趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の東京マラソンは盛り上がったようですね。

参加された方います?(笑)



さて、近況です。


WD87-5-1.jpgみつひろうさんからお借りしたWD87mmビッグタランドゥス♂ですが、到着翌日には、前回19個の無精卵を産んでくれた53mm♀タラさんと同居してもらいました。



早速ハンドペアリングを行いました。

1時間くらい♀の上に♂が乗っかるといった同じ姿勢をみせ、時折交尾器を出してはいるのですがなかなかうまくいきませんでした。

そのまま同居させ、翌日再度ハンドペアリングを行いました。

が、やはりなかなかうまくいきません。



しばらくしてのぞいてみると♂と♀が向かい合うような体勢で、♂がかなり興奮してバイブを繰り返していました。

と、その瞬間、身体を一気に反転してドッキング。

約1分30秒間くらいでしょうか。

間近でペアリングを確認できてほっとしています。

一応、このまま同居を続けていますが、今もメイトガードを続けております。



今回はジョニーさんのご紹介でドルクスグッズ海老名のレイシ材を使ってみることにしました。

かなり期待しちゃってます。

今週中にはセットを組みたいと思っています。



さて、それ以外のネタでは、羽化したゴロファ・ピサロですが、念のためゼリーを入れておいたところ♂も♀もあっという間に完食してしまいました。

実際いつ羽化したのかわからないことと、ピサロは短命と伺ったので、とりあえず同居させてみることにしました。

同居後2、3日はマット上に潜っていましたが、ゼリーだけは確実に減っていきます。

と、土曜日の午後にちょっとのぞいてみたところ、交尾中でありました。

成熟していない可能性もあるので、ちょっと心配ですが、もう少し同居後セットを組んでみたいと思います。





スティーブンス8.1こちらはスティーブンスツヤクワガタです。

繭を作って蛹化、羽化する種類ですが、1♀だけ瓶脇に蛹室を作っていました。

先日羽化を確認したので、取り出してみました。

羽の色はツヤクワというだけ合って、ピカピカしています。







他の瓶は外からはどうなっているかうかがい知れないので、ちょっとのぞいてみると、なんと♂が羽化してしかも繭から自力脱出していました。

スティーブンス9.1恐ろしく短歯に仕上げてしまいました。

やっぱり、瓶が小さかったので、繭も大きく作れなかったために、短歯になってしまったんでしょうかね。

それにしてもこのクワガタは小さい割にかなり危険です。

手の方向に顔を向けて威嚇してきます。

この顎で挟まれたら、けっこうヤバイかも・・・。










スティーブンス10.1ちなみにこれが脱出された繭です。

綺麗に繭を作ってその中に入っていたんでしょうね。

自然の力って凄いですね。

結局3♂1♀羽化して、1蛹、1ニョロといった状態でした。



それにしてもこれだけ短歯だと♂か♀かも区別つかなくなっちゃいました。orz
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sorapa.blog40.fc2.com/tb.php/418-13daefeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。