趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2008/081234567891011121314151617181920212223242526272829302008/10
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pre.jpg

協賛募集:2008/10/01~2008/10/10
応募期間:2008/10/11~2008/10/19

chibipre.jpg


------------------------------------------------------

さて明日からいよいよ「チビタラ同盟プレ企画」一般協賛募集が始まります。
同盟会員からの協賛も随分と出てきていますが、同盟会員以外の方からも沢山の協賛をいただくことにより、より大きなそしてより楽しい企画になると思っています。
余品をお持ちの方は是非御協賛、ご協力をお願い致します。

また今回PaPaさんチビタラ同盟のブログを開設致してくださいました。
プレ企画などについては、こちらの方も活用させていただきたいと思っております。
よろしくお願いします。


さていつもお世話になっておりますB-POWERさんのHPで開催されている通年企画、CLUB-KEIBA G1 プレシリーズが再開されます。
こちらも明日から協賛募集でありますが、私も既に協賛させていただきました。
一度のぞいてみてくださいね。

前回のプレシリーズでは的中させることは出来なかったのですが、B-POWERさんの優しい計らいで、パプキン・メデューサ血統の幼虫が採れたら送っていただくことになっておりました。

そして昨日、送っていただきました。

パプアキンイロクワガタ
メデューサ血統、メビウス血統


メデューサ着弾Aパプキン・メデューサ血統とよく耳にしますが、どういう血統なのかよくわかっていませんでした。
そこで調べてみますと魔女リカさんのHPがHIT!
2006年に入荷したブルー♂がその起源のようです。
メデューサレッドとはよく耳にしていましたが、メデューサブルーというのもあるのですね。
今回送っていただいたのはメデューサ血統3頭と、B-POWERさんオリジナル血統メビウス♂×メデューサ♀の幼虫3頭です。
いったいどんな色で羽化してくるのでしょうか?
今から楽しみです。

B-POWERさん、メデューサ血統の説明、これで合っていますか?(笑)


ブラックハスタート

ブラックハスタート幼虫9頭の先陣をきってまんじくん血統の♀が先日羽化しました。
が、完全なる羽パカ。
修復不可能でした。
無惨な姿で写真を載せることが出来ませんでした。
露天掘りしてしまったのが原因かと思います。

まんじくんごめんなさい。
残り2頭はしっかり羽化してもらうように気を付けます。

JBH3羽化Aそしてジョニーさん血統♀も羽化しておりました。
こちらは完品でしたのでほっとしました。
サイズは38.3mm
これって小さいのかな?
とにかく羽化してくれたのでよかったです。

しかしブラックハスタートは蛹室形成から羽化まであっという間です。
たぶん1カ月くらいでしょうか?
蛹期間はおそらく3週間くらいかと思います。
早く♂の姿も拝みたいものです。


ババオウゴンオニクワガタ

みつひろうさんからいただいたババニョロも1♀羽化したようです。
ババはあまり早く掘り出すと良くないと聞いたことがありますので、しばらく我慢したいと思います。
まあ、全てのクワガタは自力ハッチが理想なんでしょうけどね。(笑)


スポンサーサイト
pre.jpg


協賛募集:2008/10/01~2008/10/10
応募期間:2008/10/11~2008/10/19


chibipre.jpg


------------------------------------------------------

前回の記事には、沢山のアドバイスをいただきありがとうございました。

DVを起こさないためには、ペアの成熟度、ペアリングのタイミング、温度、ケースの大きさ、そして同居解除のタイミングなどが大切のようですね。
これからは以上のことを考えながらペアリングを行いたいと思います。

タランドゥス

7月中旬にタランドゥス幼虫が1頭と激減し、タラレギ王国復活を宣言してから2カ月が経過しました。
まだまだ王国と呼ぶにはほど遠いようですが、我が家のタラも少しずつ増えてきております。
現在自己ブリタラのニョロは20頭近くまで増えました。
レギはまだこれからなので数頭しかいません。

B15孵化2A今朝も採卵したタランドゥスの卵を覗いてみると、孵化しておりました。
朝からこういう光景を目にすると、朝から気分爽快!
その日の仕事も気分良く始められますね。
10個採卵して7頭が孵化、1個は縮んでしまいましたが、残りの2個も多分孵化してくれるでしょう。




