趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PaPaりんのブログでババイの里親募集中!!
今すぐcheck!!
babai_banner1.jpg



第2回モセリーノバトル
いよいよ明日が締め切りです。
参加されている方は11月5日まで産卵・孵化報告をお願いします。



白三さんのブログ商工フェスタ終了記念里親感謝をやっていますよ。
応募締め切りは11月8日です。
のぞいてみてくださいね。


さて、いきなりですが

増種しました。(^_^;)

右手A先日増種したいという記事を載せたら、「今度飛ばしますよ」というコメントやご連絡を沢山いただいていました。
みなさまに感謝します。
<(_ _)>

それなのに、それなのに・・・。
私のこの右手が、勝手にポチッとしてしまいました。
あくまで私の右手が勝手にやったことなので大目に見てやって下さい。



マキシカクワガタ
中央ベトナム・ダナン産 WF1


マキシカ着弾1Aシカクワをよく知らない私ですが、なぜかシカクワというとマキシカを思い浮かべてしまいます。
ビッダを徘徊していたら、結構マキシカが出ていましたね。
それにしても格安です。
もっと高額かと思っていたのですが・・・。




マキシカ着弾2Aプリカマットに入って6頭到着しました。
9月下旬孵化ということで、まだまだ小さいですね。
カワラ飼育がいいということで、もうしばらくマット飼育をしたあとでカワラに投入してみたいと思います。
6頭いれば1ペアくらいは羽化してくれるでしょう。
またカワラ種が増えてしまいましたね。




マキシカ着弾3A実はこのプリカの中に卵が2個まぎれ込んでいました。
まさか、この幼虫が卵を産んだのでしょうか?(笑)
孵化するとは思えませんが、一応別カップに採っておきました。
孵化してきたら、販売元さんに確認してみようかと思います。



もう1種


ダビソンフタマタ
南インド タミール ドゥ産 WF2


ダビソン着弾1Aこちらは前々から気になっていたダビソン
思ったより格安でした。
3頭だと思ったら、到着したのは5頭でした。
サービスかと思って確認したら、最初から5頭の出品でした。
私の勘違い。(^_^;)





ダビソン着弾2Aこちらは10月21日割り出しということですのでやはり小さいです。
何で飼育しましょうかね。
マット、カワラ?
まだまだ時間があるのでゆっくりと考えることにします。


自分の右手ながら、勝手なことをされて困っています。(笑)
厳しく、叱っておきました。(笑)




KBAさて、先日のKBさんのセールでゼリーをまとめ買いしましたが、昨日届いた箱には、このように段ボールをシュレッダーにかけたような緩衝材が入っていました。
これってただの緩衝材?
それとも成虫管理に使えってことなのでしょうか?
どう思います?
でもうちのメインのタラレギに使ってもすぐにグチャグチャにされるだけのような・・・。

スポンサーサイト
とうとう、重い腰を上げましたよ。
まあ、体重が体重なので、ホントに腰が重いんですけど・・・。(笑)

エラフスホソアカ
WD持ち腹


「マット、菌糸、材飼育をためそうと思っています」と以前から公言していましたが、ある方から、「エラフス材飼育・・・ながれちゃう気がスル~~爆」というコメントをいただいておりました。(笑)
いや~、どきっとしましたね。
見透かされている~。

しかし、そうとなれば実行しなければマズイでしょ。
ということで、エラフスホソアカの材飼育に挑戦です。

EB材飼育1A太めのコナラ材を用意しました。
BE-KUWAを見ると、かなりベチョベチョの状態の太めの材を用意した方がいいとのことでしたので、2日間加水しちゃいました。
その後5日間くらい乾かしておりましたが、カビが凄い。
材飼育の経験ないのですが、このカビってどうすればいいのでしょうか?
底に水が1cm位の高さまで入れた3L瓶に材を突っ込み、周りに申し訳程度のマットを流し込みました。


EB材飼育2A今回、実験台となってもらう幼虫はこの子です。
これまでマットプリカ、18度管理で飼育していました。
私のブログで温度管理を記載することって珍しいんですよ~。(笑)
先日菌糸に入れたニョロよりも大きいです。
別に狙った訳じゃなく、積み重なったプリカの一番上のものをチョイスしただけです。
これも運命と思ってあきらめて貰いましょう。




EB材飼育3Aそして、私の飼育環境にドリルというものがありません。
穴を開けようと思いましたが、思いの外堅い堅い。
ペンチで少しずつ掘り進めました、
予定では3cmくらいの深さを掘る予定でしたが、1cmで挫折しました。(笑)
そして幼虫を頭から投入。
うまく行くのでしょうか?




