趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2009/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/06
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モセリーノ・バトルに参加しよープチプレ

金太郎B
応募期間:5/16~5/30
発表:5/31か6/1ぐらい






う~ん、なんか変化のない毎日ですね~。

タラレギの蛹化、羽化はかなり進んでいるのですが、羽化してきた♀もごくごく普通サイズで、ネタになるようなものは出てきません。

♂だったら、小さくても写真アップできるんですけどね。

インタメ、エラフスホソアカのセットも卵が見えてこないし、かといって割り出すにはまだ早いのでもう少し様子見です。

その他ロンギチョンも卵は見えていますが、まだ割り出しには早いしな~。

ネタはないけど、コメント数が50超しちゃったし、更新したいなー。

となればコレしかないかな。


ババオウゴンオニ
ジョニーさん血統

1回目 11個産卵     孵化2頭(涙)
2回目 6個採卵     孵化0頭(号泣)
3回目 4個採卵+8黒卵  孵化3頭


なんと現在まで29個も産卵したのに孵化したのは5頭のみ
しかも1頭はかなり弱々しくたぶん育つことはないでしょう。

ということで追い掛けを行い5月15日に砂埋めレイシで4回目のセットを行いました。
二日後には穿孔開始。
しばらく様子見ていましたが、先ほどネタのためにのぞいたらちょうど♀が材から出てきていました。
ということで、割り出し、割り出し。


MB2-526-1A.jpg穿孔部からかなり広く産卵床を作っていました。
左の画像よりさらに一回り大きく作っていました。
なかなか卵が見つからず、最初に出てきた卵はかびていました。
まあ、何個かはまともな卵もあるだろうと割り出しを続けてみると




MB2-526-3A.jpgやっと黄色い卵を確認できました。
かなり広い産卵床なので期待したんですけどね。
結果は6卵+1カビ卵
<5/27追記>今朝確認したら卵が5個しかありません。
写真を見ても5個しか写っていません。
採卵したときには6個あったのに・・・。
ということは・・・
間違って1個、捨てちゃいました。orz



♀もかなり弱っている感じですね。
足も麻痺しているようです。
36個産んでいますからね。

MB2-526-4A.jpgということで♀にゼリーを与え、羽化したタラ♀を取り出した菌糸瓶をワンポイントにそえてみました。(笑)
もうこの♀には余力はないだろうと思いつつ、菌糸だったら穿孔するかななんていう甘い考えです。
しかもタラ羽化後の菌糸瓶を使うとは、俺ってヒドイ。





今回の卵も孵化するかどうかわかりませんね。
ババの卵は本当によくわかりません。
先日孵化した3個も、あきらめていたんですが、気づいたら孵化していたという感じです。
今回の卵が全部孵化するようであれば合同プレにでも出そうと思っています。
うん?間に合わないかな?


おまけ画像

KM03同居2A

???(笑)



スポンサーサイト


モセリーノ・バトルに参加しよープチプレ
応募期間:5/16~5/30
発表:5/31か6/1ぐらい


本日はブログを更新する予定はありませんでした。
が、今こうして記事を書いています。

何故か?

数時間前、携帯に電話がありました。

誰からか?

そう、「あの方」からでした。

うちのブログには久々登場の「あの方」です。

「俺はちょっと忙しくてブログアップできないから、代わりにおまえがアップしろ。」というなんとも理不尽な命令が下りました。

「何をネタにすれば・・・」
「そんなの自分で考えろ!」
「ハハーッ。何か記事を見つけて必ずアップします。」
「あたりまえじゃー」

ということで本日記事を書きます。(笑)

また、そんなでたらめなことを、と思った、そこのあなた。
そう、でたらめです。(笑)

でも、このネタを考えたのは「あの方」です。(笑)

「あの方」さま、こんな感じでよろしかったでしょうか?(爆)



ということでネタ、ネタ、ネタ

フォルスターキヨタミ
みつひろうさん血統

キヨタミの記事を書くのは実に2カ月半ぶりです。
1月末からブリードを開始したキヨタミですが、これまで30頭近くの幼虫を獲ておりました。
プレに出したり虫友さんに飛ばしたりしましたが、手元には累代分10頭近くを確保しておりましたので、しばらく割り出しはしておりませんでした。
久々に、割り出してみることのしました。
全開割り出しから1カ月以上はたっていると思います。