B15孵化3A菌糸カップは先週詰めたばかりなので、まずはステージ1マットに投入しました。
数日後にはマットに潜ってくれるでしょう。




この他にもまだマット飼育をしているモセリが15頭以上おりますし、PaPaさんからいただいたタランドゥス(BON・ド・ガ~ル)も現在穿孔してくれていますので、先週詰めた菌糸カップもなんとか無駄にならずにすみそうです。


メガソマ・テルシテス

4MT♂羽化A  4MT♂羽化2A
さて、既にテルシテスのブリードを開始していますが、4児の父さんよりいただいたテルシテスが2♂1♀が羽化してきていました。
既に1♀は羽化してセットに入っています。
ブリードに使った♂より、こちらの♂の方が大きいですね。
サイズは47、8mmといったところです。
となるとこちらもブリードしたくなりますよね。
でも一緒に羽化した♀がやや羽パカ状態です。
ブリードまで持っていけるかちょっと心配です。


ここにきてあちらこちらでプレ企画が花盛りです。
チビタラ同盟はもちろんんこと、いつもお世話になっているB-POWERさん、最近LINKさせていただいたT-Gashさん、そして花よりカブトさんでも始まりそうです。
既に協賛したところもありますが、まだしていないところにも協賛させてもらうつもりです。
だって、プレ企画って楽しいですもんね。

本日はまじめなネタです。
(いつもまじめですが・・・。)

今期我が家ではタラレギのDV、いわゆる首チョンパが多発しております。

タランドゥスで3頭、レギウスで2頭です。

以前からタラレギのDVもあちこちで聞いていましたから、最初はこんな事もあるんだなと思っていたのですが、ここまで立て続けに起きてしまうと、少し考えざるをえないですね。

ちなみに黒蟲さんからいただいた41mmのタラ♀も同居後1週間目にDVで★になっておりました。(黒蟲さん、ごめんなさい)

そこで考察です。

DVの原因としてまず考えられるのは、成熟が甘いということかと思います。
♂が成熟していない場合、♀を♀と認識せず、敵と思ってしまうのでしょうか。
また♀は交尾欲がないために♂を嫌うために、♂から攻撃されるのかと思います。

しかしうちの今回のDV例は全て羽化後6カ月以上たったペアの間で起きています。
5例とも同居後しばらく問題なく、メイトガードも確認できていたものばかりです。
そろそろ同居を解除しようかと思った頃にやられています。

となると、考えられるのは♀の逃げ場所がなかったということが原因として有力と考えました。
交尾後1週間くらいすると、♀は餌場から離れるのですが、きっと交尾をいやがり産卵の準備にはいるのかと思います。
そういう♀を♂が追いかける。
♀が逃げる。
♀がうまく逃げること、あるいは隠れる場所があれば、♂もあきらめるのかもしれません。

私のところではタラレギの♂はスタックミニで管理しています。

ペアリングも♂の環境を変えないために、そのままスタックミニに♀を入れて行っていました。
もちろん、隠れ家としてコロンボーのようなゼリー皿を入れてはいました。
しかしよくよく考えると、これでは♀が隠れることや逃げる事は難しいのかもしれません。

ということで、今のところDVを避ける方法として思いつくのはペアリングの際には大きめのケースを使うということしか考えられません。
今さらそんなの当たり前だろう、とおっしゃる方も沢山いるかもしれませんが、恥ずかしながら今にしてそのことに気づきました。

53EP同居Aということでこれからは中ケースでペアリングを行うことにしました。

これでもダメなら、ヒラタなんかと同じく、♂のアゴを縛るしかないですね。



他にも理由があるかもしれません。
「私はこうしているよ」というのがあれば、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。



B15初孵化Aそんな過酷な環境からなんとか孵化してきたタラもおります。
なかなか殻が脱げないようですが、なんとか孵化成功。
全部で9卵。
多分今日・明日中に孵化してくることでしょう。
さて今日は頑張っちゃいましたよ。
何を頑張ったというと菌糸詰めです。
カワラ菌糸16ブロック

今までの最高は15ブロックでしたので、マイギネス更新です。
(これだって立派なギネスでしょ。笑)

