趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2009/051234567891011121314151617181920212223242526272829302009/07
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の10万ヒットの記事に、沢山のお祝いコメントをいただきありがとうございました。
この嬉しいコメントを胸に、これからも頑張ります。
よろしくお願いします。

さて、本日は今年初めての街灯周りを息子としてきました。
息子の就寝時間は9時30分
なので街灯巡りは学校が休みの前日、つまり金曜日土曜日に限られるのですが、金曜日は私の仕事の都合でまず無理です。
昨日の土曜日は、息子の用事でいけずじまい。
来週の土曜日は私の仕事でいけそうにありません。

そこで息子と私とで妻にお願い。
「採集に行きた~い」


「行ってくれば。」

あら、簡単に許可が出ちゃいました。(笑)

ということで夕食を急いで済ませ、19時30分出発です。
門限は21時45分
まだ当たりは薄暗い感じでしたが、車を30分くらい走らせ、街灯ポイントに着いた頃には真っ暗になっていました。

まずは自販機巡り。

車を止めてみると、何やら動く物体を発見。
「そっちに何かいるぞ」
と、息子をやってみると、

09初コクワ♀1A「♀ゲット」と息子の歓喜の声。

ちなみに息子はまだ♀の判別を知りません。
まあ、私もよくわからないのですけれど・・・。(笑)
幸先良く、コクワの♀をゲットしました。




09初コクワ♂Aその後他の自販機前でコクワ♀、次のポイントでコクワ♂を拾いました。
まあ、これでボウズは免れました。







しかしこうなると欲が出てきます。
息子も私も狙いはミヤマ♂、あるいはカブト♂です。

いつも何かしら落ちている駐車場には1頭もいませんでした。

09初ミヤマAそして最後にいつも沢山採集できる、温泉宿の駐車場に到着。
時間は21時
ちょうどいい時間です。
外気温22度。三日月が浮かんでいます。
到着してすぐに砂まみれのノコの♂をゲット。
うん、砂を払ってよく見ると、ミヤマでした。
あまりにちいさいくて、ノコと見間違ってしまいました。

「おおー、ミヤマじゃん」

昨年は数回採集に行きましたが、ミヤマの♂に出会うことはありませんでした。
今年初採集で、ミヤマゲットは嬉しかったですね。

09初ノコ♂Aその後、ノコ♂が飛来してきたところを息子がゲット。
1年ぶりに見るノコ♂
やっぱりかっこいいですね。

結局その後は追加することはできませんでした。




09初コクワAコクワはリリースして、とりあえずミヤマノコだけお持ち帰りしました。

採集はやっぱり楽しいですね。
いつもは岩木山という山の近くで採集していますが、ココにはオオクワが採れたという話は聞きません。

今年はオオクワを狙って、反対方向の黒石、十和田方面にも出かけてみたいと思います。

帰りの車の中で息子はすぐに眠ってしまいました。
家に到着したのが21時43分
ギリギリセーフ。

息子も初採集を楽しんでくれたようですし、私も十分に楽しむことができました。

次回はカブト♂を狙ってみます。
もちろん、オオクワもね。(笑)
スポンサーサイト
2005年11月5日にブログを初めて、3年8カ月

100000.jpg

昨日6月24日午後10時40分頃、めでたく10万HITを達成することができました。

訪問して下さった皆様に、心より感謝を申し上げます

これからもまた皆様に訪問していただけるような記事を書くように、頑張りますね。
ありがとうございました。


あーくさんからはお祝いのメッセージと共に99、999HITの画像を送っていただきました。
ありがとうございました。

それでは気分を新たに・・・

やっぱりタラレギ王国ですからこれでいきましょう。


タランドゥス
BON・ド・ガ~ル血統


BG40-3A.jpgBON・ド・ガ~ル血統最後の♂が羽化してきました。
サイズは80mmくらいなので、縮みを考えると77~8mmで固まってくれるかと思います。
期待の血統だったのですが、この血統で80upを出すことはできませんでした。(残念)
まだまだ修行が足りませんね。
PaPaさんのところでは凄い個体が出たようですね。(ニヤリ)

BG40-5B.jpg
BON・ド・ガ~ル血統の♂はこれで4頭となりました。
今回羽化した個体はその中で一番大きな顎をしています。
固まったら4頭並べて写真を撮りたいですが、同じ兄弟でも結構違いがあるような気がします。
サイズも大きく顎も大きな個体が理想ですね。


レギウス
MDL血統


MDL18-11-1A.jpgパパレックスの血を引く我が家の看板血統MDLから初めての♂が蛹化していました。
蛹体重は21.5g
最終交換時26.7gでしたから、こんなものでしょう。
今回蛹を掘り出したのは体重測定がしたかったこともありますが、もう一つ理由があります。

市販の人工蛹室を使ってみたかったから。(笑)


MDL18-11-3A.jpgはじめて市販の人工蛹室に移していましたが、昨日羽化したようです。
自分で作るオアシス人工蛹室に比べると、かなり浅い感じがしていたのでちょっと心配していましたが、何とか無事に羽化してくれたようです。
ただ、蛹は上へ行ったり、下へ行ったりかなり動き回っています。
翌日には頭が逆さまになっていました。
やはり回転がうまくいかなかったのでしょうか?


