趣味のクワガタ、カブト飼育をメインとしたブログです
2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06
my favorite insects
BUCHA11.jpgパパレックスLVR11.jpgアンテガントク産1Aインターメディア2A

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、私に触発されてブログ再開したitarumeguさんも、すでに息切れしたみたいでアップしていないようですね。
ここで一気に差を広げましょう。(笑)

さて、まずは・・・・


タランドゥス
横綱血統


SY5.jpg昨年、白三さんに送っていただいた横綱血統タランドゥス
うちにもいるにはいたんですが、余り取れなかったので白三さんから幼虫をわけていただいておりました。
いい感じに♂3♀3に分かれてくれました。
こちらは先ほど取り出したメス51mm
3♀ともに仲良く51mmでした。







SY4-3.jpg
そしてこちらが
横綱血統といえば言わずと知れた大型血統
73mmですが何か?

73mm(大型)こういう記載にしていいですか?www

まあ、いいんです、いいんです。
まだ2頭♂が残っていますからね。
こちらは現在羽化真っ最中のようです。
見た感じ、この♂より小さいですけど・・・。



いきなりですが

こんなもの飼ってましたシリーズ 第3弾


ニジイロクワガタ
満ちゃんGreen血統


ニジ2012♂幼虫
満ちゃんからいただいたグリーンニジイロ、こちらは昨年セットしておりました。
結構採れたので、職場の方にもわけたりもしていました。
最初はマットで飼育でしたが、なんとなく菌糸ビンに入れてみました。
マットだときっと羽化まで交換しないだろうけど、菌糸ビンなら暴れたら交換の目安になるかなと思っただけですけどね。
虹は暴れますからね~。
数頭いる中で一番大きかったのがこの幼虫。
「おお、でかいかも」と思って、以前の記事を捜してみたら、別に大きいわけでも何でもありませんでしたorz
できるだけグリーンの強いペアを掛け合わせたので、羽化したときの色が楽しみです。


あっ、満ちゃんですか?

元気にしてますよ~。
最近はブラ三に飽きて他のことに夢中のようですけどねww

あっ、個人情報垂れ流してしまった。(自粛)

こんなもの飼ってましたシリーズ第3弾行こうと思っていたのですが

ネタができちゃったので、先送りにします。

そのネタとは

ババオウゴンオニ
OD19-1系


OD19チビ♂黄金鬼鍬太郎さんから種親をいただき、3代目となる我が家のババイ
今年初めに2頭の♂が羽化していました。
右側の個体はまあ普通として、左側のこの個体。

立派な短歯くんでした。

サイズも小さく、そりゃ~テンションも下がるっていうモンでしょう。



昨年11月に菌糸交換したあと、食痕も出ずに★になっているだろうと思われる1本のビン。

片付けようと思って掘ってみると


ババオウゴンオニ
OD19-1系


OD19-1-2.jpgいや~、羽化してました~
たま~にある、嬉しい誤算。
★だと思って掘り出したら成虫が出てくることはよくあるのですが、ほとんどは極小個体が定番。
今回は、いい具合に裏切ってくれました。
サイズは70mmちょっとupで大きくはありませんが、なんとかいいアゴの個体が出てくれました。
これで、またテンションアゲアゲ~



さて、ちょっと増種しました。

レッドビーシュリンプ

ビー2012.4.17-2まあ、以前も飼育して失敗しているんですけど、この間たまたまこの水槽を見つけてしまったんで、セットしてみました。
ちなみに、机の上のPCの横に置いてます。
この水槽サイズは14×9×9cm
小さ~~~い!!






ビー2012.4.17-1水量も少ないし、濾過機能???なので、ビーの飼育には不向きなのはわかっていますが、しばらくの間これを見て癒されたいと思います。
ベタとかならちょうどいいのかもしれないけどね。








さて、次回のネタもすでに揃っておりますが、更新はいるになるのやら・・・。
4月になったというのに、先週までが降っておりました。
今週からやっと気温も上がってきたようですが、まだまだ気が抜けない北国です。

さて、こんなの飼ってましたシリーズはちょいと休憩して・・・。


モセリオウゴンオニ
ケランタン産 KM119系


KM119♀1なんとか累代がつながっているモセリオウゴンオニ
我が家で4サイクル目になるのかな?