2000ml 17本、1500ml 2本、200mlプリンカップ 33個
休憩入れて5時間かかりました。

でも終わってみれば、なんか不思議な達成感。
いやー、いい仕事しました。

さてさて、少したまっていたネタを放出です。

アロエウスミツノカブトssp
メキシコ ジャリスコ州産  F2

先日渋谷オアシスさんにお邪魔したときに初めてみたアロエウスミツノカブトssp
今まではあまり興味がなかったのですが、黒光りする小さな、そして不思議な風貌のそのカブトに一目惚れ。

アロエウスミツノ♀1Aということでオアシスさんからアロエウスミツノカブトsspのペアをゲットしてきていました。
成虫の大きさに比べると大きめなニョロです。






しかしやはり数あるミツノカブトを比べてみたい。
ということで、成虫をゲットしました。

スリナムミツノカブト
エクアドル産 F3

スリナム♂A2なかなか角が短くて、写真を撮るのに苦労しました。
体の割にフセツが太いですね。
♂は後食済みですが、♀はまだ後食前です。
ブリードはどうなんでしょう?
難しいのかな?
あっ、たしかmilagさんが飼育されていましたよね。
後で見にいてみよう。


一緒にコヤツも仲間入りしています。

パチェコヒメゾウカブト

メキシコ ソノラ産

パチェコ♂2A我が家にはタケ坊さんよりいただいたパチェコニョロが5頭ほどおります。
昨年の10月孵化ですので、そろそろ蛹化する頃かと思いますが、先日確認したときにはまだニョロでありました。
今回はスリナムと共に成虫ペアが仲間入りです。


血の入れ替えようにと考えていましたが、コヤツら既に爆食モード全開でした。
ということで試しにペアリング。

パチェコペアリングAあっという間に交尾しておりました。
さすが、カブトは仕事が速いですね。
ということで、この♀には数日後にセットに入ってもらう予定です。








sorapa.jpgそれからクワクワさんに今度はこのブログのバナーを作成してもらいました。
もちろん、孫悟空 スーパーサイヤ人バージョンでございます。
綺麗に作っていただきました。
ありがとうございました。

今回からこちらのバナーに変更させてもらいます。
リンクされている方、お時間が空いたときにでも変更をお願いします。

いつもお世話になっているWorld Kuwa Storeのクワクワさんが、チビタラ同盟プレゼント企画のために、とってもかっこいいバナーを作ってくれました。



chibipre.jpg

これで盛り上がること間違いなし!!

クワクワさん、本当にありがとうございました。
沢山のブログでも既に告知されておりますが、チビタラ同盟1周年を記念して、プレ企画が開催されます。
チビタラ同盟の会員が日頃の感謝の気持ちををこめて、皆様にお届け致します。
ふるってご参加下さい。

また、当企画の宣伝バナーを張っていただける方がおりましたら、ご連絡下さい。
よろしくお願いします。

pre.jpg

右上の START もクリックしてみて下さいね。

-------------------------------------------------------------------------

なんやかんやと忙しく、虫友さんのブログやHPを訪問できても、なかなかコメントを残せないでいます。
ごめんなさい。

そんな忙しい中でも、本日は更新せずにはいられません。

ムニス、ベルティのブリードに失敗したことは先日のブログでも公開させていただきました。
産卵、孵化はしていたものの、どうやら乾燥させすぎてしまったことが敗因かと思っています。

そんな私に、愛の手をさしのべてくれた方がいらっしゃいました。

北海道は利尻島のIyouさんです。

Iyouさんには今回セットを組む前に、セットの方法や管理の注意点などを詳細に教えていただいておりました。
そして無事にブリードがうまくいったら、血の入れ替えも兼ねてムニスを交換しましょうということになっていたのです。
が、せっかくアドバイスをいただいたにもかかわらず、失敗してしまったのです。

そんな私に、もう一度リベンジしてみて下さいという暖かいお言葉と共に、本日荷物が着弾しました。

ムニスゼッチコフキカブト
サンタマリア ベラクルス産 WF3

I-ムニス1Aなんと6頭も送っていただきました。
6頭いれば♂♀どちらかに偏ることもなく、上手く羽化まで持っていければ複数のセットを組むことが可能です。
既に3令後期になっているようですので、最終交換としてマットを交換してみました。
まずはしっかり羽化させなければ。
リベンジはその後です。


ベルティベスコフキカブト

エクアドル ピチンチャ産 CBF2

I-ベルティAムニスと一緒にベルティまでいただいてしまいました。
こちらも3令になっています。
我が家には1頭のみ取れたニョロがいます。
時期的にはちょっとずれていますが、間に合えば血の入れ替えも可能かも。




ムニスもベルティも全頭無事に到着してくれました。


そして、一緒に、利尻昆布100%を使ったこんぶ茶をおくっていただきました。
粉ではなくて、調味料を昆布そのものに含ませたものなので、この昆布を3、4枚湯飲みに入れてお湯を注いで飲むようです。
本当にお心遣いに感謝致します。

虫友さん、最高!!


