趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/01
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう、今年も最終日になりましたね。

みなさん、どんな年末を過ごしていますか?



今年でクワ歴3年目でしたが、たくさんのクワ友さんと知り合うことができました。

おそらく、クワ友さんとの交流がなければ、ここまでこの趣味にはまることはなかったと思います。

ネット上でのお付き合いばかりではなく、今年は東京、名古屋の出張の際にオフ会を開いて頂き、たくさんの虫友さんと直接お会いすることができました。



またプレ企画を通して、たくさんの貴重なクワカブを送って頂き、また協賛することで、新しいクワ友さんとも知り合うことができました。



一年を振り返ってみると、やはり私のクワカブの中心はタラレギでありました。

産卵からニョロ飼育、羽化、交尾、セットと各ステージを楽しむことができました。

たぶん来年もタラレギ中心は変わらないと思います。



そして今年の秋頃からコカブトにはまり、ゴロファコフキカブトをはじめました。

今のところまんじくんよりいただいたアゲノールとビダで購入したピサロしか羽化していませんが、来年の春には何種類かのコカブト達は羽化してきてくれると思います。

こちらは、スペースの関係で全て累代とはいかないかもしれませんが、少数精鋭でできるだけ飼育を続けていきたいと思います。



今年一年、ありがとうございました。

来年は、もっともっとお世話になります。(笑)

みなさん、良いお年をお迎え下さい。

そして、来年がみなさんにとって、幸せな年になるようお祈り致します。

スポンサーサイト
今年もあと残るところ3日となりましたね。

昨日が仕事納めのところも多かったのではないでしょうか。

私のところは一応今日まで通常業務ですが、31日まで仕事は続きます。(そして1日からも・・・。)



一昨日のランバージャックさんの福袋はあっという間に売れ切れたようですね。

どうしようか迷ったのですが、じっと我慢してパソコンのスイッチを切りました。(笑)