EB材飼育5A12時間後の状態です。
どうやら無事に潜ってくれたみたいです。
しばらくは材から出てこないか確認が必要でしょうね。
BE-KUWAの記事によれば、太めの材を2~3本並列に並べておけば、順次材を移動していくと書いてありましたが、そんなスペースはありません。
まだかなり小さいですし、しばらくはこの太めの材1本で足りることでしょう。


D様、どう?
私だって、やるときはやるんですよ。(笑)
でもあのコメントがなければやらなかったかも。(爆)
背中を押してくれてありがとうございました。


さてお次はモセリ


モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 ♂76mm×♀48mm



菌糸瓶セットで7月下旬に孵化したと思われるモセリ幼虫
8月22日菌糸瓶1500と2000に投入していました。
残念ながらこの時は雌雄判別できませんでした。
同じ日に8頭、投入したのですがどの瓶も食痕は出ているものの幼虫の姿は見えません。
2カ月たっていましたので、様子見のため1本掘ってみました。

KM11-2-1A.jpg2000mlに入っていた♂の幼虫です。
体重は18.5g
居食いというわけでもなく、外側からの見た目と違って、結構食い進んでいました。
菌糸もちょっと乾燥気味でしたので、交換タイミングは悪くなかったかも。
孵化から約3カ月
ちょっとモノたりませんかね。




KM11-3-1A.jpgとなるともう1本交換したくなっちゃうわけです。
これまた2000mlに投入していた♂幼虫。
体重は19.4g
こちらも中身は結構食いが進んでいました。
まあ、当たり前と言えば当たり前ですね。
小さい方の1頭は添加剤入りの2000mlへ、ちょっと大きめのこちら添加剤無しの2000mlへ入れてみました。
これでサイズに逆転が起きれば添加剤が合っていることになりますよね。



KM11-8-1A.jpg瓶の内側は結構食いが進んでいるので、1500mlの方はもっと酷いことになっているだろうと思い、これまた交換してみました。
すると、こちらは完全な居食い体制
出てきた幼虫は♂、23.4gでした。
モセリの23.4gはマイギネスです。
しかも1500mlと小さい方の容器の方が結果が良かったのが不思議です。

ということでモセリの1本目は1500mlでいけるということがわかりました。

居食いしていたようなので、残りの菌糸瓶の交換はもう少し待つことにします。



ババオウゴンオニ
みつひろうさん血統


1カ月前、ふ化後3カ月で22.8gまで育ったババニョロですが、交換後すぐに蛹室を作り出し10日前に蛹化しちゃいました。
交換時からそれ程暴れた様子もなくすぐに蛹化したので、もしかしたら結構いいサイズになるのかも・・・。


ということで掘り出しましたが・・・。

MB2-20-3A.jpg結果15.8gと予想外の小ささです。
うちのデーターから見ると70upギリギリラインですね。
最終体重22.8gはマイギネスだったのに・・・。
ということは今まで70upしている個体は、最終交換後の瓶でそれなりに大きくなってから蛹化したということなのでしょうか?
ちなみに76mmのババは最終交換22.2gでその後6週間後に蛹化し、蛹体重は18.5gでした。
大型を狙うためには25g以上の幼虫を出さないと厳しそうです。



ちょっと、明日は忙しいのでコメ辺ができないかもしれません。
○○学校の講義に行ってきます。
チビタラ同盟2周年プレ企画
リベンジステージ開催中

pre_banner.gif
本選で当選できなかった方限定です。
締め切りは27日、お忘れずに。

第2回モセリーノバトル 
締め切りは10月31日です。
参加者のみなさま、11月5日までに申告して下さいね。



昨日ビッダのマイページをみたらポイントが急に増えていました。
しかもポイント有効期間は10月30日
1000ポイント以上ありましたからこれは何かを買わないとと思い物色、物色。
固定価格のものしか使えないので、迷ったあげく購入したのはタイベストシール120枚。(笑)
送料80円のみの支払いで、凄く得した気分です。(笑)

さてムシネタです。

タランドゥス
横綱血統♂82mm ♀54mm


RS2孵化1025Aレギウスの孵化に続き、タランドゥスの卵がゾクゾクと孵化してきました。
12個採卵し、現在まで11個孵化しています。
ちょっと卵が小さいような気がしていたので、半分くらいしか孵化しないのかと思っていました。
そのため菌糸プリカを6頭分、詰めておいたのですが明らかに足りなくなってしまいました。
まあ、もう少し時間があるのでその間に考えましょう。



中国クルビデンス
クワクワさん印

9月にセットして、材も結構噛られていたのでたぶん産んでくれているだろうと思っていた中国クルビです。
11月までそのままにしようかと思ったのですが、なんとなくケースを見ているうちに材を取り出している自分がいました。(笑)

中国クルビ割り出しA材を半分にして、そのまた半分だけを割ったところ、幼虫を確認。
結局6頭の幼虫が出てきました。
まだ孵化したばかりのものもいましたので、他の材はそのまままたケースに戻しました。
ちゃんと産んでくれていて嬉しいと思った反面、残りの材にどれだけ産んでいるのかちょっと怖いような気もします。



もしものボウズに備えて、取りだしておいた同居させていたのですが、その必要もないので別居させようと思いケースを覗いたところ、なんと首チョンパされていました。
前回、同居を2カ月位させていても問題なかったのに・・・。
子孫を残せたから良かったものの、ちょっとショックでした。
油断大敵ですね~。


ブラックハスタート
ジョニーさん血統


JBH4羽化A産卵セットに幼虫の姿を1頭だけ確認したまま放置し、その後蛹室、蛹化、羽化を確認しておりました。
産卵セットのまま羽化させたことになります
ちなみにコバシャの中ケースです。
羽化から2週間以上たっていますので、スペースを空けるため掘り出してみました。
さすがに交換なしのマット飼育で羽化した個体。
34mmの小さな姿でした。