キヨタミ割出0523A産卵痕も結構ありましたが、きっと既に幼虫になっているものがいるだろうと思っていましたが、割ってみるとやっぱり初令が出てきました。
しかし、予想に反して出てきた幼虫は4頭だけでした。
他に卵は7個ほど出てきましたが、採卵途中に孵化してきた幼虫が1頭いました。
ということは種切れということもなさそうです。
産み渋っていたのでしょうかね。
一応同居させてまたそのうちセットしてみたいと思います。


MFK4A.jpgこちらは2月中頃に孵化した幼虫です。
プリカマットで管理していましたが、こいつだけやけに大きくなっていました。
既に菌糸に投入したものもありますが、今のところマットの方が大きくなっているようです。
このままオオヒラタケ菌糸と、マット飼育の両方でやっていこうと思います。


成虫管理

私は成虫のほとんどが段ボールに入っているのですが、最近数が増えてきて、何処に何が入っているのかわからなくなってきていました。
ということで一度、全てのケースを段ボールから出してみました。


成虫090523A結構な数いますね。
タラ、レギ、モセリ、ババ、その他マンディ、オオクワ、アンテ、中国クルビ、ミツノ系カブトなどです。
ついでにゼリー交換と、成虫マット交換をしました。
もちろん、マットは皐月さんからいただいた針葉樹マットあるいは水苔です。
★になってからも洗っていないケースなんかもありましたので、ちょうどいい整理になりました。
タラレギ箱、オウゴン箱、その他のクワガタ箱、カブト箱と4個の段ボールに別々入れ替えました。

まだ後食が始まっていない個体も結構いるからいいのですが、これから後食が始まれば1回のゼリー交換で1袋以上使うことになってしまいますね。
まあ、先のことを考えるのはやめにしましょう。




ということでネタ薄ですが、一応アップしときましたよ。


おまけ画像

KM03同居A

???(笑)





モセリーノ・バトルに参加しよープチプレ
応募期間:5/16~5/30
発表:5/31か6/1ぐらい


金太郎Aモセリーノ・バトルブログがアップされました。
当初の予定より、規模が大きくなったこともあり、ルールも変更となりました。
現在即ブリモセリを持っていないあなたも参加できます。
詳しくはこちらを御覧下さい。





さてムシネタですが、今日はひとつだけ。

ババオウゴンオニ
黄金鬼鍬太郎さん血統

昨年12月に孵化した初マイブリードのババが蛹化しました。
しかもオスメスペアでの蛹化です。

OC1-2A.jpgということで早速露天掘り。
蛹体重17.3g
アゴはそんなに長くないですが、初ブリードものなので合格点かと思います。
ちなみにババ♂の蛹体重を測ったのはコレが初めてなので、どのくらいのサイズで羽化してくるか予想がつきません。
モセリ15.5gで73mm、17.6gで76mmでした。
でもモセリに比べるとアゴが短いようなので羽化までやっぱりわかりませんね。
期待はしたいけど、過度の期待は禁物ですね。


昨日、奈良オオのブロック崩し網ぴょんさんのPUSH POPを使って6ブロックほど詰めてみました。

崩し網は思っていたとおり、ブロック崩しに関してはいいものだと感じました。
周りに飛び散らないというのもメリットのひとつです。

良くをいえばもう少し大きさが欲しいとところです。
そしてなんといっても網を取り外せないので使用後に間にはさまった菌糸粕を取り除くのが結構面倒くさいですね。

PUSH POPは使いやすかったですね~。
今間は市販の金属製の詰め棒を使っていましたが、全然違いました。
思ったより持ちやすく、重みもあるためサクサク詰めることができました。
かなり時間の節約になったような気がします。

タラレギも落ちついてきたので、以前ほどブロックを崩す必要はなくなりましたが、どちらも購入して良かったと改めて思いました。

ブラハスのペアリングをしなければと思いながら早1週間。
DVのおそれがある種類ですから、ここは慎重にしないとね。
その他にもやることはいっぱいあるんだけどな~。
時間が足りません。
                
金太郎の画像を出したことで、急にアクセス数が上がってビックリしております。
さすが、金太郎はみんなのヒーローです



モセリーノ・バトルに参加しよープチプレ
応募期間:5/16~5/30
発表:5/31か6/1ぐらい


さて、予告通りの着弾ネタ、いきたいと思います。
今日は長いですよ~。

まずはこれ。

モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統♂×まんじくん血統♀

itarumegu着弾2AT-Gashさんのプレ企画で協賛したモセリ幼虫
当選したitarumeguさんのところで大切に飼育していただき、1♂3♀で羽化されたそうです。
この血統我が家には3頭だけ残していたのですが、全て♂でした。
それを知ったitarumeguさんが私をフビンに思い、2♀里帰りさせてくれたのです。