我慢できたのには理由があります。

昨日ビッグな着弾が予定されていたからです。







ガンダム.1ガンプラ、シャー専用ゲルググです。

うちの子がガンプラにはまっていることを知ったレギ仙人ことみつたさんが送ってくれました。

先日クリスマスプレゼントにあげたウイングガンダムは既に完成しておりましたので、昨晩これを見た息子は歓喜の声を上げていました。

早速作り始めていました。













もちろんこれだけではありません。

本命はというと、即ブリレギペアと、レギニョロになります。



D725-3-1.jpgこの即ブリレギはギネスブリーダー酒樽さんのギネス兄弟になるD700血統です。

みつたさんがレギ飼育を再開されようとしたときに、酒樽さんからいただいたものになります。

みつたさんのところで1度セットを組んで11ニョロを採っていますが、少数精鋭で飼育されるとのことで、この即ブリペアと初回のニョロ7頭を送っていただきました。





D725-1-1.jpg私が見たレギウスの中では一番顎が太いと感じました。

サイズが81mmあるために、よけいにがっしりして見えます。

♂♀ともに6月羽化なので、まだまだ楽しめそうですね。

年明けにはセットを組みたいと思います。



仙人1-1そして、もう1ニョロ、いただきました。

パパレックス実仔インブリニョロ3令です。

yamatoさんのところで生まれた個体ですが、みつたさんが譲り受けその中の1♂を送っていただきました。

10月上旬孵化とのことです。

うちにいるパパレックス系のニョロは全てアウトブリードになりますので、貴重なインブリ個体になります。

来年のゴールデンウイーク頃には立派なレギを見ることができそうです。



みつたさん、酒樽さん、yamatoさん、ありがとうございました。

大切にそして、楽しんで飼育させていただきますね。







それから花よりカブトのプレ企画で、龍騎さんが協賛されたドラクエカードが昨日届きました。

息子が欲しがっていたカードでしたので応募させていただきましたが、案の定息子から興奮して電話がありました。

おまけまでつけていただいたようで、龍騎さんに感謝します。





B07-7-1.jpgさて、飼育ネタは相変わらずいじっていないのであまりないのですが、以前記事にしたタラ蛹が羽化しました。

蛹体重28.1gのタラです。

サイズはどうなんでしょうね。

測定は正月明けになると思います。

80mmに届くかどうか、乞ご期待。(笑)
みなさん、こんばんは。

一時休止の記事にたくさんのコメントを寄せて頂きありがとうございました。

気持ちが落ち込んでいましたが、みなさんのコメントを見て勇気づけられていました。

まだまだ落ち着かない毎日ですが、少しずつではありますが、元の生活に戻りつつあります。

ご心配頂きありがとうございました。

各コメにレスできませんことお許し下さい。



この間、虫弄りはほとんどできていませんでした。

そのかわり、いろいろと着弾しております。



まずはまほらさんのプレ企画で当選した、ケルプスニョロ

協賛者さんはジョニーさんです。

ケルプスニョロをメインに、レギ♂、ニジ♂、国産久留米♀、そして、久留米ニョロ、ホペイニョロと、たくさん飛ばして頂きました。

JMR1-1.jpgレギ♂はみつひろうさん血統とのことです。

サイズは大きくありませんが、このストレートの顎は存在感ありますね。

これは累代するしかないでしょうね。







久留米♀は来年まで寝ていただき来春にセットしたいと思います。

ジョニーさん、ありがとうございました。



そして東京オフ会で、初めてお会いしたタケ坊さんよりパチェコニョロを飛ばして頂きました。

東京オフ会では初対面にもかかわらず、ミヌトゥスペアをプレゼントしていただきました。

その際に、パチェコとれたら飛ばすよと、おっしゃっていただき、今回それが到着しました。

不確定な口約束に慣れきってしまった昨今、しっかりと約束を果たしてくれたタケ坊さんに感謝、感謝です。

立派に羽化させますね。

ありがとうございました。



そして、なんたくさんからはご自宅でとれたミカンを送っていただきました。

突然家に届いていたのでビックリしました。

そして、これがまた旨い。

普段ミカンを買っても、妻ぐらいしか食べないのですが、このミカンに私も息子もはまってしまい、妻以上に食べております。

酸っぱすぎず、甘すぎず、絶妙であります。

お世辞抜きで、旨い。

昨晩も息子と二人で10個以上食べちゃいました。



みなさん、ありがとうございました。



さて、飼育ネタですが、記事にしていなかった以前のネタを大放出します。



まずはまんじくんより送っていただいたモセリニョロの菌糸を交換しました。

MMO2-1-1.jpg体重は14.9g 12.7g 11.9gでしたが、私には雌雄判別できませんでした。

3頭とも元気に育ってくれていましたので安心です。

今回はFanciers SITEさんのラーズEVに投入しました。

今のところ暴れもせず、いい感じで食べてくれています。



そしてこちらもまんじくんよりいただいたアゲノールサイカブト

1頭蛹化したのは確認していたのですが、ビン越しに黒い物体が・・・。

早速掘り出してしまいました。

アゲノール9.1初めて見るアゲノール。

可愛いですね。

まだ、羽根が赤いのですがもしかして、早すぎたのかな?

小さくてもカブトは、カブト。

凛として勇ましく見えます。

あと2頭いるのですが、こちらはまだ蛹化していないようです。

もしかして3♂?

まあ、無事に羽化してくれるまでゆっくり待ちましょう。



そしてピサロも1頭羽化しておりました。

G.ピサロ7.1掘り出してみるとこちらも♂でした。

思った以上にタテヅノが長いのですね。

まだまだ、動きもぎこちないのですが、ツメの力はそれなりにありました。

成熟したら、手に載せるのは厳しいですね。

ピサロは他に4頭いますが、こちらは確認する時間がありませんでしたのでしばらく放置です。(笑)



期待のムニスゼッチコフキカブトですが、6頭ニョロがいましたが、最初にゲットした3頭消滅していました。orz

あとからゲットした3ニョロはB.C.Sさんのコフキ専用マットに投入していますので問題ないようです。

(shuさんの忠告を聞いておけば良かった・・・。)



さて、タラレギもそろそろ蛹化、羽化ラッシュになってきます。

いいサイズが出たときだけ、報告しますね。(爆)



みなさんのブログにも、またお邪魔したいと思います。

これからもよろしくお願いします。



メリークリスマス!!
みなさん、こんにちは。



ちょっと色々なことがあって、虫いじりもできていないような状態です。

1、2週間で復帰できるものと思っていますが、その間、このブログの更新、そしてみなさんのブログへの訪問がなかなかできそうにありません。



かならず復帰しますので、今しばらくお待ち下さい。

それでは、また。
とうとうこの日が来てしまいました。



昨年暮れ、どうしても欲しかったレギ成虫レギ仙人みつたさんから購入させて頂きました。



あわハッチ血統ペアです。



昨日ゼリー交換をしていたところ、動かなくなっているあわハッチ♂を見つけました。

昨年の10月羽化ですので、14カ月の寿命でした。

さすがにそろそろ危ないだろうとは思っていましたが、いざ動かなくなったレギを見つけたときにはショックでした。



先に逝ってしまった♀との間に、たくさんの子孫を残してくれました。

既に2♂4♀が羽化し、他に4頭が残っています。



あわハッチ12.1
最近はゼリー交換ばかりで、手に取ってみることがあまりありませんでしたが、あらめて手に取り、しばし感慨にふけりました。

私にとっての、初めてのレギ成虫でした。

このあとは標本として、我が家に残したいと思います。



あわハッチが逝ってしまい、寂しいなと思っている矢先に、追い打ちをかける出来事が起こりました。
ミツレックス10.1職場で飼育していた、パパレックス♂までもが★になっていました。