マットの中からこれまた小さなメス幼虫2頭も出てきました。
これはラッキー
でも個別飼育している3本は1♂2♀(♀1頭は羽化済み)なので結局1♂5♀に落ちつきそうです。


耳寄り情報


K○ファームさんで特売セールしていますよ。
プロゼリーまとめ買いのチャンス。
今回私は1ケースだけ購入しちゃいました。
チビタラ同盟2周年記念プレには沢山のご応募いただきありがとうございました
当選された方、おめでとうございます。
まだ当選表明をされていない方はお急ぎ下さいね。

そして惜しくもはずれちゃった方、リベンジステージを用意していますので、そちらに期待して下さいね。

プレ企画の発表を見たら、なんか自分も増種したくなって来ちゃいました。
まだ、していませんよ。(笑)

実際何が欲しいのかもわかっていないのですが・・・。
みなさんもそんな時ありませんか?
これって、定期的に襲ってくる難病ですね。

なんとなく考えているのはフタマタ系かシカ系ミヤマ系ですかね。

フタマタは現在マンディフォルスターを飼育しています。
あっ、リノケもいたかも。(どこにいるんだろう?アセアセ)

ボーリンもムニス
も、以前に比べれば価格が落ちてきたとはいえ、まだまだ高額ですね。
ダビソンあたりが現実的か?

シカ系は今まで飼育したことがありません。
なんでだろう?
実際、あまりよく知らないんです。

ミヤマgucchiさんからいただいたエラフスがいます。
以前ジョニーさんからユーロミヤマの幼虫をいただいたのですが、★にしちゃいました。
やはり低温飼育種が多いので、厳しいかな?

ビッダを徘徊して、ついポチッとしたくなるのですが、お財布と飼育スペースを考えて、なんとか踏みとどまっています。

近くにむし屋さんがないのが救いですね。
これで行きつけのショップが近くにあったら、絶対増やしちゃっていることでしょう。


さて、着弾ネタです。

たるネット・○○た

たるネットAB.Diamondさんのブログで紹介されていたたるやさん印のネットに「気になります」とコメントしていたところ、たるやさんから現物を送って頂けることになりました。
思っている以上に目が細かく、そして厚みもありました。
マット飼育組のフタにはさむネットとして重宝しそうです。



たるネット2Aちなみに中にはこんなお手紙もはさまっていました。
もはや、仕込みする方が普通なのでしょうか?(笑)
仕込みがないからといって謝る時代に突入したようです。

怖い世の中になりました。
何はともあれ、たるやさんありがとうございました
なくなったらまた何処かでコメントしますので気づいて送ってね。(笑)




さて、ムシネタはというと

レギウス
WD持ち腹♂76mm ♀46mm


08417-2回目4A先日割り出した卵が順調に孵化してきました。
8個採卵で、現在まで7頭孵化してきています。
残り1個も形色とも申し分ないのですが、今日中に孵化しないとダメかも。
今回はマットプリカにすぐに移動しました。
菌糸を用意しなくては・・・。





08417-2回目3Aそして今回も使ってみました。
やわらかピンセット幼虫用です。
たしかにつかめます。
でも微妙なタッチで幼虫を持ちながら、写真を撮るのは結構大変でした。
普通に移動させるだけなら楽チンでしたけどね。
幼虫に関してはスプーンを使って移動するのも、ピンセットを使って移動するのもそれ程大差はないような気がしました。
でも卵用のピンセットに関しては、ぜったり楽チンですよ~



ビッダに出品した余品2点にはなんとか入札がありました。
どちらもまだ1件だけですけど・・・。orz
明日が締め切りです。
久々の出品なのでちょっとドキドキしています。
緊急速報!!
チビタラ同盟2周年プレ企画

pre_banner.gif

当選者発表中!!


いきなりですが、皆さんのところでは暖房入っていますか?
うちは先週から、朝と晩にパネルヒーターを稼働させています。
職場も、寒い日だけですが暖房が入りました。
常温飼育の私には、ここからが過酷な飼育環境になっていきます。

職場の暖房は温度調節ができません。
風量が大中小の三段階の切り替えだけですので、日中下手をすれば30度近くまで温度があります。
そして夜8時になると暖房がきれますので、寒い冬の朝になると10度を切ることもあるのです。

まあ、ここ2年間はこの環境で飼育していますので今年も何とかなるでしょう。
でもやっぱり温度管理できる環境が欲しいな~。


さて、本日のムシネタです。

パプアキンイロクワガタ
ブラック血統 白三さん印


黒パプ♀★A先日人工蛹室で羽化した黒パプ♀です。
羽ねパカでした。
「羽ねパカは★になりやすいから気を付けて」とからコメントをいただいたその日、★になっていました。orz
色は、まちがいなくブラックでした。
う~ん、残念です。
残り数頭全て蛹になっていますので、掘り出さずにこのまま羽化して貰う予定です。


モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 ♂76mm×♀48mm


KM11菌糸瓶セット3A我が家の看板血統のモセリ
1回目が菌糸瓶(2000ml)セットで12頭ゲット
2回目砂埋めレイシ8卵採卵するも孵化は3頭のみ
3回目は菌糸瓶(800ml)でセットしました。
8月31日にセットし、産卵、孵化を確認していましたので、雌を取りだしてそのままとしていましたが、食痕がだいぶ伸びてきたのと、カビが発生してきていたので割り出しました。




KM11菌糸瓶セット4A瓶の外からは3頭しか確認できていなかったのですが、結局8頭の幼虫が出てきました。
モセリーノ主催者の発言としては不適切ですが、モセリの産卵は菌糸瓶が楽かも。(笑)
しかも800ml瓶でこれくらい採れるなら、コスト、手間両方を考えてもリーズナブルのような気がします。
でもモセリーノは男と男の意地の戦いですからね。
やっぱりこまめに割り出して相手にプレッシャーをかけながら戦っていくしかないと思います。(笑)


マクダレインコクワ
WD持ち腹


マクダレイン交換1A割り出したあとも産卵セットに放置中のマクダレインコクワです。
材も一緒に入れているのですが、材に潜っている幼虫もいるみたいです。
今回は2頭だけ試しにオオヒラタケのプリカに入れてみました。
マットでも菌糸でも大丈夫とのことですので、半々くらいで飼育してみたいと思います。
この2頭の菌糸への慣れ具合を見て、あと数頭菌糸へ投入する予定です。



エラフスホソアカ
WD持ち腹


EB1-3A.jpg先日、オオヒラタケとカワラ各1頭ずつ、試験的に投入してみました。
最初どちらも潜っていったのですが、しばらくするとカワラに入れた幼虫は表面に出てきてその後潜ろうとしませんでしたので、また、マットに戻しました。
かたや、オオヒラタケに入れた方は、写真のように順調に食痕が伸びています。
ということで、本日新たに2頭、菌糸に投入しました。
材飼育の準備もしないといけないのですが・・・。


ババオウゴンオニ
黄金師匠血統


OC17-4A.jpg人工蛹室へ入れていたババ♂が本日羽化してきました。
まだ内翅は乾いていませんが、羽ねパカは免れそうです。
ただ、やっぱり右側の上翅に小さなディンプルができています。
これで4頭目くらいでしょうか?
この人工蛹室の表面の問題なのか?
それにしても皆同じような場所、しかも右側にディンプルができるのっておかしいと思いません?
あと2♂前蛹がいますので、この2頭はオアシス人工蛹室で管理して比べてみたいと思います。


さて、今週末にはチビタラ同盟プレ企画当選発表がありますね。
私の協賛品にも沢山のご応募をいただき、ありがとうございました。

どなたが当選されるのか楽しみです。

そして誰の協賛品に、誰が当選するのか、コレも見ていて楽しいですよね。
もうしばらく、待ちましょうね。
チビタラ同盟2周年プレ企画

pre_banner.gif

本日が応募締め切りですよ~。
まだ応募されていない方、この記事読む前に応募してきて下さ~い。

応募したら、戻ってきてね。(笑)


そして最近、ちょっと忘れ去られた感がある、モセリーノバトル
こちらも第二回モセリーノバトルの締め切りが今月末となっております。

前回は予想プレを行ったのですが、チビタラプレとも重なったので今回は企画しませんでした。

しかし、今回も第1回からさらにパワーアップした結果も出てきそうですよ。
参加の皆さん、最後の一踏ん張り、頑張って下さい。


さて、私の方はと言いますと、タラレギの割り出しを行いました。
卵で割り出そうか、幼虫で回収しようか迷っていたのですが、前回のアンケートで卵割り出し派が圧倒的に多かったので、長いものには巻かれろの精神で、卵での割り出しを決断しました。

レギウス
WD持ち腹♂76mm ♀46mm


チビタラプレに協賛していますので、産んでいてもらわないと困ります。
前回は13個採卵し13頭が孵化しました。
追い掛けせずに9月29日再セット、即穿孔。
穿孔から17日目での割り出しになります。


08417-2回目1A割り出してすぐに卵発見。
誰かさんのようにこぼれることはありませんでしたよ~。(笑)
膨らみがまだ足りないような気がしますが、どうでしょうね。
予定ならあと数日で孵化するはずなんですが・・・。
二日たった現在、卵は順調に大きくなってきているのできっと大丈夫でしょう。




08417-2回目2A結局採卵数は前回より少なめの8個となりましたが、レギウスとしては普通かな。
我が家ではレギウスの産卵で二桁いくことの方が少ないですからね。
一応、この血統はこれで終了しようかと思っています。
と思いながら、このまま止めることができるのでしょうか?(笑)





タランドゥス

横綱血統♂82mm ♀54mm


RS2-2回目Aこちらもチビタラプレに協賛しています。
今年一押し血統ですね。
前回は8ニョロ5卵で割り出し、その後卵も全て孵化しましたので現在13ニョロ飼育しいます。
自分の分としては充分かな。
今回は12個でした。
タランドゥスとしては少なめですね。
この血統は、間違いなく大型になる素質を秘めた血統だと思っています。
もうちょっとブリード続けようかと考えています。