♂のサイズは63mmから73mmとバラバラでしたが、いずれもイケメン君でしたのでインブリしたいと思っていた矢先のお申し出でしたので、渡りに船渡ばかりにお受けしました。
♂♀とも4月羽化ですので、ブリードは8月以降になりそうです。


そして、一緒にこれを送ってくれました。


クルビSSP
南ベトナム ダラット近郊 ♂68mm×♀42mm F2


itarumegu着弾1AまんじくんよりいただいたクルビSSPのブリードがうまくいっていないことをお知らせしたところ、それならばと、4頭の幼虫を送って下さいました。しかもこの田舎では菌糸プリカも手に入らないだろうからと、新品の菌糸プリカも一緒につけてくださいました。
とりあえず2頭だけ菌糸に移してみましたが、食痕も確認できたので残りの2頭も投入したいと思っています。

itarumeguさん、ありがとうございました。


さてその翌日。

皐月マット1A皐月さんよりこれが到着しました。
ぜんさんのプレにも協賛されていた、成虫飼育マット
針葉樹、微粒子マットです。
皐月さんから使ってみませんか?という声をかけていただき、送っていただきました。
最近は水苔とダニ取りマットを使っていましたが、早速オオクワ、ホペイのマットとして使わせて貰いました。
かなり微粒子に仕上がっていますね。
使い勝手はまたしばらくしたらご報告致します。

皐月さん、ありがとうございました。


続きまして5月15日増種です。

対馬産キンオニクワガタ
対馬 御岳産 CBF1

スライド4A前々から気になっていたキンオニクワガタ
形はオウゴンみたいですよね。
成虫を見たことはありませんが、興味本位で飼育してみることにしました。
今回は5ニョロをゲット。
右の画像は、元親さんの承諾を得て掲載させて貰っています。
発酵マットで飼育してみます。



さてさて5月16日は・・・、

ぜんさんのプレにも協賛されていた巧級巧網
菌糸を詰めるには必需品です。
狙っていましたが、玉砕しちゃいました。

崩し網ATAKUMIさんに個別に頼もうかなと思いましたが、プレの分も作成するとなると時間がかかるかなと思い、既製品をゲットしました。
巧網に比べると小さいということですし、網の部分が取り外せないのでちょっと不便かもしれません。
それでも今までBBQの網で崩していた私にとっては、きっと重宝するものになるかと思います。
周りに飛び散らすことも少なくなるかと思います。



5月17日

ぴょんさんからの届きました。

PUSH POP

PSPEC3.jpgいわゆる菌糸詰め棒です。
ぴょんさんオーダーメード商品で、PaPaさんや、まんじくんも使っていますね。
ぴょんさんの菌糸詰めのDVDを見てから欲しくて欲しくて、ぴょんさんにお願いしていました。
今回は少し改良されたとのことで購入させて貰いました。


PSPECと掘ってありますね~。
手に持った感じもほどよい重量感があって、使いやすいように思えました。
最近、ブロックを詰めていませんが、次回からはこれを使って詰めたいと思います。
これで大型は約束されたも同然です。(笑)

ぴょんさん、ありがとうございました。



そして本日、5月18日

ドルクスグッズ海老名店
よりお荷物の到着です。

VN材AVN材が入荷したとのことで、ジョニーさんにお願いして良材を選んで送ってもらいました。
他の方もジョニーさんにお願いしたとのことで、ジョニーさんには忙しいところ申し訳なかったと思っています。
今回はVN材5本砂埋めレイシ2本を選んで頂きました。
さすがに選んで頂いただけ合って、良い材が届きました。
これでセットしたら爆産間違いなしでしょう。



上の写真の発砲ケースに気づいた方はさすがです。
材を送るのに発砲ケースは必要ないですよね。

この中は

モセリオウゴンオニ
キャメロンハイランド産、スガ夫さん血統


KOモセリA以前komachiさんに飛ばしたモセリ幼虫ですが、komachiさんのところで大切に飼育していただき、1♂3♀で羽化されたそうです。(何処かで聞いたセリフ?)
この血統我が家には6頭だけ残していたのですが、5♂1♀でした。
それを知ったkomachiさんが私をフビンに思い、2♀里帰りさせてくれたのです。
実は即ブリ♀だったようで、モセリーノ・バトル用としてちょうどいい♀だったのですが、私が奪ってしまいました。
しかも、KMSさんから材を購入予定なので一緒に送って貰って下さいという、なんとも自分勝手なお願いを、KMSの店長さんに快諾していただき、一緒に送っていただいたというわけです。
うちの♂はまだ成熟していないので、ブリードは先になります。


