趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着弾ネタ第三弾といきたいところですが、それはまた今度ということで、今日はたまっていた飼育ネタです。



まずはもっちーさからいただいたスティーブンスツヤクワガタのマット交換から。

プリカマットに入っていた幼虫ですが、1頭だけプリカ越しに姿を現しました。

思っていたより大きかったので、全う交換することにしました。

スティーブンス2.1どのくらいの大きさに育つのか、いつ頃蛹化するのか全くわかりませんでしたので、とりあえず800ml瓶に移すことにしました。

取り出してみると大小様々でしたが、大きいやつで7.5gでした。

お尻がでっかくて、オオクワやタラレギのニョロに比べるとちょっと変わった感じがしました。

これでしばらくは大丈夫かと思います。


グラシロ♂4..1しろしろさんからいただいたグラシロです。

先日羽化しましたが、その姿を見たくて掘り出してしまいました。

取り出したときはまだ胸部も上肢も黒かったのですが、写真を撮ろうとしていると徐々に白くなってきました。

まだ、本来の色になるまでは時間がかかりそうですが、初めてシロカブトを見ることができました。

♀の方はまだニョロしております。

もしかして♂?



そして最後はレギです。

前回10個、産卵してくれたあわハッチ血統です。

前回の産卵後、レイシ材、カワラ材とセットしてみましたがうまくいきませんでした。

そこで、安いカワラ瓶があったので、置いたところ即日穿孔してくれました。

穿孔後1週間くらいで卵を確認できました。

そして2週後には、運良く♀を取り出すことができたので、そのまま放置することにしていました。

あわハッチ菌糸1.13週目くらいで孵化を確認、2頭の初令を見ることができました。

このまま6週目くらいまで引っ張ろうと硬く心に決めていたのですが、何頭いるのか気になりだして、気づいたら菌糸瓶を切ってしまっていました。(笑)









あわハッチ菌糸2.1まずは3頭の初令が確認できました。













あわハッチ菌糸3.1その後も慎重に割り出したところ6頭の初令を取ることができました。

うーんでも、材産みの卵を割り出す方が、やりやすいですし楽しいですね。

私のように待てない人間には、菌糸瓶産卵は剥いていないかも。

そして、充分ゼリーを食べた♀をまたセットしました。

今回はカワラ材です。

即穿孔してくれたようですが、うまくいくでしょうか?

他にもオオクワセットや、ペレメタ、アウラタの採卵、孵化などがありましたが、写真を取り忘れてしまいました。

近いうちにまた記事にしたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/287-81509349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。