Iyouさん、どうもありがとうございました。

-----------------------------------------------------------
274052_1221216768.jpg

チビタラ同盟 1周年

今、何かが起きる!!

------------------------------------------------

さてさて本日はためネタです。

まずはペアリング開始ネタから。

メガソマテルシテス

先日オアシスの店長さんからテルシテスについて教えていただきましたが、後食後1カ月もすればブリード可能とのことでした。
寿命はそれ程長くはないようですね。

ということで早速ペアリング開始。

テルシAペアリングA♀の上に♂を乗せたとたん、あっという間に開始しちゃいました。
誰かさんみたいに動画取ったりしませんでしたが(笑)、10分くらいはこの体勢のママでした。
一応2日間同居後、♀を取り出し、ゼリーをしっかり食べてもらっています。
今日あたりセットしたいと思っています。

もう1ペアもペアリングしようと思ったのですが、なんと既に♂が★になっておりました。
ということで、先にペアリングした♂には引き続き頑張ってもらうことにします。



次は蛹化ネタ。

ブラックハスタート
まんじくん血統

我が家にはまんじくん血統、みつひろうさん血統、ジョニーさん血統のブラハスが各3頭ずつおります。
最初にいただいたまんじくん血統はオオヒラタケ、みつひろうさん血統とジョニーさん血統はカワラで飼育中です。

カワラ飼育組は食痕もかなり出て、既にジョニーさん血統の2♀は蛹室を作っているのがわかります。
が、まんじくん血統のブラハスは外から中の様子が分かりません。
ということで、ちょこっと掘ってみました。


MBH3-2A.jpgあらら、やっぱり蛹化していました。
♀さんのようです。
人工蛹室も頭によぎりましたが、ちょこっとしか蛹室を壊していないのでこのまま管理することにします。

♂との羽化ズレが必死かとは思いますが、まずは無事に羽化してもらうことが大切ですね。
1カ月後が楽しみです。


久々のメソトプス羽化ネタ。

タランドゥス D血統

タラレギ不調といいながらも細々と飼育していたタラニョロも降りました。
モチベーションがあがらないことと、菌糸の詰めるタイミングがつかめないこともあり、かなり放置としてしまいましたが、なんとか蛹化してくれました。
しかし菌糸の劣化が激しいため人工蛹室に移動して管理しておりました。

そしてやっと羽化。


D4-2A.jpgガーーーーーーーーーン!!
完全なハネパカでした。
この色でここまで羽が収まらないとなると、修復は厳しいですね。
やはり管理の悪さがここでこんな結果になってしまいました。


他にもレギ♀が羽化したようですが、こちらは掘り出していませんが完品だと信じています。

そして最後はこいつの登場。

チビタラ同盟のBBSやこのブログでも以前紹介した、蛹化しないこの男です。

タランドゥス HOMAB10

B10-3A.jpg昨年7月21日に孵化、その後1100、2000,2000,2000と菌糸を交換後、蛹化瓶の使い古しに移してから3カ月。
まだニョロのままです。
ちなみに体重は30g。
どうせ菌糸に入れても潜らないと思いますし、このままにしちゃおうか、だめもとでマットにでも入れようか迷っています。
孵化からもうすぐ14カ月。
どこまで記録が伸びるかが楽しみな1頭でした。(爆)

--------------------------------------------------------------------
チビタラ同盟 1周年

今、何かが起きる!!

同盟員の皆様、今すぐBBSへレッツゴー!!