ジョニーさん、komachiさん、そして海老店長さんありがとうございました。

ところでkomachiさん、
バトル用に1月羽化の♀、戻しましょうか?(笑)



というわけで、先週から今週にかけて沢山の荷物が届きました。
みなさん、ありがとうございました。
緊急速報

着弾ネタを予告しておりましたが、予定を変更して緊急プレの情報を掲載させて貰います。

モセリーノ・バトルに参加しよープチプレ
応募期間:5/16~5/30
発表:5/31か6/1ぐらい

ちまたで評判のモセリーノ・バトル
モセリのブリードを行い産卵数、孵化数、孵化率などを競うというバトルです。
最初は数人の参加で始まったこのバトル、なんかだんだんとスケールアップしております。

金太郎Aそして先日、金太郎が登場したことでさらにヒートアップ。
(○月さん、画像拝借)
どうせ祭りなら、参加者増やしちゃいましょうと言うことで、この方が立ち上がってくれました。



そう金太郎@皐月さんです。
参加者のはずの皐月さんが、ライバルを増やすために自らのモセリをプレゼントしようというこの企画。

皐月さんの漢を見ました。
ブログタイトルも~Road to 金太郎~というサブタイトルを付けての挑戦です。(笑)
皐月さんのブログを一度のぞいてみてください。
そしてみんなで参加しちゃいましょう。

私も大会役員として、バトルの優勝者に賞品でも用意しようかな。(ニヤリ)
たっきーさんの里親企画、ぜんさんのプレ企画、どちらも当選発表されましたね。
当選された方、おめでとうございます。

私の協賛品にも御応募があり嬉しく思っています。
今週末には発送したいと思っています。

先週からビッダで WDレギウスが1ペア、♂単で出品されていました。
今年はタラもレギも WD入荷が少ないですからね。

レギペアは♂が78mmと大型でしたが、落札額は約12000円とかなり安く落とされていました。
ちょっと前には考えられないことですね。

そして♂単は72mmと小さかったとはいえ、落札額が2400円でした。
即ブリ♀がいないためスルーしちゃいましたが、信じられない暴落ぶりですね。
ちょっと前は15万近くしていたのに・・・。


さてさて、昨日ハッセさんから、「カモ~ン!凹みネタ」とリクエストがありましたので、ご要望にお答えさせて頂きます。

クルビデンスSSP
ベトナム南部ダラット産 CBF1 39mm

4月14日にセットしたクルビSSP
植菌カワラ材を入れておりました。
♀はゼリーも食べることなく潜っておりましたが、先日ゼリーを食べに出てきていましたので気になって割り出すことにしました。
気になるといえば、ケースから材の削り粕が全く見えないことでした。
おそらく産んでいないだろうと思い、割り出すと・・・



普通なら「少ないながら何とか卵をゲットすることができました。」というセリフが出てきそうなのところですが、残念ながらボウズでした。
材を噛った形跡すらありませんでした。

ということで今度はVN材を入れて再セットすることにしました。
♀は元気ですので、今度こそ何とかして貰いたいものです。


ブラックハスタート

ジョニーさん血統

こちらも同じ頃、VN材バクテリア材を入れたVIPセットを組んでおりました。
ブラハスは材にもマットにも産むとのこと。
数日すればケース底に卵が確認できるものと思っておりましたが、全く見えず。
ということでこちらも割出し。

普通なら、「まばらではありますがマット上に卵数個産んでいて、材も噛った後があったのでそのまま埋め戻しました」なんて事を書くのでしょうが、現実は厳しかったです。

JBH2星Aこちらもマットをひっくり返しても卵は見えず、材も噛った後はありませんでした。
それどころか、♀が瀕死の状態でした。
♀を取り出して、小ケースに管理しておりましたが今朝確認したところ★となっておりました。
最悪の結果です。


これだけでは終われません。

エラフスホソアカクワガタ

Mt'Dempo.Sumatera Indonesia産 

結局持ち腹を期待してセットを組んでおりました。
セットを組もうと思ったときに、適当なケースがなかったためかなり小さなケースでおためしセットにしてみました。
オオクワキングさんのヒラタ・アンタエウスマットを詰めただけのセットです。
あとから色々と調べたり、黄金鬼鍬太郎さんからアドバイスをいただき、さらにケースも準備できましたので、いったん解除して再セットしてみました。