MDL18-11-4A.jpg軽くノギスを当ててみると蛹体重の割には大きく82mmくらいでした、縮みを考えると77~79mmくらいでしょうか。
親♂も79.6mm80mmには到達できませんでしたので親子二代で涙を呑むことになりそうです。
先に孵化した兄弟♂がまだ羽化していません。
こちらの方が体重ものっていたので80mm upに期待がかかります。


モーレンカンプオウゴンオニ
WF1


MK3穿孔A昨年WDモーレンをブリードして、何とか残った1♂1♀
羽化から4カ月経過し、後食もばっちりなので同居させていました。
メイトガードも確認していたので、砂埋めレイシでセットしてみました。
このレイシ材は前回ババに使ったのですが、ボウズだったものです。
もう一度加水し直して使ってみましたが、樹皮のついている硬いところから穿孔したようです。
今年はモーレンも10頭くらいは飼育したいものです。


モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統


KM11メイトガードA76mmのモセリのインブリードの準備を始めました。
同居後数日間は♀が逃げていましたが、やっとメイトガードを確認できました。
前回は、このあとに♀の突然死にあいましたので、ちょっとドキドキですが、もう少し同居させてからセットを組みたいと思います。
さて、何のセットで行きましょうね。
使い慣れている砂埋めレイシか、みつひろうさんご推薦のMAD菌糸瓶か、あるいは植菌レイシか?
迷いますね~。

そうだ、こういう時はモセリーノバトルのブログを見てみよう。
産卵数の他にセットした材の種類や、セット期間も書かれているから、参考になるな~。(爆)

chanpions.gifB.Diamondさんのブログ
クワカブスイッチ ポチッとなぁ~
プチプレ大作戦

締め切り:6月23日まで~



先日T-Gashさんから、「そろそろカウンターを6桁にした方が良いかも」というコメントを見て気づきました。
もうすぐ10万ヒット達成しそうです。

現在一日のヒット数が約100なので今週中に達成できそうです。

10万ヒットといっても、FC2に引っ越してから自分のアクセスをカウントしない、2重カウントをしないなどの条件を付けたので、実際にはもっと少ないと思うのですが、それでも毎日訪問して下さっている皆さんのおかげです。
感謝しています。

本来ならキリ番プレやら、記念プレなんかを行うところなのでしょうが、キリ番設定できないことと、現在仕事が立て込んでいて時間がないため、今回は何も予定しておりません。
ごめんなさい。

不定期かつ自己満足的ブログではありますが、これからもよろしくお願いします。

さて、クワカブです。

先日、蛹室を作っていそうなのに、外から状況がわからないボトルがありましたので確認してみることに。

ババオウゴンオニ

黄金師匠血統



早速掘ってみると・・・


OD5-1A.jpgが~ん。
最悪のタイミング
といったらいいのか、ベストな掘り出しといっていいのか(笑)、ちょうど蛹化中でありました。
既に頭の部分は脱げておりましたが、これは貴重な経験ができそうです。
アゴが見えていますが、短いですね。
ここから伸びてくれるでしょう。


OD5-2A.jpgずっと見ていたのですが、体を揺することなく静かに静かに殻を脱いでいきます。
タラレギは結構動きが激しかったのですが、ババの動きは静かです。
気づくと、少し脱げているといった感じで、いつの間にか半分以上脱げていました。



OD5-7A.jpg無事、蛹化完了です。
究極のミルキーノの完成ですね。
アゴは少しは伸びたようですが、あまり変化がわかりません。
でもよく見ると突起が出てきています。
アゴよ、伸びろ~。



OD5-8A.jpg蛹化2時間後。

思ったよりアゴは伸びませんでした。
アゴの長さのバロメーターとなる第二脚との関係から見てもかなり差があります。
ココまでいい感じに長歯が出ていましたが、とうとう短歯から中歯のババを出してしまいました。

OD5翌日A蛹化翌日(12時間後)

蛹の色も少し濃くなりました。
ミルキーノから生キャラメリーノへの変化です。(笑)
心なしか昨日よりアゴが伸びているような気がします。
錯覚でしょうか?
第二脚が縮んだという話もありますが・・・。

