趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は日当直です。

昨日のうちに、いろいろとクワカブ弄りをしょうと思って、菌糸瓶などを注文していたのですが、まにあわず。(がっかり)

それでも、やろうやろうと思っていたことがひとつありました。

スマトラヒラタクワガタの菌糸交換です。

5月に割り出し、7月に1400mlの菌糸入りケースに入れたまた、ほぼ放置状態でした。オオクワの瓶の観察の時に、そろそろ交換しなけりゃいけないなと思いながら、延ばし延ばしになっておりました。



スマトラ幼虫9-2-1掘り出した幼虫がこれです。一応♀のようなのですが、凶暴です。体重は37gくらいですね。あまりに暴れて、デジタルが36~39を行ったり来たりして正確には、測れませんでした。

スマトラってどのくらいの期間で蛹化するんでしょうか。ちょっと記になる存在になりました。







先日割り出した、タラ卵を入れておいたプリカを覗いてみました。

数頭は孵化を確認していたので、このまましばらく放置かと思っていましたが、なんとコバエがわいておりました。(ショック)

確かにちょっと使い回しのマットでしたので、仕方がありません。

コバエがわいているカップだけ、開けてみることにしました。

と、言いながら結局全部開けてしまいました。

12個あった卵から(その他2個は第二飼育室にあります)8頭の初例が出てきました。(写真は取り忘れました。)

残りはだめそうな卵が2個と、行方不明あるいは消失が2個でした。

6頭はマットを食べたと見えて、身体も黒くなっていましたが、2頭は孵化したばかりなのか、まだ真っ白でした。

こんな時に限って、微粒子マットがなーい。早いとは思いつつ、カワラ菌糸カップへ引っ越ししていただきました。

今朝見たときにはみんな潜っていったようなので、一安心です。

次に備えて、マットを注文しなけりゃ。



MR1-2-1.jpgそして最後は第二飼育室においてあるレギ幼虫です。

やっと、顔を出してくれました。

あわゆきさんからの里子のタラニョロ用にTAMさんに詰めていただいた2L菌糸瓶ですが、タラニョロ★のため、このレギに使わせてもらっています。

一月前は3.8gでした。

順調に育ってくれているようなのでほっとしました。

同じ2L瓶が他に2本ありますが、この中のタラ幼虫たちは暴れもせずに居食いしているようです。

さすがはTAMさん作ですね。

大きくなってくれることを期待しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/192-a9a057dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。