が羽化してきてました。
昨年11月孵化なので4ヶ月弱での羽化になりました。
一頭、羽化したばかりのまだ赤いヤツも混じってますが・・・ w

も蛹がいますし羽化した個体もいるみたいです。
サイズは、やっぱり小さいだろうな~



国産オオクワ
肝川産



KD2012.jpg昨年1回のセットで6頭だけ幼虫を取り出すことができた、貴重なオオクワ w
実は、この幼虫のプリカ時代、ババの幼虫プリカと同じ段ボールにいれておいたのですが、気づいたら数頭脱走しておりました。
うん、どいつがオオクワで、どいつがババだ?
しかたがない、カワラで飼育しよう
というおまぬけな飼育をしておりました。
そんな苦境にもめげず、一頭♀が羽化しておりました。
♂がいるのかいないのか?
気になるところです。




レギウス
SLS1


SLS1セット1約10日間の同居の後、セットしてみました。
実は10日目にのぞいてみたところ、♂が★に・・・
まだまだ寿命はあったはずなのに、謎の死を遂げました。
果たして、交尾できているのかどうかわからないまま、セットを組んでみました。
久々のセット、材はハイパーレイシにしました。
結構いい感じの材でした。







SLS1穿孔翌日、早くも穿孔しております。
うん、こういう流れっていいですね~。
セットして、即穿孔しない場合って、そのあと苦労すること多いような気がします。
私の場合、皮膜を剥がすだけで、誘導孔はあけません。
どうしても穿孔しないときにだけ誘導孔をあけてます。
穿孔しても、そのまま産まない場合もあるし、今回の場合産んでも無精卵って事もあるから、まだまだ気が抜けませんが
やっぱりなんか楽しいぞ。



他の同居中のタラレギも一昨日セットしてみました。
まだ、のぞいていませんがどうなってるかな~?
穿孔してくれているといいな~
じゃあ、のぞけ!! っていう話ですが、まだのぞいてません。

次回のネタに取っておきましょう
そろそろブログの更新も息切れしてきただろうと思っているそこのあなた!!

あなたの考えは正解ですww

ブログ更新って、実はすごく大変なことなんですよね~。
よくもまあ、あんなに記事を書いていたな~と、今更ながら感じてます。

しかし、ここで更新をしないでしまうと、itarumeguさんあたりに「ほらみたことか」なんて言われちゃいそうなので、当直の本日、記事をアップしたいと思います。

さてさて、お約束通り

こんなもの飼ってましたシリーズ第二弾 いきます


 アクベシアヌスミヤマ
累代不明???


アクベ交換20120317昨年、ミヤマが気になり、ユダイ、エラフス、アングスティコルニスなどのブリードをやってみましたが、ことごと失敗に終わっておりました。
ブリードがうまくいかなかったらどうすればいいか?
そう、幼虫を購入すればいいんです(笑)
安易ですね~。
ということで、兵庫の業者さんより5頭の幼虫を購入。
ワインセラーの中でプリカで飼っておりました。
さすがに半年放置しておりましたので、大きめのPBに入れ替えました。
まあ、大きくはなっていませんでしたが、5頭とも生きていたので良しとしましょう。





ムニスゼッチフタマタ
累代不明???

ムニス交換2012.0317一昨年、酒樽さんひさちゃんからのムニスの幼虫を飼育して、何ペアか羽化させました。
なかなか見栄えのするクワガタだと思います。
よし、ブリードしようということで2ペアくらいでセットを組んだのですが、失敗に終わってしまいました。
ブリードがうまくいかなかったらどうすればいいか?
はい、そこの金くん、答えてみなさい。(笑)
そう、正解です。購入すればいいんですね。またまた安易~ww
ということで、兵庫の業者さんより5頭の幼虫を購入。
常温のままプリカで飼っておりました。
さすがに半年放置しておりましたので、大きめのPBに入れ替えました。
まあ、大きくはなっていませんでしたが、5頭とも生きていたので良しとしましょう。
(ついついコピペしちまったwww)



まあ、ということでこんなのも飼ってますよってことです。
さて、第三弾があるのかどうか?
捜してこよーっと。





やっと暖かくなってきたと思ったら、明日からまた雪マーク
降雪予想が20cmということで、まだまだ春は遠いのか・・・。

さて、こんなの飼ってましたシリーズお送りします。

第1弾 

パプアキンイロクワガタ
産地???


パプキン2012昨年、ビッダーズを見ていて、なんとなくポチってしまった、パプキン幼虫
プリンカップ2回交換で、羽化してもらいました。
はい、ここで重要なことは
2回交換 
ここですよ、ここ!!!
試験に出ますよ(笑)
アンダーラインしてくださいねww
なんとマット交換しているって事ww
たまにいじっていたんでしょうね~。記憶にすら残っておりませんが・・・。


2012パプ
4頭購入して 3♂1♀
オレンジレッド♂×ノーマルレッド♀という掛け合わせだったようですが、
出てきた個体はノーマルグリーン ダークグリーン、ちょっとくすんだワインレッド?とバラバラでした。(笑)
管理の悪さを表すように、翅には沢山のディンプルが・・・。
(ここは試験に出ないので、忘れていいですよ~)
久々のパプキンですが、やっぱり可愛いです。
よし、ブリードするか~



しか~し、♀は羽化したあと★になってしまいました。
あちゃちゃ。
♀を捜そうかと思いましたが、この寒さの中の発送は厳しいかもしれないので、今は我慢
暖かくなるのを待つことにします。

さて、こんなの飼ってましたシリーズ第二弾はあるのか???

乞ご期待・・・しないでねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。