OD52日後A蛹化2日目

やっぱりアゴが伸びたような気がします。
見たことないのですが、ヘラクレスなんかは蛹化してすぐにアゴが伸びてくるそうですが、ババは少し時間をかけて伸びてくるのでしょうか?
第二脚には到達しませんでしたが、それでも結構伸びてくれたので短歯は免れたような気がします。


この個体最終幼虫体重は18.7gでした。
200→1100→1100→2000と交換していきました。
なぜ3本目も1100にしたかといいますと・・・。
ボトルがなかったのです。(涙)
やはりそのぶん体重のノリが悪くなったような気がします。

200→2000→2000と交換した個体は20upしています。
容器の大きさの他には交換回数も影響しているのかもしれませんね。

体重測定は1週間後に行ってみます。

今日は珍しく、ババネタonlyの記事でした。
写真でごまかしたという噂もありますけどね・・・。

サトクワハニーさん、ソーさんの合同プレ企画
6月21日が締め切りです。
まだ応募のない賞品もありますよ。
忘れないうちに応募しちゃいましょう。



ちょいと仕事が忙しくてしばらくブログの更新休もうかとも思いましたが、仕事の息抜きにもなるので更新することにします。
と、昨日思ったのですが、FC2がなかなか繋がりにくかったため、結局断念しました。

今日は大丈夫みたいなので凹みネタからスタート。

タランドゥス
PR854血統


今期最大体重45gのタラ幼虫が蛹室内で真っ黒クロスケになっておりました。
このタランドゥスはROSSO師匠からいただいた幼虫でした。
他の方のところでも大きな幼虫が出ているみたいで、優良血統だと思います。
残り2頭は♀のようですが、こちらはまだ羽化してきません。
ちょっと幼虫期間が長すぎるのが気になります。

実はこの他にも、レギ♂がビン底に作った蛹室内で★になっていました。
逆さまにしていれば防げたのかなと思えるような事故で、管理の悪さが露呈してしまいました。(反省)

スリナムミツノカブト

昨年ブリードしたスリナムを久しぶりにチェック。
なんと7頭中、5頭がマット上で★になっておりました。
マットが乾燥しすぎていたようです。
残り2頭となってしまいましたが、ペアになるかどうかは微妙です。
う~ん、マット飼育は苦手だ~。


対馬産キンオニクワガタ
対馬 御岳産 CBF1


キンオニ090617Aマット飼育で失敗してばかりいるので、こちらもチェックしてみることにしました。
200プリカに入ったままでしたが、こちらは何とか全頭生存していました。
でもやっぱりマットは乾燥していましたので、このまま放置していればやばかったかも。
ちなみに雌雄判別はできませんでした。
思い立って交換してしまったため、マットがないことを忘れていました。(笑)
ドラネコのカブトマットと、エラフス用に用意していたRマットに入れてみましたが大丈夫かな?


そして最大の凹みはこれ。

昨日ランバーさんに菌糸を注文して、いつものようにネット銀行から支払いを済ませようと思ったとき・・・。
いつもは口座番号を入力すると自動的に暗証番号が出てくるようになっていたのですが、魔が差したというかなんというか、その暗証番号をわざわざ手入力してしまいました。

「暗証番号が違っています」


このメッセージを何度見たことでしょうか。
最後には「ログインIDを失効しました。至急手続きを行ってください」のコメントが・・・。

調べてみると、再発行手続きのためには申請書を郵送し、その後で仮IDが送られて来るとのこと。
ということは少なくとも4日以上はネット銀行が使えないということに。

しかし色々と調べてみてもそれ以外に方法はないので、さっそく申請書を郵送しました。

ココで困ったことに・・・。
ランバーさんに支払いができません。

事情をランバーさんにメールしたところ、「事情は了解しました。菌糸はすぐにお手元に必要でしょうからとりあえず発送します」とのお返事をいただきました。
そして、昨日無事到着。

ランバーさんには本当に感謝します。
来週中には手続きが済むと思いますので、すぐに振り込ませて貰います。

そして菌糸と共に届いた物がコレ。

マグダレインコクワ(アローコクワ)
タイ・Mt.ファン 産 WILD


マグダレイン9A名前は知っていましたが、実物はビッダで見るまで知りませんでした。
1週間前くらいから気になって気になって・・・。
結局注文してしまっていました。
実物を見てみると、やっぱりいい感じです。
こういうワインレットのクワガタは始めてかもしれません。
オーベルなんかもこんな感じかな?