ちなみに最初に組んだセットを割り出してみました。
セットから1週間もたっていません。

エラフス産卵1A普通なら「適当なセットの上、期間も短かったためさすがに卵はありませんでした。」というところですが、1個だけ卵が落ちていました。(笑)
ただ、色形とも、あまり良くないと思います。
一応、プリカに入れて保管しておきましょう。






インターメディアツヤクワガタ
Mt'Canlaon.Negros Is.Philippines 産 


3♀いましたのでこちらも1♀だけ、早速セットを組んでみました。
こちらもケースがなかったため小さめのケースです。
セットはオオクワキングさんのミヤマ・ツヤクワ用マットを固詰めしたものでした。
こちらも後から調べたら、硬く詰めたところと、緩く詰めたところとの間に卵を産むとのこと。
大きめのケースも手に入ったので、早リセットを組み直すことにしました。
もちろん、最初のセットの中も確認です。

普通なら・・・

どっちだと思います?




インタメ産卵1A卵3個だけありました。(笑)
かなり小さなケースだった上に、途中で♀が脱走したりしてセット期間約2日間でしたが、産むもんですね。
今回は、スタック小に同じくツヤクワマットを底だけ固詰め、その上にふわっとマットを載せてセットしてみました。
唯一、期待できそうです。



レギウス
D700血統


既に、タラもレギも飽和状態
もうこれ以上増やす必要はないのですが、元気な♀がいましたのでセットしちゃいました。
飛ばす予定もありましたし、これからサトクワハニーさんのところでもプレ企画が始まるようなので、取れても困らないかなと思っています。

MSG割出4回目2A結果は2♀で10個と6個
追い掛けしていないので、孵化してくるかどうかわかりませんが順調に膨らんできています。
今週末には孵化が始まるでしょう。
半分も孵化してくれればOKです。





久々に割り出し記事を連発してみましたが、うまく採れたのはレギのみでした。(悲)
きっとインタメはこれから頑張ってくれるでしょう。
ブラハスは他の♀のペアリングを始めなければ。
クルビsspエラフスは、全く予想が付きません。

そして追い掛けしたババ♀と、期待のババ♀のペアリングも終了しましたので、そろそろセットしたいと思います。

次回は着弾ネタお送りする予定です。
送って下さった方々、しばらくお待ち下さい。
昨日はあちこちで夏日だったようですね。
ここ青森は・・・・
寒かったです。(笑)
今朝は暖房つけました。(笑)

すずらんAでも家の庭には写真のすずらんをはじめ、花も結構咲き始めました。
すずらんはいつのまにか増えてましたね。
今年は庭の手入れも、少ししないと・・・。





ホペイオオクワガタ
風神血統(北峰平成8年型) F6

FJ7-2-1A.jpgホペイの菌糸瓶をのぞいてみると、蛹室にキノコが・・・。
大義名分みっけ。
救出だ、救出だ。
掘り出したら、まだこんな色でした。
羽化して数日しかたっていませんね。




FJ7-2-2A.jpg結局取り出しました。
まだ赤い上に、上翅が伸びきっていませんね。
こんな状態で出していいのでしょうか?
まあ、いいでしょう。(笑)
サイズは75mm前後、種親よりは少し大きくなったかも。
内歯が重なっているところがホペイのポイントですね。
まあ、まあ、満足いく個体でした。
このホペイはこれからも累代していくつもりです。


ゴロファ・ピサロ

ベラクルス州サンタマルタ産 CBF2

ピサロ♂羽化2A多頭飼育のピサロも続々羽化しています。
先日衣装ケースから取り出した幼虫数頭をオアシスで管理していました。
既に何頭か羽化してきましたが、短角、曲角のオンパレードでした。
唯一まともな形の♂が羽化してきました。
ちなみに、後ろに見えるのが標本となっている種♂です。
サイズ的には変わりませんが、角は短くなってしまいました。
まだあと10頭近く割り出していない蛹がいます。
この中から長角の個体が出てきてくれればいいなと思っています。

角の長さを気にしないけど、血の入れ替えに欲しいという方がいればご連絡下さい。
うちの短角のなかから選りすぐった短角の個体をご用意致します。(笑)