パパレックスにあこがれレギ飼育を始め、まさか自分で飼育できるとは思っていませんでしたが、レギ仙人みつたさんのご厚意で飼育させていただけました。

当初ブリードに難渋しましたが、酒樽さん血統♀との間に13頭の子孫を残してくれました。

ミツレックス2.2初めてこの個体を見たときには、ため息が出たものです。

みつたさんが、こだわっている理由が初めてわかった気がしました。

いつかは、この親♂を越えるような個体を出せるように、累代していきたいと思います。

パパレックスも標本にして、ずーと大事にしていきたいと思います。





このような個体を分けて頂いたレギ仙人様に、改めて感謝致します。
先日は、息子のインフルエンザにたくさんのお見舞いのお声をかけていただきありがとうございました。

おかげさまで、発熱も1日だけで、翌日からはいつもの元気な息子に戻っております。

予防接種の効果なのか、タミフルの効果なのかわかりません。

タミフルは3回だけ飲んで終了です。

やっぱり、ドキドキしますね。

心配していた妻の方も、今のところうつっていないようなので一安心です。



ということで、予定通り今日は日当直=虫弄りです。

といっても、結構ちょこちょこと呼び出されて、中断しながらの虫弄りでした。



まずは菌糸詰め。

本日はRcadia S1 4ブロック、 SSE2ブロック、Normal とM2を1ブロックづつの計8ブロックをやっつけました。



そしてレギ(CA血統)の割り出しです。

前回は11頭、初令で割り出しておりますが、今回は久々にグリーンエッグを見たいと思い、穿孔後13日目での割り出しとしました。

CA1割出2回目2-1削り粕が少なかったので不安もありましたが、やはり産卵床も小さく、結局5個しか産んでいませんでした。

5個とも健康そうなので孵化してくれるでしょう。













そして、本日のメインイベント。

1週間くらい前に蛹化したタランドゥス蛹の人工蛹室移動です。

このタラは11月3日最終交換時34.4gでしたが、その後暴れることなく蛹化してくれましたので期待ができそうです。


B07-1-1.jpg2Lブローの底に蛹室を作成していましたので、逆さにして管理しておりました。

ブロー容器を切って、いざ、ごたいめ~ん。

結構いいアゴはしていますが、それほど大きいとは感じませんでした。









人工蛹室に移す前に、恒例の体重測定です。

おそるおそる計ってみると、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・



B07-2-1.jpg


今までの最高は23.6gでしたので、マイギネス達成です。

このまま、無事に羽化してくれれば・・・・。

羽化はお正月頃でしょうか。

あー待ち遠しい。
-----
とうとう、うちの息子がインフルエンザにかかってしまったようです。

昨日の朝ぐらいから、喉が痛いと言っていたのですが、今朝方から熱も出てきたようです。

息子の通う小学校ではすでに何クラスかが学級閉鎖になっています。

息子の担任の先生も、インフルエンザでお休みしているような状態です。

先週2回目のインフルエンザ予防接種を受けさせていましたが、間に合わなかったのかもしれません。

軽くすんでくれればと思っています。

職場の同僚の中にも、ちらほらインフルエンザが増えてきています。



みなさん、くれぐれも気を付けましょうね。

うがいと手洗い、人混みの中に出るときはマスクを着用、これしか予防手段はないようです。



さて、そんな中といっても二日前の出来事ですが、4児の父さんからいただいたテルシテスのマットを交換しました。

4父テルシ4.1200mlのプリカで飼育していましたが、ニョロがマット上に姿を現したので交換することにしました。

体重はまだまだ小さいようです。

今回は1100mlのブロー容器に入れてみました。

このまま羽化まで持ってくれないかなー。



ここからは写真がありません。



パプキンがかなり蛹化してきていましたので、何頭くらいいるのか確認してみました。

当初50頭くらいのニョロがいましたが、里子に30頭近くもらっていただき、20頭くらい残していました。

ニョロの姿が見えないプリカがいくつかありましたので、掘り出してみたところ、ぜーんぶ消えていました。orz



1頭くらい蛹がいるかと思ったのですが、残念な結果です。

結局、蛹になっているのはすべて、プリカの底なので、全て逆さまにして管理することにしました。

結局数頭ニョロのもいましたが、全部で15頭近く残りました。

♀の方がかなり多い印象ですが、累代には問題ない数のようです。



1頭だけ♀が羽化してきましたが、ブルーのようです。

もう少ししたら割り出して、写真を撮りたいと思っています。



今週末はカワラが8ブロック到着予定です。

一気にやっつようと思っています。(インフルエンザにかからなければね(笑))
朝起きてみると、雪が降っていました。

先日降った雪は、その後の雨などでほとんど溶けていたのですが、窓から外を見るとまた辺り一面真っ白になっております。