マグダレイン4A符節欠けもなく元気な個体なので安心しました。
雌も一緒でしたのでブリードしてみたいと思います。
さて、ブリード方法は?
1週間も悩んだにしては、何にも知識を持っていません。
これから勉強してみます。




それにしてもランバーさんの対応は嬉しかったですね。
これからもよろしくお願いします。
たぶん見てないと思うけど。(笑)


クワクワさんのところでモセリが結構採れているようですね。
予約販売もしているみたいです。
うちの76mmと兄弟の子になるのかな。
気になる方はのぞいてみてくださいね。
クワクワさんには了承ないまま宣伝しちゃいましたが、優良血統ですから、できれば自分の虫友さんに飼育して貰いたいな~なんて思っちゃったもんですから・・・。


やっと土曜日です。
今週は長く感じますね~。
週末といっても、今日も、明日も仕事はあるんですけどね。
来週も忙しそうだな~。


そんな時こそクワカブにいやして貰いましょう。


マンディブラリスフタマタ
スマトラ カバ山産WF1


以前うちで採れたマンディぜんさんに飛ばしていましたが、♂が蛹化したとのことでした。
♀は既に羽化していますが、♂はさすがにまだだろうと思い放置していましたので、確認してみることにしました。


マンディ♂初蛹化1Aフタを開けてみると、この状態でした。
真っ平らなところで無事に蛹化しいていたようです。
タラレギ、オウゴンの蛹ばかり見ていたので、アゴの長いこの蛹は妙に新鮮でした。
親♂は106mmでしたが、とうてい届くことのない数字のようです。
70mmに届くかどうか、そんな感じです。



マンディ♂初蛹化2A蛹を見たら、結局こうなります。
意味があるのかないのかわかりませんが、お約束の体重測定。
12.7g・・・小さい・・・。
モセリより小さい・・・。

他にもまだ幼虫している♂が3頭くらいいますが、こちらもサイズ的には変わりなかったのであまり期待はできません。
それでも初めてのフタマタ♂ですのでよしとしましょう。
サイズを狙うのは、この業界の合い言葉「次世代」でということで。(笑)


ババオウゴンオニ
黄金鬼鍬太郎さん血統



OC1-4A.jpg先日羽化を確認したババ♂のアゴを確認することができました。
う~ん、思っていたより短いです。
やっぱり体の太さに持って行かれたような気がします。
体が太い分、アゴが短く見えちゃいますね。





OC1-5A.jpgそれでもってまだ早いと思いつつ、出しちゃいました。(笑)
アゴを少しでも長く見せるために、頭側からの撮影です。(笑)
もうひと伸び欲しかったですね。








極74♂6Bちなみに左の画像は、今は亡きお父さんババ
極太血統ということで長さはそれ程でもありませんでしたが確かにアゴは太かったです。
比べてみると体の太さも違いますね。
体太らないでアゴが太ってくれれば良かったのに。






OC1-6A.jpg成虫を見たら、結局こうなります。(笑)
身長測定。
73mm
このあと普通は縮むのでしょうが、我が家は2mm伸びますからOKかな?(嘘爆)

76mmのモセリとほぼ同じ蛹体重でしたが、やっぱり皆さんの予想通り小さく羽化してしまいました。
なかなか、難しいものですね。

OC1-7A.jpgちなみにひっくり返して測定してみると74.5mm
大きく見せるためにあの手この手です。(笑)
1.5mmの差はでかいですよね。
だってあと2mm伸びれば76upですから。(しつこい?笑)

これからもわかるように測定といってもいかに適当かがばれてしまいますね。
ウマイ測定方法ってありませんかね?




もう1頭ババネタ

前回ミルキーノ状態で掘り出してしまった、ババ蛹。
固まったようなので(まだ蛹化から3日くらいしか立っていませんけど・・・)・・・。

蛹を見たら・・・

OD2-2A.jpgはいこうなります。
体重測定。
16.9g
蛹体重は変化するとのことですので、この個体の体重変化の推移を見守りたいと思います。





リノケロスフタマタ

スマトラ、ベンクール産 WD


09リノケロス89-2A昨年WDから2ニョロだけ採ることができたリノケロス
♀1頭が羽化しましたが、もう1頭の♀はまだ幼虫やっています。
リノケロスはとりあえず終了。
と考えていたのですが、先日エラフスを追加する際に、思わずWDペアも手に入れてしまいました。
昨年は98mmでしたが、今年は89mmと小振りです。
でもやっぱりかっこいいですね。
昨年は2頭しか採れなかったので、今年は3頭以上を狙います(笑)



インターメディアツヤクワガタ
Mt'Canlaon.Negros Is.Philippines 産 


インタメ採卵0612Aセットから2週間、採卵してみました。
2♀セットしておりました。
まずはひとつ目。
はい、ボウズ。(ガクッ)
早速同居して貰うことにしました。
そしてもう1セット。
こちらはなんとか5個採卵することができました。
もう少し頑張って貰いましょう。



モセリーノ・バトルも、いよいよ白熱してきました。

あちこちで爆産ネタが出てきています。
まだ、産卵数など更新できていないところもありますが、ボチボチ更新していきたいと思います。

参加者まだまだ受付中です。

というか1年以上は続けたいと思っているので、成熟待ちのモセリを持っている方もたまにのぞいてみてくださいね。
目的はスキルアップですから、初心者からパワーブリーダーの方まで、どんな方でも参加できますのでよろしくお願いします。
offimage.gif