リノケロスフタマタ
スマトラベンクール産 WD♀48mm 持ち腹


昨年ボウズと思っていたセットの材から出てきたたった3頭の幼虫。
その後1頭★となり、現在2頭飼育中です。

リノケ♀A菌糸瓶で管理していましたが、1カ月くらい前にその菌糸にコバエが湧いていることに気づきました。
すぐに交換と生きたかったのですが、菌糸瓶もなかったことから、ビンごとビニール袋に入れて保管しておりました。
昨日、交換しようと思ったところ、♀が羽化しておりました。

もう1頭はまだ幼虫ですが、かなり小さく間違いなく♀だと思います。
リノケロスのWDも沢山出ていますが、ひとまず終了かな。
まずはマンディブラリスキヨタミをしっかり飼育したいと思います。


タランドゥス
BON・ド・ガ~ル血統

BG41蛹室3月末に蛹化瓶に投入したタラ♂幼虫。
スケールの電池不足誤作動のために、最終体重は約30gと考えております。
すこし暴れた後、蛹室を作ったようでしたので、掘り掘りしてみました。
しっかり材の中に蛹室を作ってくれていました。
昨年も蛹化瓶の材の中で蛹室を作ったレギを経験しましたが、ホントに綺麗に蛹室を作るものです。
どうすれば内壁をこんなになめらかにすることができるんでしょうね。
幼虫が作る蛹室にはかないません。


BG41-3A.jpgせっかくですので体重測定。
25.1g
前回の兄弟の蛹は23.8gで79mmくらいで羽化してきました。
さて80mm超してくれるでしょうか。
ちなみに別系統では28.9gの蛹から82mmでした。
個体差も結構あるようです。




ぜんさんのプレ企画の応募も締め切りになりましたね。
今週中には発表になるようです。
また新たな出会いがあるかと思います。
楽しみですね。

凹みネタもあるのですが、写真もないのでまた今度。
岩手山A昨日は予定通りお休みをいただき、私の実家へ2年ぶりに戻ってきました。
いつもより高速は混んでいましたが渋滞というわけではありませんでした。
はじめてETCの恩恵にあずかりました。
往復で7800円が2000円ですみました。
途中のPAから見えた岩手山です。
快晴でしたので気持ちのいいドライブができました。


囲碁A実家についてすぐにおじいちゃんと囲碁を打ち出す我が息子。
最近囲碁に嵌っているようですが、私は囲碁を打てないので実家でおじいちゃんと囲碁を打つことを楽しみにしていたようです。
実家について3分後には既に対局しておりました。
勝敗はおじいちゃんの完勝でした。
日帰りでしたのでそんなに長くは入れませんでしたが楽しいひとときを過ごすことができました。



さて、クワカブです。

モセリーノ・バトルがここに来て盛り上がってきました。
くわしくは皐月さんのブログを見ていただければと思います。
まだまだ参加者募集中。
なんとまんじくんの参戦表明も有ったようですね。
うちのモセリは1月19日羽化ですので、ブリードは今月末になります。
参戦しちゃおうかな?(笑)

ちなみにモセリーノ・バトル
産卵数、孵化数、孵化率を競うとのこと。

昨年モセリは3♀でブリードしましたので、その時の結果を参考までに載せておきます。

クワクワさん血統モセリ(ケランタン産)

産卵数  25
孵化数  21
孵化率  84%

まんじくん血統モセリ(ケランタン産)

産卵数  36
孵化数  26
孵化率  72.2%

スガ夫さん血統モセリ(キャメロンハイランド産)

産卵数  26
孵化数  23
孵化率  88%

こうやってみると結構孵化率いい感じです。
ちなみにセットは植菌レイシ1回とそれ以外は全て砂埋めレイシでした。

さて今年のブリードはこれを超すことができるのでしょうか?
はたまたモセリーノ・バトルに参戦できるのでしょうか?
乞ご期待!?

ババオウゴンオニ
みつひろうさん血統


MB2割出3回目A1回目は11個採卵するも2頭しか孵化せず、2回目も6個採卵しましたが全て孵化しませんでした。
今回追い掛けして再セット、約2週間経過したので割り出してみました。
御覧の通りかなり大きな産卵床を作っていました。
結果12卵有りましたが、すべてダメっぽいです。
無精卵だと思います。
う~ん、無駄打ちさせてしまいました。
既に29個産んだことになります。
追い掛けしてあと1回組めればいいのですが・・・。

ということで別系統のババペアもペアリングを開始しました。
交尾も確認できましたが、ここは念には念を入れて約1週間は同居させたいと思います。
「急いては事をし損じる」・・・久々に思い出したことわざです。(笑)


