趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は、プレに当選したり、タラの卵をゲットしたり、アブが爆産したりといいことばかりが続いていました。



ところが、昨日かなり凹むことがありました。

BONさんプレであわゆきさんからいただいたタラ幼虫3匹の中の1匹が★になっていました。

微粒子マット詰めのプリンカップで送っていただき、幼虫の姿はズーと見えませんでした。

でもストレスを与えてはいけないと思い、そのまま静かに放置していました。ほとんどさわらないようにして・・・。

あわゆきさんに紹介していただいた、菌糸瓶の注文もできたので、ちょっとお姿を拝見しようかと思い、プリカを覗いてみました。

すると表面に幼虫が歩いたと思われるくぼみがあり、その脇に幼虫のような形をした黒い物体が見えてしまいました。

マズイと思い開けて確認したところその物体は崩れてしまい、幼虫だったのかどうかも分からなくなってしまいました。

一応、マットを全てひっくり返して確認しましたが、幼虫の姿を確認することはできませんでした。

あわゆきさんに事情を説明したところ、酸欠の可能性が考えられるとのことでした。また飼育温度にも問題があったように思います。

タラといえば低温という思いこみがありました。

日中は暑くとも25度くらいですが、夜、特に明け方は20度前後、下手をすれば20度を下回っていた可能性があります。(こちらはまだ朝晩は結構涼しく感じます)

残った2頭も確認しましたが、何とか生存は確認しました。(でもちょっと弱っているような気がします)

まずフタに空気穴を増やしました。そして温度も少し考えたいと思います。

いずれにせよ、こんなに早く、悲しい報告をあわゆきさんにすることになり申し訳なく思っています。

あわゆきさんからか、励ましのメールを何通もいただき、少し元気になりました。

何とか、残り2頭を無事に育てたいと、ただただ思うばかりです。

気持ちを切り替えていこうと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/174-dcbb6ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。