第1回チビタラ同盟オフ会が7月5日 BLACK OUT名古屋終了後に開催されることが決定しました。
さすがに私は参加できませんが、お時間がある方是非参加して下さいね。
これを機会に関東でも開催されるかもしれませんね。

モセリーノ・バトルも頑張っていますよ。
気楽な気持ちで参加してみて下さいね。

さて、ムシネタ~。


エラフスホソアカ
Mt'Dempo.Sumatera Indonesia産


なんとなく今年のマイブーム・エラフスです。
WD♀2頭でセットを組んでいましたが、どうもうまくいきません。
先日割り出してみましたが、どちらもボウズ
しかも1♀★となっていました。
残り1♀。
失敗する確率95%。

エラフス♀2A エラフス♀1A
ということで、援軍を取り寄せました。
同じ種類でもカラーバリエーションが結構あるようで、♀も色合いが違っています。
今回は微粒子マットを用意して臨みたいと思います。
さて、てこ入れした成果が現れるのでしょうか?


メタリフェルホソアカ
インドネシア・ぺレン島産


いわゆるペレメタです。
以前も飼育したことがあるのですが、1度だけブリードして長短歯を出したのを最後にやめていました。
今回エラフスと共に再登場です。
実は既にセットを組んでいたのですが、こちらは順調でした。
セットから幼虫が姿を見せていたので余裕の割り出しです。

ペレメタ割り出し1Aマットをがばっとあけてみると、すぐに幼虫が出てきました。
こういう割り出しってかなり久しぶりです。
クルビSSP、ブラハスともに、マットをあけてもただ黒いマットだけでしたからね。
ココに見えるだけで5頭
おっと既にマットからこぼれた幼虫もいるので6頭です。
爆産の気配が・・・。


ペレメタ割り出し2Aというわけにはいきませんでした。
まあ、9頭ではありましたが累代分には充分です。
またセットを組んで、いい気分を味わおうかとも思ったのですが、これ以上は飼育しきれないのでセットは解除しておきました。
♀にはゆっくりして貰いましょう。
エラフスも、これくらい産んでくれるといいんですけどね。




ロンギチョンペルスミツノ
ベラクルス州 F2


ロンギ採卵2回目A先日セットから2週間で割り出して8個の卵を採卵しましたが、その後卵は膨らんできているのですが、なかなか孵化してくれません。
割り出したあとは同居セットを組んでいたのですが、1週間経過したので別々にしてみることにしました。
ついでに、マットをばらしてみると8個の卵を確認しました。
卵の形が楕円形ですね。
いやなかんじ~。
まあ、丸くなってくることを信じて管理します。



タランドゥス
BON・ド・ガ~ル


BG41-6A.jpg蛹化瓶の材の中で蛹化したタランドゥスが無事羽化しました。
やはりというかなんというか、羽化したのは日曜日の夜だったようです。
また見逃してしまいました・・・。
月曜の朝に確認したときには、しっかり上翅もしまり内翅を乾かしている状態でした。
完品のようなのでよかったとしましょう。
サイズは72、3mmといったところだと思います。
さてこの蛹室、使い回ししちゃいましょうかね。(笑)


レギウス
WD41mm 持ち腹


0841-6A.jpg6月1日に羽化したWD♀の持ち腹最後の♂。
オアシス蛹室で放置していたら、オアシスを突き破ってくれていました。
オアシスでこれまでタラ♂、モセリ♂など5回くらい使用しました。
まだまだ使うつもりだったのに・・・。(笑)
サイズは軽くノギスを当ててみて73mmくらいでした。
まだこの後縮むでしょうね。




モセリオウゴンオニ
スガ夫さん血統 キャメロンハイランド産


SMO23-1A.jpgキャメロン産モセリ最後の♂になります。
そう、あの63mm血統です。(笑)
9月19日に孵化、最終体重が16.8gでした。
食痕が見えないので掘り出してみたら蛹化しておりました。
この個体より1カ月遅く孵化した♂は既に羽化しています。
この個体の方が時間がかかっていたので期待していたのですが・・・。
蛹体重 13.6g(小さい・・・)
63mm血統なのに63mm到達できないようです。(笑)



ババオウゴンオニ
黄金鬼鍬太郎さん血統


OC1-3A.jpg5月20日の記事に登場した蛹体重17.3gのババ君が羽化しておりました。
なんとか無事に羽化してきたようです。
気になるのはサイズですが測定はまだまだ先ですよね。
うちのオウゴンは、羽化後に2mm伸びますから。(笑)
DORTAKUさんの話しによりますと、蛹体重も変化するとのこと。
17.3gといっても羽化3週間前の数値です。
蛹体重だけでは羽化サイズを予想するのは難しそうですね。

