趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2011/051234567891011121314151617181920212223242526272829302011/07
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また日数があいてしまいました。
結構良いペースで更新し始めたと思ったら、この始末です。
まあ、以前よりは少し回復の兆しがみえているということでご容赦を(笑)

AKBプレが終了し、私もめでたく当選させていただきました。

ダビソンフタマタ ペア

AKBダビソンAKB主催者でもある彩陸海さんよりダビソンペアを送っていただきました。
既にちょっとだけセットを組んで、無事に孵化も確認されているようなのでペアリング無しでセットできるとのことでした。
まずは腹ごしらえしてもらい、そろそろセットしたいと思います。

彩陸海さん、そしてAKBのみなさん、ありがとうございました。





エラフスミヤマ

Tエラフス♀エラフスミヤマの♀を捜しているという記事を前回載せたのですが、記事をupしてすぐに、ある方からコメントをいただき送っていただくことになりました。
ある方とは、ヒ○マサのブリード日本記録を樹立されたあの方です(笑)

早速送っていただいたのが、この子です。
ゼリーの食いも良いようですので、そろそろペアリングしてみようと思います。
ミヤマのブリード、全然自信がありませんので、現在勉強中です。

たるやさん、ありがとう。

このお返しは必ず・・・。


さてその他のネタはといいますと

国産オオクワ
肝川産


KD5割り出し24月初めにセットしたオオクワセットの割り出しをしました。
既に一度材の表面から3個だけ採卵し、無事に孵化を確認していました。
全部で10頭くらい取れればいいかなと思っておりましたが、結局6頭回収できました。
オオクワのセットとしてはかなり寂しい結果でしたが、私としてはちょうど良い数になってくれました。
幼虫体重30upを目指したいと思います。



タランドス
横綱血統


RS231-5-1.jpg5頭中3本の菌糸瓶に3ヶ月たっても食痕が出てこなかったため、その瓶を処分しようと思いながら、ちょっとだけ期待しつつ割り出してみました。
すると3本中1本に、小さな幼虫がおりました。(笑)
孵化から5ヶ月6.3g(笑)
たま~に、こういう幼虫いるんですよね。
前にも経験したのですが、こういう個体は羽化まで届かないんですよね。
でも、もしかしたらと言うこともあるので、2000ccに入れてみました。
どうなることやら・・・。





RS231-3-1.jpgそして食痕が見えていた方の瓶も交換してみました。
44g、なかなか良い数字です。
この先まだ伸びるのか・それとも暴れるのか?
孵化から5ヶ月というこの時期は微妙です。
一応、交換から1週間たちましたが今のところは順調に居食いしているようです。
久々に期待できる個体になるのかなぁ~?







さてサトクワハニーさん、ソーさんプレの応募が始まっております。
私もいつもと変わらぬ種類のクワガタを協賛しております。

是非是非、皆さん応募して、プレ企画を盛り上げましょう。

スポンサーサイト
AKBのプレ企画も、盛況のうちに幕を閉じましたね。
私の協賛品にもご応募をいただき、来週発送の予定です。
また、私も彩陸海さんダビソンペアに当選させていただきました。
ダビソンが♂ばかりでしたので、これでブリードができそうです。

AKBの皆様、ありがとうございました。


そして今度は毎年恒例となったサトクワハニーさんソーさん合同プレゼント企画が開催されますね
私も参加させていただく予定です。
ここでもまた、ムシ友の輪を広げましょう。

さて、本日は、前回に記事で予告したとおり、最近気になるクワガタについてです。

それは、ずばり
ミ・ヤ・マ



エラフスミヤマ
60mm アメリカ・ミズーリ州セントルイス CBF1


エラフスミヤマ♂1guchhiさんからいただいたエラフスミヤマがすべて♀だったので、やはり赤い彗星と言われる姿を実際に見たいな~と思い、ビッダを検索。

気づいたら、我が家にいてました(笑)
う~ん、確かに赤い!!←なぜ文字を青文字にww
久々に見た 箱背負い!!
久々にミヤマを見たら、やっぱりかっこいいな~と思っちゃって・・・





またまた、ビッダを見てたら・・・


ユダイクスミヤマ
88mm トルコ産 CBF1


ユダイ♂2ということで、こちらの方に来ていただきました
おお、でかいでかい。
やっぱりかっこいいじゃありませんか。
これはブリードしなくても、観賞用とするだけでもいいかもしれません。

といいながらペアですけど・・・。
しかも別の所から、1♀お取り寄せ済みですけど・・・(笑)






アングスティコルニスミヤマ
73mm ベトナム・タムダオ産 WF1


アングスティコルニス2ユダイ♀を出品されていた方が、これも出品されていたのでついついポチッ。
実はこのミヤマ、聞いたこともありませんでした。(笑)
ミヤマ=低温飼育という風に考えておりましたので、私の飼育環境では厳しいと思い、これまでミヤマを避けて通っていました。
ただ、サタンマヤが羽化してしまったのでワインセラーに余裕ができたのでミヤマの飼育もできるかなと・・・。

ミヤマのブリードって、国産しかやったことがありませんし、国産2頭とか5頭とかしか成功したことがありません。
ちょっと勉強してみますね。




しか~し、ここで問題が。
さっそくペアリングを開始したエラフスミヤマですが、首チョンパになっちゃいました。
残っていた1♀のために購入した♂だったのに・・・。
どなたか、エラフスミヤマ♀の余品お持ちの方いらっしゃいますか?
ブリードしないかもしれませんし、しても失敗する確率高いのですがそれでもいいよ~と言ってくれる殊勝な方がいらっしゃれば、お知らせくださ~い。

追記

(さっそく、殊勝な方が名乗り出てくれましたので、エラフス♀の募集終了です。○○○さん、ありがとう)

さて、次回のネタは・・・。
ネタは・・・・
ネタは・・・・

すでにネタがございません。

またしばらくごきげんよう~ (笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。