趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2010/01123456789101112131415161718192021222324252627282010/03
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った大宮KUWATAが終わってしまいました。
1週間前ホテルを予約し、前日には電車の時間もチェックして万全の体制で臨んだのですが、結局は参加できませんでした。(号泣)
私の中では1年の中でもかなり重要な一日になるはずだったんですけどね~。
まあ、いつまでも悔やんでいても仕方がありません。

こんな時は、虫いじりです。
中途半端に時間が空いたので、菌糸交換羽化した個体の掘り出しを行いました。

ババオウゴンオニ
ぜんさん血統


ZBA1-2A.jpgぜんさんからいただいたババの2頭目の♀が羽化しておりましたので掘り出しました。
サイズは47mm
まずまずのサイズです。
問題は
側面から蛹室のようなものがちょっとだけ見えていますが中は見えません。
少しずつ掘っていったのですが、中央の部分にスプーンを入れたところ
ぐさっ!!
通常側面に平行に蛹室を作ることが多いので,中心部は安全と思っていたのですが・・・。
15.5gのイケメン蛹君の頭部を傷つけてしまいました。
たぶんダメでしょう。
ぜんさんごめんなさい
もう1頭♂が蛹化しているようなので、こちらは羽化してから取り出すことにします。


大宮へ行けないのでせめて虫いじりをして気を紛らわそうと思ったのですが、ますますブルーになってしまいました。


モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統
  

これまで6♂3♀羽化してきたこの血統も残すところ、5頭(2♂、3♀)となりました。
外からわからない♀瓶3本を掘り出してみました。
44.5mm、46mm、56.5mmでした。

56.5mm???

モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 KM11-10

KLM11-10-1A.jpgかと思っていましたが,極小の♂でした。
オウゴン雌雄判別を間違ったのははじめてかも・・・。
ちなみに2本目交換時の体重が12.8gでした。
同時期孵化した個体はの♂はすべて20g upでしたので、たぶん体重だけで判定したと思います。
そのため2本目は格安菌糸の1400に入れてしまいました。
よくありそうなことですが、やっぱりちょっとブルーです。





ニジイロクワガタ
まんじさん印 グリーン血統アウトライン


MGN羽化3Aグリーン血統ニジイロもやっと羽化してきました。
たしかにいままで見たニジイロの中ではグリーンが強いようです。
サイズは41mm
残り1♂2♀はまだ蛹です。
グリーンの♂を見てみたいですね。
さてさて、どんな色で羽化してくれるのか。






フォルスターキヨタミ
みつひろうさん印


FK16-2A.jpg1月はじめに蛹化していた蛹体重6.7gキヨタミ♀が羽化していました。
我が家では初のキヨタミの羽化です。
サイズは41mm
マットプリカの後、オオヒラタケ500→1400で羽化しましたが最後の1400はほとんど食べていませんね。
中には結構暴れる幼虫もいますが、ほとんどが居食いするんですね。
ちなみに兄弟たちは孵化から1年になりますが、すべてまだ幼虫です。
2年1化になるのかな?
まあ、手がかからないのでそれはそれでOKです。



大宮へ行けなかった悔しさを、虫いじりで慰めようと思ったのですが、なかなかそうはいかないです。
でも、モチベーションが下がっているわけではないので、また来年の大宮を目指してがんばります。
でも1年は長いよね~。(笑)
スポンサーサイト
大宮KUWATAまであと1週間をきりましたね。
昨年はスーパーホテルに宿泊しました。
昨日、ホテルの予約状況を見たらすでにいっぱい。
いけるかどうかわからないのですが、駅の近くのホテルを予約しました。
なんとか行けますように・・・。

さて、ためネタ放出です。

モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 KM11-6



KM11-6-3A.jpg1月30日にサナギ体重16.8gモセリが羽化しておりましたので計測してみました。
かなり甘く測定して75.5mmでした。
種親には届きませんでしたが、75upはうれしいです。

と喜んでいたのですが・・・




KM11-6-9A.jpgそれから1週間後再測定したら

74.4mm

残念ながら縮んでしまいました。
羽化後に伸びるはずだったのに・・・(笑)

75upの夢破れたり。
う~ん、むずかしい~。



スマト ラヒラタ
ペンチ君血統


ペンチ割り出し1Aセットから1ヶ月半経過。
満を持して割り出してみました。
5ニョロ+3卵
撃沈!!

