・・。(残念)

さて、3人でファミレスに入り、ささっと、注文のあとはひたすらムシ談義です。

これで3度目のオフ会になりますが、初めてお会いするのに、すぐに意気投合してしまうのはやはりクワカブの力でしょうかね。

途中でkaisouさんが、お子さんのお迎えのために先に帰られました。

そのあとも、PaPaさんと、タラレギ中心に色々と情報交換、というか一方的に教えていただきました。

あっという間の3時間でしたが、有意義な時間を過ごすことができました。

帰りはPaPaさんに駅まで送っていただき、お土産までいただいてしまいました。



次回いつ、お会いできるかはわかりませんが、是非ともまた機会をみつけてお会いしたいと思います。



PaPaさんkaisouさん、お忙しい中お時間を割いていただきありがとうございました。

とても楽しい出張になりました。



さて、クワカブですが、ちょこちょこと報告するネタはあるのですが、なかなか時間がありません。

もう少し落ちついてから、ぼちぼち更新したいと思います。
昨晩は、すま虎造さんB-POWERさんのプレ企画の当選発表がありましたね。

私も当選させていただきました。

また、私の協賛品にもご応募者がありほっとしております。

また、新しいクワ友さんが増えそうです。

すでにクワ友さんのかたもいらっしゃいますよ。(ねっ、い○けの父さん!

これだからプレ企画は楽しいですよね。



まんじくんのところも、締め切りが近くなってきましたね。

みなさん、もう応募しましたか?



まほらさんのところは、もうそろそろ応募開始です。

こちらもまだ協賛品が増えそうなので楽しみですね。



さて、昨日の夜は、早めに帰宅するもまたまた呼び出しがかかってしまいました。

日付が変わる前に帰ろうと思ったのですが、ふと気になって菌糸瓶に目をやるとタラ♂が蛹化の真っ最中でありました。



PaPaさんからいただいたぴょんさん血統のタラ♂です。

血統は確かなのですが、やはりアームが無いためか体重はmax33gでした。



53E3-3-1.jpg実は昨日の夕方見たときには、こんな感じになっていて蛹化は近いなと思っていました。

この状態からいつ頃蛹化するかは、私には予想付きませんでした。









53E3-4-1.jpgそして私が気づいたときには、脱ぎ脱ぎが始まっていました。

身体をくねらせてすこしづつ、脱いでいきました。

この段階では顎はまだとても短いものでした。









53E3-5-1.jpg半分くらいまで脱げてきました。

顎はまだあまり変わっていません。

もしかして、ショボイ顎で終わってしまうのか?













53E3-6-1.jpg約1時間かかって全てを脱ぎ終わりました。

そうしてみていると、顎がさっきより数段伸びてきています。

脱皮が終了と同時に、体液を送り込むのでしょうね。

本当に不思議なものです。









今回は運良く、蛹化ライブに立ち会うことができました。

ただ、ブロー越しでしたので、細かいところまでは見えませんし、写真を撮ってもうまくは写ってきませんでした。

次回は人工蛹室での羽化を見てみたいものです。

(また掘ろうとしてるんかい?)





気分をよくして帰宅後、ちょっと虫部屋を見てみました。

まんじくんベルティーが羽化したとのことで、うちのはどうかなと確認してみると、隣のアゲノールがまたまた菌糸瓶の穴から顔を出していました。

アゲノール7.1動かしたとたん、あわててクビを引っ込めていきましたが、なんか前蛹みたいになってます。

蛹室作るところ無くて飛び出てきたのかな?

今晩も帰ったらまた確認してみます。

ちなみにベルティーはビン越しには確認できませんでした。(^_^;)



さあ、今週末もプレの協賛品の発送を5件ほど予定してます。

あっ、まだ連絡きてなかった。(^_^;)
昨日は、たくさんのお祝いコメントをいただき、ありがとうございました。

これからもたくさんの虫友さんからコメントをいただけるような、ブログにしていきたいと思っています。

これからも、お付き合いの程よろしくお願いします。



さてさて、昨晩、家に帰ろうと思い、ふとまた菌糸瓶をのぞいてたところレギ♂の羽化が始まっていました。



レギ仙人@みつたさんあわハッチ血統の♂になります。

既に♀が4頭羽化しておりましたが、初めての♂の羽化になります。

6月2日に初令で割り出し、200菌糸カップ、800ml、2000mlで羽化してしまいました。

ですので、サイズに関してはコメントしないでくださいね。(笑)