--------------------------------------------------------------------

黄金鬼鍬太郎さんのプレ企画、盛り上がりましたね。
あちこちのブログで、当選品が届いたという報告ネタが出ていますね。

私のところにも昨日当選品が届きました。


当選品は、黄金鬼鍬太郎さんからです。
到着したものはタイトルからもバレバレですが、そうババオウゴンオニです。

ババオウゴンオニ成虫1♂2♀ 
ミャンマー・テナセリム産 F3
♂58mm(クワ門74極太血統) 08.06.14羽化
♀43mm(D血統「DAL血統」) 08.06.17羽化
♀42mm(C血統「DAL血統」) 08.06.09羽化



極74♂4Aとうとう着ちゃいましたよ。
ババ成虫です。
しかも由緒正しき血統のババです。
しかも、しかも、極太です。
競争率が高い中見事当選させていただきました。





極74♂Aババといえば昨年、ペアが来たにもかかわらず、後食と同時に★になってしまいました。
今回のババは既に後食済み。
到着早々、ケースの中で元気に動き回っております。





ババD♀1AこちらはD血♀をフラッシュ無しで撮影しました。
本当は屋外で撮影したいのですが、さすがに仕事中にクワガタ持って外で撮影とはいかないため、自分の部屋で撮影しました。
上手くこの色伝わっていますでしょうか?
渋いイロしてますよ。







ババC♀1AこちらはC血統♀です。
フラッシュを焚いて撮影です。
実際に見た目の色はこちらの方が近いかもしれません。
まだまだババの知識は少ないのですが、ブリードまであと1カ月以上ありますから、その間に勉強しちゃいましょう。
しかも2♀いますからね。
年末までにはバラ色ならぬ、ババ色に染まった飼育生活になりそうです。(笑)



黄金鬼鍬太郎さん、ありがとうございました。
大切に、大切に飼育させてもらいます。
もちろん、純血守り抜きますよ。


うん?どこかでプレの香りが???(笑)
協賛できるように、色々とセットしなくっちゃ。
チビタラ同盟のみなさん、

今すぐチビタラBBSへGO!!

盛り上がっていきましょうね!

-------------------------------------------------------------------------

さて、出張報告をさせていただきます。

1日目は朝まで盛り上がったのですが、2日目は朝9時からの仕事でしたので、7時には起床、8時過ぎにはホテルを出ました。
5時頃まで、缶詰状態。
でも、なかなか有意義なお仕事でした。

出張先が三鷹だったこともあり、帰りに中野に寄ることにしました。
中野には有名なショップがありますからね。

訪問させていただいた3店です。

ジャングルワールドA ドルクスグッズ中野A むし社1A

1件1件ご紹介とも思ったのですが、自分の興味あるクワがあまりいなかったため、滞在時間は各店とも10分くらいでした。

その後ホテルに寄ってから、また渋谷オアシスさんにお邪魔しました。
ルカJさんが来ていたようですが、残念ながらすれ違いでお会いできませんでした。

ルカJさんといえば今回93mmのアクベを羽化させたとのことで前日見せていただきました。

ルカJアクベ1A写真撮らせていただきました。
迫力満点です。
ミヤマはあこがれですが、低温飼育の出来ない私には手のでないクワガタです。
ルカJさん、断りもなく画像載せてしまいました。
お許しを。


お客さんも帰られたので、金城店長さんとゆっくりとお話をさせていただきました。
ムシ飼育に関してはとても貴重なお話を伺うことが出来ましたし、いつの間にか違う話題にまで・・・。
今回は金城店長さんには、連日にわたりお世話になりました。
どうもありがとうございました。


というわけで、今回の出張も皆さんのおかげで、楽しく過ごさせてもらいました。
今年は出張はもうないかな?
来年のこの時期は大阪に行くことになりそうです。
関西の皆様、今しばらくお待ち下さいませ。
えっ、誰も待っていない?(まあそう言わないで。)

こちらに帰ってきてからやったことといえばタラとモセリの割り出しです。


タランドゥス CBF1
♂74mm ♀50mm

4936割り出しAタラは自己ブリードものになります。
穿孔から3週間以上経過していましたので初令での回収となりました。
7頭と少なめでしたが、この血統はこれくらいで充分かな。







モセリオウゴンオニ
ケランタン産、クワクワさん血統

2回目の割り出しです。
今回は4ニョロ+1プチ+1卵でした。

このモセリはクワクワさんのところでも相当数産卵していたようですが、我が家に来てから既に18卵産んでくれています。
しかも親♀は、この材からいったん出てきた後で、隣の材に穿孔中です。
今度は何頭産んでくれのかな?