そうそう、今回の割り出しにはもちろんこれを使ってみました。
やわらかピンセット

ムヨーグ卵Aたしかにこれはいいですね。
今までは蟹スプーンを使っていたのですが、こちらの方が断然楽でした。
卵をつかむと言うことに抵抗を感じていましたが、このやわらかさなら卵を傷つけることは多分ないでしょう。
問題は小ささかな。
だれかさんもすぐになくしたと言っていましたが、私も購入したあと、どこに位置いたのか忘れてしまい捜すのに苦労しました。
えっ?それは単にずぼらなだけ?(笑)
そうです、ずぼらです。(爆)


それ以外のネタは~

インターメディアツヤクワガタ

WD持ち腹


インタメ091016A今まで何度か飼育していますが、羽化させたことのないインタメ。
今年WD♀を手に入れブリードして何頭か取ることができました。
プリカに放置していましたが、確認したところ結構大きくなっていましたので、マット交換
相変わらず尻デカのキモイ姿ですね~。
現在6頭残っていました。
今回は羽化までもっていけるかな?





ババオウゴンオニ
黄金師匠血統 OC17


OC17-2A.jpg人工蛹室に移していたババ♂ですが、良い感じに色づいてきました。
蛹体重13.4gと小振りですし、アゴもそう長くはないのですがこのまま無事に羽化して貰いたいものです。
ババ羽化不全が少ないといわれていますし、実際私もそう思います。
ただ、今までこの人工蛹室で数頭羽化させていますが、決まって右上翅の上に小さなディンプルができてしまいます。
今回はどうなのかな?
羽化してから確認してみます。



昨日菌糸を注文し、支払いを済ませたところとうとう通帳の残高が2桁になっていました。(笑)
これはいかん。
ということで、久々にビッダに出品しちゃいました。
今回2種出品しましたが、どちらも我が家ではブリードする予定がないので、菌糸代の足しになって貰うことにしました。
といってもこれでも全然足りませんね。
今の季節なら発送もそれ程気を使わないですみますから、この時期にもう少し出品を続けようかな?
もちろん、発送には仕込みはしないつもりです。(爆)



チビタラ同盟2周年プレ企画
ただ今、応募受付中!!

pre_banner.gif

締め切りは10月18日(日)です。
121品の協賛品から、あなたは何を選びますか?

とうとうネタがなくなったので、チビタラプレの協賛品をアップすることにします。
今回は3点協賛させて貰いましたよ。


1.Mesotopusセット1


レギウス1♂2♀(南西カメルーン産)


MSG4-1-9A.jpg

MSG4-1-11A.jpg♂74mm CBF2 7.31羽化
酒樽さんのギネス兄弟の累代になります。
先ほど測定したら75mmでした。

♀49mm CBF2 7月中旬羽化
♂と同血統です。
♀47mm CBF2  8月上旬羽化
上のペアとは別系統になります。内歯消失など
さまざまなアゴの形状が出た血統です。


タランドゥス幼虫4頭(コンゴ産)


RS6-17A.jpg種親:♂82mm ♀54mm 
CBF1 9月20日前後孵化

横綱血統になります。
この血統は他の方も所有されていますが、いいサイズが出ているみたいです。
現在ブリーディング中ですが、今期一押し血統かと思います。
一緒に大型を目指しましょう。




2.Mesotopusセット2

タランドゥス1♂2♀(コンゴ産)

BG41-10A.jpg

BG41-9A.jpg♂ 78mm 6月7日羽化  CBF2 
BON・ド・ガ~ル血統
♀ 47mm 4月28日羽化 CBF2 
BON・ド・ガ~ル血統
(♂とは腹違いの兄弟になります)
♀ 51mm 5月24日羽化 CBF1 

上の血統とは別系統になります。




レギウス幼虫 4頭(南西カメルーン産)
 

0841-1-9A.jpg種親:♂76mm  ♀46mm
WF2 9月20日前後孵化

最近ではWDレギの入荷も少なくなってきていますが、WDの持ち腹から産まれた個体が種親になります。
アゴの形状もなかなか綺麗な血統です。



3.ババオウゴンオニ新成虫ペア

OD5-11A.jpg

テナセリウム産(黄金鬼鍬太郎さん血統)
♂:71mm 7月18日羽化 CBF1
♀:47mm 7月31日羽化 CBF1


種♂(クワ門さん血統58mm)は同じですが、腹違いの兄弟ペアです。
♀はどちらもDALさん血統(42mm、43mm)になります。

現在のところ、Mesotopusセットには各1名ババペアには9名の応募をいただいております。
チビタラ同盟会員、そしてタラレギ王国を謳うものとしては、ババの方が任期があるというのはちょっと淋しいです。(笑)
Mesotopusへのご応募もお待ちしております。

締め切りは18日です。

できれば締め切りギリギリの応募ではなく、余裕をもってご応募して下さると助かります。
ご協力をお願い致します。


チビタラ同盟2周年プレ企画
ただ今、応募受付中!!

pre_banner.gif

締め切りは10月18日(日)です。
121品の協賛品から、あなたは何を選びますか?