エラフスホソアカクワガタ
Mt'Dempo.Sumatera Indonesia産 WD96mm 

エラフスGペアリングAWDではありましたが、♂のGreenの遺伝子を受け継いで貰いたいと思い、ペアリングしてみることにしました。
しかしかなりの大きさの違いがあります。
結局♀はすぐに潜ってしまい、何度か♀の上に♂を置いてみましたが、うまくいきませんでした。
しかたがないので持ち腹に期待してセットしてみることにします。



レギウス
WD0841系

0841-4蛹化A先ほど、のぞいたところレギウスの♂が蛹化した直後でした。
まだアゴが伸びきっていません。
これからグググーッと伸びて欲しいものです。
同腹兄弟の中では一番大きくなってくれました。
75前後で羽化してくれると嬉しいのですが・・・。


タランドゥス+レギウス+マンディ

タラ♀掘出090506A♀の羽化ラッシュが続いております。
今日はとりあえず羽化後1週間経過した個体を取り出してみました。
タラのサイズは49mmから54mm、レギは46mm、マンディは50mmでした。
菌糸瓶よりは場所取りませんが、ケースが足りなくなってきました。
ある程度たまったら、ビッダにでも出そうかと思います。
タラ♀欲しい方いれば、連絡下さいね。

さて明日からは通常業務。
皆さん、また頑張りましょうね。

GW真っ只中、全国的に晴天に恵まれているようですね。
みなさん、楽しんでおりますでしょうか?

最近、なかなかテンションが上がる出来事がなく、不完全燃焼が続いておりましたが、この状況を打破するための秘策を考えました。

そうです。
安易に増種してみました。(笑)

Iyouさんには既にばれていたようですが・・・。(笑)


インターメディアツヤクワガタ
Mt'Canlaon.Negros Is.Philippines 産 WD 94mm

09インタメ♂6A

昨年もWDペアを購入しスマ虎造さんより♀をいただいてブリードするも失敗。
結局幼虫を手に入れて現在も飼育中です。
しかしあまりいい感触はなく、ツヤクワはやはり難しいと思っていました。
しばらくはツヤクワには手を出すまいと思っていたのですが、なんとなくまたあの♂の姿を拝ませて貰いたいということで、ポチッとしてしまいました。
やはりこのクワ、私的にはきてます。(笑)
94mmと昨年入手した♂よりは小さいのですが、迫力はあります。



09インタメ♀1A今回は♀も一緒です。
結構大きめの♀です。
しかしブリードがうまくいくかどうかわかりません。
持ち腹に期待するか、追い掛けするか迷いますね。
さて、どうしよう。
昨年みたいに★になっても困るし・・・。
でも、今年は大丈夫。




09インタメ♀2Aだって、3♀付いてきましたから。(笑)
サービスかと思ったら、最初から3♀だったみたいです。(笑)
よく見もしないで衝動的にポチッとした事がわかるでしょ。

3♀いれば何とかなるでしょう。
たぶん・・・。(笑)
さっそく1頭は持ち腹に期待してセットしてみることにしましょう。



実はもう1種、増種しました。
実はこっちが本命だったりします。


エラフスホソアカクワガタ
Mt'Dempo.Sumatera Indonesia産 WD96mm
 
グリーンタイプ


久々のキクロです。
ペレメタしか経験がありません。
キクロ系はかっこいいと思いつつ、なかなか入手する機会がありませんでした。
が、今回なぜかエラフスが目にとまりました。

エラフスG2A
このグリーンに。
普通色や70mm台は結構格安で販売されているようですが、なかなかグリーン系は出ていませんでした。
ということでちょっくら本腰入れて落としちゃいました。
実物を見て、大満足です。
このグリーンきてます。(笑)
キクロのこの無意味に長い無機質なアゴ、いいですよね。
サイズもそれなりに大きいので、迫力もあります。


エラフスG7Aもちろんブリードしなくっちゃ。
うん?
かなりの難関種のようですね。
charaさんも挑戦されているようですが、苦労されているみたいです。
うまく産卵も難しいようですし、運良く羽化まで持っていけてもこんな長歯で羽化することはほとんどないようです。
でも、観賞用だけとしても全然OKです。
しばらくは毎日眺めさせて貰おうと思います。


エラフス♀1A一緒に到着した♀はこれ。
かなり小さいです。
インタメとは違いこれ1頭。
この♀に頑張って貰うしかありません。
以前のBE-KUWAにたしかセット方法がのっていたような気がするので、それを捜してみます。
ブリードうまくいかない確立99.9%ですが、下がっていたテンションを上げるにはとてもいい増種になりました。