さて有意義なオフ会、ショップ巡りができたので、テンションあげていきたいと思います。
ただいま渋谷のホテルでこれを書いています。

フロントからパソコン借りてきちゃいました。
というのもメールを携帯でチェックしていたのですが、ここ2日間で150通近くのメールが来ていました。
そのほとんどが迷惑メールですけどね。

こんばんは時間があるので、今のうちにメールを整理しちゃおうと思いパソコンを借りてきたのはいいのですが、どうしてもアカウントを思い出せないのです。(笑)
アルファベットと数字の10桁なんですけど、思い出せない。

ということでブログをアップすることにしちゃいます。

昨日朝一番の飛行機で羽田着。
そのまま仕事先に向かいましたが、東京の暑さにびっくりしました。
青森はすでに秋のような気候ですが、ここはまだでした。(笑)
だって、セミ鳴いてるし。(笑)

予想よりちょっと仕事が長引いてしまいましたが、急いでホテルへチェックインして渋谷オアシスに着いたのは19時30分ごろでした。
オアシスさんにはこれで4回目の訪問になるのですが、さすがに地図なしでもたどり着くことができました。
すでにitarumeguさん、しろしろさん、ましりとさんがいらっしゃっていました。
金城店長さんにも事前にご連絡しておりました。
店内のクワカブを見ながら皆さんとしばし談笑。

ちょうどそのとき小学生の男の子とその家族が来店。
もじもじしながらも「カブトムシの幼虫がいるんですけど・・・」と話し出し、どうやって飼育したらいいのか金城店長に質問していました。
それに懇切丁寧に応えてあげる金城店長さん。
なんかとてもいい光景でした。

少し遅れてルカJさん登場。
93mmのアクベを見せていただき、思わず興奮。
迫力でしたよ。

また79mmのレギも見せていただきましたが、サイズもいいのですが、あごの太さが際立っていました。
たしかルカJさんにとって初めてのレギ飼育だったはずなのに・・・。

その後noriさんかなさんが登場。
noriさん登場で一気にヒートアップ。

場所を居酒屋に移して、大盛り上がり。
クワカブの話だけでなく、ブンブンナナフシ、しまいにはコノハムシの話題まで。(笑)

しばらくしてたけ坊さんが到着され、仕事が終わった金城店長さん京四郎さんも来てくれました。
お仕事途中の回天さんもお忙しい中、立ち寄ってくれました。
松葉杖が痛々しそうでしたよ。
あっという間に時間は過ぎて生きます。
お店がラストとのことでいったんそこを出て、近くの沖縄料理店へ。

お酒も進み、もう何を話しているかもわからないような盛り上がり方。
気づけば3時を回っています。
さすがに明日の仕事のことが気になり、解散することに。

皆さんと再会を誓って、お別れしました。

集まってくれた皆さん、ありがとうございました。
そして金城店長さん、いつもいつも騒ぎまくって申し訳ありませんでした。

みなさんのおかげで本当に楽しい時間を過ごすことができました。
もうこの日だけで出張成功です。(笑)

予想はしていたのですが、デジカメを持って行ったにもかかわらず、やっぱり写真をとり忘れていました。
それだけ楽しいって事ですよ。(爆)

さあ、明日は青森へ戻ります。

次はいつ来ようかなー。
また出張さがそっかなー。(爆)
明日から出張に行ってきます。

出張です。

あくまでお仕事です。

ちょっと時間が空くようであれば、オアシスさんに行ってみます。

偶然虫友さんとお会いすることがあれば、少しお話でもさせていただきます。

人はこれをオフ会と呼ぶかもしれません。

翌日時間があれば、ブラブラしながら偶然中野あたりのショップに行くかもしれません。

人はこれをショップ巡りと呼ぶかもしれません。

ということで、しばし留守にします。

しつこいようですが、お仕事です。(爆)
前回のアゲハの記事で、産卵した木を柊と書いておりましたが、カラタチだったようです。
tomo2さん、教えて頂きありがとうございました。

幼虫に関しては今のところアゲハだと思っていますが、以前の釣ったブラックバスの件もありますのであまり信用しないでください。(笑)

さて、凹みネタを一発。

かねてよりブリードしていたムニスゼッチコフキカブトベルティベスコフキカブトですが、表面だけを割り出して両種とも各1頭ニョロを取り出していました。

その後はセットをそのまま放置としておりましたが、いつまでたってもニョロの姿が見えてきません。
ということでケースごとひっくり返してみました。

まあ、結論から言えばボウズでした。
卵は確認できていたのですがねー。

前に何個か取りだしておいた卵を入れたプリカも確認しましたが、やはりボウズ

となるとなけなしのニョロも気になります。

まずはムニス。

いませんでした。
どこへ行っちゃったんでしょうか?