う~ん、むずかしい~。
飼育する分としてはちょうどいい数ですけどね~。
もう1回セットしましょう。


タラン ドゥス
横綱アウトライン JT4



JT4ブロック投入2A1月19日菌糸ブロック6頭まとめて突っ込んでいました。
できればこのまま1ヶ月半ほど放置と思っていたのですが、あちこちから穴が開くようになってきたので割り出してみました。
前回中国クルビを同じように飼育して、割り出し時にザクザク幼虫が出てきて楽しかったのですが、今回はちょっと雰囲気が違います。
最初に幼虫が出てきてほっとしたのですが、思ったほど大きくありません。
しかも6頭中3頭は★になっておりました。
酸欠あるいは湿度の問題かも。
袋に入れたままの菌糸ブロックを中ケースに入れておいたのですが、中は蒸れ蒸れの状態でした。
菌糸ブロック投入の際にはこの辺の注意が必要なんですね。
また機会を見つけてやってみたいと思います。
う~ん、むずかしい~。



ブラックハスタート
ジョニーさん印


JBH3-1-4A.jpg待望のブラハス♂が羽化してきました。
さなぎが色づいてきてから羽化するまで、ビミョウに長く感じました。
タラレギや黄金は色づいてから2、3日で羽化するのですが、ブラハス1週間以上かかりました。
途中、★になったのかとマジで心配になりました。
サイズは63mm(とほほ)
う~ん、むずかしい~。
そろそろ兄弟♀が成熟してきたかと思うので、gucchiさん印の♂とペアリングを始めようかなと思っています。



以上、ためネタでした。
みなさん、ご無沙汰しておりました。
前回更新から1週間以上経過してしまいました。

なぜかといえば・・・・


IMAC2010A.jpgPCをリニューアルしたためです。
これまで使っていた10年もののMACiMACに交換しました。
前に使っていたパソコンから新しいパソコンへのコンバートに時間がかかってしまいましたが、ようやくすべてを移動することができましたので本日より再開です。




まずは着弾ネタからです。

先日、月読さんからうれしい着弾がありました。

つっくん爆撃2A荷物のラベルには
名古屋大学病院気胸チーム極秘リスト在中
と書いてあります。
そんなチームあるとは思えませんが、なかなか手が込んでおります。
でも確かに極秘リスト←クリックが入っておりました。(笑)


つっくん爆撃4A気になる中身は
ペロッティシカ 新成虫ペア
メルキオリティスフタマタ幼虫 3頭
ディディエールシカクワ幼虫 3頭
サタン幼虫 5頭

でありました。







つっくん爆撃10Aさすがシカフタマタ帝国を築いていらっしゃるだけあります。
私が飼育していない種類のクワガタを調べて送ってくださいました。
月読さん、ありがとうございました。

もうクレクレ君とは呼びま・・・・・、やっぱり呼ばせてもらいます。(笑)







その他のネタも結構ありますが、今日は1種だけ。

パプアキンイロクワガタ
ブラック血統 白三さん印


黒パプ割り出しA産卵瓶ごしに3~4頭の幼虫が見えていましたので、安心して割り出ししてみました。
結果は16頭でしたが、2頭は割り出したときにすでに弱っていました。
割り出しの際に傷をつけてしまったのかもしれません。
まずは累代分は確保できました。
前回10頭いただいて、羽化したのは3頭だけでしたので今回は15頭くらいは飼育したいと思います。
第二セットはは材入り気合いセットですので、こちらで生んでくれた分は飛ばしたいと思っています。(どこへ?笑)



連日真冬日が続いておりますが、やっと今日は最高気温が1度になるとのこと。
1度でもなんか嬉しく感じちゃいます。

雪かき20100207-6A 09冬支度1A

今朝も朝6時に起きてせっせと雪かきです。
我が家の今朝はこんな感じでした。(左写真
右写真は11月の段階です。
積雪量はそれ程でもないのですが、こうして比べてみると結構積もっていますね。


雪かき20100207-9Aそんな中、夏にはアゲハが卵を産んでくれるカラタチ氷の芸術品に変わっていました。(笑)
寒さの中じっと耐えているんでしょう。
これでも夏になれば、また葉を伸ばしアゲハが産卵に来てくれることと思います。










さて本日のネタは2月2日のgucchiさんのネタとまるっきりかぶってしまいます。

ぐっさんのところではミラビリスの菌糸瓶の上に、エラフスミヤマの菌糸瓶を逆さまにおいていたら、エラフスミヤマが、ミラビリスの瓶に潜り込んでいたという記事でした。
「へー、そんなこともあるんだ」
と他人事のように感心していたのですが・・・。


