趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、とうとう初雪が降りました。

正確に言うと、降ったそうです。

仕事中でしたので気づきませんでした。

もちろん道路に雪は残っていません。

私が帰る頃には雨が降っていました。

しかし、確実に冬、雪、寒が近づいてきています。

ちょっぴり憂鬱ですね。





さて、今日は隠し持っていたこいつのお披露目です。





じゃ~ん。





BUCHA10-1.jpgタランドゥス BUCHA兄弟 81mm

はっきりいって、ゴツイです。

すごい迫力です。



実はこれ、まんじくんからお借りしているものです。

そう、まんじくんのブログに出てくる、あのタラです。

それがなぜ、私のところのいるかと申しますと・・・・、



まんじくんがあまりにも色々なクワカブに手を出すものですから、タラ♂がジェラシーを感じてしまい、津軽海峡冬景色の歌に誘われるまま、はるばる青森まで逃げてきたのであります。

なんて、ことはありません。



実は私のところにはBONさんから頂いた86♂×54♀の子供1♂2♀がおります。

この血統はなーんにもしなくても♀が大きくなってくれる血統のようで、私も2000ml1本返しで53mmmを出すことができました。



1♂2♀と言うことで1ペアはインブリする予定ですが、残った♀にはぜひともBUCHA血統の♂をかけてみたいと思っていました。

PaPaさんからいただいたBUCHA血統の♂はまだ、蛹ですのでとうてい間に合うはずもなく・・・。

そこでまんじくんにお願いしたところ、快くBUCHA兄弟を貸していただけることになりました。

ホント感謝です。

そして11月2日、この核爆弾が送られてきたというわけです。



初めてその姿をみて、愕然としましたね。

前に81mmのWD♂を持っていましたが、明らかに迫力が違いました。

顎の太さ、体の熱さ、全体的なバランス、全てがため息ものでした。

符節欠けもなく、完品です。

まんじくんが大切に飼育されていたことの証ですね。



♀の方は5月末羽化の53mmです。

試しにハンドペアリングを何度か試みましたが、♀の方にその気がないようでうまくいきませんでした。

しばらく別居させた後、先日より同居させてみました。

交尾は確認できていませんが、メイトガードらしきものをしだしました。

もう少し、同居させたあとでセットを組んでみたいと思います。



どんな子達が生まれてくれるか、今からワクワクしております。

(まだ、産むかどうかもわからないのですが・・・。)



この件に関しては、快く♂を貸してくださったまんじくん、そして快諾して頂いた元親のぴょんさん、プレ主催者のPaPaさんに感謝しいたします。

何とかブリードを成功させたいと思います。



まんじくん、もうちょっと貸しておいてくださいね。









さて、以前人工蛹室に移して無事に羽化したレギ♂が、固まりましたので早速測定してみました。



最終交換時26.4g、蛹体重19.4gでしたので、70mmいくかいかないかぎりぎりのラインと思っていました。

CA2-3-1.jpgが、測定したところ予想外の大きさ、自分に優しい計り方ではありますが75.2mmという結果でした。

何度か測定した平均値です。

計り方によっては74mm台なのですが、少なくともタラ♂に比べれ名顎が長い分、体重が少なくても縦長に育ってくれるのかもしれません。

まあギネスサイズはこれより10mm以上大きいので、何とも言えませんが、予想外の結果に喜んでおります。

今、同腹の♂が前蛹です。

こちらの体重も同じくらいでしたので期待はしていますが、やはり80mmというのは遠い存在ですね。



さて、明日は80upめざして、久々の菌糸詰めです。

12ブロック手元にありますが、何ブロック詰めれるかなー?
-----
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/381-d35146f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。