明日は唯一のお休みができそうです。
かなり久しぶり(2年ぶりくらい)に実家に帰ってみようかと思います。
コメレス遅れますが、ご了承下さいね。


ぜんさんのブログでプレ企画開催中。


                                                                              Flashバナー:papaさん作


応募受付:5月1日~5月10日



いよいよぜんさんのプレ企画、応募開始しましたね。
沢山の協賛品が出ているので、どれに応募しようか迷ってしまいます。
みなさん、忘れずに応募しましょうね。

そしてモセリ産卵バトルも勃発しているようですね。
この方この方この方、そしてこの方この方も参戦されたようです。
私も参戦したいのですが、まだブリードできるペアがいないので今回は外野から応援させて貰おうと思います。
皆さん、頑張って下さいね。

GWに突入しましたが、結構仕事されている方も多いようですね。
あの方も仕事、この方も仕事、自分だけじゃないと思うと気が楽になりますね。(笑)


パプアキンイロクワガタ

どこぞの誰か8幼虫10卵で悲しんでおりましたね。(笑)

うちもセットから2週間
先日待ちきれずパプキンの割り出しを行いました。
2000ccガラス瓶にマットを固詰めしたいわゆるかんろ式セットです。

パプF採卵1Aまずは自前ブリードパプキン赤♂×赤♀(F血統)
結果は画像の如く、たったの3個orz
マットがあっていなかったのでしょうかね。
3個はないでしょ。
しかも孵化してくるかどうか怪しいですね。






気を取り直して期待の血統
メデューサレッド♂×メビウスブルー♀
良血統だけに一番期待しているセットです。

メビウス♀5Aマットをちょっと取り出すと、直ぐに♀がおりました。
うん?
この♀ 動かないんですけど。
死んだふりかな?
いや、死んでます。orz
せめて産卵だけでもしていてくれー。
という願いも空しく、マットを全部出しましたがボウズ。orz orz


そして最後の1本。
こちらも期待の血統。
メデューサレッド♂×自前パープル♀

マットを全てあけて、慎重に卵を捜します。
捜します。
捜します。
捜します。


捜せませんでした。orz orz orz


しかもこれだけでは終わりません。
♀の姿がないのです。


不思議に思いフタを見てみると・・・

パプG脱走1Aフタに穴が開いていました。
脱走されていました。
orz orz orz orz orz
マットがあってるとかあってないの問題ではありません。
脱走されたら産むわけありませんね。
しかもパプ♀を捜すのは用意ではありません。
一応ゼリーを仕掛けて置きましたが3日間たっても見つかりませんでした。


パプG脱走2Aが、しかし
昨日、ひょっこり姿を現してくれました。
レギ、モセリのプリカを管理しているケースの上を悠然と歩いておりました。
見つかっただけ良しとしましょう。
まだパプキンはブリード予備軍が残ってはいるのですが、残念な事にメデューサ♂は2頭とも堕ちてしまいました。
自前血統で何とかしたいと思います。


パプキン3セット組んだ記事では、「そんなにたくさん組んで大丈夫ですか?」というコメントをいただきましたが、今ははっきりとお答えできます。
「全然大丈夫です。」(悲)


さて気分を取り直してタランドゥス

タランドゥス
B15血統

B15-3-2A.jpgタラ♀の羽化ラッシュを迎えていますが、♂の早期羽化個体も出てきました。
早期といっても9月末の孵化ですので7カ月、まあ普通でしょうか。
サイズを言うと逮捕されるそうですので、サイズは公表しません。(笑)
80はいっていません。
いつもと同じです。(悲)




タランドゥス
BON・ド・ガ~ル

BG04-3A.jpgBON・ド・ガ~ル血統の最初の♂も本日羽化しておりました。
こちらはオアシスで管理していました。
最終体重35g、蛹体重23.8g
こちらも80には到達しませんでした。
このオアシスはこれで4回使った事になります。
ということでそろそろお役ご免でしょうか。(笑)

どちらもサイズは伸びませんでしたが、やはり♂の羽化は嬉しいですね。
この先ゾクゾクと♂が羽化してきます、といいたいのですが、ちょっと時間が空きそうです。
本格的に♂の羽化ラッシュは6月頃になりそうです。

さあ、明日も仕事の皆さん、頑張りましょう。

お休みの皆さん、楽しんで下さいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。