モセリ脱走1A私はビン底に蛹室を作ったものは、逆さまにして管理することがあります。
今回モセリ♀1100ml瓶の底に蛹室を作っていたので逆さまにしておりました。
こんなかんじです。
下の瓶にもモセリの♀が入っておりました。









モセリ脱走2Aそろそろ蛹化したかなと思い、1100ml瓶を手に取ってみてみましたが、そこにはまだ幼虫の姿がありました。
瓶を戻そうと思ったときに、下のボトルのタイベスト紙が破れていることに気づきました。
手にしている1100ml瓶のフタも確認してみるとやはり穴が開いています。
この出来事は、2月2日の夜、そう、ぐっさんの記事を読んだばっかりでした。
「まさか、うちでも?」


とりあえず、下の瓶の中を確認することにしました。
が、幼虫はいませんでした。(???)
まさかとは思いましたが、幼虫の姿が確認できないので蛹室を作っている11100ml瓶を確認してみると・・・。


モセリ脱走3Aちゃんと2頭の幼虫が出てきました。
しかも1頭はしっかりと前蛹になっています。
ということはに置いていた2000mlの中のモセリ幼虫が、フタを破って1100ml瓶に昇っていったことになります。
そんなことあるんでしょうか?

あるんです。(笑)

KM11-21-1A.jpg結局、脱走したモセリ幼虫元の瓶に戻しました。
(だって、♀ですし新しいボトルはもったいなかったので・・・。)

前蛹の方は既に蛹室も壊れてしまっているので、人工蛹室に移すことになりました。






KM11-21-2A.jpgそして今朝、無事に蛹化しました。
久々のミルキーノです。
もちろん体重測定はやっていませんが、1週間くらいしたらきっと測るんだろうな。(笑)
ということで、ぐっさんの記事をパクったわけではないのですが、あまりにタイムリーな出来事でした。
みなさんもお気をつけ下さいね。
って、こんなことするのぐっさんと私だけですかね。(爆)


モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 KM11-7



KM11-7-3A.jpg露天掘りせずに羽化させたモセリ♂を取りだしてみました。
幼虫体重19.4g、蛹体重未測定。
サイズは70mmでした。
この兄弟はこれまで6頭羽化しています。
サイズは68mm、70mm、70mm、72mm、74mm となっています。
蛹体重16.8gの個体はまだ測定していません。
次回までには測定したいと思います。


寒いですね~。

北海道
の一部では氷点下30度を下回ったとか・・・。
青森の朝も氷点下8度、日中の最高気温も氷点下3度の予想です。

雪はたいして降っていないので、雪かきは免除でしたので楽には楽です。

さて、こんな寒い中、着弾がありました。(月曜日の話ですけどね)

送っていただいたのは、レッドハスタートを出したひさちゃんです。

以前、冬場の梱包方法について質問させていただいたのですが、「説明するより送った方が早いでしょう」ということで、今回送っていただくことになりました。

ひさちゃん梱包2Aお約束発砲ケースのフタを取ってみると、まずは段ボール紙内ブタの上に、新聞紙でくるまったカイロが載っています。
カイロ全てを包むのではなく、両端が出ています。
この方が長持ちするとのことです。
前に白三さんからも同じ話を聞いたことがあります。
そのうちブタをはずすと・・・





ひさちゃん梱包4Aどーんと、「へんなおじさん」がお出ましです。
これには笑わせて貰いました。
てっきり「デキル男」が出てくるのかと思っていました。
しかもこの写真、新聞広告の切り込みなのですが、折れ具合のせいなのか、まるで飛び出してくるような、そう3D画像のようでした。
いつか使おうと思って取っておいたものだそうです。
日付は昨年の12月16日ですもんね。(笑)






ひさちゃん梱包5Aそして「志村けん」をどけてみると、お弁当パックが入っていました。
これは極寒地、青森への発送のための梱包バージョンのようです。
今までも、こういうバックに入れておくって下さった方はいらっしゃいました。
が、私はここまでしたことないんですよね~。
でも絶対この方が、保温力は高まると思います。