AH16羽化1.1最初見たときには、上翅の間隔がだいぶ空いていて、締まりが悪い印象でした。

こうなると、帰ろうと思っても、帰ることができませんん。

しばらく観察を続けました。







AH16羽化2.1しばらくすると顎をあげようと、少しずつ顔を持ち上げています。

上翅も少しずつですが、伸びてきているようで、間隔も狭くなってきました。

顎が持ち上がるまで見ていたかったのですが、息子からの帰れコール(ラブコール)が来てしまったので、後ろ髪をひかれる思いで帰宅しました。







AH16羽化4.1これが今日のお昼の状態です。

色もしっかり赤くなっており、顎もしっかり挙上しました。

上翅もしっかり閉じています。

まだ、お尻が出たままですが、これも時期に隠れてくれることでしょう。



掘り出すのは、来週末くらいでしょうか。

期待のあわハッチですので、非常に嬉しいです。





さて、帰宅後は息子にマンディブラリスをお披露目しました。

やはり、息子は気に入ってくれましたね。

最近、クワカブを見てもあまり興味を持たなかったのですが、この長い顎と、威嚇してくる凶暴さに魅了されたようです。

ということで、マンディは無事に市民権を得ることができました。

サトクワハニーさんより、ペアリングの注意などを聞いていたのですが、試しに♀を入れてみました。



マンディ4.110分くらい動き回っていましたが、急に♀の動きが止まり、♂が身体の角度を変えたかと思ったとたん、合体成功しました。

前にサキシマヒラタのペアリングの時も、こんな形で交尾していました。

事が終わったあと、♀は水苔の中へ、♂はゼリーへと進んでいきました。

けさみたところ、ゼリーを食べている♀の上で、♂がメイトガードしておりました。

うーん、幸先良いですね。

出張から帰ってきたらセットを組みたいと思います。





CA2羽化2-1さて、11月2日に人工蛹室で羽化したレギ♂ですが、良い色になってきました。

まだ固まっていませんので、触れることはできませんが、良い色になってきました。

写真で撮ると、フラッシュのせいで赤くなってしまいますが、結構黒くなっています。









CA2羽化4-1顎も、ストレートですし気に入りました。

あっ、でも写真で撮ると弯曲して見えますね。

見た目はもっとまっすぐなのですがね・・・。

こちらも出張から帰ってきてから、サイズを測定したいと思います。









それでは、明日から出張のため留守にします。

コメ返、遅れると思いますが、ご了承下さいね。
昨日11月5日で当ブログは2周年を迎えておりました。



なんたくさんがコメントしてくれて初めて気づいた次第です。(アセアセ)

たまーにしか更新しないこのブログを、読んでくれている皆様にはいつも感謝しております。



カウンターももうすぐ3万に達しそうです。



おっ、この流れで来ると、プレ企画、と思ったあなた、残念でした。

感謝はいっぱいしているのですが、ここ最近続いたプレ企画で、自分のプレ企画に出す賞品がなくなってしまいました。

時期を見て、単発のプレ等はやってみたいと思っているのですが、しばらくお待ち下さいね。



ただ、2周年記念の私へのプレゼント随時受け付けておりますので、どしどしご応募下さいね。(爆)



さて、プレ企画と言えば本日、賞品が2品届いております。



到着時間順にご紹介します。


KING02-1.jpgB-POWERさんのプレ企画で当選したオオクワ幼虫ペア

B-POWERさんのHPにも紹介されていますが、Black Wingさん血統の阿古谷F6になります。

種親の写真はB-POWERさんのHPをご確認してくださいね。

7月末の割り出しのようですが、♂♀とも既にかなりいいサイズになってきているようです。

もう少ししたら菌糸交換しますのでその時の体重測定が楽しみです。







そして午後の便で運んできてくれたもの。


マンディ2.1すま虎造さんのプレ企画で当選させていただいた、マンディブラリスフタマタクワガタ成虫です。

協賛者さんは今年のアルキデスヒラタのギネスホルダーのサトクワハニーさんです。

ペアのところ、1♂2♀で送っていただきました。

即ブリとのことで期待が高まります。

とにかく♂は凶暴で、ひたすらこっちを見て威嚇しまくり、写真もうまく撮らせてくれませんでした。



我が家の暴君、スマトラヒラタのシャチとどっちが凶暴なのでしょうか。

といってもバトルなんかさせませんよ。

組み合っても、怖くて引き離すことできませんからね。



B-POWERさんすま虎造さん、そしてサトクワハニーさん、ホントにありがとうございました。
昨日は昼頃家に帰り、昼食後、速攻でプレ企画の協賛品を梱包し、5名の方へ発送しました。

