趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風13号がかなり大暴れしているようですね。

皆さんのところは大丈夫でしょうか。こっちは明日以降影響を受けるようです。

被害に遭われた方、いないといいのですが・・・。





さてさて

WDタラの2回目の割り出しをしました。

前回は17個の産卵をしてくれていましたので、今回も期待大です。

8月22日にセットに投入しました。

最初はゼリーを食べたり、材の上で踊っていましたが、8月27日に穿孔してくれました。

材は前回と同じ、人工レイシ材です。



気になっていたことが2点ありました。

ひとつは、穿孔しているのですが、削りカスがやけに少なかったことです。

そして、もう一つは、削りカスがちょっとしめっていたことです。

♀は潜ったきり出てきませんでしたし、ただ見守ることとしました。

本当は、もうちょっと早く割り出したいと思っていたのですが、なかなか時間が無く、約3週目での割り出しとなりました。



まず♀を取り出しました。

前回よりはやや弱々しく見えましたが、つかむ力はまだそれなりに残っているようでした。体重は5.3gが4.7gに減っていました。

しばらくは、休養してもらいます。

WD49割り出し2回目-1-1さて、材を割ってみました。

やっぱり、しっとりした感じで、やや水分過多な気がしました。












WD49割り出し2回目-2-1割ってすぐに、初令幼虫を確認できました。孵化したばかりのド初令といった感じです。

オオクワの割り出しでも、1頭でも初令や卵を確認できるとほっとしますよね。

産座は明らかに前回より小さかったです。

そして削りカスが以上に多く、この辺が材の湿り気と関係しているのかもしれません。あまりしっとりしていて、削りカスを外までだせなかったのでしょうか?


WD49割り出し2回目-4-1この後もまた、初令を確認。

結局初令4頭を確認しました。

卵はというと、カビた卵が6個ほどありました。

もう少し早く割り出していれば、よかったのかもしれません。

結局10個産卵して、4頭のみの回収になりました。





2頭は、マットへ、そしてもう2頭はカワラカップへ入れてみました。ド初令でカップ投入は、riskも高いようですが、まあやってみましよう。

次回も、同じ材で行くか、そろそろ菌糸ビンで行くか迷うところです。

どっちがいいんでしょうか?教えて下さい。





それから、凹む出来事が!

人工蛹室に移動してみていた、パプキン♂が見事な羽化不全を起こしてしまいました。

たぶん、水分が多すぎて、羽がオアシスに引っ付いてしまったのではないかと推測されます。

せっかく、楽しみにしていたのですが、可哀想なことをしてしまいました。

なんとかゼリーを食べれるまで生きて欲しいのですが、かなりの重症なので、持たないかもしれません。

水分管理は難しいと改めて思い知らされました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/195-77394111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。