趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、職場の机で仕事をしていると、PCの前をコバエが横切ることが多くなりました。

最初は菌糸飼育ものだけを置いておりましたが、最近はマットしいくものも増えてきてしまいました。

そろそろ対策をしなければと考えているsorapaです。



そんな中、ムニスゼッチコフキカブトテルシテスヒメゾウカブトのマットを交換しました。

どちらも430mlのプリンカップに入れておりましたが、時々マット上に出て徘徊しているニョロが大きくなっていましたので交換することにしました。



ムニスB4-1ムニスゼッチは5.3g、5.7g、6.0gという大きさでした。

8月20日孵化とのことですから3カ月目になります。

大きさはよくわかりませんが、3頭とも元気でしたのでほっとしました。

別系統の3頭は既に1400mlに入れ替えて、自宅の下駄箱で放置中です。

このまま交換無しで羽化まで持って行ければいいと思っています。





 テルシA2-1テルシテスは9月中旬孵化ですが、こちらは3.9g、4.0g、4.8gと少し小ぶりでした。

3頭とも元気です。

この他に4児の父さんからいただいた3頭もいますが、こちらはもう少ししてからの交換になります。

その前にそろそろマットを購入しないといけませんね。



そして昨日は既に羽化が確認できていた、タラレギを数頭掘り出してみました。



今回の目玉はこれです。

レギ仙人みつたさんの看板血統レギウス・パパレックスの血を引く、みつ樽嬢初の子供が羽化してくれました。

MDL3-1.jpg6月25日に孵化し、最終体重は12.5gとかなり小ぶりではありましたが、期待の血統です。

ざっと測定してみたところ47mmでした。

初穿孔までかなり苦労させられたあとで、初めて採れた3頭のニョロですが、2♂1♀と分かれていました。

2♂はまだニョロをやっていますが、そろそろ蛹室を作り出してきたようなのでこちらも楽しみです。







53E2-2-1.jpgそれからあわハッチ血統レギ、次男も掘り出してみました。

サイズは69mmとかなりチビレギになりましたが、長男より顎のストレートが強い気がします。

元々種親はやや彎曲が入っている系統だったとのことですが、兄弟でも微妙な差が出てくるものなんですね。



最後はこちらはPaPaさんからいただいた53E血統タラ最後の♀です。
53E2-2-1.jpg先に羽化した♀は51mm,54.5mmと大きめのサイズで羽化しておりましたが、こちらも53mmといい感じで仕上がってくれました。

最大体重は21.8gでその後17.2gまでダイエットしておりましたが、その後で少し盛り返してくれたようです。



さてまんじくんよりお借りしたBUCHA兄弟とペアリングしたタラ♀ですが、なかなか思うように穿孔してくれません。

一度穿孔したのですが、トンネル工事をして出てきちゃいました。

今は、ゼリーに頭を突っこんでいます。

ゼリーをもう1個くらい与えたあとで、環境を変えて再チャレンジです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/387-6e37a3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。