まあ、この時期はまだ根雪にはならないだろうと思いながら、新聞に目を通すと、この先1週間のお天気マークは雪ばっかりになっていました。

雪の降る量にもよるでしょうが、下手すりゃ根雪になっちゃうかもしれませんね。



そんな、さむーい気持ちを、一気に温めてくれる出来事がありました。



これでもかと言うくらい盛り上がった、まんじくんのプレ企画。

そこで私はまんじくんの協賛品に当選しておりました。

本日、その賞品が届いたのであります。


モセリ到着1.1発泡スチロールのケースを開けてみると、中には迷彩色のバッグが入っておりました。

保温仕様になっているようで、こちらが寒いというのに気を使ってくれての特別仕様にいしていただけたようです。







さて気になる中身は・・・





モセリ到着2.19月中旬孵化のモセリニョロ3頭です。

オウゴンは鬼門だといいながら、ついつい応募してしまった私です。

800mlのMAD入りで、ビン越しに見えるニョロは結構大きくなっているようです。

気合いを入れて飼育させていただきます。

そして、来年には黄金色のあの勇姿をこの目で見ることができるようになればと思っています。



そして、事前にメールで、シークレットニョロを一緒に送るよと連絡が入っていました。

プリンカップにはいっているのが、そのニョロのようです。

何のニョロかなと思い、ラベルを見てみると




シークレットSP1.2

シークレット




シークレットニョロを送るよとのことでしたが、さすがにラベルまでシークレットと書いているとは思いもよりませんでした。

これが私のツボにはまってしまい、しばらく一人で声を出して笑っておりました。(個室で良かった。)



事前情報によれば、マットでも、菌糸でもOKで、プリカ430くらいで羽化までもっていけるとのことです。



ということで、敢えて何かは聞かないで、これを

新種「シークレットSP」


という名前で飼育をしていきたいと思います。

来年何が羽化してくるか楽しみです。



(あっ、何かわかる人がいても、言っちゃだめですよ。)



まんじくん、ありがとうございました。

大事に飼育させていただきます。
本日は当直。

ということで、クワ弄りです。(笑)



まずはベルティベスコフキカブトの割り出しです。

11月17日にセットしました。

小ケースにマットを敷いただけでセットしてしまったんですが、確かまんじくんのブログで、ベルティーは腐葉土の葉を使って卵室を作ると言っていたのをあとから思い出してしまいました。


ベルティーセット1-1ということで、遅れること1週間、腐葉土を手に入れケースの上にパラパラと巻いてみました。











ベルティーセット2-1そしてそれから1週間、産んでいるのかどうかわからないので、お試しの割り出しを決行してみました。

確かにマット上から腐葉土がなくなっています。

ケースをひっくり返してみると、腐葉土の葉が団子状になっています。

中には小さな白い卵が1個入っていました。

ひとつの卵のためという割には、結構大きな団子を作っております。

先ほど、まんじくんのブログを見直してみたら、腐葉土を1cmくらい詰めると書いてありました。

私は、ただパラパラと巻いただけでしたので、全く足りなかったのかと思います。

その証拠に、マットを固めて作ったと思われる卵室からも卵が出てきました。

それが原因かどうかわかりませんが、6個の卵しか採れませんでした。

ベルティ♀は死んだように動きませんが、これは彼女の得意技です。

新たに、腐葉土を1cm詰めたケースにセットしました。

1時間後、彼女の姿はなくなっていました。

さあ、また産んでくださいよ。

確かまんじくんの1回目の採卵は17個だったような・・・。







次は季節はずれのオオクワセット。

(写真は取り忘れました。)

9月23日、レギ産卵に使ったあまりのレイシ材を使って、阿古谷のセットを組みました。

2週間前に割り出したところ7頭のニョロを得ることができました。

まだかなり小さいという印象でしたので、マットに7頭まとめて入れておきました。

一昨日注文していた菌糸プリンカップが届いたので、お引っ越しをすることにしました。

ところが7頭いたはずのマットの中からは1頭しか出てきませんでした。ニョロの頭の残骸がひとつだけありましたがあとは跡形もなくなっていました。

せっかく10個プリカを頼んだのにー。

だめもとで残っていた材を割り出したところ、3頭のニョロが、そして、マットを開けてみたら9頭のニョロが出てきました。(ひとつはプチッ)

結局、プリカ語りなくなってしまいましたので、またまた不安いっぱいではありますがマット飼育組を作ってしまいました。

まあ、自分の分で7.8頭いればいいのですけどね。

この時期に生まれたオオクワニョロはいつ頃羽化するんでしょうね。

やっぱりブリードは計画的にしないとだめですよね。(反省)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。