先ほどPaPaさんとお電話で相談させて貰いました。
昨年のチビタラプレの時には重複当選が多かったため、今回は重複当選は無しという方針で行っています。
応募終了しないとどうなるのかわかりませんが、応募があっても当選該当者がいないということもあり得ます。
その場合は、協賛者様の了解が得られれば、再応募、再抽選させて貰おうと思っています。
みなさま、ご了承下さいね。

チビタラ同盟のBBSブログもありますのでそちらへもご訪問下さいね。


さて、ちまたで流行しているアレを、私も手に入れてみました。



ムヨーグAご存じムヨーグやわらかピンセット
卵も幼虫も思いのままにつかめると評判ですね。
さっそく試してみようと思ったのですが、割り出しはまだ先でした。
早く使ってみたいですね。

ちなみに、今回ムヨーグの発売元さんからもチビタラプレに協賛していただきました。
ありがとうございました



クリアスライダーAそして流行に敏感な私は(嘘ばっかり)、このケースも使ってみました。
クリアスライダーですね。
すでに、使われている方も沢山いるようですが、今のところ使い勝手良好です。
やはり高さがない分、段ボール飼育をしている私にはとってもナイスなケースです。
あとは、丈夫さコバエ進入の有無だけが気になるところですが、今のところその心配はなさそうです。
今後はこのケースをつかいたいとおもったのですが、今まで使っていたスタックを使わないのももったいないし、まだまだクリアスライダーは増えることないかも。


それではムシネタです。


土曜日はマット交換を行いました。


マヤシロカブト
ホンジュラス産 F2 種親♂81mm ♀68mm
2009年1月孵化 まんじさん印


マヤ♂1010A前回8月4日に交換していますので約2カ月ぶりの交換です。
3頭のうちひとつのケースだけにコバエが発生。
ということでついでに3頭全部交換しました。
前回の交換時の体重は54g、54g、55g3♀疑惑が持ち上がっていました。
今回は57g、59g、62gとなっています。
1♂2♀?それとも・・・
雌雄判別は老眼のためできませんでした。(笑)



サタンオオカブト
ボリビア産 CBF1 種親♂106mm ♀66mm
2008年11月下旬孵化 まんじさん印


サタン♂1010Aこちらは前回8月22日交換でしたので1カ月半での交換です。
マヤックスの交換ついでに、やっちゃったという感じです。
♂は85g→93g、♀は61g→64gとどちらも微増といった感じでした。
そろそろ孵化から1年。
あと1年か~。
長いな~。(笑)





ネプチューンオオカブト
コロンビア産 種親130×63 CBF2
2009年7月~8月孵化 こうじんさん印


KDN1-1A.jpg先日いただいたネプニョロはプリカに入っていましたので、マット交換を兼ねてお姿を拝見することにしました。
体重は8g、8g、9gでした。
雌雄判別は、老眼のため・・・以下省略。(笑)
今回は1000mlの容器に入っていただきました。
こちらも先は長いですが、2カ月に一度くらいのペースでマット交換していきたいと思っています。




パプアキンイロクワガタ
ブラック血統 白三さん印
一昨日、白三さんへイベント用として、うちの余品を飛ばさせてもらいました。
お陰様で、スペースに余裕ができてちょっと嬉しいかも。(笑)


黒パプ♀羽化1Aそんな白三さんから、以前いただいた黒パプ
凄い角度で蛹室を作っていたのですが、中でもほとんど垂直に蛹室を作っている個体がいたので、撮りだして濡れティッシュ蛹室で管理しておりましたが、先ほど羽化しておりました。
黒パプなのに、翅は白パプです。
さすが、白三さん血統
ですね。(爆)
ちょっとハネパカかな?
さて、になりますでしょうか?


今日も、弄ったネタ全て放出しました。
次回ネタ、あるのでしょうか?
今のところナッシングです。orz
いよいよ本日よりチビタラ同盟2周年プレ企画の応募が開始です。
pre_banner.gif

沢山の方から御協賛をいただきありがとうございました。
今回も凄いものが沢山出ていますね~。
全部で114件もの協賛品が集まっております。

募集要項をよくお読みになって、皆さんどしどしご応募下さいね。
同盟会員一同、お待ちしております。



さて、前回のタラレギの割り出しアンケートですが卵派37名、幼虫派9名という結果になっています。
タラレギに関しては卵で割り出す方の方が多いようですね。
もう少し、差がないかと思っていましたが意外な結果でした。
ということで現在セットしているタラレギ卵で割り出してみることにしますね。


本日はネタ豊富です。
それでは一気にいかせてもらいます。


エラフスホソアカ
自己ブリ幼虫、WD持ち腹


EB1-1A.jpgキドちゃんからエラフスの飼育方針をというリクエストがありました。
黄金師匠からいただいた幼虫はマット飼育でいくことは決めています。
自分でブリードした幼虫8+αの飼育ですが、菌糸飼育と材飼育をしたいと思っています。
そこで今日試しに2頭ほどマットから出してみました。
思ったよりしっかりと育っていました。
これだったらこのままマットが安全なのかもしれませんが・・・。


EB1-2A.jpg1頭ずつ、お試しでオオヒラタケカワラのプリカに入れてみました。
この2頭の様子を見てオオヒラタケ3頭カワラ3頭、残り2頭を材飼育で行ってみたいと思います。
まあ、途中で方針が変わることもあるかと思いますが、今のところそんな予定です。
まずは菌糸に入れたこの2頭がちゃんと潜っていってくれるかどうか、そこからですね。