先週も5件、今週5件と、クロネコさんのカードもハンコがいっぱいになり、マスコット人形を二ついただきました。

無事に届いて下さいよー。

(既にお二方から到着の連絡がありました。)



そして夜は、家族でコンサートへ行ってきました。

クラッシクコンサート

えっ、ガラじゃない?

まあ、確かに滅多にクラシック音楽は聴きませんがね。



で、いってきたコンサートはこれです。

aomori071102f.jpg  小さくて見えずらいですね。

東京都交響楽団演奏会

すぎやまこういちがやってきた!

~ヒット曲からドラゴンクエストまで~


というタイトルです。





自分も小学生の頃、新日本フィルハーモニーの演奏会を見て感激した覚えがあります。

息子にも一度生の交響楽団を見せたいと思っていたところ、タイムリーにもこのコンサートが行われました。



すぎやまこういちときいてもピンと来ないかもしれませんが、「亜麻色の髪の乙女」や「花の首飾り」「学生街の喫茶店」等を作曲された方です。(まあ、今回初めて知りましたが・・・。)

その方が、ドラゴンクエストの曲も作曲されているということで、あのゲーム音楽を交響組曲にして演奏してくれるというものでした。

今、ドラゴンクエストのDSやカードゲームにはまっている息子も、興味がありそうでしたので聞きに行くこととしました。





会場に着いてみるとどちらかというと年配の方が多かったようです。

でも家族連れや、若い方達も結構来ていました。



2部構成になっていて、ドラクエは2部からです。

今回は数あるドラクエの中から「ドラクエ3」の音楽を演奏してくれました。

ドラクエが生まれて20年近くたっているそうです。

私も勿論、はまっていました。



で、コンサートはというと・・・



大満足でした。



息子も知っている曲ばかりでしたので、最後まで前のめりになって聞いておりました。

メロディーの美しさもさることながら、生の演奏ならではの迫力ある音楽に魅了されました。



帰りにはロビーですぎやまこういちさんとの握手会なるものもあり、家族3人でしっかり握手してきましたよ。

とても76歳とは思えないほど、お元気な方でした。



たまにはこういう文化的な生活もいいものですね。

ということで、クワカブネタお休みでーす。

今日は、まんじくんの発表あるかな?
先日、人工蛹室に移したレギ♂ですが、昨日羽化しちゃいました。



CA2羽化1-1蛹の状態から見て、今晩くらいだろうと思っていたのですが、昨晩家に帰ろうと思いなにげに覗いてみたら、もうこの状態でした。



ちなみにこの前の数時間、私は同じ部屋にいたのに全く気づきませんでした。

やられた、という感じです。





CA2羽化2-1こちらは今朝の状態です。

羽根もしっかり閉まり、どうやら無事に羽化してくれたようです。

顎は、まあまあストレートですが、ちょっと短いですかね。

固まるのを待って測定しますが、70mmいってないかもしれません。

まあ、久々の雄レギですので嬉しいです。







Gsp4-1.jpgゴロファspの後食が始まりました。

気づいたら、ゼリーを丸々平らげていました。

♀の方はまだ見たいです。

小さくてもカブトはカブト。

結構爆食するのかな。



1カ月位したらブリードはじめてみたいと思います。





最後はへこみネタ。

tomo2さんからいただいた、アウラタの第2世代ですが羽化してくれました。

プリカ越しに見ると、♀の色はレッドでした。

アウラタ羽化1でかしたと思い、掘り出してみたところ、御覧の通りハネパカでした。(がっかり)

これはブリも期待できないかもしれませんね。







まだ後食していないホバート産のアウラタペアがいますので、こちらに期待しましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。