趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27日には京都でBlack Outがあり、かなり盛り上がったようですね。

さすがに遠くて参加できませんでした。(当たり前ですが・・・。)



さて、昨年5月に購入したゴホンヅノカブトのペア幼虫ですが、やっと♀が蛹化してくれました。

去年の11月頃より黄色くなってきましたので、いつ蛹化するかと思っていましたが、全く蛹化する気配無く、下駄箱のしたに放置されておりました。たまーにケースを覗いても、黄色い幼虫が見えるだけでした。

ゴホンヅノも暴れがすごいと聞いていたのですが、全くといって暴れることはありませんでした。

8月初めに♀の蛹化を確認していました。ケース底に蛹室を作ってしまったため、これは救出せねばと大義名分を見つけて、掘り出しました。

久しぶりのカブトの蛹なので、クワガタとは違った重みを感じました。

ゴホンヅノメス蛹化1.1リッキーのメスに使ったオアシスがありましたので、蛹室のサイズを測ったらほとんど一緒だったこともあり、無事引越となりました。

蛹期間は1~1.5カ月とのことです。

そしてその後6カ月から1年という長ーい休眠期間が待っています。

まだまだ先は、長いようです。

♂はというと、はい、まだ元気にニョロやってます。



タラ関係では、卵達がほとんど孵化してくれたようです。

ほっとしています。

そして再セットしたタラ♀も穿孔を開始しました。

前回は17個の産卵でしたので、次回が楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/190-57ddab88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。