エラフスミヤマ
Gucchiさん印


エラフスミヤマ2本目1Agucchiさんより5頭いただいたエラフスミヤマですが、1頭のみマットで、4頭をカワラで飼育しておりました。
前回投入から2カ月半がたちましたので交換です。
5頭とも何とか生存しております。
一番下の小さいのがマット飼育のものですが、カワラ組の成長がいいようです。




GE4-1A.jpg体重測定では8.6g、5.2g、4.5g、4.3g、そしてマット飼育が3.1gでした。
雌雄判別はよくわかりませんでしたが、体重からは1♂4♀?
いえいえ、まだよくわかりませんね。
それにしても、成長はゆっくりのようです。






エラフスミヤマ2本目2Aもう少し大きくなっているかと思い、1400mlしか用意していませんでしたので、5頭とも1400mlのカワラに投入しました。
800mlでも充分だったかな?
あとは菌糸が劣化するまでこのままでしょうね。
きっと食い上がる前に菌糸の劣化のために交換になるかと思います。




ニジイロクワガタ
まんじさん、グリーン血統アウトライン


MGN2-1A.jpg4頭いただいたニジイロですが、4頭ともオオヒラタケで飼育しております。
前回7月25日500ml瓶に投入していたのですが、半分以上食い上がっていたので交換しました。
結果19.3g、13.0g、12.9g、12.2gでした。
交換にいっぱいいっぱいで、雌雄判別し忘れました。(笑)
体重からいって1♂3♀でしょうか?
なんとか無事に羽化までもっていって、できれば綺麗なgreeeeeenを見たいですね。



クルビデンスssp
itarumeguさん印 


IK1羽化Aこちらも4頭いただき7月17日800mlに投入しておりました。
食痕はどんどん出ているのですが、幼虫の姿が見えません。
瓶によってはまだまだ大丈夫そうなものもあるのですが、少なくとも2本は2/3くらいは食いあげているので交換してみました。
1本目を掘り出したら、♀が羽化しておりました。
孵化から半年もたっていないかも。
サイズは40mmと小振りです。



IK4羽化Aもう1本掘ってみたら、やはり羽化していました。
こちらは39mm
ちなみに親メスは42mmとのことですから、親越えならずでした。
残念!!






IK3-2本目AIK2-2本目A
残り2本は♂のようです。
24.6g22.3gでした。
これってどうなんでしょう?
大きいとは思えませんが、かなり小さいのかな?
オオクワを参考とすれば、60mm台で羽化するのでしょうかね?
小さいと、内歯下がりにならないとか・・・。
ここから大きくなってくれないかな?
とりあえず1400mlに交換してみました。


そろそろ飽きてきました?

じゃあ、最後のネタ

ブラックハスタート
ジョニーさん血統


先日♀が蛹化していることをお知らせしましたが、私の予想では2ペアのはずなので、♂2頭は交換が必要です。
あれ、♂の瓶が1本しかありません。
おかしいな???

ブログをたどってみると9月8日の記事♂1頭が★になっていると書いていました。
すっかり忘れていましたね。(笑)
ブログって、こういうときに良いですね。(爆)
まあ、気を取り直して交換です。

JBH3-1-1A_20091010003453.jpgJBH3-2-1A.jpg♂は20.9g、♀は8.5gでした。
昨年の方がいい成績でした。
この分だと60mmいかないかも。
まあ、貴重な1♂ですので頑張って貰いましょう。





これ以上書けば、「いい加減にしろ!!」とクレームが来そうなのでこれでやめときます。

というかこれ以上ネタありませんし・・・
チビタラ同盟2周年プレ企画開催中

pre_banner.gif

協賛締め切りは10月9日です。
みなさまのご協力をお待ちしております。



MRIの餌食になったカード4枚が、復活しました。
これで一安心です。
と思ったら、今朝ファミリーマートで買い物したときにT-pointカードを出したら、これも読み込めなかったみたいです。
これも交換して貰わないと・・・。

今日はネタがないため、グダグダな記事です。
適当に読み流して下さい(笑)

外から幼虫の状態のわからない瓶が数本ありますが、ちょこっと掘ってみました。


ババオウゴンオニ
黄金師匠血統


OC17-1A.jpg昨年2♀をいただきそれぞれ管理ナンバーをOCODとに分けて管理していました。
OCの方は3♂5♀羽化しておりました。これが最後のになります。
6月に菌糸交換したときが17.2gで、その後中の状態がわからなくなっていましたが、やはり蛹化しておりました。
が、サイズは小さいです。
ちなみに兄弟のサイズは17gくらいでした。
まあ、元気でしたのでよしとしましょう。



OD12A.jpgこちらはODとして管理している方の幼虫です。
これまで7♂1♀羽化しています。
凄い偏りでしょ。
残り3頭、♂ニョロがいます。
と言うことは10♂1♀っていうことですけど・・・。
蛹室を作っていたので、放置していたのですがいつまでたっても蛹化せず、菌糸だけが劣化してしまったので、思い切って交換しました。
2頭交換して2頭とも16.6gでした。
こちらもサイズは期待できませんね。
菌糸交換で蛹化スイッチが入ってくれるかな。



