趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月に入ったとたん、急に冷え込みましたね。

昨日から雪が降り続いております。

今朝は除雪車まで来てました。

2006雪.1職場から見える風景です。

またこの季節が来てしまったんですね。

以前まではあまり気にならなかったんですが、ここ2年間は豪雪で、雪かきが大変でしたから、少しうんざりしています。



このブログにも、これから雪に関する愚痴が増えるかもしれませんがお許しください。



さて昨日はタラの割り出しを行いました。

WD53mmの初セットです。

レイシ材でのセットを組みました。

今回は、初令での割り出しをしようと、固く心に決めていましたが、卵のティッシュ管理もしてみたいなーとか、初セットだからホントに産んでるかどうかになるしなーとか、このレイシ少し湿度高いんじゃなーいとか、いろいろ考えていたら、気づいたときには材を割っていました。

削り粕が少なかったのですが、産座はそれなりに広くありました。

さて、卵は・・・。

黒い卵が1個、2個。

あれ、緑の卵は・・・・。

ない。

グリーンエッグがありません。

ガーン!

見事ボウズでした。

下駄箱管理でしたのでさすがに温度が低かったのかもしれません。

WD♀は元気でしたが、体重は0.8g減っています。

体重減った分、産んでくれれば良かったのに。

一応,クワ部屋で再セットすることにしました。

追い掛けしたいけど、成熟待ちの♂しかいないのでこのままセットを続行してみます。



気分を変えて。

パプキンワメナ産のセットも暴いてみました。

こちらは、かんろ式での挑戦です。

かんろ式とは、かんろさんが編み出したセット方法で、要はマットをかちかちに固めて産卵木の様にしてしまい産卵させる方法です。

詳しくはかんろの甲虫倶楽部を御覧ください。

1400mlのPBでの挑戦です。

11月23日、交尾を確認したパプキンの♀を投入しました。

約10日経過しましたので産卵具合を見るために掘り出してみました。

パプキンは親が幼虫を補食してしまうとのことで、早めに取り出した方がいいとのことです。

親♀はマットの上の方まで来ていました。

それを取り出し、しばし栄養補給のため休憩してもらいます。

そして、マットを取り出します。

ワメナ採卵.1かちかちに詰めていますので、なかなか掘り出すのが大変でした。

そして小さい白い卵を確認することができました。

全部で14個でした。

ちょっと細長いのもありますが、丸々としたものも結構あり、たぶん有精卵かと思います。

10日で14個は、まずまずでしょうか。

気をよくして、ワメナ産の別♀と、オックスビル産の♀も新たにセットに投入しました。

今回はスタックのミニにしてみました。

また1週間くらいしたら掘ってみたいと思います。



タラでちょっと凹みましたが、パプキンで助けられたsorapaでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/224-236b73d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。