ということでここ2日間の出来事全て出し尽くしました。
小出しにすればいいものを、といつも反省しているのです・・・。
またネタ探ししてきます。





緊急連絡 その1

チビタラ同盟の皆さん、至急BBSを確認してみて下さいね。
よろしくお願いします。




緊急連絡 その2

新座くわかぶ研究所健太郎@東京さんからのお願い。
未使用の国産カブトペアを捜しております。
お持ちの方いらっしゃいましたら、ご連絡をお願いします。
できれば無償、または健太郎@東京さんの手持ちの虫との交換希望とのことです。




一昨日、ブログをアップしたあとでタラ・レギ・ババの菌糸交換をしました。
といっても8本くらいですけどね。
ホントはもう少ししたかったんですが、菌糸瓶が底つきました。orz
現在詰めたものが使えるまではあと10日間くらいかかりますね。

瓶をチェックしていると、羽化しているものや蛹化しているものが結構増えていました。

最近ピンキー桃ことDORTAKUさんのブログで、これでもかというくらいサナギーノの写真を見せつけられていたので、ついつい私まで掘ってしまいました。

ババオウゴンオニ

黄金師匠血統 

OC4蛹1A5月6日に菌糸交換した時の最終体重が21.6gでした。
交換してすぐに蛹化準備に入ったようで、1カ月またずに蛹化していました。
蛹体重17.5g
先に蛹化した兄弟(17.3g)よりはスマートですので、こちらの方がサイズも伸びてくれるでしょう。
まずまずのイケメン君になってくれるかと思います。




OD2A.jpgこちらは掘った瞬間に、ヤバイと思った蛹です。
DORTAKUさんがいうところの、サナギーノならぬミルキーノです。
蛹室の中に菌糸くずが沢山こぼれてしまったので、しかたなく蛹を取りだして手に持ってみましたが、まだフニャフニャでした。
羽化不全の原因にならなければいいのですが・・・。
ちなみにこの個体は2000cc1本で蛹化させてしまいました。
ということで最終体重は4.6g(笑)
蛹体重はもう少し固まったら測定したいと思います。



OD1蛹2A今回掘り出した中で、一番いい個体がコレです。
4月27日交換時の最終体重22.2g
蛹体重18.5g
今のところ、うちのババ蛹のギネスです。
しかし80upを羽化させるためには蛹体重でどれくらい必要なんでしょうね。
22、3gは必要なのかな。




OD1蛹1Bこうしてみるとアゴの長さが強調されてイケメン君に見えますね。
レギでもそうですが、第二脚の長さと同じか越えてくるようだといい感じに見えますね。
この血統のババはわかっているだけで♂が18頭います。
80upはさすがに無理ですが、モセリのマイギネス76mmを越えてくる個体が出てきてくれればと思います。








タランドゥス

BON・ド・ガ~ル血統


せっかくの大型血統、BON・ド・ガ~ルですが、私の腕では大きくすることができませんでした。
今のところ最高で78mm
BG41-5A.jpgこの子も期待していたのですが蛹体重は25gですので、80upの目標は達成できませんでした。
蛹化から約1カ月。
かなり色づいてきたのでここ1,2日の間に羽化してくると思います。
他にもタラ♂の蛹は3頭ほどいますので、時間を見つけて掘り出したいと思います。


タランドゥス
B20血統


B20-6羽化1A普通のタラ♀新成虫です。
なぜ記事にしたかというと・・・

10月26日孵化後マット飼育、11月8日菌糸プリンカップ(120cc)
12月9日2000ml(体重2.8g)、4月26日蛹化、5月26日羽化(50mm)


実に最終交換から6カ月たっていました。



B20-6羽化3Aちなみに掘り出したあとの菌糸瓶はドロドロの状態で、蛹室の影も形もありませんでした。
よくこんなところで羽化したものだと思います。
ちなみにこの菌糸瓶の作成日は7カ月前の10月27日でした。(笑)
どうも♀とわかると、暴れていてもそのまま放置してしまいます。
まあ、最初から2000ccなのでそれでもいいのでしょうけど、1100ccl2本にした方がもっといいサイズになるのかもしれませんね。



おまけ画像

といいたいところなのですが、ちょっとショックなことが・・・。

KM03同居4Aモセリの同居をしていましたが、昨日確認したところ急に♀の元気がなくなっていました。
DVを受けたようには見えませんが、フセツがほとんど飛んでいました?
たぶん、このまま★になってしまいそうです。
モセリーノの役員
としてはお粗末な結果になってしまいました。
次のペアを開始します。