ババオウゴンオニ
みつひろうさん血統


MB2-1-1A.jpg4月に孵化したババニョロでしたが、蛹化していました。
ちなみに200プリカのあと2000cc1本での蛹化です。
ババ♀不足の我が家にあっては、貴重な♀個体
サイズなんかよりも完品羽化希望です。
この血統は他に2♂2♀。
1♂は先日22.8gで菌糸交換しましたが、交換後すぐに蛹室を作り現在前蛹となっています。
この♂には結構期待しているんですけど、どうなることか・・・。


ブラックハスタート

JBH3-1-1A.jpgなかなかブリードがうまくいかない中で何とか4頭ほど残ったブラハスですが、♀が蛹化していました。
6月割出ですのでたぶん孵化から4カ月
ブラハスの♀は早いですね~。
ちなみにカワラ菌糸で飼育しました。
実はセットの底に幼虫を確認したまま放置しているものもあるのですが、気づけばそちらでも蛹化した個体がいるみたいです。
こちらには何頭いるのかさえわかりませんが、見た感じこの1頭だけみたいです。
今回はブラハスのブリードが散々でしたので、来期は爆産して貰うつもりです。


あー、ネタが薄いな~。

こんな時はセットでもしてみるか。(笑)


0841セット2回目Aということでタランドゥスレギウスをセットしました。
レギウスすぐに穿孔
タランドゥスもセット3日目で穿孔しました。
今回は2回目のセットなので、追い掛けなしでセットしました。
今回は卵で割り出すか、幼虫で割り出すか。

まだ決めていません。



ちょっとネタ不足なので、アンケートでもしてみましょうか。

タラレギのブリード

割り出しは卵派、それとも、幼虫派?




飼育していない方も、もし飼育していたらということでご回答をお願いします。
いよいよチビタラ同盟2周年プレ企画協賛募集が始まりました。

pre_banner.gif

10月9日までの受付になります。
皆さんのご協力をお待ちしております。

既に同盟会員の協賛品もPaPaさん夜なべしてアップして下さいました。
皆さん一度のぞいてみてくださいね。


さて本日は、予告通り着弾ネタです。

送り主はこうじんさん

ネプ着弾1A事前に「ネタは仕込んで有りませんので安心して開封して下さいね」
とメールをいただいておりました。
いざ開封して出てきたのが、この写真。
ミスタードーナッツの広告です。
これはライトな感覚でOKですね。




送っていただいたのはこれ。

ネプチューンオオカブト
コロンビア産 種親130×63 CBF2



ネプ着弾3Aネプチューン幼虫です。
先日の大阪オフ会で、こうじんさんから「ネプやりませんか?」とのお誘いを断ることができるような強い意志を持ち合わせておりませんでした。
大型カブトを撤退していましたが、ネプはやっぱり気になっていました。
飼育スペースを考えると、二の足を踏んでおりましたが、こうじんさんの誘い文句に「いただきます」とご返事させて貰いました。
ラベルをみていただければ分かるのですが、少しでも羽化ズレ解消できればとのことで孵化日もずらして貰っています。
気を使っていただきました。

撮影も終わり、プリカを包んでいた新聞紙を片づけようと思ったら・・・


ネプ着弾2Aやっぱり仕込んでありました。(笑)
危なくスルーするところでした。
こうじんさんによると「ネタではなく、何の気なしに・・・」とのことでしたが。(笑)
ちなみに「朝方」ですよ。
「親方」ではないですから間違えないでください。(爆)


大阪から二日がかりの到着でしたが、中に入っていたペットボトルの水もまだ冷たかったです。
青森、どんだけ寒いんだ?ちゅう話ですが。
こうじんさん、ありがとうございました。


なんかムシネタないかな~、とさがしてみたら、いました、いました。

パプアキンイロクワガタ
ブラック血統 白三さん印


黒パプ蛹化A8月末に200プリカから400カワラへ引っ越したパプニョロですが、3頭ほど蛹化しておりました。
PBなので中がよく見えません。
3頭とも♀かな?
それにしても随分と角度のついた蛹室を作ったようです。
他にはまだしっかりニョロしている瓶もあります。
黒パプはここから堕ちる個体もあるそうな・・・。
無事に羽化して欲しいな~。



中国クルビデンス
クワクワさん血統


KCK1A.jpg1カ月以上いや、2カ月以上同居させていた中国クルビを9月初めにセットしていました。
すぐに材を噛っていたので安心して放置。
たまにゼリーだけを交換していたのですが、♀の姿は確認できませんがいつもゼリーは空になっていましたので大丈夫でしょう。




中国クルビセット2A現在、こんな感じです。
結構、材を噛りまくっているみたいです。
きっと採れているよね。

♀を見つけたら捕獲して、セットはあと1カ月くらい放置する予定です。




クルビと言えばまんじさんからいただいたクルビSSP
結局材を取っ替え引っ替え、3回くらいセットしましたが産卵してくれませんでしたので、現在休憩中です。
ゼリーはガッツリ食べていますので、まだまだ元気
こちらも来春までに♂を捜して、再セット再挑戦させていただきます。
まんじさん、来春まで朗報をお預けって事でお許し下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。