ひさちゃん梱包7Aそして中身はこれ。
プリカひとつひとつが、新聞紙で大切に包装されています。
心遣いが嬉しいですね。

でも、なんかこの新聞紙が気になる・・・

全ての梱包をといて伸ばしてみると



ひさちゃん梱包8Aいやいや、ここまでしてくれなくても。(笑)
どれもこれも、それ系の新聞広告です。
しかも綺麗にカットしてくれちゃっています。(笑)
なかでも「イケてる男のベストヘアー」が混じっている当たり、直接お会いしたことがあるひさちゃんだけに気を使っていただけたのでしょう。(爆)

それにしても、まあ、沢山の・・・。
どれを使ったらいいか、迷っちゃいますね。(笑)





ひさちゃん梱包6Aバックを取り去ると底にも穴が開いた段ボールがしいてあり、その奥にはまたまた新聞紙で包まれたカイロが置いてありました。

このカイロ固定されていないので、移動中に動きがあります。
それによって発熱されることと、容器内の空気の循環に一役買ってくれるそうです。



それにしても丁寧な梱包です。
これひとつ作るだけでも、かなりの時間がかかったはず。
ひさちゃん、本当にありがとうございました。

冬場の梱包のキモ「志村けん」「新聞の切り込み広告」ってことですよね。(笑)

さて気になる中身は

ムニスゼッチフタマタ
北東インド メガラヤ州 F2 ひさちゃん印


ムニスひさちゃん印1Aひさちゃんが1♀から100個以上の産卵を成功させた、ムニス幼虫です。
梱包方法を聞いたおかげで、ムニス5頭も送っていただきました。
まさに棚ぼたです。
飼育マットなどについても色々と教えていただきました。
大切に飼育させていただきます。
ありがとうございました。





みなさんもいろいろと梱包方法に工夫をされている事と思いますが、今回は参考になりましたでしょうか?
わたしもここまでできるかどうかわかりませんが、これからは真似してみたいと思います。

さて、他にもビックリネタがあるのですが、今日はここまで。


そうそう、今朝ほどメールを開けたら、金ちゃんからこんな写真が送られてきました。

金太郎BDay1


金ちゃんありがとうね。

今晩はうなされそうです。(爆)







さあ、2月です。
2月4日はなんの日でしょうか?
わかる人はわかるかも・・・。(笑)

そんなことはさておき、今日の虫いきます。

フォルスター・フォルスター(原名亜種)
北東インド・メガラヤ州産 WF1
 つっくん予約済み

フォルフォル♂羽化2A極小フォルフォルが羽化してきました。
羽化するまで本当にフォルフォルなのか気が気でなかったのですが、この色合いからいってまず間違いないでしょう。
我が家で赤系のクワはほとんどいません。
マクダレインコクワくらいかな?





フォルフォル♂羽化4A当初タラレギ♀用人工蛹室に入れておいたのですが、上手く回転できなさそうでしたのでその中にティッシュを詰めてみました。
内羽根が飛び出したままでしたが、それもしっかりと収まってくれました。
でも上翅がちょっと開いちゃいました。(つっくん、ごめん)
チビギネス37.7mmということですが、似たようなものです。
40mmには届いていないと思います。
しっかり固まったら測定してみたいと思います。


インターメディアツヤクワガタ
WF1

インタメ100130A
ごく少数
インタメファンの皆様、お待たせ致しました。
久々にきもニョロの登場です。
6頭ほど残しておいたのですが、だいぶマットも減ってきていたので、マット追加とあわせて体重測定してみました。
体重判別ですが1♂5♀。orz
前期は4頭飼育して全て羽化させることができませんでした。
1♂となるとますますプレッシャーを感じますね。
とにかくマット全交換は避けてなんとか羽化まで持っていきたいです。


本日のアロトプス(笑)

モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 KM11-4


KM11-4-2A.jpgこれまでこの血統は3♂羽化し、すべて報告してきました。
今回は露天掘りをしていなかった1頭を掘り出してみました。
幼虫体重21.3g
7月末ふ化後2000ml×2本を使いました。
サイズは現段階で74mm upしています。
羽化から日数がたっていないようでしたので、もう少ししてからしっかりと測定したいと思います。








モセリオウゴンオニ
クワクワさん血統 KM11-6

KM11-6羽化5Aそして蛹体重16.8gのおそらく今期最大個体が羽化してきました。
まだ測定などはしていませんが、思ったよりアゴが伸びていません
体にもっていかれたようです。
兄弟間でも結構違うのでしょうね。
機会があれば並べて比べてみたいです。



さて、もうすぐ2月4日です。
よろしく。(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。