緊急連絡 その1

チビタラ同盟の皆さん、至急BBSを確認してみて下さいね。
よろしくお願いします。




緊急連絡 その2

新座くわかぶ研究所健太郎@東京さんからのお願い。
未使用の国産カブトペアを捜しております。
お持ちの方いらっしゃいましたら、ご連絡をお願いします。
できれば無償、または健太郎@東京さんの手持ちの虫との交換希望とのことです。





昨日は楽しいことがありましたよ。

職場でくわがた採集しちゃいました。


職場の同僚が窓の網戸越しにくわがたを発見。
みんなで駆けつけてみると、確かに網戸にくわがたが引っ付いています。
この部屋、私の部屋の真上。
もしかして私の部屋からの脱走か?
とドキッとしてしまいました。
みんなからも、疑いの目が・・・。

コクワ職場採集Aが、つかまえてみるとコクワでした。
私はコクワは飼育していませんでしたので、放虫疑惑の容疑は晴れました。(笑)
それにしても、今の職場にきて5年。
この近くに公園はありますが、くわがたを見つけたのは初めてです。
いるもんなんですね。
ということは、近隣の山にはもう既に・・・。
早く、街灯巡りがしたくなってきました。

このコクワは、同僚のお子さんにプレゼントしましたよ。
ちゃんと飼育ケースに、オガ粉を入れて、ゼリーも数個一緒にね。
「どうしてこんなケースとかおがくずとかゼリーとかあったんですか?」
まだ、知らない方もいたようで、ほっとしました。(笑)


さて飼育ネタ

モセリオウゴンオニ

キャメロンハイランド産、スガ夫さん血統


SMO24-1A_20090605194655.jpgキャメロンハイランド産のモセリ♂の瓶で、蛹化は確認できていたもののその後中が見えなくなっていた瓶があったので、掘り出してみました。
63mmの♂でした。
この兄弟はみんな仲良く63mm前後で羽化してきています。
残り♂1頭となりましたが、こちらは現在蛹です。
きっと63mmで羽化してくれることでしょう。(笑)



ロンギチョンペルスミツノカブト
ベラクルス州 F2

3♀いたロンギチョンですが、1♀がDVで★、もう1頭はペアリング前に★となり最後の1頭となってしまいました。
これってブラハスと同じパターンだ。

まあ、1♀いれば累代分くらい採れるでしょう。
静岡の親方2♀で200個宣言しちゃいましたしね。(笑)

ということでセットから2週間、割り出してみました。

ロンギ初採卵Aあれ、少ない。
たった8個しか採れませんでした。
しかも健康そうなのは約半分。
かかりが悪かったのでしょうか?
もう一度同居後セットしてみます。





エラフスホソアカクワガタ
インターメディアツヤクワガタ


以前どちらもセット直後に2個ほど卵を確認し、その後セットを継続していたものです。
採卵した卵はインタメが1頭孵化しただけで、エラフスの卵は消えておりました。

そして今回、割り出しです。
結果はボウズ
写真もありません。

インタメは他にも1セット組んでいるのでそちらに期待しましょう。
エラフスはやっぱり難しいな。
でもこっちもあと1セットあるんですよね。
でも同じマットでのセットなのでダメかな?

クルビSSP
も噛っている感じないし、どうもブリードが不調ですね。
そう言えば、去年も今の時期不調だったような・・・。
進歩していないのかな?(笑)
まあ、あきらめないでまた頑張ってみますね。
緊急のお願い

埼玉県新座市で市内の小学生親子を対象にクワカブ飼育の教室「新座パワーアップ クワカブ研究所」を主催されている健太郎@東京さんからのお願いです。

毎年、子供達に国産カブトムシの飼育にチャレンジして貰っているのですが、今年は参加者が多いため、国産カブトムシが足りなくなってしまいました。
国産カブトムシの未交尾の新成虫ペアをお持ちの方で提供して下さる方を捜しています。


もし提供してくれる方がいらっしゃいましたら、メールフォームよりsorapaへご連絡頂きますようお願い致します。
よろしくお願い致します。


珍しく連日更新です。

別に「あの方」に脅されたわけではありません。(笑)

昨日の標本に関してのアンケート、コメントありがとうございました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

先ほど嬉しいことがありました。

ブラックハスタート
ジョニーさん血統

4月中旬にセットを組んだブラハスですが、2週間前に解体したときには産んでいる気配もなく、♀も瀕死の状態でした。
結局♀はその後数日間で★になりました。

ブラハス初孵化A先ほどそのまま放置していたセットを覗いたら幼虫の姿が・・・。
ちゃんと産んでくれていたようです。
幼虫の周りに木くずのようなものも見えていますので、材に産んでいたのでしょうね。
コレ1頭なのか、それとも他にもいるのか?
もう少しこのままにしておきます。

