趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏、我が家で一番人気だったのが、アブデルスでした。

妻も息子も可愛いと行って、市民権を得ておりました。

ブリも簡単で、沢山の子供達を残してくれましたが、寿命は短かったですね。

結局、全部★になってしまいました。



カブクワ飼育に、市民権をもたらしてくれた、栄誉あるカブトムシとして、標本を作ることにしました。

マルカンで出しているお手軽な標本キットその名もカンタン昆虫標本セットを使ってみました。

一昨年、アトラスの標本をこのキットを用いて作っていますが、そのお古を使い回しました。したがって固定液は2年ものです。(ケチくさ)

A液、B液に3日くらいずつ、入れておくだけです。

アブ標本2.1それを、展足して乾かしていましたが、標本にするのは味気なかったので、こんな感じにしてみました。

コカブトには丁度いい感じです。

リッキーの♂も今展足して乾燥中ですが、こちらは大きさがあるためどうするか思案中です。



飼育ネタですが、9月2日にギラファの産卵セットを組んでみました。

同居後翌日からメイトガードをしていたので、ペアリング確認していませんが投入してみました。



中ケースにヘラクレスマットをやや加水して、下3cmだけかちかちに詰めて、その上にこれまた結構加水したクヌギ材をいれてマットに埋めました。

他に2頭♀がいるので、お試しといった感じのセットです。

♀は投入後、すぐさまマットに潜っていきました。

2日後の昨日、覗いてみるとケース底に3個の卵を確認しました。

無精卵の可能性もあるのですが、しばらく様子見です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/193-9011e7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。