次にベルティ

こちらは生存しておりました。

結局1♂2♀体勢で臨んだムニスとベルティでしたが、ベルティ1ニョロゲットで終了してしまいました。

ということで
コフキカブト鬼門種決定!!

色々とアドバイスを下さったTAR坊さんIyouさん、ごめんなさい。
ほとぼりが冷めたらまたチャレンジしたいと思います。



凹み記事だけだと辛いので、こちらはアゲアゲ記事です。

テルシテスヒメゾウカブト

B.C.Sさん血統と、4児の父さん血統の2系統飼育しておりますが、続々と羽化してきております。

テルシテス2ペアAとりあえず2ペアを取り出して見ました。
はっきりした羽化日がわかりませんが、ここ数週間以内かと思います。








MT01A.jpg  MT02A.jpg

フサフサとは言えませんが、かなり毛深いですね。
ゼリーを与えてみると、しっかりと後食してくれました。

さて、コフキで惨敗をテルシテスで取り返すとしましょう。


東京出張間近に迫ってきました。
沢山の方からオフ会に参加表明をいただいております。
予定としましては9月5日の19時頃渋谷オアシスさんにお邪魔したいと思います。
お時間がある方はご参加下さいね。
9月5日(金)
渋谷OASISさんにお邪魔する予定です。
夕方以降になる予定です。
お時間がある方OASISさんへ集合!!
ご連絡お待ちしておりま~す。

--------------------------------------------------

9月になりましたね。
今年も残り3分の1となりました。

と、ブログに書かれる方は少なくとも3人くらいはいるかと思います。(笑)

我が家に庭には数年前に、幼稚園からいただいた柊(ひいらぎ)(???自信がありません)が植えてあります。
幼稚園の柊?にはアゲハが卵を産んでいました。
アゲハが産卵してくれればと思い、4年前に幼稚園から少し分けていただいていました。

そして今年初めてアゲハが卵を産んでくれたようです。

アゲハ幼虫1A息子が「アゲハの幼虫がいる」と教えてくれたので、半信半疑で見に行ってみると、たしかに幼虫がいました。

鳥の糞に擬態したような幼虫で、まだ2~3令幼虫のようです。
5令になると、緑色の幼虫になる見たいですね。
10頭近くの幼虫を確認しました。




アゲハ幼虫2Aしかし羽化するのは来年。
冬の間は蛹で越冬するのかと思いますが、雪に埋もれるこの場所でも大丈夫なのかな?
少し調べたいと思いますが、雪が降る前に何頭かはケースに移動して観察飼育したいと思います。





さてクワネタに乏しいのですが、マット交換したニョロがいたのでご報告です。

リノケロスフタマタクワガタ

スマトラベンクール産 WD♀48mm 持ち腹

リノケロス♂1A画像は一緒に手に入れたリノケロスの♂98mmです。
5月にWDを手に入れ、セットしていたのですが全く材を噛ることもなく、7月頃には♀も★になってしまいました。
ケースの中にはコバエが沢山わいていたので、なかなかフタを開けることも出来ず、ケースごとネットに入れて放置していました。
8月初めに、重い腰を上げてケースの中身を処分しようと思い、念のため材を割ってみたところ3頭のニョロが入っていました。
3頭だけ産んでくれていたみたいです。
マットに移して約3週間。
ケース越しに見えるニョロも大きくなってきていたので個別飼育にすることにしました。

リノケロスニョロ2A残念ながら1頭は★になっていましたが、残り2頭は少し大きくなっていました。
卵巣痕より1♂1♀のように思いましたがよくわかりません。
フタマタはマンディブニョロの飼育を始めていますが、初めての飼育になるのでどうなるかわかりませんが、しばらくは得意とする放置飼育をしたいと思っています。
せっかく産んでくれた大切なニョロ。
無事に羽化させたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。