うちには他に2♀いたので、それぞれ同居開始。
約5日間同居させましたが、1♀が★。
あきらかな外傷はないものの、DVの可能性は高いですね。
ということで3♀体制のブラハスも、気づいてみれば1♀のみに。
こちらも先週セットに入れておきました。
なんとか産んでくれ~。


アンタエウスオオクワガタ

インド・ガントク産 クワクワさん印 

アンテ交換530A既に数頭は菌糸瓶に投入していましたが、プリカで飼育したままのアンテが8頭いました。
ボトルをやっと調達したので、交換してみましたが・・・、
なんと1♂7♀の判定となってしまいました。
くっきりと卵巣が見えていましたので間違いないと思いますが、先に交換したものも含めて3♂7♀確定かと思います。
種親はまだ健在なので、またセット組もうかな?
迷いどころです。


サタンオオカブト

ボリビア産 CBF1 種親♂106mm ♀66mm
2008年11月下旬孵化 まんじくん血統


4月初めに♂49g、♀37g、ワインセラー、18度で管理しておりました。
1カ月半立ちましたので、どんなものかと思い交換してみました。

サタン0601A結果は♂62g、♀50gと若干伸びておりました。
今回はQ-BOX10に入れて管理してみることにしました。
マットはドラネコさんを初めて使ってみます。
次回交換は2カ月後くらいでしょうか?




マヤシロカブト
ホンジュラス産 F2 種親♂81mm ♀68mm
2009年1月孵化  まんじくん血統


マヤ0601Aサタンを交換したとなると、こちらも交換しなければいけませんね。
前回♂24g、♀11g、10gでした。
今回は♂39g、♀35g、39gとなっています。
♂と♀の体重が同じだ~。
マヤックスサタンと同じく低温管理していたので少し伸びが悪かったのでしょうか?
今回からは常温飼育にしてみます。


性懲りもなく本日のおまけ。
この画像、何の意味もございません。(笑)

KM03同居3A

メイトガードどころか、離れているし。
それとも、終了?


今日から6月、早いような遅いような。
やっぱり早いかな。(笑)

モセリーノ・バトルも徐々に参加者が増えてきております。
昨日は皐月さんのプレで当選者も発表となりました。

今後はバトルだけではなく、エントリーしていない方も参加できるような企画を考えたいと思います。
また、抜き打ちのプチプレなんかもしてみたいですね。
たまにはあっちのブログもチェックしてみて下さいね。


先週末、タラレギババの菌糸瓶をチェックしてみました。
タランドゥスはほとんど蛹化しておりました。
レギウスも結構蛹化しています。
ババは・・・暴れてます。orz

そんな中、見た感じかなり劣化した蛹室に蛹化しているレギウスを発見。


レギウス
WD0841血統

WD41mmの持ち腹最後の子でした。
取り出してみるともうかなり色づいていて今日明日中にも羽化しそうな感じでした。
使い回しのオアシス蛹室に入れて2日後。

0841-4羽化1A本日羽化しておりました。
今のところ完品のようです。
蛹を捕りだしたときは、蛹室の中がぐちゃぐちゃで、蛹の背中も潰れているような感じだったので、羽化不全を覚悟していましたが、取り越し苦労に終わってくれました。
ちなみに最終体重27g、蛹体重21gでした。
ぎりぎり70mmいってくれるでしょう。


レギウス
YCA7

YCA7-15A.jpg

昨年6月に羽化したレギウスが★になっていました。

YCA7-12A.jpgこのレギウス、サイズは73mmと大きくなかったのですが、アゴが特徴的で気に入っていました。
昨年の記事ではツンツルテンとして紹介しています。
このレギはインブリして数頭だけ手元に置いています。
♂幼虫が3頭いますので、どんな顎をした個体が上がってくるか今まで楽しみです。


さて、この★となったレギウス
手元に置いてみたい気もするのですが、標本としてビッダに出してみたいと思います。
いったいいくらの価値があるんでしょうね。
ほとんどない?(悲)

ココは強気の値段設定でいきたいと考えています。
金の亡者と呼んで下さい。(爆)

ちなみに市場調査させていただきます。
アンケートにご協力下さい。
このレギ標本、オークションの開始価格はいくらにすればよいでしょうか?





インターメディアツヤクワガタ

Mt'Canlaon.Negros Is.Philippines 産 

インタメ初孵化2Aセット後2日目で採卵したインタメの卵ですが、その後プリンカップで管理していました。
3個中、2個はなくなってしまいましたが、1個だけ孵化してきました。
インタメ初ブリ成功!!(笑)

と大きな声で言えるようなことではないのですが、嬉しいですね。
その後もセット続行中ですので、期待が高まります。
でもほどほどでいいんです。
沢山いてもマット飼育が苦手な私には荷が重すぎます。
ということで目標5頭としておきます。(笑)

さて、本日はカワラが8ブロック届いています。
さっそく詰めなくては・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。